無料ブログはココログ

2007/09/25

【映画】包帯クラブ

我が家の近く映画館で昨日は、「HERO」、今日はその隣にある映画館で「包帯クラブ」を見てきました。さすがに、HERO には敵わないようで、観客は私を含めて数名(汗)内容は、なかなか面白かったです。

包帯クラブ
包帯クラブ

懸命に生きているうちに、誰かの大切なものを奪っている事がある。そんな現実に気づき、絶望すら感じていた高校生のワラは、偶然出会った不思議な少年ディノ、タンシオ、ギモたちと「包帯クラブ」を始める。インターネットで傷ついた出来事を投稿してもらい、その人が傷ついた場所に包帯を巻く。その風景をデジカメで撮影し、投稿者に送るのだ。最初は活動に充実感を覚えていたメンバーだったが、やがて自分たちの傷が疼きだし…。
[ 2007年9月15日公開 ]

続きを読む "【映画】包帯クラブ" »

2007/09/24

HERO 観て来ました

私の連休初日。
お彼岸で、やっとお墓参りしてきました。
今月は休みががたがたしていたので、久しぶりに美容院へ行きました。
早めに終わったので、帰りに、親愛なるキムタクの話題の映画”HERO”を観てきました。

HERO
(C)2007 フジテレビジョン・東宝・J-dream・FNS27社

東京地検・城西支部の検事、久利生公平は、同僚の芝山が起訴した事件の裁判を任される。容疑者が既に犯行を認めていたが、初公判でいきなり無実を主張し始めた。担当弁護士は、刑事事件無罪獲得日本一の弁護士、蒲生一臣。豪腕弁護士として名を轟かしている蒲生は、様々な戦術で久利生を追い込んだ。東京地検特捜部の黛検事が、有益な情報をもたらすが、あくまで自分の力で事件を解決しようとする久利生は、事務官の雨宮と奔走する。
[ 2007年9月8日公開 ]

続きを読む "HERO 観て来ました" »

2007/07/05

【DVD】地下鉄(メトロ)に乗って

時空を超えた真実の愛の物語を描く、浅田次郎の同名の小説を映画化。“地下鉄”で過去へとタイムスリップした男が、過去のトラウマに立ち向かう。長い間、父と疎遠だった息子を演じるのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』の堤真一。その父親の青年時代から老年までを、『子ぎつねヘレン』の大沢たかおが表情豊かに演じている。昭和初期の車両を実際に使った地下鉄のシーンや、東京オリンピックの頃のレトロな町並みも楽しめる。
衣料品の営業マンの長谷部(堤真一)は地下鉄の駅で父(大沢たかお)が倒れたという伝言を聞く。彼は地下道を歩きながら、暴君の父と口論して家を飛び出し、帰らぬ人となった兄のことを思い出していた。そのとき、彼の前を亡き兄に似た人影がよぎる。必死で追いかけて行くとそこはオリンピック景気に沸く昭和39年の東京だった。(Yahoo映画あらすじ)

監督 篠原哲雄
製作総指揮
原作 浅田次郎
脚本 石黒尚美
音楽 小林武史
出演もしくは声の出演 堤真一 、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお、田中泯 、笹野高史、北条隆博、吉行和子

続きを読む "【DVD】地下鉄(メトロ)に乗って" »

2007/06/27

【映画】舞妓Haaaan!!!

バナー中
6月24日(日)に時間があったので、お気に入りの阿部サダヲと、堤真一、宮藤官九郎の脚本ときては見逃せません。では、ざっと主要な配役を。

舞妓しか愛せないサラリーマン・鬼塚公彦に阿部サダヲ
舞妓とのお座敷遊びの常連客でプロ野球・内藤貴一郎を演じるのが堤真一
公彦にフラレた腹いせに”舞妓”を志すOL・大沢富士子を演じるのは芝咲コウ
これだけでも興味がわきますね。
オタクの公彦が、HPあらしの内藤と対立しながら、舞妓とのお座敷遊びに長けている内藤を追い越したくて、社長にプロ野球球団を買わせ、自分が選手になり、内藤が引退してしまうと追うように辞め、市長選に出る内藤に対抗して、選挙にまで参加とは驚きました。内藤の実は隠し子を、好きだと言うために、大文字焼きの大の字の横に”好き”と火をつけて警察に捕まったり、クドカンワールド全開でした。よく笑いましたが、コネタを捜しながらもかなり楽しめます。DVDになったらまた観たい映画です。

続きを読む "【映画】舞妓Haaaan!!!" »

2007/06/16

【DVD】イン・ハー・シューズ

イン・ハー・シューズ

弁護士のローズは、義理の母親に家を追い出された妹、マギーを仕方なく自宅に居候させるが、当のマギーは、仕事も決まらず勝手し放題。挙げ句、ローズの恋人とベッドインした所を目撃され、家を追い出されてしまう。行き場を失ったマギーは、亡くなったと聞かされていた祖母エマを頼りに、フロリダへ向かう。孫娘の突然の訪問に喜ぶのもつかの間、マギーの奔放さに辟易したエマは、彼女を老人たちの施設で働かせることに。そこでマギーは、新たな自分を発見していく・・・。
[ 2005年11月12日公開 ]

続きを読む "【DVD】イン・ハー・シューズ" »

2007/05/22

【DVD】亀は意外と速く泳ぐ

亀は意外と速く泳ぐ」をやっと見られました。
DVDを借りようにも、いつも貸し出し中で、待つこと3ヶ月!

