無料ブログはココログ

« 《アイムホーム》#09 | トップページ | 《花咲舞が黙ってない2》#01 »

2015/06/19

《アイムホーム》#10(最終話)

恵(上戸彩)にずっと仮面をつけている人と暮らしてきたといわれた久(木村拓哉)。
「僕は、泣いている妻をただ、見ることしかできなかった。
吉雄が、出かける久に、「内緒でまた遊園地行こうね」とささやいた。何を意味してい
るのか判らなかった。
会社では、小机が、上王子社長に、家路は、記憶が戻ったかもしれないと話していた。
そんな中、久に本城コーチから電話があり、会いたくないが、昼休みに対面。やつれて
いく恵が心配だったと話した。結婚当時、久の暴落した土地を恵の父に転売した話も聞いていた。そのために結婚したのかと恵は疑ったと見舞いに行った香に話した。その頃の久は毎日忙しく、毎日不機嫌だった。
そんな折妊娠が確実になった。だが久は、喜ばなかった。香は、そんな中でも、久は、
恵に本当のことを話しているといった。甘えているんだと。香もずっと仮面を被っていたから、よく分かると。
今の彼、3つも年下だから。怖いよね、飛び込むのは。でも今度は飛び込んだ、それが
生きてるってことでしょ。香は、素直に自分の感情を吐露した。
久は、本城に掴み掛って、本性が分かったと、言わせた。
歩きながら考えていて、カギを出した、家のカギとあと1本…耳の奥で、吉雄が、「ま
たお母さんに内緒でトレジャーランドにいこうね」と囁いていた。久は、貸倉庫に急い
だ。手当たり次第に探すと吉雄の宝箱の鍵を開けた。中を探すと吉雄と映った写真と
USBメモリーが出てきた。さらにたたまれたDNA親子鑑定報告書もあった。
恵に、思い出したことを語る久。結婚してすぐにできた子供を、自分の子か?結果は、そうだった。
恵は、クレジットの明細でそれを知り、茨城に転勤になった久に離婚届を送った。久は、毎日会って話をさせてくれと電話した。折れた恵にもうすぐ東京に戻れるといった直後事故に遭った。こんなに心を割って話しても、まだ仮面は脱げない。もう言い訳できないと、家の鍵も置いた。
筑波医師に、カウンセリングで話すと肝心なことを思い出していないと、久のリハビリのDVDを見せた。
事故の後遺症で、拘縮した手や足を、腱鞘炎になりながらもみほぐしていた恵。久の回復を信じていたのは恵だけだった。それを見て自分は、何ができるだろうとふらふら歩いていると、小机が車の中から手を振った。
思い出したことを伝えると、速やかに損失隠しの秘密データを社長に渡してとせっつかれた。明るみに出ると久も逮捕されると脅した。若王子社長に面会に行く久。
13営業部には、久の後輩、黒木が顔を出した。なにもしていない連中に損失の2000億を埋めるために、久が利用されたと話した。通常業務の会社の買収にこぎつけた久。その先にからくりがあった。
実際に価格を決める際に大幅な金額の付け替えがあった。契約の日に、急な国内出張の久は、戻って来た時にはあとの祭り。USBを社長に渡し、乾杯の時グラスを合わせなかった。もう家族に恥ずかしいことだけはしたくないといった。その足で検察庁へ。逮捕されたが、それからの13課はたいへん活発に動いた。
久は、無罪放免された。社長が、監視のメールを出していたことがわかり、隠ぺいが社長自らと分かった。
小机が久を迎えてくれた。分かり合えなくても、許しあえることは出来るんじゃないか、彼は、そんな先人としてのアドヴァイスをしてくれた。
公園で、ぼーっとする久は、寝てしまった。夢の中で、もう一人の自分と言い争った。
事故の後どうしても良雄と恵に会いたいと、思ったという彼に久も目が覚めた。すると近所で火事だった。
近い!よく見ると我が家が燃えていた。義理の父母と良雄は助けられた。隣からのもらい火だった。
止める手を振りほどいて恵を探しに『我が家』へ。「恵は、家族は、僕が守るんだ」
ベッドの上で目が覚めた久。周りを見回すと、恵がいない。満身創痍の久は這って
恵を探し始めた。やっとたどり着くと、そこに座り込んだ久に恵がベッドから降りてきた。ほっとした久が、仮面の恵に微笑みかけ、仮面に手をかけると、仮面が崩れた。抱き合う夫婦。
会社は、何事もなかったように人々が働いていた。久は、13営業部に戻って来た。
みなにこにこしていた。礼を言おうと立ち上がった久に、轟課長が、書類にハンコを
もらってこいと、命じた。
みんなの誇らしげな顔がいいですね。
緑ヶ丘のバス停から…オレンジ色の屋根の家が、久たちの家だった。
鍵1本持ってましたね。

« 《アイムホーム》#09 | トップページ | 《花咲舞が黙ってない2》#01 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/61766451

この記事へのトラックバック一覧です: 《アイムホーム》#10(最終話):

» 永き混沌からの帰還(木村拓哉)ウェルカムバック(上戸彩) [キッドのブログinココログ]
自分というものをあなたはどんな風に感じるだろうか。 鏡があれば正面から見ると・・・映っているのが自分なのだろう。 鏡を見慣れていれば・・・おなじみの顔がある。 今、このブログの記事を読んで・・・頭の中に言葉か響く。 響いているのは・・・どんな声なのだろう。 自分の声だとすれば・・・それも自分の一部な... [続きを読む]

» マザー・ゲーム&REPLAY&DESTROY&アイムホーム&ヤメゴク最終回感想 [NelsonTouchBlog]
すでに続々と最終回ラッシュ(汗)全然書けてなかったので、曜日ごとに追って最終回感想をまとめて書いていこうと思いました・・。 [続きを読む]

» アイムホーム最終話(6.18) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
妻恵@上戸彩の顔が仮面にしか見えなかった家路久@木村拓哉 だが相手の顔が仮面に見えるのは恵も同じだった。 すべての鍵の謎を解き、記憶を取り戻した久は会社の不正を告発、 火災に巻き込まれた恵を救った久は真の家族を手に入れたと 最終話でのホワイト久(今の久)とブラック久(過去の久)の対決、 『あしたの喜多善男』を思い出した。 こういうのが観たかったんだよ。毎回やればよかったのに。 設定は面白いのに、不要なエピソードが多く感じられたのが残念な作品だったなあ。 テレ朝のドラマは放送回数が少ないのが多いけ... [続きを読む]

» アイムホーム 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
久(木村拓哉)は恵(上戸彩)から「久の顔が仮面に見えて、本当の顔がわからない」と告げられます。 衝撃を受ける久の元を本城(田中圭)が訪ねて来ます。 本城から、恵と再会した経緯や、当時の恵の様子などを聞いた久は、結婚以来、恵ときちんと向き合って来なかったことを改めて痛感するのでした。 久は主治医・筑波(及川光博)から、久が入院していた時の映像を見せられて・・・ 恵だけは...... [続きを読む]

» 記憶を失った 普通の男、キムタク [笑う社会人の生活]
ドラマ「アイムホーム」を見ました。 テレ朝にて 木曜9時からやってました まぁ、やはり木村拓哉 主演ということで話題となり テレ朝で連ドラは初めてですしね! そんなこともあってか、キムタクにしては珍しい普通のサラリーマン、ちとダメさもあるという それも記憶...... [続きを読む]

« 《アイムホーム》#09 | トップページ | 《花咲舞が黙ってない2》#01 »

最近の写真