無料ブログはココログ

« 《花咲舞が黙ってない》#09 | トップページ | 《ルーズヴェルト・ゲーム》✩08 »

2014/06/14

《続・最後から二番目の恋》★09

『恋で泣く大人も悪くない』

江ノ電極楽寺駅で、帰省した千明と、これから、戻る薫子が遭った。
 
薫子からお酒を誘ったが、メニュ選びが時間を食った。千明は何も始まらない時間にイライラする気持ちを、たばこで誤魔化そうとしたが、禁煙だった。
 
薫子は一々お酒の中身を聞いていた。突然千明に振られて、慌ててビールと答えた。


長倉家では、和平が娘えりなと2人だけの夕飯に、めんどくさい感じと詰め寄られて、怒られた。真平たちがいなくなって、賑やかさが消えた。
えりなは、一番ママがいなくて困ったときは、典姉や万理姉に相談して乗りきった、父親はいてくれるだけでいいと言われて、肩の力が抜けた。

cast 

吉野千明: 小泉今日子  長倉和平: 中井貴一 
長倉真平: 坂口憲二  長倉万理子: 内田有紀  
高山涼太: 加瀬亮  原田薫子: 長谷川京子 
水谷典子: 飯島直子

 

薫子に、千明は男の前で泣いたことが無いのかと質問されて、ビックリ。
 
最近冠婚葬祭で号泣すると言った。
 
基本男の前で泣いたら負けと思って生きてきたと言われて、薫子は、
 
「誰と戦っているんですか?」
 
「誰とだろう?」
 
「大変ですねえ、いっつも何かと闘ってて。ご苦労様です
 
でも、その闘いに勝ちはあるのかしら?」
 
「分かんなくなってきちゃった…」
 
「なんかね、千明さんみたいな人って自分で鎧
 
着ちゃって闘わなくていいとこまで無理して闘ってるように
 
見えます。本当は休みたいのに、甘えたいのにそれができない
 
 みたいな」
 
「いや.そっちはもうちょっと闘えよって感じですけどね。」
 
「あ、でも泣くことは恥ずかしいことじゃないですよ。」
 
「うん、まあね。」
 
「たまにはいいんじゃないですか?そういうことしても。
 
本当に悲しいときじゃなくって、泣きたいとき。」
 
「いや、ちょっと待って。その悲しい時と泣きたいときって…
 
え?違うの?」
 
「違います。悲しい時って人を頼って泣かないじゃないですか。
 
独りでも泣いちゃいますよね?」:」
 
「うん」
 
「そうじゃなくって誰かの前で泣きたいとき。うーん。
 
無条件で優しくされたい時っていうのかな。ありません?
 
「優しくされたいときね。別に無いことは無いけどさ」
 
「今度やってみてください。恥ずかしがらずに」
 
「いや」
 
「楽になりますよ」
 
「いや、48年守り続けてきたキャラっていうのがありますからね」
 
「まあ、そうは言っても今の私には、居ないんですけど、そう言う男性」
 
「え?あれ?あれ?長倉和平は?」

その頃和平は自宅で、鎌倉の『ゆるキャラ』候補を前に、疲れながらも悩んでいた。

千明は恋愛しないからセフレってわかんないと薫子に聞いた。すると、自分の思い通りにならないといけない薫子は、千明に恋愛をしないのかと聞いた。引退なんかしないから全然しますよと答えた。
 
薫子は、千明を和平がどう思っているのか?聞いてめんどくさいから、長倉和平を呼ぶかと、2人一斉に携帯を掛けた。
 
当の和平はソファで転寝して、気付いたときは腰を痛めていた。立ち上がるのもやっとだった。ヤット立ち上がって、テーブルの上の携帯を見ると不在着信が2軒。かること、千明。ぞっとして慌ててテーブルに携帯を置いた。


 
翌朝、和平は、外ばかり見ていた。千明が来て、和平を優柔不断系の話かと図星。
 
えりなは、いつもの食卓の賑やかさになった長倉家を見ていた。
 
典子のやっと見つかった連れ合いが、早朝からいなかった。

市長は恋愛できなくても片想いをする権利はあると開き直りましたね。

 

テレビ局に戻った千明を呼び止めたのが、元同級生。結果としては、千明の母親を出してきたが、営業に来て居るだけだった。
 
ドラマのタイトルバックができたと千明のグループが集まり流した。『ビター シンデレラ』のタイトルが流れ、ヒロインが歩いてくる間に、良い味を出しているエキストラと言われたのが、典子の夫広行だった。見ていた典子の感想は、私も出たい!だった。

市長との妙な恋愛から逃れて、道を歩いていると、薫子から呼び出された。
 
優柔不断な和平だからと2者択一で、聞かれた、恋愛感情は持っていない。そう知って、同じだった薫子は、これで私達は、セフレになれますねと喜んだ。自分の優柔不断さが招いた結果に愕然とした和平は、

「セフレなんて私にはできません。ホントに申し訳ありません」と、頭を下げた。
 
疲れて帰ると、真平の妻知美の母が来た。結局秀子と和平の見合い話に知美が参戦して、妙な三角関係になったのだ。
 
真平は、そのおかげで、僕が幸せになったと、3人にお地蔵さんに奉られた和平。


 
千明の女子会。
 
今回は、結婚できない女…
 
郷里に帰ったら、祖母に、昔は結婚できない女がいるとみんな心配してどうにか相手を探してくれたが、千明のように『結婚しない』女には心配の使用が無いからつまらないと言われた。千明は、一度も結婚しないと言っていなかった。この歳真瀬結婚しないともうしないのだと決めつけられていた。それは啓子も祥子も感じていた。そこに営業できたテルから電話が掛かった。

