無料ブログはココログ

« 《きょうは会社休みます。》✩06 | トップページ | 《きょうは会社休みます。》✩08 »

2014/11/28

《きょうは会社休みます。》✩07

『こじらせ女のお部屋探し』
青石花笑。30歳。
田之倉と、仲直りできた。彼から同棲の申し出があり、面食らう。
会社では、仕事に誠実な朝尾と、これからも付き合いを続けるべく立花課長が画策。目の上のたん瘤的な捕え方は、勝手に朝尾を恋のライバル視する加々見。
花笑と、田之倉はせっせと不動産屋を巡った。30歳まで独り住まいを経験したことが無い花笑は、部屋のどこを見たらいいのか皆目見当がつかない。バルコニーからの眺めが良い部屋は、家賃も高かった。

cast
青石花笑:綾瀬はるか 田之倉悠斗:福士蒼
大川瞳:中里依紗 大城壮:田口淳之介
加々見龍生:千葉雄大 笹野一華:平岩紙
武士沢吉洋:田口浩正 朝尾侑:玉木宏

親友一華に驚かれながら、『同棲』について聞いてみた。「始めようと思って始めるものではない」そう定義を聞いた。どちらかの家に入り浸ってなし崩し的に一緒に住むのが『同棲の王道』と言われて納得。そもそも花笑は2泊以上の泊まり込みをしたのは、中学、高校の修学旅行と、大学の卒業旅行と聞いて、あきれる一華。
 
田之倉に頼み込んで、何日間か泊めてくれるかと、予行演習。親にも内緒で、旅行トランクに詰めるだけ詰めて、会社に持って行った。
 
リビングの父は、読書の途中でいびきをかいて寝ていた。笑う花笑に、母は、あんたも疲れた日の翌日はいびきをかくと教えられ、田之倉にいびきを知られるのを恐れた。

 

朝尾がオープンするレストランに食材を提供することが決まり、急に元気を取り戻した瞳。打ち合わせに立花課長と出かけた瞳。
 
朝尾の店は、初めてにしてはかなり広い所だった。周囲で賛成してくれる人はほとんどいなかったが、初心を貫くためにあえて攻めの姿勢で臨んだと語った。
 
大城に慰められて、カレーを3皿食べてしまった加々見。
ソバ屋で、マンションの間取りを見ているのを、目ざとい朝尾に見られ、同棲?と聞かれた。まだ早いとすぐに言われた。

トランクを提げているのを大城に見つけられたが、冬のバーゲンに行くと勘違いされた。
 
田之倉の部屋に行って、お風呂に入って、同じベッドに横になったが、いつ彼から仕掛けてくるのか緊張して待って、一睡もできず。
 
連泊の壁は、思った以上に厚い。徹夜明けは、絶対いびきをかくと考えて実家に戻った。だが、自分のベッドは快適で、リラックスできた。
 
母にワインを誘われたが、父との会話無しの関係を見て、かなり熟練の2人だった。それを田之倉に当てはめて想像する花笑。お互いに慣れきって会話の無い生活はあまりにも寂しい。
 
会話の中で、母は、同棲するのかと聞いた。そう言う話があって、部屋を捜していると答えたが、ダメならダメと言ってくれと言う娘に父は、イマドキ30歳を超すのに一人住まいしたことが無いなんてと理解を示してくれた。
 
同居の娘が、男の元へ通っているのも、親としては、切ないでしょうね。

立花課長にサンプルを朝尾の店まで届けるよう言われた田之倉は、そこで、同棲用の部屋は見つかったか?彼女が本当に見えているか?同棲は早すぎるんじゃないかと畳み込まれた。反発しながらも、気になった。
 
不動産屋から出物があったと連絡が入った。休みに行ってみると、中々の掘り出し物だった。不動産屋は、田之倉では審査に通らないから、花笑で行くと言った。学生ではダメと言われた。保証人は両親…。
 
父は、顔を見ないで、明日の朝までに書いとけばいいかなと了解した。
 
翌朝、掃除する花笑に電話が鳴った。田之倉が風邪で熱を出したから休むと連絡。課長に言うと、ボク宛に伝言は無かったかと言われた。大学3年の終わり、主食活動もしなくてはいけないから、この会社に入らないかと声を掛けたが答えはなかった。
 
仕事帰りに部屋に寄る花笑。まだ、高熱が下がらないとみて、実家へ戻り、湯たんぽを捜していると」は母が、花笑が使っていた水枕も持っていきなさいと出した。
 
もう、後戻りはできない、そう決心した花笑。
 
お湯を沸かし、ねぎを焼いてガーゼに包み、のどに当てた。
 
湧いたお湯を湯たんぽに入れ、氷を出して水枕に詰め、準備は整った。
 
夜遅くに、熱が下がって来た。水枕を外し、額の濡れタオル元って後始末をしていると、田之倉に呼ばれた。彼は思いつめたように、まだ一緒に住むのは止めようと言った。
 
「花笑さんが名義人のまま部屋を借りるってダメだよね、もっと男として一人前になってからじゃないと。花笑さんと一緒に暮らしたいって気持ちは今も変わらないよ。でも、もっとちゃんとした形でスタートさせるべきじゃないかって。俺、焦ってたかも」
 
