無料ブログはココログ

« 《失恋ショコラティエ》#08 | トップページ | 《医龍4~Team Medical Dragon~》★09 »

2014/03/08

《明日、ママがいない》#08

『少女が旅立つ時、子供たちの流す涙の訳』(あらすじ、YAHOOTV)

ポスト(芦田愛菜)は朝倉(吉沢悠)の家に通い、ポストを亡くなった自分の娘・愛と呼ぶ瞳(安達祐実)と共に日々過ごしていた。瞳を「ママ」と呼ぶポスト。
 
彼女の中で一つの幸せが流れ始める。
 
そんな時、ドンキ(鈴木梨央)が突然腹痛を訴え、病院に運ばれる。大事には至らずに済んだものの、ポストは、ドンキに精神的な異変が起こっていると感じていた。
 
ポストにより暴かれる、ドンキのその真意とは…
 
ピア美(桜田ひより)がピアノコンクールの全国大会に出場することになり、ポストたちも応援に行く。同じころ、コンクールの予選にも来ていたピア美の父(別所哲也)も、再び会場に来ていた。彼は佐々木(三上博史)に、この街から離れて二度とピア美に会うつもりがないと打ち明ける。本番直前、ピア美はポストから、予選にピア美の父が来ていたことと、今日もきっと来ているはずだということを知らされる。
 
ピア美は、父がすぐそばにいると知り…
 
一方、ドンキは、川島(松重豊)、美鈴(大塚寧々)夫妻と本当の親子のように過ごすようになっていた。幸せを感じる中、実母の涼香(酒井美紀)がコガモの家に現れ…
 
全ての歯車が今動き始める…

cast
ポスト 芦田愛菜 真希/ドンキ  鈴木梨央
ボンビ 渡邉このみ ピア美  桜田ひより
ロッカー 三浦翔平 水沢叶 木村文乃 
オツボネ 大後寿々花 東條祐樹 城田優 
謎の女性  鈴木砂羽
佐々木友則 三上博史

ポストの担任、朝倉の妻が、亡くした娘の名前でポストを呼んでから、毎日ポストは瞳に会いに行った。しばらくすると、その暖かな家庭の味を覚えてしまった。
 
ドンキは「お試し」で川島夫妻の所で、愛情の中で暮らすことになれてきた。

 

香織の職場に弁当を買いに行きながら、ポストとオツボネは、前回ドンキが自分で階段から落ちて作った傷を、泣きながら魔王のせいにした誤解を解くために一生懸命話した。魔王がいかにコガモたちの居場所を作るために苦心しているのが、『自己満足』で切り捨てないでほしいと伝えに来た。香織は、あの人に頼まれたんかと聞いた。死んだって頼むキャラじゃない、そうポストに言われて黙った。オツボネがもう一度と話すが、後ろを向いたきり。


 
牛を育てている夫婦が、双子の男の子を引き取りたいと言ってきた。前にも里親になっているので、信頼がおけるとアイスドールこと叶が魔王に話した。魔王は、改めて、叶におめでとうを言った。すると魔王に、なんで『コガモの家』を始めようと思ったのかと聞いた。
 
刑事だったころは、その仕事に生きがいを感じていたが、だんだんむなしくなった。「人を騙し、傷つけ果てはあやめてしまう。捕まえてみればどうだ、どんな凶悪犯でもどこか共通してるものがある。顔が浮かばないんだ。愛する人の顔が。衝動的な事件を別にすれば普通の人間は愛する人の顔を思い出せれば思いとどまる。その人を失望させ、傷つけたくない。そう思って思いとどまれる。」「その顔を…子供のうちに見つけてあげるべきだと?」
 
「実の親、里親 養親 教師でもいい」「愛してくれた人の顔を。」「決して裏切ることのできない顔だ。まぁ。…きっかけは別の事だったがな、」「お気の毒です。奥さんとの間の失われてしまった赤ちゃん…」

 

これで、魔王が、いかに子供たちのことを思い、なんて話が大幅にそれて来ました。

 