帰宅するはずが、駅の前のベンチに座り掛けた先が和平。

「何かありました?」
 
「はい」
 
「そうですか。では、一流の優しさをご披露しなきゃいけませんかね」
 
「イヤ一流じゃなくていいですよ。長倉和平流で」
 
「ははは、良かった。ほっとしましたよ。じゃあ、とことん付き合います」
 
「お願いしまっす」
 
駅から歩いて、バーへ行った。
 
千明は、電話で、≪やめようよ、こういうの、なんか悲しいじゃん。偶然みたいにやってきて世間話から入って結局営業かよ≫っておいね。そんなの悲しいじゃん。って。困ってるなら最初から言ってくれれば、吉野助けてくれって言ってくれればいいんだよっていなかとか同級生とかって、千明にとっては美しいもので有ってほしかった。どうせなら何も言わず買ってあげればよかったとふと後悔。
 
去って行く同級生の姿が卑屈に見えた。見てて辛かった。正言うと、悲しかったのではなく、腹が立った。
 
千明は「これでも頑張って一生懸命生きてきたつもりだった。精一杯努力して、勉強して。悔しいことも沢山あって。
 
寂しいことも沢山あったりして。そんなのは今も山ほどあって生きているんですけどね。それなのに私は、そんな風な人間に思われちゃうんだなって。独身で気楽に生きてて小金持ってて洋服とか 化粧に金掛けやがって。で、華やかな世界で。うん。楽しそうに仕事してるんだろう。まあ、そりゃそうなんですよね。うん。そうかもしれないんだけど、頑張って生きてきてそれだけかよってね。
 
同級生にそんな風に思われちゃってるんだ、私、ってすごい腹が立って。うん。すごい腹が立ったんでしょうね。で、言わなくていいことまで言っちゃいました。さっきその同級生から電話が掛かってきて、『吉野、の言うとおりだ、すまない』ってずっといってるんですよ。電話の向こうで泣いてるのが分かるんですよね。なにかねっもう。なにかねって感じでしょ。フフフ
 
人が年を取って大人になるのにどうしてこんなに切ないんでしょうね?何かいいことありますかね。みんなにいいことあればいいのにって思ったら、何かすっごく泣きたくなっちゃいましたよ。泣いてないですよ私。泣いちゃえばいいのにね。いや泣けないんだなぁ。その分、こう酒の量が増えるっていうね。『こらえた涙の分だけ飲み干すグラスのかなしさよ』みたいな。『酒よ、酒よ、酒よ』みたいな、演歌かよ!ふふふ」
 
「でも私は好きですけどね。」
 
{なにがですか?}
 
「吉野さんみたいな泣けない系」
 
ふっと涙腺が緩んだ、腕で隠したが和平がすぐにハンカチを握らせた。きれいですからと。
 
千明も泣いてないと頑張った。今夜は飲みましょうと、和平に言われて、グラスを鳴らしたが、帰り道、千明を背負った和平に、さっきのことは内緒、おんぶも、言ったら殺すよ!は酷すぎます。
 
「分かりました。でも、うれしかったですよ。
 
私の前で泣いてくれて。嬉しかった」と言ったが千明は、楽しい夢の中。家から遠くで飲んだので、いくら歩いても家につかない。


*****
今までの感想は、こちら

« 《花咲舞が黙ってない》#09 | トップページ | 《ルーズヴェルト・ゲーム》✩08 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/59816243

この記事へのトラックバック一覧です: 《続・最後から二番目の恋》★09:

» ストッキングを買わされる女(小泉今日子)と地蔵の気持ちがわかる男(中井貴一) [キッドのブログinココログ]
さあ・・・いよいよ、男子サッカーワールドカップ開幕である。 みんながバタバタと最終回に駆け込む中で悠然と展開する鎌倉の恋の物語・・・。 余裕だな。 エンディングでみんなが踊るダンスのシーンが毎回、微妙に変化して・・・今回はゲストが見事なダンスを披露している。 今週は・・・「花子とアン」「MOZU S... [続きを読む]

» 『続・最後から二番目の恋』 第9話 [美容師は見た…]
朝食シーンも好きなんですけど、そこからのラストが大好き。繋げ方が本当に見事、ヤラれちゃいます。。。優しい、柔らかい、断らず…かぁ。めちゃいい人じゃん!金八じゃん♪いや仙八、あ新八か?o(≧∇≦)o【優柔不断】  ぐずぐずして、物事の決断がにぶいこと。また、そのさま... [続きを読む]

» 続・最後から二番目の恋 第9話 感想 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
第9話 男の前で泣くなんて負けだと言っていた千明が!! 和平さんの前で泣いた――(゚∀゚)――!! ( ;∀;)そりゃー泣くよね。 そういう女性好きですよって和平さんも言うしさ!!! ...... [続きを読む]

» 続・最後から二番目の恋 第9話:恋で泣く大人も悪くない [あるがまま・・・]
泣いた事もおんぶも内緒( ̄ b ̄) シーーッ!! 二人だけの秘密ってやつですね 勝気な千明が和平さんの前で初めて見せた涙・・・ 男の前で泣いたら負け!おんぶも切腹!って言ってたあの千明が・・・ 二人の関係は、つかず離れずのご近所さんでいいかなと思ってたけど 千明は...... [続きを読む]

« 《花咲舞が黙ってない》#09 | トップページ | 《ルーズヴェルト・ゲーム》✩08 »

最近の写真