無料ブログはココログ

« 《続・最後から二番目の恋》★07 | トップページ | 《花咲舞が黙ってない》#08 »

2014/06/02

《ルーズヴェルト・ゲーム》✩06

『敗者復活!過去を振り切れ』

青島製作所の起死回生の再建策として東洋カメラとの業務提携を実現させた細川だったが、EDENシリーズの最高スペック機種に導入が決まっていた開発中のイメージセンサーの納期を3カ月早めて欲しいと無理難題を突き付けられ再び窮地に陥る細川。
 
その背景には イツワ電器の容赦ない売り込みがあった。業務提携も消滅し、絶対絶命の中、細川は青島会長に呼ばれて都市対抗野球大会の予選 対イツワ電器戦に足を運ぶ。そこで泥まみれになりながら戦う野球部員たちとそれを一丸になって応援する社員たちの姿を目の当たりにした細川は、自分でも知らずしらずのうちに熱い興奮を覚えるのだった。イツワに惜敗を喫し ついに廃部になるかと思われた青島野球部だったが、細川は敗者復活戦のチャンスを与えた。
 
それは絶体絶命の会社経営も敗者復活戦に挑もうとする細川の決意の表れだった。
 

青島製作所が復活するにはイツワ製イメージセンサーよりも高品質のものを短期間で作り出し覆すしか術はない。野球部のように捨身の覚悟で臨む細川だった。

cast 

細川(社長)…唐沢寿明 有紗(秘書)…檀れい
三上(部長)…石丸幹二 朝比奈(部長)…六角精児
大道監督…手塚とおる 豊岡(部長)…児島一哉
北大路(野球部員)…和田正人 如月一磨…鈴木伸之
 
長門(社員)…マキタスポーツ 志保(秘書)…平井理央
 
 美里(社員)…広瀬アリス 磯部(支店長)…峰竜太
尾藤(社長)…坂東三津五郎 坂東(社長)…立川談春
 
笹井(専務)…江口洋介 青島(会長)…山崎努

 

緊急役員会議が招集された。
 
スペックより納期を優先させろと迫る社長。いや、スペックも上げた上で納期を早めるしかイツワに勝てない。青島製作所が生き延びるためにはやってもらわねばならなかった.神島の右腕だった沢木という男も退職した。

敗者復活戦の相手が決まった。監督に雑誌社から沖原についての記事が載っていることを教えられた。
 
ニュースソースはイツワ。書かれ放題の悪口に部員の心が委縮した。
 
笹井は名誉棄損で訴えろと息巻いたが細川はほっとけと言った。専務は、ことごとく細川に盾をつきあなたの気持ちはそんなものだったのかと散々こき下ろした。
 
神山は、徹夜しながら、イメージセンサーのスペックを上げるため努力していた。
 
食洗機のリコール品を見ながら頑張っていた。
 
数年前、本の少しの誤差をテストしきれず、リコールしなければならなかった機種だった。今のポストを飛ばされていた神山を青島社長に掛け合って、イメージセンサー開発のために復帰させた。その功績で、青島は、細川を社長に選んだ。
 
努力を惜しまない神山を信じるしかなかった。


 
東洋にもう一度売り込みに行くが、同じような試作品がイツワから届いていると言われた。
 
イワキの坂東社長秘書が陰で動いていた。
 
テレビのインタビュうー番組を細川が見ていると、豊岡が、イツワの秘書をホテルで見た。一緒に沢木がいたことも。

 

また週刊エメラルドの記者は、徹底的に沖原をこき下ろし、ピッチングに集中できないようにさせ、危険球で退場させた。相手と不穏な空気になりそれを乱闘と写真まで載せて、解説した。
 
だが、それはおかしいと細川の秘書は思った。やましい所が無いなら堂々と見せればいい、堂々と釈明すればいいと、開き直った。其れを聞いて三上は、なすべきことを思いついた。
 
れんしゅうしあいに巨人の2軍選手たちを呼んだ。
 
部員たちは、隠すのではなく、沖原は、ただか優雅好きで野球したかっただけだと気付かされた。
 
吹っ切れていない沖原をグラウンドに連れ出し、1000本ノックの始まり。
 
同じころ、細川は、イツワ電器開発部長矢野と人材派遣会社で会った。
 
沢木が部長待遇でイツワに入れば、矢野は、降格か、ポイ捨て。そこで青島に来ればいいと細川は誘った。さらに東洋に渡したイメージセンサーが、実は青島の開発品と言うのも分かった。
 
細川は、坂東と対峙。
 
沢木が大変お世話になったようで…
 
話しは、核心に。
 
開発中のイメージセンサーが流出されないように、とても慎重な神山は、バグを仕込んでおいた。写真を大きく引き伸ばすと肩の部分にAOSHIMAと印字されていた。
 
「これでもまだ御社が、独自に開発されたとおっしゃるのつもりですか?
 