帰ってきた時効警察」でおなじみの三木聡の監督作ですから、随所にユルイ笑いが一杯でした。第一作が、「インザ・プール」これも楽しかった。
今回は、主婦のスズメが、毎日亀の餌やりだけの生活で、まるで透明人間のような扱いを受けていた。そんな怠惰な日々の中で、100段階段の手摺りにn貼ってあった小さな「スパイ募集」を見つけて、行動を起こしたことから、心に張りが出てくるのが良いですね。

続きを読む "【DVD】亀は意外と速く泳ぐ" »

2007/04/30

【DVD】ゆれる、県庁の星 短め感想

【DVD】ゆれる
ゆれる

写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自然へカメラを向ける猛。そんな彼がふと吊橋を見上げた時、橋の上にもめている様子の稔と智恵子がいた。そして次の瞬間、そこには谷底へ落ちた智恵子に混乱する稔の姿だけがあった…。
[ 2006年7月8日公開 ]
***
あの橋を渡る前は、兄弟だった。
昔から兄は、高所恐怖症で、一度も渡ったことが無かった吊橋。兄が思いを寄せる智恵子が、弟の出現でゆれた。敏感に察した兄は始めて吊橋を渡ろうとした。写真家の弟は、付近の風景を移すので忙しく、ふっと振り返ると、もう吊橋の上には、兄しかいなかった。
お互いの手の内は、わかっているから、まさか、兄がと思う、奔放な弟。そこでの兄が葛藤するのと同じくだんだん疎んじていた実家とかかわりが持たれる弟。
ラストの、
出所した兄を見つけた弟が声をかけても、もう実家に戻らないぞという決意が見られる強い兄がいた
私は兄弟、姉妹がいませんから、想像だけでしか見られませんでした。
父に頭の上がらない兄が、自由に東京に出ている弟を見てはいなかった。その目は、最後には、キラキラしていました。兄弟でも、生まれた順序で随分人生が変わるのですね。

続きを読む "【DVD】ゆれる、県庁の星 短め感想" »

2007/03/04

白鳥の湖

2月25日(日)に久しぶりのバレエ観賞してきました。

東京国際フォーラムC

当日は、私の席にTVカメラが入り、移動でしたが、真ん中の席だったので、その点はとってもラッキーでした。

舞台は、今までのどの白鳥の湖より、衣装の素晴らしさを上げられます。今回は、熊川哲也は、演出で、バレエは見られませんでした。
観客は、小・中学生が、かなり多かったですが、なんと言っても、大多数が、女性客でした。

数年前に、会場で、高校時代の同級生と、ぱったり会いました。彼女は、熊川さんの追っかけ(!)でした。

続きを読む "白鳥の湖" »

2007/01/03

【DVD】かもめ食堂

かもめ食堂感想
かもめ食堂オーナーのサチエ(小林聡美)とミドリ(片桐はいり)の出会いが、よかったです。日本かぶれの青年がガッチャマンの歌を教えてくれと来たため、まるでお客が来ない”かもめ食堂”のたった一人のお客のために本屋にたまたま来ていた日本人が、ムーミンの絵本を読んでいたので声をかけて、かもめ食堂の住人になるまでのやり取りは、片桐の普通の人の演技が沁みました。お客が来ないのを心配しておにぎりの具を
市場で調達したりするが、梅、鮭には敵わず断念したり。夜合気道をの練習中にひらめいたシナモンロールを焼いてから、毎日冷やかしていた3婆が香につられて入ってくるのは痛快でした。
3人目の登場人物、マサコ(もたいまさこ)のもっそり出現も味がありました。行動力のマサコに弾きづられるように、少し引っ込み思案のミドリがだんだん陽気になって行ったり。その間に、毎日にらみつけていたオバンが、実は夫に逃げられて、寂しい妻だったりでどこの国にも、寂しい人はいるんですねと言う会話になります。日本の魔術があるかとの問いに、わら人形に5寸釘を教えると、すぐに実行して、気分が生成したようで、翌日から晴れやかな顔と赤い服に替えているのは、好感が持てました。

”かもめ食堂”店主は、何を語りたかったのだろう。原作の群ようこなら、ほわぁ~んと、終わっていたことでしょう。ネコ好きの作者ですから、出ましたね。もたいさんと、小林さんとくれば「猫が好き」って昔あったんですよね。室井さんが集まれば完璧でした(笑)あの前からこの3人は格別好きで、今回も、台詞のやり取り、特にカメラが静止して横向きの二人が演じる絵はよかったです。サチエの料理は、最後の日となったら、是非招待をされたいくらい美味しそうでした。

続きを読む "【DVD】かもめ食堂" »

2006/10/01

【DVD】大いなる休暇

島民全員が着いたウソは、全員の幸せのためだった。

カナダのケベック州の小さな島サントマリ・ラモデルヌ島の物語。
かつては、漁業で栄えていた島だったが、いまや、全員が生活保護を貰って、やっと生活している島になってしまった。島を離れて都会に職を求めるものも出始めていた矢先、大きなプラスチック工場建設の話が舞い込んだ。

続きを読む "【DVD】大いなる休暇" »

より以前の記事一覧

最近の写真