無料ブログはココログ

« 《きょうは会社休みます。》✩08 | トップページ | 《きょうは会社休みます。》✩10(最終話) »

2014/12/12

《きょうは会社休みます。》✩09

『こじらせ女の恩返し』
青石花笑。30歳。 田之倉くんの近い将来の夢が、大城と、ブッシ―さんによって、次々顔を見せた。花笑は、ちょっと置いてけぼりだった。
田之倉も母が、どうする気だと言われて、大学院の方の準備もあり、考え出した。それでも大きく揺れ動いていた。挙句に、結婚しようとプロポーズしたしね…
田之倉くんは、母時子を中華の店に呼び出した。母の勧める通り、新卒で、就職する方が率が良いのでときっぱり言った。さらにまだ先の話なんだけど就職したら、花笑さんと一緒になろうと思う、そう宣言。母も「いいわよ」と答え、花笑に今後ともよろしくお願いしますと頭を下げた。
ここまでは、まだ単に花笑の幸せ話に終わります。
その母が、仕事で料理のプランニングをさせてもらっている旅館の、優待券をくれた。毎年貰うと言って。

cast
青石花笑:綾瀬はるか 田之倉悠斗:福士蒼
大川瞳:中里依紗 大城壮:田口淳之介
加々見龍生:千葉雄大 笹野一華:平岩紙
武士沢吉洋:田口浩正 朝尾侑:玉木宏

帰宅して、花笑は両親に、卒業して就職したら、結婚の話が出たことを報告した。ほっとする2人。
 
花笑は、課長に有休を申し出た。出勤時間にいつもと反対方向のバスに乗る罪悪感。何とも言えない開放感!」
 
当日、田之倉は大城に風邪で休むと連絡。知らせを聞いて、課長は、「ははーん」と合点が行った。


 
優待券の旅館は、部屋に露天風呂が付いていた。
 
《奥様と言われて笑みが 収まらず》呼ばれて、自分だ!と知ったとき。
 
田之倉に風呂に入ればと言われ、個室の露天風呂で、手足を伸ばしていると、田之倉まで入ってきて、慌てる花笑。
 
旅館の浴衣に着替えて、温泉卓球♪花笑の憧れだった。その余韻に浸って部屋に戻ると、布団が敷かれていた。田之倉がばったんと布団に倒れたのを見て、花笑が続いた。すると、田之倉が馬乗りになって、マッサージを始めた。田之倉くんはどこまでも私の神だ。幸せだを連発していた花笑が、寝てしまうと、夢にブッシ―が出てきてドッキリだと言った。さやかが、田之倉を陰で操っていたと、言われて、暗くなる花笑。花笑ちゃんばっかり幸せになってずるい!。田之倉くんが可哀想。この恩知らず!そう返された。
 
がばっと目が覚めた花笑。今まで、田之倉くんに幸せを貰ってばかり。果たして花笑は、何をお返しできるか、考え込んでしまった。
 
幸せなら、そのまま、浸っていればいいのに!
 
律儀な花笑は、それ相当の恩返しを考えた。
 
田之倉の部屋で、お茶をこぼしながら、考えた。男の人は、裸にエプロンの女性に興奮すると言うが、花笑にはレベルが高かった。田之倉は、甘えてくれるほうを喜ぶ。花笑には、一番苦手な分野だ。耳かきをする田之倉に膝枕を勧めてもいいと言うし、楽しかったねと言いながら、肩に頭を寄せても今日は何か変だよと言われた。
 
浮かない顔をして帰宅した娘に、両親も声が掛けられない。

課長が、温泉饅頭を買ってくるなという暗示にしっかり買って、お土産にした。
 
お昼はいつものソバ屋に行くと、朝尾がもう終わるころだった。
 
結局彼に、男が喜ぶことを質問。裸にピンクのリボンで、私をプレゼントと言い出したが、さらに花笑に促された。
 
「一緒に夢に向かって歩いてくれることかな。
 
たまに背中を押してくれたら言うことない」
 
「ま、そう言う相手を見つけるのは
 
夢をかなえるより難しかったりするけどね」


 
田之倉は、立花課長に、就職の件で話すと、帰社したらゆっくり話すと言われた。
 
ブッシ―の店で、花笑と待ち合わせたが、遅れていた。座敷の方から、田之倉の恩師たちが出てきた。ブッシ―が、教授に、田之倉のカノジョと紹介した。すると、助手の戸崎が、戻ってきて、花笑の横に座った。
 