夕飯時、ドンキががお腹が痛いと椅子から落ちた。ロッカーがおんぶして、夜間診療に連れて行った。帰りも負ぶわれて戻ってきたがケロッとしていた。ポスト、ピア美、ボンビが途中まで迎えに行った。どうだったと聞くと衣が荒れていると答えた。神経性胃炎てやつか、と言いながらさらに、ポストは、今までの一連のドンキの仕業を詰問。友達だから尻たと言うと、「おためし」の川島家に行くようになってから、おかしいと言い出した。
 
ポストは「好きになっちゃったの?2人の事大好きになっちゃったから、ママみたいに『やっぱりいらない』って言われるのが怖くて」
 
ロッカーの背中で大きな声で泣き出した。


 
翌日学校の帰りにニッパチを迎えに行くと、ポストたちの後ろを見て、「あ」と小さく言ってすり抜けた。実のママが迎えに来た。ギャンブルにはまってネグレクトで一時避難していたニッパチだが、抱きしめられて、もう二度としないからと誓う母にされるままだったが、指2本立ててVサインした。
 
みんな心からニッパチ良かったねと喜んだ。

ポストは、なぜか素直にママと呼べる瞳の所に顔を出した。毎晩瞳を寝かせて猛ダッシュで帰宅していた。朝倉は、これでよいのだろうかと?と悩んでいた。

ボンビの憧れジョリピこと、東條が魔王にボンビが女だと知っていて家に寄越したと文句をつけに来た。横でテーブルを拭いていたロッカーが「ジョリピ」と声を発した。女子の部屋に案内した。ボンビが壁に貼ったジョリピが見えた。ボンビが言ったことが日t¥ふっと耳に聞こえた。毎日この写真の前で、腰を振って叫んでい居ると、魔王は教えた。叶が両親は死んだと教えた。突然、東條が腰を振ってジョリピー¡と叫んだ。
 
ボンビが髪を短く切ったので、髪は女の命なのにと言いながら帰って行った。

 

ピア美のコンテスト当日。蓮が叔母と現れた。今度は君が僅少だと言った。前回は、叔母が少し低く採点したので僅差で蓮が金賞になったと教えた。
 
待合室で、ピア美に写真を渡された。そこでポストは、ピア美にわざと来ると思うと答えた。さらに予選の時ホントはパパが来ていたことも話した。動揺するピア美。天才などと持ち上げられたのを聞いて、内心穏やかじゃなかったようです。
 
ピア美のパパは魔王に、この町を離れると言った。
 
ピア美の番が来た。最後に近くなって鍵盤に指を叩き付けた。
 
観客が騒ぎだした。パパ、行かないで。パパと一緒がいいと泣きだした。娘の気持ちが分かるかと魔王に言われた、名前を宇呼ぶだけでもいい。さもなくば親ではないと言われて泣きながら直美と叫んだ。

香織から魔王に連絡が来た。初めて会った喫茶店で待ち合わせた。
 
友達の結婚式で、人当たりしてその席にいた。外から夕陽のようなカクテルドレスを着た香織を見初めた。
 
今でもお前を愛してると言うが香織は子供を失ったショックで前をむけないままだった。席を立って消えた。

 

コガモの家に帰ると、ドンキのママが迎えに来た。彼氏と別れたので、引き取りに来た。
 
ロッカーは川島家に行った。ちょうど間に合って、川島がドンキの手を取った。母親も手を引っ張ったが、川島が手を離した。
 
大好きな人の手のぬくもりを感じてドンキは、混乱していた。魔王が、水たまりの所で膝をついて、魔って下さいと話し出した。
 
「私はコウノトリです。少子化の日本とはいえ私たちの数も足りず、てんやわんやの忙しさです。言い訳するつもりはありませんが時々間違えてしまうことがあるんです。時々間違えた赤ちゃんを別の人の所に届けてしまうんです。そこであなたにもう一度ホントのママを選び直してほしいんです。産んだのが親ではありません。一杯の愛情を持って育て上げるのが本当の親なんです!事実の親と真実の親は違うんです!」
 
