無料ブログはココログ

« 《HERO(フジテレビ系)》✩05 | トップページ | 《HERO(フジテレビ系)》✩06 »

2014/08/16

《同窓生~人は三度恋をする》★06

『非常な現実 別れ覚悟』

熱が下がって来た健太に添い寝する形で眠ってしまったあけひ。

明け方に目覚めた。時間を見て、ビックリして帰宅。】その後目覚めた健太は、あけひがいないので夢かと思ったが、」テーブルの上の熱様シートや、あけひのカーディガンが忘れているのを見て夢じゃなかったと、幸せな部分があった。

遼介に一方的に迫られた薫子は、遼介を本当に好きかどうか判らないまま、遼介に抱かれた。


 配役

井浦新柳健太
 
稲森いずみ
鎌倉あけひ

板谷由夏 広野薫子
松岡昌宏桜井遼介

 

帰宅したあけひは、居間に子供たちのシッターを頼んだ、夫の愛人ショーコが寝ているのを見た。まだ電車が動いてないから寝ていてと言って毛布を取りに行った。ショーコは、朝帰りしたあけひを冷ややかに見た。
 
朝帰りの遼介は、義母に出くわし、部屋に入れば妻が起きていて、自重してと言われた。
 
薫子は、シャワーを浴びて、ビールを飲み、少し幸せ気分で鏡に映る自分を見た。雑誌の勝負下着を見ていた。はっと我に返り何をしてるんだ…。

 


 
あけひの夫が講演会から戻って来た。するとショーコが、「寝不足大丈夫ですか?あけひさん午前様だったから」わざとバラした。
 
運悪くそこに健太から電話。すると夫がひったくって、対応。わけも分からず、健太は、怖い思いをした。すぐにあけひに代わったが、熱が下がって良かったと言われた。夫は、何かあったら出て行くのはお前だけだと憎々しげに言って部屋を出た。追いかけたあけひは、夫の連れ子一郎の預金通帳から下げたのかと聞いた。ちょっと借りたと言ったが、金額が¥50万だった。
 
出所は1つだろうが、とウソブク夫に、抵抗。すると顔を張られた。静かにしている子供達の目が一斉に父を見た。何かあったら、出て行くのはお前一人だともう一度念を押した。ミサが泣き出した。

 

 

 

遼介は、職場でなんとなく居心地の悪さを感じていた。
 
薫子は、携帯には遼介から食事の誘いは来るは、店に青木が押しかけるはで、モテ期に入っていた。数年前、初めて付き合った青木に、結婚寸前に、逃げられて、男性不信に陥り、病院を辞めて立ち直りに1年かかった。その青木が逃がすまいと、薫子の目の前に来ていた。「私、最近好きでもない男と寝たんです」わざと言った本当の事。「しかも家庭もちの。青木さんの思われているような女じゃないんです。」何も言えずにいる青木にほっとしていると
 
「いいんじゃないかな、そういうこと人の一生に無いとは言えないし、
 
僕だって過去に君を裏切ったわけだし、隠さずに打ち明けてもらえてむしろ嬉しいよ」「はぁ?」

 

見事にこの作戦失敗!

 

あけひからの呼び出しで井の頭公園に行った健太。
 
あけひは、突然、健太にはもう会わないと言った。なぜと聞く健太にそう決めたから。私の気持ち、顔を見て言いたかったからと言って、去った。追いかける健太。あけひはそこで立ち止まり、少し戻って健太にキスした。
 
健太はそれにあおられて、自分からキスしようとするがその手を振りほどいて走って消えた。黄色いカーデガンが袋から飛び出した。
 
混乱気味の健太に、薫子が、いろんなアイスを持って来た。
 
男の本音の見分け方を健太に質問。
 
片や、遼介は、薫子が電話にも出ないと、愚痴を言いに、あけひの店に来た。
 
シャンプーをされながら、遼介は,薫子の本音が掴めないと嘆いた。
 
遼介はあけひに、薫子は健太に寝たと言った。
 
慌てふためく健太とあけひ。「うふっ」の状態になったのに薫子がよそよそしいと愚痴る。あけひは、初恋の相手と破局した薫子を知っていると答えた。遼介に、健太を好きかと聞かれて、」好きだから会わないと答えた。
 
健太は薫子に、遼介と話せと言った手前、」場所を提供。すると遼介は、コリもせず、」那須の同級生森川が経営するペンションで、2泊3日で、幹事会を開くと提案。
 
健太は、相手の気持ちを尊重したい。遼介は、最後にノーと言える余地を残していると言った。会える口実があるんだから、使えばいいだろうと、じれったがる遼介。
 
帰り道、薫子と歩きながら、奥さんにバレたらどうするの?と聞く薫子にばれないよと逃げる遼介。じゃあ、バラそうかとタクシーを止めた。
 
「覚悟もできてないのに、うるさくしないで。じゃあね」
 
タクシーの窓を開けて「覚悟はできてる」そうきっぱり言う遼介。
 
帰りに、薫子はあけひに会った。
 
私は行けないというあけひに、薫子は戻った夫太郎に直談判。こういう人は、対面的に、良い顔をしますから、すんなりOK.コブ付きですが。
 
健太は、元妻から急に子供、正太を預かってくれと言われた。
 
結局、ペンション行きは、初めからこういうことでつぶれるんだと自分に言い聞かせた。正太が来た。」いつもなら元妻の母が預かってくれるのだが今、腹膜炎で、入院中だった。午後から出ると言う元妻に、カレーを振舞った。熱の出た健太を看病してくれたあけひが人妻と言って一線を引く健太に、奪い取っちゃえば、と過激な発言。相変わらず、意気地なしと元夫に、不倫妻は、エールを送った。
 
正太と、屋上でリモコンカーで遊んでいたが調子が悪い。
 
正太が飽きて、空を見上げて綺麗な星とつぶやいた。もっときれいな☆おw見に行こう!俄然健太は張り切った。今はなしたら2度とつかめないモノもあると、那須へ車を走らせた。
 
ミサを寝かしつけたあけひが外に出ていた。健太としっかり会えて、別室では、遼介が薫子と第2ラウンド中!
 
泊りがけで稲と分かっているショーコは、太郎に泊まると喜ばせた。

 


 
年齢を重ねても、好きな人は好き…
 
その背負うものが多くなり重くなっても、なんでも全部受け入れて行けば
 
2人の未来が切り開けるのでしょうか?

 

 

 

 

 

*****
今までの感想は、こちら

 

« 《HERO(フジテレビ系)》✩05 | トップページ | 《HERO(フジテレビ系)》✩06 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/60161318

この記事へのトラックバック一覧です: 《同窓生~人は三度恋をする》★06:

« 《HERO(フジテレビ系)》✩05 | トップページ | 《HERO(フジテレビ系)》✩06 »

最近の写真