無料ブログはココログ

« 《花咲舞が黙ってない2》#07 | トップページ | 《花咲舞が黙ってない2》#09 »

2015/08/27

《花咲舞が黙ってない2》#08

今回は川崎支店。
夏休みにパワースポット巡りをしてきた舞。
なかなか縁結びには縁がありません。

川崎支店の支店長水原が、階段で突き落とされた。
被害届提出、足の骨折で、入院。相馬と舞は、芝崎に穏便に事件が収まるよう言われた。
だが、臨店班を迎えた水原支店長はいかにも、悪そうに見えた。芝崎の評判が悪い支店
長評が当たっていた。
臨店は、支店のちまちましたことを解決していればいいと言い放った。
融資課の2人にも稟議書で文句をつけていた。
なにも聞けないまま、追い出されるように病室を出た2人。
部下2人に最近倒産した企業のリストを見せてもらった。業績が悪いところはバッサリ切られていた。
翌日後ろから来た男に武蔵小杉の金田店長が襲われた。
水原と金田は虎の門支店で一緒だった。始まりは。虎の門支店のようだった。
赴任して日が浅い店長は、融資課の生き字引融資事務の田川美枝子を紹介してくれた。
水原はボス猿タイプ。金田を鞄もちといった。
最大の事件は、融資をしてくれなくて倒産した岡村スチールの社長が、怒鳴り込んでき
て、水原を殴った件。
田川は、まだ何か言いたそうだった。
とりあえず病室に水原を訪問。担当は磯部で、水原と金田はとばっちりを受けたと逃げ
た。
磯部は、出向で地方に回され、結局銀行を辞めた。舞は、岡村スチールが、倒産した経
緯を聞いた。
金田から引き継いだ磯部は、追加融資を頼まれ、稟議書を出したが、水原から、何度も突
き返され、揚句に稟議が通らないうちに決済日が来てしまった。最終の稟議書は『否認』。
磯部は、自分の力不足を伝えた。銀行のために倒産に追い込まれては、たまりませんん!
警察も探していた岡村は、ここ数年上海で、事業を起こし、ずっと日本にはかえって来
なかった。アリバイ成立で、ふりだしに戻った。
受付から虎の門支店の田川が面会と言われたを。
当時田川は、磯部と2人水原の壮絶ないじめに遭っていた。初めから融資する気がない
岡村スチールの稟議書を書かせ、あからさまに磯部をのけ者にした。
田川は、今回の騒動は、磯部のやったことだと思っていた。彼を説得して自首させてく
れと頼みに来た。
あの頃融資課は、全員磯部が悪くないからどうにか救いたと思っていたができなかった
。磯部は、責任を取らされて地方に出向。酷い話だ。
相馬は、磯部に電話した。長く鳴って、出た。相馬はストレートに聞いた。
磯部は、20年間銀行に勤めたのは何だったのかと語りだした。出向先ではまだ新天地
で、やり直せると思っていた。そんな甘いものではなく、×がついた扱いにくい奴とレッテルが付き、たった一人でろくな仕事も与えられず、屈辱的な毎日だった。それでも家族のためにも何とか続けようとしたが、もう限界だった。
仕事を辞めればこんな思いから解放されると思ったが、いざ辞めてみて愕然とした。
スーツを脱ぎ、名刺を持たない磯部が銀行に勤めていた証しなんか何もない。元行員だ
った経歴を証明するものさえ一切なくなる。そのことをつくづく思いさらされた
川崎支店の前を通りかかると、水原が、相変わらず取り巻きにちやほやされていた。許
せないと思った。
あの人にはどこにも何の傷もついていないのか。その時決めた、私の人生そのものを壊
したやつらにそのことを思い出させてやる。まだ終われないと電話が切れた。
狙われたのは当時支店長だった、真藤。
駆けつけた相馬と警備員によって磯部は捕まった。
このまま、終わらせたくない臨店班は、虎の門支店に走った。
真藤の部屋に来た水原の前で、真藤が書類を捨てるなと命じたので残をっていた磯部の
沢山の稟議を、盾に融資を故意に遅らせたと断じた。磯部が盾つくので貶めようとした。業績の悪化していた岡村スチールの担当に磯部をし、倒産に追い込んだ。水原の思惑通り、磯部は責任を取って飛ばされた

証拠は、追加融資の稟議書の束。1か月の間に書き直されたのが17回。最後が否認。
『断る融資ほど早く決断せよ』水原は明らかに信義則に反していた。
舞は、磯部を犯罪者にした水原を許せなかった。ちっぽけなプライドのため、部下を貶
めるなんて判らないと答えた。
真藤は、どんな時でも、東京第一銀行の名誉を守ると答えた。
舞は、真藤の言い分をそのまま信じたわけではなかったが、真藤の秘書、児玉が待っていた。
水原は降格処分で、関連会社への出向。金田は、水原の不正に加担したとして戒告処分。あの2人を説得して被害届を取り下げたのは真藤だった。さらに、磯部には、真藤の知り合いの弁護士を付けた。銀行の体裁を考えただけではなく、磯部の今後を考えての配慮だと児玉は伝えた。
相馬は、今回は信じてもいいのでは?と舞に言った。

真藤が良い人になるのは、面白くないですね。

« 《花咲舞が黙ってない2》#07 | トップページ | 《花咲舞が黙ってない2》#09 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/62167157

この記事へのトラックバック一覧です: 《花咲舞が黙ってない2》#08:

» 花咲舞が黙ってない2期第8話 & リスクの神様第7話(8.26) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
・花咲舞が黙ってない2期第8話 二人の支店長が何者かの襲撃に遭い、 調査を命じられる花咲舞@杏と相馬@上川隆也 二人の支店長は虎ノ門支店の融資課だったという共通点があり、 当時融資を断ったために会社社長が支店に乗り込み、 暴力を振るわれたという過去があった。 その会社の融資担当者だった磯部@小市慢太郎は既に銀行を退職、 また当時の支店長が真藤常務@生瀬勝久だったことがわかる。 執拗ないじめに遭い、退職後元上司を襲撃した磯部さん、 小市慢太郎さんの好演、半海一晃さんの憎たらしい演技もあり、 心が壊れ... [続きを読む]

« 《花咲舞が黙ってない2》#07 | トップページ | 《花咲舞が黙ってない2》#09 »

最近の写真