無料ブログはココログ

« 《花咲舞が黙ってない2》最終話 | トップページ | 《オトナ女子》#02 »

2015/10/17

《オトナ女子》#01

今回は、どうしてもエエカッコシーで、痛いところを見せる亜紀(篠原涼子)。
バンドマンのまだ芽が出ない伸治と同棲している亜紀。
電車の中で、横に立った文夫がくしゃみの連続。 持っていた紙袋が、体に当たり、痴漢かと間違えた。
会社では、若い部下を統括していた。バリバリ仕事する亜紀は、煙たがられていた。
なんで小食に見せたいのかな? 会社はアラフォーの恋愛アプリを作っていた。それを監修させる高山文夫を探してきた。 タイトルを見せるといい年して『胸キュン』を鼻で笑った。さらに恋愛ものはもう終わったといわれた。 いい加減観念して,オバサンを受け入れろと言われて、帰った。
みどり、萌子と亜紀はいつもの女子会。 亜紀の弱点は、見通してる2人。 伸治にメジャーデビューの話が来た。 幸せにすると言われて、幸せだった。
みどりが合コンに失敗して、荒れていた。そこに亜紀が到着して付き合った。 みどりが見つけたバーは、文夫の仕事場だった。
会社の社長は、一度喧嘩した人とは仕事がうまくいくから、文夫にアタックしろとけしかけた。 亜紀の会食予定が無くなったので、伸治にメールし、餃子を作ると材料を買って帰宅すると玄関に女物の靴。 亜紀はどんどん部屋に入った。ベッドで、若い女といちゃつく伸治。買い物袋を床にたたきつけて外に出た亜紀。 伸治は、お互い大人だと勝手な理屈を並べた。雨が降り濡れながら、文夫のバーへ。 伸治も追いかけてきて、浮気していたと告白。きっと亜紀は1人で生きていかれると、勝手な理屈を言って去った。 すげー、一方的!
亜紀はもっと頑張らないと幸せにならないのかな。そう言って雨の中へ。後ろから文夫が一杯おごるよ。
翌日ハイテンションの亜紀。ロビーに文夫が来た。 40女が恋愛でズタズタになり、それでも這い上がって幸せをつかむのか見てみたいといった。 20代の女子にはかなり煙たがれ、そんな仕事場なのに元気ですね。

ぶさかわいい、ちくわ エキゾチックショートヘヤーでしたね。おとなしい💛

« 《花咲舞が黙ってない2》最終話 | トップページ | 《オトナ女子》#02 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/62494968

この記事へのトラックバック一覧です: 《オトナ女子》#01:

« 《花咲舞が黙ってない2》最終話 | トップページ | 《オトナ女子》#02 »

最近の写真