無料ブログはココログ

« 《きょうは会社休みます。》✩05 | トップページ | 《きょうは会社休みます。》✩07 »

2014/11/22

《きょうは会社休みます。》✩06

『こじらせ女のサインください』
青石花笑、30歳。
花笑が、田之倉を初恋相手と告ったひな乃にうろたえているのを見て「しばらく会うの止めない」と言い出した田之倉。
朝尾に、付き合ってくれと言われ、手作りソーセージの工房に行って海を見ていると、ひな乃から、意味深なメール。
もう気が気でない花笑。すると、朝尾が車のキーを亡くしたと言い出した。かなり歩いて、駅まで行こうとする花笑だったが、居間から、駅までタクシーで行っても終電には、間に合わないと言われた。いつもの朝尾の悪びれない言い方だった。
帰宅できなくなったが、相手が朝尾では、両親に心配をかけるので、電話で、帰れないと話し、母が田之倉君のとこ?と聞くのを曖昧にぼかした。
ずっと話さない花笑に、朝尾は、いろいろ質問攻め。仕方なく、距離を置いていると白状。田之倉が、ひな乃と一緒に居るのがそんなに心配?と聞かれた。花笑は、自分より9歳も若く、かわいらしい女のコなんですからと心配の種を吐き出した。
「彼の方も、俺と青石さんが海にきていると知ったら心配するかな?」
「一つ忠告していいかな、友達として。」
「え?友達、ですか?」
「トモダチだから、仕事に協力してくれたんじゃないの?
君は、彼にすべての事情を説明するのが愛情だと思ってるだろう?
ま、それが君の良い所ではあるが違う感想を持つ場合もある。
すなわち『バカ正直』」

cast
青石花笑:綾瀬はるか 田之倉悠斗:福士蒼
大川瞳:中里依紗 大城壮:田口淳之介
加々見龍生:千葉雄大 笹野一華:平岩紙
武士沢吉洋:田口浩正 朝尾侑:玉木宏


レンタカー会社が、スペアキーを届けてくれたので、車に乗れた。
 
『バカ正直』と言われて、怒っていた花笑だったが疲れて寝てしまった。目が覚めたら、家だった。
 
そっと中に入ると母が起きていた。予定が変わったと言っても、喧嘩でもしたかと母は千里眼のように言い当てた。
 
ホントにダメなときは、向こうからちゃんとサインが出るから、そんなに心配しないの。と母に慰められた。
 
無視されるとか、視線が合わなくなるとか。男は生半可な覚悟じゃ、合鍵なんて渡さないんだから。少しは自信持ちなさい。
 
そう言われたら頷くしかなかった。
 
仕事が始まった。大城は、花笑に、物産展が中止になり、在庫がどうなることかと思ったが、一見落着。加々見は、瞳に振られ、田之倉も今、ヤバイらしいと言った。花笑の触角はピリッと動いた。え?ヤバイって?何か女関係で相当悩んでるらしい。大城は悩むなら、新しい女を捜せとアドバイスした。となると、今日はいてきた新しい靴は、新しい1歩を踏みだすため?新しいマンションのチラシも?
 
テラスに出ると、いつもいないはずの田之倉が居て、ビックリして走って逃げた。


 
加々見は、瞳とエレベーターに乗り合わせ、勇気を出して「今度僕とデートしてください」間髪を入れず「断る」と言われた。それでもめげず、『壁ドン』をしたが、降りてから、何してるの?と言われた。すっかり塞いでしゃがみ込み加々見。次に乗って来た大城に、言うこときいていろいろしたが、全部だめと、怒り心頭。


 
花笑は、ゲームセンターに行き、2人の恋が始まった、あのぬいぐるみだ。それを取ることが出来たらと祈るような気持ちで100円玉を入れて行ったが、結局取れず、小学生の2人連れにとられてしまった。「私は何をしてるんだ!」

岩紅へ。花笑は、最後のご挨拶といったが、トイレからひろ乃が出てきて無言で去った。
 
実は、ひろ乃は、思いの丈を田之倉にぶつけたが、花笑を信頼できる。田之倉と、そのまま、信頼して付き合ってくれていると言った。
 
ブッシ―さんは、ひろ乃がとても後悔しているので、ひとまず、田之倉とひろ乃のことはここまでにし、最後の挨拶なんて悲しいことを言わないでとなだめた。
 
だが、2人の仲は、復活しそうにない。
 
花笑に朝尾から電話がかかった。この間のソーセージ工房からで、取引してもらえることになったとお礼の電話だった。
 
花笑にリアクションを起こせとけしかけた。
 
ランチ時、誰もいなくなった職場で花笑みが動いた。ポウストイットに『仕事終わりにテラスで待ってます』と書いて張った。
 
ランチから戻った、大城は、大事な伝言付きの資料を間違えたと言って加々見に渡した!
 
