無料ブログはココログ

« 《オトナ女子》#04 | トップページ | 《オトナ女子》#06 »

2015/11/15

《オトナ女子》#05

亜紀のプロジェクト、恋愛アプリも大詰めに入って来た。
懸田は高山の恋愛小説のさわりを読んでいた。時間をかけたが、中盤は高山が違うなと思い捨てた。
池田は、前回の亜紀を抱きしめたところを高山に見られたことを知っていた。聞かれて、胸が痛んだことを思い出した。
池田と亜紀は、2人して食事に出た。夜景を見ながら池田とキスした亜紀。ときめかなかった。
みどりから招集がかかった。最後に、担任沢田とのいきさつを話した。
みどりが戻ると、長男が、彼女を妊娠させたと報告があっ
萠子は純一を揺さぶろうと、派遣会社に頼んで男を調達。すぐにばれた。
沢田からの再三の電話に、息子昴の妊娠させた相手の家にお詫びに行き、『母子家庭』と罵られて、打ちひしがれた
みどりは出た。また学校でけがをした稜。沢田は、量があるグループからいじめにあっていたとみどりに知らせた。
視線を合わせないみどりに、前回は何もなかったとフォロー。
亜紀は、明日のイベントに配るパンフレットの金額をチェックできず、自分で治すことに。同じプロジェクトの
社員たちが、仲間とは思っていないし、亜紀がミスったのだからと聞こえよがしに言ってる悪口が聞こえた。
一人でしょい込んだのを亜紀を好きな男子社員が途中で差し入れに来た。もっと甘えろと言った。
に急いだ亜紀。マスターが店を閉めろとカギを高山に渡した。
甘えようとっしたが、ダメだったと亜紀は伝えた。
孝也かは、大人のキスの定義を亜紀に聞き、そんな走行なものじゃないと否定し、立ち上がった亜紀にキスした。
『言葉だけの男じゃないと示したかっただけです。』と言って。
アラフォーの恋愛は、回りくどいですね。

« 《オトナ女子》#04 | トップページ | 《オトナ女子》#06 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/62679571

この記事へのトラックバック一覧です: 《オトナ女子》#05:

« 《オトナ女子》#04 | トップページ | 《オトナ女子》#06 »

最近の写真