「正直言うとね、ほっとしてる。」
 
「どうして?」
 
「ずっと迷いがあって。
 
一緒に住みたいって気持ちと、このタイミングでホントに実家を離れて行くのかって、ごめんね。いい年して恥ずかしいんだけど」
 
「そうだったんだ。」
 
花笑の手を握り「でもいつか一緒に暮らそうね」
 
「うん」
 
また寝ている田之倉の離れた所で、花笑は母に電話。親としては抵抗あったと答えが来た。父もほっとしていた。


 
翌朝、花笑はいびきをかいて、ベッドに上半身を乗せて、寝てしまっていた。
 
田之倉に起こされて、熱も下がったとおでこをつけられた。とっさに花笑は、自分からキスをした。自分でびっくりして湯たんぽのお湯を捨てていた。後ろから、あすなろ抱きされて、「今からする?」ベッドが見える位置のマモルの写真が倒された。

会社に行ってもニヤつく花笑は仕事に集中できない。
 
別室に呼ばれていた田之倉が険しい顔で戻って来た。次に呼ばれたのが花笑。
 
立花課長は、田之倉が、この会社に入らないこと、大学院への進学を考えていることを花笑が知る前に聞いた。さらに課長は、花笑が、一般職にいるのを総合職に転職しないかと誘われた。優秀な人材をこのままにしておくのがもったいないから少し考えてみてと勧められた。
 
帰り道、大学院に行くの?と聞く花笑にもっと勉強して上を目指さないと今のままじゃ、花笑の相手として全然相応しくないし。と答えた。
 
そんなことないよ、という花笑の手を取って歩き出した。後ろから大城が
 
「青石!?」と声を掛けた。近くに寄ってデート中か?と言いながらマモルという名に固執した大城は、初めましてと言って田之倉を見てびっくり!!『マモ倉!?』と大混乱!

さて、2人はどう乗り切るのか?

 

今までの感想は、こちら

 

 

« 《きょうは会社休みます。》✩06 | トップページ | 《きょうは会社休みます。》✩08 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/60724520

この記事へのトラックバック一覧です: 《きょうは会社休みます。》✩07:

» きょうは会社休みます。 #07 [ぐ~たらにっき]
『お試し同棲で恋終了?魔法の頭ポン』 [続きを読む]

» (忘備録)『 きょうは会社休みます。 』第7話 ツイッターつぶやき感想まとめ(11/26) [ドラマ@見取り八段・実0段]
簡単感想にしたいドラマが多いので、いっそ…と、実況ツイートをUPする事にいたしました。 (ようするに手抜き……) ツイートなんで。つぶやきなんで。文章にはなっていません。 単なる自分のための忘備録です。 「読み物ではない」ということでスルー推奨します~! 『きょうは会社休みます。』第7話 待機っ #きょうは会社休みます #ntv 11-26 21:55 はるかちゃ...... [続きを読む]

» きょうは会社休みます。 第7話 [エリのささやき]
「嫁に行くなら実家から」これは基本ですよね! 大事な箱入り娘だしさ。 [続きを読む]

» 熱がさがった後には夢への扉があるのです。(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
二人がいつも傷つけあって暮らす愛のかたち・・・それが同棲時代である。 いつの話だよっ。 同棲時代は二つの意味を含んでいる。 男女が一緒に暮らす時に結婚という形式よりも同棲という形式の方がなんとなく流行した年代。 そして・・・今は結婚していたり別れていたりするが・・・同棲していた頃。 まあ・・・無責任... [続きを読む]

» 『きょうは会社休みます。』 第7話 [美容師は見た…]
「離れていれば美しいと思えるものも そばにいるのが当たり前になると 日に日に感動も薄れる」 朝尾桜と同棲が一緒かどうか分かりませんけど、一緒に住む、夫婦になるってことは、それまで見せなかったものが見えた時、受け入れられるか許せるか、言うか言わないかの問題... [続きを読む]

» きょうは会社休みます。第7話:こじらせ女のお部屋探し [あるがまま・・・]
マモ倉!?(* ̄m ̄)ぷっ よりによって大城くんにめっかるとはねー 明日には会社中に言いふらされてること間違いないね! もちろん、そうじのおばちゃんにも・・・ てか大城くんていったい何なん? 思い込みが激しい割りに、頓珍漢・・・何となく勘違い男臭もぷんぷん。 ...... [続きを読む]

» 「きょうは会社休みます。」恋愛初心者の恋7花笑は悠斗と同棲するため部屋を探すも部屋を探して知った社会人と学生の格差を花笑は痛感する事になった [オールマイティにコメンテート]
「きょうは会社休みます。」第7話は悠斗から同棲を申し込まれた花笑は迷いながらもその返事を受け入れる。そして2人で部屋を探しに回るが、花笑はこれまで2泊以上の外泊経験がな ... [続きを読む]

« 《きょうは会社休みます。》✩06 | トップページ | 《きょうは会社休みます。》✩08 »

最近の写真