無料ブログはココログ

« 《S-最後の警官-》#09 | トップページ | 《明日、ママがいない》#最終話 »

2014/03/13

《失恋ショコラティエ》#09

『ついにクライマックス!正も誤もないこれが恋だ』

紗絵子が転がり込んできて、爽太の夢が突然実現して、すごく戸惑っていた。こんなことが現実になるはずないというのが現実だった。
 
紗絵子に贈ったチョコは市販するのかと聞かれ、かなりコストもかかっているからと商品化をためらっていると、紗絵子はとても喜んだ。
 
私だけのチョコだもんね。
 
えれなは、進展がない自分の恋を六道に相談。何故か恋愛には消極的なえれなに、話を聞いてかなりカリカリしている六道。
 
彼にとっての私の価値は、彼が決めることだとえれなは言った。ちゃんと付き合っていればきっとうまく行ってたねと寂しく言った。
 
六道は、えれなに自分が出るファッションショーのチケットを必ず渡すようにと念を押した。
 
そんなやり取りを店のスタッフ、関谷は聞いていた。薫子から爽太が、えれなと本気で付き合うとメールをだしたが、話が大きく食い違っていることを知った。

 

支度をした薫子に、2階の足音が聞こえた。紗絵子と爽太のだ。店の前に出て落ち葉を掃いていると、えれなが来た。
 
爽太君はいるのかと聞かれた。そのままショーのチケットを渡そうとするが薫子のいじわるな性格がえれなを呼び止めた。2階に本命の人妻が転がり込んで来た。そう教えた。お友達なのにちゃんと話してもらえなかったのはひどいとさも同情しているように言った。紗絵子に腹を立てている薫子は結局図々しい女が勝つと教えた。「私はガラスの靴をたたき割ってあげたんだよ。正しいことをしたんだよ。」すると「ガラスの靴を叩き割った従者はそれでどんな気分だったのかな?ホントに正しいことをしたと思ってるなら、それでいいと思うよ。もし間違っていたとしてもいろんなことを沢山考えたうえでやったことだから仕方ないし。それでいいと思うよ」とオリヴィエが言った。

 

 

 

紗絵このリクエストで『ばっくばっく食べられるチョコレートを作って下さいな』ですっかり爽太は舞い上がっていた。
 
紗絵子は下に降りてきてわがもの顔でちょろちょろと出てきた。薫子はまつりと組んで、紗絵子を追い出そうと話したが、替えのエプロンを洗ってぴっちりアイロンをかけているのを差し出されて、つい媚びを売ってしまった。

オリヴィエがまつりと1泊の旅行を誘うが、まつりは鎌倉とかTDLを出して逃げた。横から紗絵子が鎌倉っていいねと話を持ち込んだ。
 
不安げな祭りを連れ出して、話を聞いた。だがまつりが男を信じたのは間違ってる!信じる男を間違った!と即断。sakinisusumanakya、政界も不正解も確かめられないモノ。若いうちにどんどん失敗して未来のために鍛錬積もう。
 
おや?!話がこんな??
 
オリヴィエがまつり説いて不安がと話し、爽太はそんなことないかと聞いた。ふっと紗絵子といて不安になるが、えれなとはそんなこと感じたことなかったと正直に話した。えれなとは同じ気持ちでいられるって気がした。だからちゃんと付き合おうと思った。でも結局こんな感じでえれなを放置しちゃってるからそんなこと言える資格ないんだけどね。そう言ってビールを飲んでいた。紗絵子に感化されたまつりからオリヴィエにメールが来た。
 
『京都行こう 桜見に行こう まつり』オリヴィエはもう孤独ではなくさっさと帰った。
 
爽太は、店の2階に行くと紗絵子は寝ていた。寝顔を見ながら、紗絵子との距離を感じていた。
 
朝、紗絵子は友達と会うと言って出かけた。午後、薫子に関谷から「くわしく」と4文字のメールが来て、怒っていた。そこへ紗絵子の夫が来た。
 
薫子、まつり、爽太、オリヴィエと言葉を失った。カフェで、夫対愛人の対決。それぞれが探り合っていた。
 
バレンタインのチョコ、あれは美味だったと吉岡が言うと、市販できないから、2人で食べて欲しいと渡したがご迷惑ではなかったか?
 
ジャブの応酬。そして「何かありましたか?」「ああ、いや、まあ ちょっと ホント小さなケンカと言うか、日常よくある程度の。で、あいつ実家に帰ったまま連絡寄越さない。アイツの友達って言うと小動君くらいしか私には分からなくて。もし様子を知ってたら、お聞きしようと思ったんです。」
 
「そうですか。紗絵子さんや理想ですよね。プチ家出とか」「そうなんですよね。なにかね大したこと何もないんですけど。あいつはホントにまあ、じゃあもし紗絵子がここに来たら…」はい、いい加減大人になって早く家に帰んなよって言っときますよ」「お願いします」
 
帰りがけに吉岡は女の人を殴ったことがあるかと聞いた。まさかと答えた。だがしらを切るのもここまで、爽太はしゃべりだした。妹の頭を叩いたことがあったと言っただけだった。
 
紗絵子が知らない顔に見えた。家族のことも何も話してくれなかったからというと、そんな間じゃなかったからねと突き放された。それでも帰れと言ったり、好きだよと抱きしめたり、ああ、これが恋だ、生も誤もないこれが恋だと、まあ、また初めからやり直してました。

こういう女の人、どうも苦手です。男性は好きなんでしょうか?

cast

小動爽太**松本潤 高橋紗絵子**石原さとみ
 
井上薫子**水川あさみ 加藤えれな**水原希子
 
オリヴィエ・トレルイエ**溝端淳平
小動まつり**有村架純 関谷宏彰***加藤シゲアキ(NEWS)
六道誠之助**佐藤隆太 小動誠**竹中直人

*****
今までの感想は、こちら

« 《S-最後の警官-》#09 | トップページ | 《明日、ママがいない》#最終話 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/59287867

この記事へのトラックバック一覧です: 《失恋ショコラティエ》#09:

« 《S-最後の警官-》#09 | トップページ | 《明日、ママがいない》#最終話 »

最近の写真