悠斗と呼び捨てにし、昔付き合っていたからと、姉さんぶって、将来有望なコと、言った。大学院を諦めたのは、花笑のせいだと言わんばかりだった。
 
遅れてきた田之倉にブッシ―が大学院に行かないんだってなと聞いた。すると田之倉は、僕の中で優先順位が変わったと言った。そんなに長く花笑を待たせられない。とも。
 
花笑の中では、そんな無理している田之倉くんのために考え込んでしまった。帰り道、実家へ帰ると言う花笑のおでこにチュ!で、お休みと言う田之倉。
 
マモルの散歩に行く花笑。朝尾が「たまに背中を押してくれたら言うことないでしょ」の声が響いた。また田之倉くんから、幸せを貰おうとしている。


 
瞳にアタックしている加々見は、もうすぐオープンする朝尾の店を24日に予約しろと言われ、張り切る。
 
帰り道、イルミネーションを見ながら、思い出つくりを進める田之倉に、花笑は、大学院に行くべきだと言った。田之倉は、花笑と一緒じゃない選択肢はないときっぱり言った。今のままだときっと将来後悔する。後悔なんてしないと答える田之倉。何年か経ったら分かってくれると思う。だから…私のことは忘れて進学して。朝尾と付き合っていると言い、忘れて下さいと言って、田之倉の部屋のカギを返した。
 
田之倉くんとお付き合いさせていただき夢のような経験もさせていただきました。ありがとうございました。そう言って、頭を下げて帰宅。


 
父がリビングにいた。後ろを向て座り、結婚が白紙になったことを報告。
 
母が、背中をさすってくれた。母にしがみついて声をあげて泣いた。


 
翌朝、朝尾に電話して、彼氏役をやってほしいと頼んだ。
 
すぐにでも結婚すると思っていたのが風向きが変わり、困ったことがあったら、すぐに駆け付けるかとまで言ってくれた。
 
田之倉は無断欠勤した。大城は2人に何かあったなと気にした。
 
朝尾の元へ田之倉が行った。付き合ってるとは言ったが、真剣な田之倉に冗談だよ、冗談と話す朝尾。だが、
 
「これ以上彼女を苦しめるのは可哀想じゃないか。
 
君は彼女に夢中になるあまり、無理をし過ぎた。
 
とっくに限界は来ていたんだよ。
 
相手を思えば思うほど期待に応えようとする。
 
相手もそのペースについていこうと必死に無理をする。
 
ダメな恋愛の典型的なパターンだ。
 
彼女は気付いたんだよ。
 
このままじゃ君をダメにしてしまう。
 
君のために出来る最善のことが別れることだって、
 
なのに君は気付かないの?
 
だから忠告したじゃないか。彼女のことがちゃんと見えてるかと」
 
見えてなかったんですね。最初っから」
 
《「愛とは、人を喜ばせること。それには相手が今何を欲しがっているかを見抜きそのことをしてあげる。嫌がることはしない。愛とは想像力」
 
私のことだ。私のことが書いてある。田之倉くんの将来を思い静かに身を引いた私。間違ってない、これこそがハイグレードな愛の形》
 
一華が来て、本屋で自分のことが書いてあると、沢山購入した花笑。
 
恋の病は時間が解決と取り合わない。

 大学では、田之倉が戸崎に、余計なことをしたと噛み付いていた。ブッシ―に聞いた。戸崎は、余計な事とは思わない、田之倉が道を踏み外さないならとシャーシャーと答えた。

花笑は、田之倉の電話番号を消そうとするが、思い切れない。そこへ朝尾から、明日コース料理の試食をしてくれと呼び出された。
 
彼氏役を全うしたのだから、と責められた。さらに田之倉には、君が見えていなかったと言われたことを話した。

 朝尾の店に行くと、最初から花笑が最初のお客と決めていたことを話した。驚く花笑。
 
初めから、グサグサと刺さるもの言いをたしなめる花笑。これからは美しい言葉をと言うと
 
「僕と結婚してくれませんか?」
 
「な…何言ってるんですか?
 