やって来たのは加々見。直接言ってくれればと言われた。加々見は、青石と、同じランクと言われた。むっとしたが、思い直して彼が話すことを聞いた、ベランダにかなり植物を育てていた。それもとても嬉しそうに話した。写真を見せながら、僕たち似てませんか?
 
「これが答えになるかどうかわからいけど、心のどこかで絶対諦められない。だから諦めることを1回諦めてみたら?」、と加々見にアドバイス。諦めずに前に進まなければ本当の答えは出ないようにできてるんだと思う。成功とか失敗は、ただの結果で、物事には全て決められたゲートが用意されていて、そこを通過しないと、次には進めないんじゃないかな。そう言う考え方もあるんですね。と一礼して加々見は去った。
 
傷つくのを恐れて楽な方法を取る花笑、そう自分に言い聞かせ、田之倉の部屋のチャイムを押したが、誰もいなかった。
 
田之倉が帰宅すrと、正座した花笑がドアを見ていた。勝手にお邪魔してすみませんと深々と頭を下げた。
 
慌てて、正座して花笑に対峙する田之倉。
 
「このたびは私の不手際により、多大なるご迷惑をおかけしましたこと深くお詫びします。まだお付き合いを始めて日も浅いですが、初めて田之倉君と、意見が食い違うと言う経験をしました。そしてしばらく口を利かないと言う辛い経験もいたしました。そして、自分と向き合い、改めて思いました。初心に帰りもう一度田之倉くんとやり直したいと」
 
「俺からもいい?ゴメン、ひろ乃ちゃんとのことかっとなって花笑さんに酷いこと言って俺はこれからも人の気持を大事にする花笑さんでいて欲しい」そこで提案があった。俺たち一緒に住まない?これから先花笑さんと別れる選択肢はないから。そう言われたが、嬉しかった、すぐに返事はできないがと、答えた。
 
お泊りの花笑は、シャンプーした髪を乾かしていた。後から出てきた田之倉が甘えて僕もと花笑に寄った。
 
翌日朝尾が、会社に来た。田之倉とすれ違う時「元気そうだね」と言われた。

さて、この恋の新芽は、太くなれるかな?

 


今までの感想は、こちら

« 《きょうは会社休みます。》✩05 | トップページ | 《きょうは会社休みます。》✩07 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/60691893

この記事へのトラックバック一覧です: 《きょうは会社休みます。》✩06:

» 「きょうは会社休みます。」第6話★「俺達さ、一緒に住まない?」福士蒼汰に萌え〜〜 [世事熟視〜コソダチP]
きょうは会社休みます。 第6話 『ごめんね青春』でもネタになっていた”壁ドン”、流行ってますねぇ。 エレベーターの中。成り行きで加々見(千葉雄大)が大城(田口淳之介)を壁ドンに体勢に・・・。 これを鮫島(水上剣星)が目撃して勘違いし悲壮な表情に・・・。 大城「違うんです、鮫島さ〜〜〜ん!!」 ベタなんだけど、クスッと笑えちゃう。 帝江物産横浜支社食品部デザート原料課の面々、各自おもしろい。 −◆− ちょっとした行き違いで二人で会話することになってしまった加々見(千... [続きを読む]

» きょうは会社休みます。 #06 [ぐ~たらにっき]
『新しい靴は復縁サイン?壁ドン悲劇』 [続きを読む]

» 「きょうは会社休みます。」恋愛初心者の恋6花笑は悠斗と仲直りしようと模索するも加々見の相談を受けるうちに意を決して悠斗に謝罪し悠斗から同棲を申し込まれた [オールマイティにコメンテート]
「きょうは会社休みます。」第6話は花笑と悠斗はしばらく会わないとなり、花笑のこじらせ病にますます拍車を掛ける。そんな中朝尾と仕事の手伝いで一緒になるも花笑は仕事は手伝 ... [続きを読む]

» 死んだ負け犬をラララと天使の蝶が讃える迷宮で彼の髪にドライヤーをかけました。(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
この世は灰色の迷宮である。 もちろん・・・白黒はっきりついている人たちは迷うことはない。 バカだからである。 「原発再稼働は絶対無理」と言う人も、「原発再稼働は絶対必要」と言う人も・・・基本的にはバカなのである。 しかし・・・どっちが正しいかわからない・・・という人はバカよりも性質が悪い。 平和な時... [続きを読む]

» きょうは会社休みます。 第6話 [ドラマハンティングP2G]
#06「新しい靴は復縁サイン?壁ドン悲劇」2014/11/19 O.A. 花笑(綾瀬はるか)と過ごした時間が楽しく、CEOをクビになってから初めて笑ったという朝尾(玉木宏)に初めて人間味を見た花笑。しかし、ひろ乃(古畑星夏)から「田之倉(福士蒼汰)と一緒にいる」という宣戦…... [続きを読む]

« 《きょうは会社休みます。》✩05 | トップページ | 《きょうは会社休みます。》✩07 »

最近の写真