無料ブログはココログ

2008/04/13

映画《アンフェア the movie》

<あらすじ>
警視庁に勤務する女刑事・雪平夏見は爆弾で負傷した娘の美央を警察病院に残して事件を追う。その直後、同じ病院に暴漢が乱入して警察庁長官や患者たちを人質に立てこもった。最新のハイテク技術を備えた難攻不落の病院は犯人グループに占拠され一気に大混乱に陥る。
 雪平たちが包囲する病院から人質が解放されたが、ただ一人娘の美央がとり残された。犯人グループの目的は依然として判明しない。警察は雪平の反対を押し切り完全武装したSAT隊を強行突入させた。 激しい銃撃戦の末SAT隊からの交信は途絶え、美央は一人エレベーターの片隅に身を隠す。
 雪平は愛する娘を救出するために単身占拠された病院に乗り込んでいった

 
      ******
テレビドラマが終わり、その余韻で、映画を見たら、また違った感想になったことだろうと思った。
ドラマのほうが、奔放で、ワイルドな雪平でした。
映画のほうは、母性豊かに描かれていました。
雪平の命を狙った車への爆弾。それで、ベビーシッターが即死。ミオが社外に放り出されて、意識不明!
親の事件で命の犠牲者がでてしまった。ミオにつきっきりも判りますが、なんだかしっくりしなかったです。
雪平がいつの間にか公安のほうへ移動になっていたりで、ちょっと整理が悪かったです。

続きを読む "映画《アンフェア the movie》" »

最近の写真