無料ブログはココログ

« 《オトナ女子》#09 | トップページ | 《お知らせ》 »

2015/12/19

《オトナ女子》#最終話

高山がひそかに小説家デビューのために、亜紀に近づいたことを知って、亜紀は怒り心頭。
あれから進まない結末に、高山は亜紀に会いに行った。だが、素直に謝れない高山に話は決裂。
カフェのオーナーは。さっさと謝るのが得策だとけしかけた。会社では亜紀は気もそぞろ、ため息ばかり。
追い立てられるようんい、亜紀に面会に来た高山は、小説を書くことを許してほしいとしか言わない。
人の気持ちがわからないと亜紀は席を立った。
他人を思い荒れない男がもう1人、池田が、亜紀を強引に誘った。
萠子は、母と別居しかかなりリラックスしていた。
みどりは、子供たちの自覚で苦労した甲斐を見つけた。
女子会が終わり、池田が今、会えないかと押し掛けた。電子書籍部の部長になった。もう一度チャンスをと
いう池田に、友達の付き合いがいいと断った。
帰りがけ橋に高山が待っていた。読むなり捨てるなりと言って完成した小説を差し出したが読みたくないと答えると
その場で空に放り投げた。亜紀を面白いと思った。失敗ばかりして、でもめげずに。亜紀を見ていると元気になった。
その明るさが元気をもらえた。不器用な高山は、好きでもない相手を毎日毎日思ったりできないと心情を吐露。
亜紀は、まかれた小説を拾い集め読んだ。面白かった。そこでカフェに戻った。
納得いくまで、とことん話し合いましょうと亜紀は提案。2人の共同作業が始まった。
出版された本はとても評判が良かった。
高山の出版記念がカフェで行われた。

最後まで、盛り上がりませんでした。ちくわが、大好きになっただけでした。
高山も池田も中年の魅力がねえ…

« 《オトナ女子》#09 | トップページ | 《お知らせ》 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

mariさん、とってもとってもご無沙汰しております。昔「ハマリもん」をやってたまりりんです。mariさんは、お元気そうで何よりです。そしてブログ、しかもドラマレビューも続けられててほんとにすごいなあ!!
記事は年末の秋ドラマまでになってますが、冬ドラマはあんまり書きたいのがなかったとかですかね?でもほんとにすごいです。

さて、私は長く闘病生活を送ってましたが大分回復してきて、パソコンも出来るようになり、なんだか昔のみんながとても懐かしくなって、たまたま「お気楽日記」のお気楽さんにタイミングよく連絡取ることが出来て、それで昔のお仲間さん達と集えるような掲示板とかあるといいねえ て話になって、
それで、もし参加くださる方がそれなりにいらっしゃるなら掲示板を作ろうかなと思いまして、
mariさんにも良かったらご参加いただけると嬉しいなと思い、コメさせていただきました。
もちろん、「いや、自分はそれは結構です」でも全然OKなんですがいかがでしょうか?
もしご参加OKでしたらまた連絡させていただきますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/62900559

この記事へのトラックバック一覧です: 《オトナ女子》#最終話:

« 《オトナ女子》#09 | トップページ | 《お知らせ》 »

最近の写真