堂なんです、坂東社長。」
 
昨日付で依願退職した矢野部長が青島に入社したことをさらに伝えた。
 
坂東は、それを条件に聞き出したのかとすごい形相。自分の時はいいのに?
 
「あなたが沢木にしたときと同じだ。『目には目を』だ。
 
その画像を撮影したイメージセンサーは間違いなくうちで開発したものである、それがなぜ
 
御社にあるのか今度はそちらが筋の通った説明をしていただきましょう。さあ、お願いします」
 
追い詰められた坂東は、悪いのは全部沢木だと罪をおいかぶせた。
 
あのℬ具にはロックがかかっており、解除できるのは神山だけだ、と最後の一矢を放った。
 
悔しがった。

切り札はこちらの手の中にあると不適に笑った。

株主の名簿が笹井からイツワへ流れた。
 
細川に社長の座を貰うと言ってましたね。
 
青島製作所がそのまま守れるとは思えませんけど…

 

元巨人軍の香取が、見にきていた。沖原を今年のドラフトの目玉と言ってくれた。
 
イツワの社長、坂東みたいな人っていかにもいそうですね。
 
同じ会社での敵にどう対処するのでしょう?


 

 

*****
今までの感想は、こちら

« 《続・最後から二番目の恋》★07 | トップページ | 《花咲舞が黙ってない》#08 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/59745548

この記事へのトラックバック一覧です: 《ルーズヴェルト・ゲーム》✩06:

» ルーズヴェルト・ゲーム 第6話★駿河太郎登場 雑誌記者にはムカムカ [世事熟視〜コソダチP]
ルーズヴェルト・ゲーム 第5話 週刊エメラルドに『隠蔽会社青島製作所の終焉』という記事が載り、そこには<社会人野球部のエースがひた隠す過去の傷害事件…> <犯罪者にすがってまで勝とうとする青島野球部は非常識な会社経営の映し鏡である>云々と沖原(工藤阿須加)を中傷する記事が・・・。 見出しの付け方とかが稚拙な気がするけど、ドラマだから仕方有りません。 いくら何でもこの記事はひどい・・・と思うけど、現実の週刊誌でも『橋下知事 出生の秘密』(新潮社『週刊新潮』2011年10月27日号)な... [続きを読む]

» ルーズヴェルト・ゲーム #06 [ぐ~たらにっき]
『敗者復活!過去を振り切れ』 [続きを読む]

» ルーズヴェルト・ゲーム 第6話 [ドラマハンティングP2G]
第6話「敗者復活!過去を振り切れ」 2014年6月1日 onair ライバル会社のイツワ電器から横槍を入れられ、青島製作所が東洋カメラの新機種に採用される予定で開発を進めていたイメージセンサーの取引を白紙に戻されてしまった細川(唐沢寿明)。 しかし、青島製作所の野球…... [続きを読む]

» ルーズヴェルト・ゲーム #6 感想 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
6話あらすじ 目には目をだ・・・! イツワもしぶとい/(^o^)\ そして社長VS専務の対立も激化してきましたな。。 専務は本当に裏切ってるのでしょうかね。 このままでも面白いですけ ...... [続きを読む]

» 【 ルーズヴェルト・ゲーム 】第6話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
お前にとって野球はそんなもんだったのか。 くだらない風潮に負けんのか。 お前に言ったはずだ。 お前を救えるのは、お前だけだ! ルーズヴェルト・ゲーム 第6話        簡単あらすじ込みの感想で。 東洋カメラとの提携が白紙に戻りそうになりつつも野球部の対イツワ戦に力を貰った 細川社長は、逆転に向かって奮闘する。 …と言っても、手は...... [続きを読む]

» 「ルーズヴェルト・ゲーム」9回2アウトからの逆転劇6週刊誌の悪意の記事に沖原自身が乗り越え細川社長は青島の技術でイツワの盗作を認めさせた [オールマイティにコメンテート]
「ルーズヴェルト・ゲーム」第6話は東洋カメラの横やりを受けた青島製作所は東洋カメラに搭載されるイツワ電器のイメージセンサーのスペックを知ろうと模索していた。そんな中野 ... [続きを読む]

« 《続・最後から二番目の恋》★07 | トップページ | 《花咲舞が黙ってない》#08 »

最近の写真