無料ブログはココログ

« 《花咲舞が黙ってない2》#10 | トップページ | 《オトナ女子》#01 »

2015/09/17

《花咲舞が黙ってない2》最終話

暇な臨店に舞い込んだとんでもない仕事!
頭取の妻が開いた個展のお手伝いに駆り出された舞と相馬。舞はそこで真藤の妻と会った。
真藤は、舞に一喝されたことで、この銀行が変われるかもしれないと、妻に語ったと妻は教えた。
翌日、出社すると行内は蔵中建設の倒産の話でもちきりだった。これが大きな波紋をぶ。
芝崎が汗をふきふき走りこんで来た。倒産よりもっと大変なこと、臨店班を堂島専務がおよびと言った。
堂島は、蔵中建設の倒産によって、50億が焦げ付きそうだと話し始めた。
蔵中建設社長の乱脈経営が明るみになってきた。どうやら数十億の裏金があるらしい。
同席した辛島が、今朝、融資部長あてに蔵中建設社員と名乗る者が密告のメールを送って来た。裏金の一部1億円が東京第一銀行に賄賂として流れているというものだった。
メールの送り主は、蔵中建設の元総務部長だった。1億の賄賂は、5年前の、不動産投資の失敗で追加融資を頼んだ時の見返りとして流れたとはっきり答えた。それが明るみに出たら、大変なことになる。
追加融資を受けた時の当時の融資部長…社長が隠していた裏帳簿のコピーを見せられた。そこには、真藤毅の名があった。振り込まれたのは白水銀行の個人口座だった。
振り込み依頼書の控えは?もしかしたら社長の隠し倉庫にあるかもしれなと言われ、合いかぎを持つ総務部長に頼った。急いで調べると依頼書が見つかった。それと同時に舞たちは、がっかりした。
翌朝、相馬が出社すると舞の姿はなかった。真藤に事実かと迫っていた。真藤派は、そんなものを見せられたら何を否定するんだと、言った。事実を曲げるときに『銀行のため』を大義名分にしていた真藤にとってはふさわしくなかった。信念を曲げずにいたはずの真藤とは意味合いが違った。攻める舞。そこへ相馬が現われて部屋から出された。
依頼書は、堂島へ。
相馬の同期、児玉が臨店にこっそり来た。白水銀行の出入金の動きが判るコピーを持ってきた。児玉も彼なりに真藤の潔白を信じての行動だった。退出する真藤を追いかけたが、この銀行は変わらないと分かっただろうと言われた。
真藤の妻が舞を訪ねてきた。銀行を辞めることになるだろうと妻に言った。なんでもメモを取る真藤の手帳をごっそり持ってきて舞に託した。1億入金のあった日、メモは、100M→R.Sとあった。児玉と相馬は芹沢頭取とすぐに判った。
芹沢頭取の筋書きで、取り締まり会で、荒木室長が真藤を悪人にしたままで相馬にわかっている事実だけ発表しろと言いに来た。皆が退社してから、児玉の手引きで事件当日の動きを調べた。荒木室長が頭取の車を使って
いた。白水銀行に行って、金を銀座で買った。1億で20キロ。次に行ったのは塗装会社。
臨時役員会が始まった。

堂島が、事実かと詰め寄った。
待ってくださいと舞は止めた。口座に入ったが、受け取っていない真藤。利用されただけだった。振り込まれた1億円は、その日のうちに白水銀行京橋支店で、真藤常務により全額引き出され、荒木室長に手渡された。「そうですよね、」とぼける荒木。
こんなことをできるのは、芹沢頭取だけです。
さらに証拠として、頭取室の銀行マスコット、『ダイチ君』の頬を経ずると純金の地金が出た。1億円のわいろを受け取ったのが、頭取だと明らかになった。
「そんなことは私は知らない。私は東京第一銀行の頭取だ、ふっ障子を起こしたのは真藤くんだ」悪事は、部下に押し付ける、そのままです。
「お言葉を返すようですが、不祥事を起こしたのは、芹沢頭取、あなたです!」「なんだといち行員の分際で何を言ってるんだ!黙りなさい」「黙りません、手柄は上司のもの、ミスは部下のもの、そんな常識この銀行でしか通用しません。普通に考えたら、そんなのおかしいって子供だってわかります、…」舞の最後の文句、小気味よかったfです。
真藤も証言した。堂島は頭取の解任を動議した。満場一致で解任!
この銀行も変われそうです。

« 《花咲舞が黙ってない2》#10 | トップページ | 《オトナ女子》#01 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/62300907

この記事へのトラックバック一覧です: 《花咲舞が黙ってない2》最終話:

» 花咲舞が黙ってない #11 最終回 [ぐ~たらにっき]
『賄賂疑惑!!銀行最大の危機』 [続きを読む]

» 花咲舞が黙ってない2期最終話 & リスクの神様最終話(9.16) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
すっかり更新が滞ってしまいました シルバーウィーク(そんな名称がついてたんですね)は 部屋の大掃除をしてました。お蔭で普段より疲れてしまいまして(苦笑) 夏ドラマももう終わりですなあ ・花咲舞が黙ってない2期最終話 東京第一銀行の取引先である建設会社が倒産、 建設会社から銀行に裏金が流れているという告発のメールが届き、 動くことになる花咲舞@杏と相馬@上川隆也 やがて裏金が振り込まれたのは真藤常務@生瀬勝久の口座と判明、 舞は真藤常務から真相を聞き出そうとする。 頭取の悪事を暴くという最終回らし... [続きを読む]

« 《花咲舞が黙ってない2》#10 | トップページ | 《オトナ女子》#01 »

最近の写真