冗談もいい加減にしてくださいよ。」
 
「そのままの君でいいんだ。何も変える必要はない。
 
言いたいことを言って、好きなことをして、
 
そばで笑ってくれればいい。だから、俺と結婚しよう。ん?」
 
花笑は、言葉を失った。
 
2人の男の間で、花笑は、どうするんでしょうね。

 


今までの感想は、こちら

« 《きょうは会社休みます。》✩08 | トップページ | 《きょうは会社休みます。》✩10(最終話) »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/60796751

この記事へのトラックバック一覧です: 《きょうは会社休みます。》✩09:

» 「きょうは会社休みます。」第9話★これこそがハイグレードな愛の形 [世事熟視〜コソダチP]
きょうは会社休みます。 第9話 田之倉からプロポーズされたことを両親に報告する花笑(綾瀬はるか) 「田之倉君大学卒業して就職したら結婚してくれるって。」 母・光代「あら〜。よかったじゃない。」 父・巌も一抹の淋しさを隠して「そうか…うん。」 両親の温かさや愛情が滲んで、とっても良い感じ。 青石家って、良い家庭やねぇ。 −◆− 田之倉の母(鈴木杏樹)からもらった宿泊券で、会社を休んで彼氏と旅行へ行くことになった花笑(綾瀬はるか)。 <田之倉君との初めての旅行 そして温... [続きを読む]

» きょうは会社休みます。九話&ディア・シスター九話感想 [NelsonTouchBlog]
■きょうは会社休みます。九話 まさかの、花笑(綾瀬はるか)の別れの決断!まだ学生である田之倉(福士蒼汰)の将来を考えての涙の決断だった。 まあ・・わからないではない、そういう目線になっちゃうよね、年上だから。でも田之倉君は真面目だから、花笑とのこと真剣だと言えばそれは真実なんだろうけどなあ。花笑から見れば、大学院行って留学してっていうのを辞めてまで、就職して結婚するという方向転換を、うれしい半面プレッシャーになってしまったと。... [続きを読む]

» 結婚してくれませんかって本当ですか。(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
シンデレラなので・・・12時になったら帰宅である。 物語的には今、ここです。 「待ってください」 「待てません」 でもガラスの靴は置いていきますね・・・ということである。 なにしろ・・・お互いの親も了解の仲である。 来ようと思えばいつでも来れるでしょう・・・なのである。 自分をよく見せるためには・・... [続きを読む]

» (忘備録)『 きょうは会社休みます。 』第9話 ツイッターつぶやき感想まとめ(12/10) [ドラマ@見取り八段・実0段]
レビュー記事のないものに関して実況ツイートをUPする事にいたしました。 (ようするに手抜き……) ツイートなんで。つぶやきなんで。文章にはなっていません。 単なる自分のための忘備録です。 「読み物ではない」ということでスルー推奨します~! kukucooo 明日会社休みたいなう RT @tototoro1005: 明日会社休みたい待機 #きょうは会社休みます ...... [続きを読む]

» きょうは会社休みます。 第9話 [エリのささやき]
朝尾は付き合っていないことを正直に告白しこちらも株を上げましたが最後にプロポーズでちょっと吹いた~(^^ [続きを読む]

» きょうは会社休みます。 第9話 [ドラマハンティングP2G]
#09「別れの温泉卓球奇跡のプロポーズ!」2014/12/10 O.A. まだ大学生の田之倉(福士蒼汰)との結婚を諦めていた花笑(綾瀬はるか)は、就職のために進学をやめたという田之倉から突如プロポーズされる。田之倉の母(鈴木杏樹)からもらった宿泊券で、会社を休んで彼氏と…... [続きを読む]

« 《きょうは会社休みます。》✩08 | トップページ | 《きょうは会社休みます。》✩10(最終話) »

最近の写真