無料ブログはココログ

« 《HERO(フジテレビ系)》✩06 | トップページ | 《HERO(フジテレビ系)》✩07 »

2014/08/24

《同窓生~人は三度恋をする》★07

『人生のリセットとその代償』(あらすじYAHOOTVより)
とうとうお互いの気持ちを確かめ合った健太とあけひ。そして、健太はあけひを迎えにいくと約束する。一方遼介と薫子もどんどん深みにはまっていく。そして、そんな遼介に仕事上のトラブルが・・・。そんな中、太郎の決定的な浮気の証拠を見つけたあけひは、太郎を問い詰める。

cast 

井浦新柳健太
 稲森いずみ
/鎌倉あけひ。
 
板谷由夏/広野薫子
 松岡昌宏
/桜井遼介

 

あけひが外にいると車が来た。ドアを開けて降りてきたのは健太だった。「お預かりした洗濯ものお届けに上がりました」。あけひが忘れたカーディガンを見せ、袋から出し、あけひに近づいた。肩に着せるとあけひをまっすぐ抱きしめた。
 
一番良い所で、そっと成り行きを見ていた薫子と遼介がバランスを失って転んだ。気にせず続けてと言う遼介にそうも行かないなと照れる健太。
 
薫子たちが気を利かせて居間から消えた。ついでに電気を消していった。外は満天の星空だった。
 
健太は、
 
「俺はこれまで、いろんなことから
 
逃げて来た。
 
親の仕事が嫌で進学って言う道に逃げた。
 
そのせいで、あけひを見捨てた。
 
それに女房が不倫したことや正太への
 
気持ち、勤めていた会社からも逃げ
 
だした。その間に俺は少しずつ死んで
 
行ったんだと思う。それを教えて
 
くれたのは、あけひだ。
 
いい加減なことはもうできなくなったんだ。
 
でも、そのためにはケリをつけなきゃ
 
いけないことが沢山ある。
 
詫びなきゃいけない人もいる。」
 
「うん」
 
「それが出来たら俺はあけひを連れに
 
行きたい。あけひの全部を受け止めたい。
 
だから、今 俺がしていいのは、
 
ここまでだ。」あけひの手を取った。
 
「あけひ、あの時も、今も、本当にごめん」頭を下げた。
 
「健太、頭かった~い」
 
「そうか、」
 
「でも私はきっとそう言う健太が好き
 
なんだよね」
 
「そうか」あけひは、健太の腕を取ると、健太に頭を預けて「今夜のこの星空、私、一生忘れないと思う」
 
「俺もだ」


 
温泉から上がった薫子は、薄化粧し、ステキなナイトウエアを着ていた。ノックがあった。化粧品をポーチに入れ、ドアを開けると、遼介が床に居た。そのまま部屋に入った。薫子の姿を見て、俺を待っていた?と喜んだが、そんなわけないと否定されて、部屋から出て行こうとした、シャツを引っ張る薫子。嬉しそうにドアを閉めた遼介。そのまま薫子を抱きしめキス。
 
床には、2人の着ていたものが散乱。「私達戻れなくなるよ」「もう、遅いよ」と言いつつ、むさぼるようにお互いを求めた。
 
あけひは子供たちの元へ。健太も正太の寝ている部屋へ別れた。<自分の人生を自分の手で動かしている。そんな手応えを感じた>


 
1ラウンド後の遼介に、家から連絡が入った。スマホを渡され、躊躇しながら出ると、明日朝一で出社しろと何度も連絡があったことを知った。妻は那須で何をしているのかと聞いた。
 
薫子が、遼介を送った。
 
早朝、子供達が、食堂に集まり,正太を見つけて、さらに盛り上がった。
 
薫子は、あけひにその後の進展を聞いたが、何もないと答えた。「私はさ、地獄の扉をくぐったよ」不倫は地獄だよ、きっとくぎを打ち込まれ、血まみれで溺れて火に焼かれて…引き返せない、でもなんか寂しいんだよね。


 
遼介は、部下が承認した仕事にクライアントの意向が入っていないとクレームが来た。部下に任せろと上司は言ったくせに…その足でクライアントに会う遼介。

皆の同級生森川は、妻の急逝に、仕事を辞めようと思ったが、妻の連れ子が一緒に働くと言ってくれた。
 
あけひの長男も、夫太郎の連れ子で、子供たちの面倒見は良かった、2人とも、連れ子に助けられていると明るかった。それに比べて、健太は、正太を、妻の不倫相手との子供と疑っていた。

自宅に戻ったあけひは、キッチンの整理がいつもと違うのに違和感を覚えた。荷物を寝室に運ぶと、ショーコが、わざと落としたピアスをあけひが見つけた。


 
正太を引き取りに来た冴子に、再婚の意志があった。不倫相手だった吉野だといった。半年くらい前から付き合っていた。男は、まだ離婚はしていなかった。


 
あけひは、翌日、重い心で、夫と対峙した。寝室に落ちていたピアスを前に、逃げようと大きな声を出す太郎だったが、同じ寝室を使えないときっぱり言うあけひに、何かあったのかと感じる太郎。またテーブルの上のモノを床に大きな音を立てて払った。
 
こういう男って、サイテーですね。家庭内DVです。
 
何食わぬ顔のショーコが店にお願いと言ってきた。
 
何も言わず、ピアスを渡すと、どこにあったんですか?
 
あけひの後釜狙いでしょうか?


 
健太に吉野が話しに来た。
 
離婚はまだ成立せず。冴子の確約を持ち、離婚する気でいるなんて、どこまでも自分本位な男です。
 
それを元不倫した女の元旦那に聞くことか?


 
ヘヤーサロン鎌倉では、ショーコの反乱がおきていた。
 
あけひが姿が見えないショーコのことを聞くと、あけひに太郎先生との仲を疑われたと泣いて帰った。雰囲気壊すようなことは止めてもらえませんか。と言われて、反論できないあけひ。
 
降格人事に陥った遼介。酔っぱらって薫子の部屋へ。

健太は、きれいな月を毎日一緒に見たと言った。
 
同じ月を見ているとあけひは言った。
 
<あけひとの未来に少し近づけたような気がしていた。>
 
太郎は暗い寝室に入り、残った枕をドアに投げつけた。
 
こういうモノに当たる人って、普段も癇癪持ちで、良く周りがついていきますね。

*****
今までの感想は、こちら

 

« 《HERO(フジテレビ系)》✩06 | トップページ | 《HERO(フジテレビ系)》✩07 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/60199888

この記事へのトラックバック一覧です: 《同窓生~人は三度恋をする》★07:

» 同窓生~人は、三度、恋をする~ #07 [ぐ~たらにっき]
『人生のリセットと、その代償…』 [続きを読む]

« 《HERO(フジテレビ系)》✩06 | トップページ | 《HERO(フジテレビ系)》✩07 »

最近の写真