叶もそばに来て魔王の横に座った。「私はコウノトリです。どうかお願いします。もう一度この子を届けるはずだった正しい親の元へ戻す機会をお与えください。」するとロッカーも叶の横に座って膝をついた。ドンキのママは気味悪がって早く娘を連れて行こうと焦った。
 
「どんき!」オスとが声を掛けた。右手は親が持って引っ張っていた。「ポスト」と声に出し顔を見るとポストが頷いた。
 
ドンキは、えいっと手を振りほどき、川島の懐に飛び込んで、こえうぇお挙げて泣いた。恩知らずにもほどがあると毒づくのを川島父がしっかり耳を塞いで泣かせてくれた。
 
立ち上がった魔王に「ありがとうございました。」「大切に…大切に育てますから」そう言った。
 
魔王の横には、ポストがいた。2人は顔を見合わせ頷き合った。

 

都合よい方へとドラマは収束していくみたいです。

*****
今までの感想は、こちら

« 《失恋ショコラティエ》#08 | トップページ | 《医龍4~Team Medical Dragon~》★09 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/59254948

この記事へのトラックバック一覧です: 《明日、ママがいない》#08:

» 明日、ママがいない八話&Dr.DMAT九話& 私の嫌いな探偵最終回感想 [NelsonTouchBlog]
■明日、ママがいない八話 ドンキの救済は、ポストの、友達だから聞いておきたい。という正直な気持ちでなされた。ドンキは、不幸なトラウマの影響で、幸せに疎くなっている自分とそれを受け入れたい自分との葛藤で、自分のことを表現する方法がおかしくなってしまっていたのだね。で、そのドンキも、ピア美も、ボンビも、最終的に幸せになれそうな九話。一言言わせてもらえば、ピア美はピアノ続けて欲しいけど。。 ベタなシーンだけど、ピア美のコンクールのシーン、ドンキのラストシーン、共に泣けた。土下座は凄まじかった...... [続きを読む]

» ナオミ・カム・バック・トゥ・ミー(桜田ひより)三羽のシュバシコウ(鈴木梨央)頭をふって腰をふって叫んで(渡邉このみ)月とお母さん(芦田愛菜) [キッドのブログinココログ]
ダビデの子、ソロモンはユダヤの王となり、神から裁きの知恵を授かった。 ふたりの女がソロモン王の御前でふたりの赤子の母親として名乗りをあげた。 一人の赤子は死んでおり、もう一人の赤子は生きていた。 ふたりの女はどちらも生きている赤子を欲したのである。 ソロモン曰く、「刀によって生きている赤子をふたつに... [続きを読む]

» 「明日、ママがいない」ママがいない里子の現実8ピア美は幸せを教えてくれた事実の親をドンキはコウノトリの導きで真実の親を自らの意思で選び幸せを自ら掴んだ [オールマイティにコメンテート]
「明日、ママがいない」第8話はポストは臨時教師の妻の娘を演じる事でその娘のようになり、ポストにとって両親がいる幸せを感じ取っていた。一方ドンキは川島夫妻とのお試しの日 ... [続きを読む]

» 明日、ママがいない #08 [ぐ~たらにっき]
『少女が旅立つ時。子供たちの流す涙の訳』 [続きを読む]

» 【 明日、ママがいない 】第8話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
私はコウノトリです。 少子化の日本とはいえ私達の数も足りず、てんやわんやの忙しさです。 言い訳するつもりはありませんが、時々間違えてしまうことがあるんです。 時々間違えて赤ちゃんを別の人の所に届けてしまうんです。 そこで、あなたにもう一度ホントのママを選び直していただきたいんです。 産んだのが親ではありません。 いっぱいの愛情を持って育て上げるのが本当の親なんです! ...... [続きを読む]

» 明日、ママがいない 第8話 感想 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
第8話 あらすじ 泣いた( ;∀;) お試し親VS産みの親 大岡裁きが出てきましたな! 彼と別れたらドンキを迎えにくる親。 今回もまたそのパターンでした。 ポストとロッカーはお ... [続きを読む]

» 明日、ママがいない 第8話 [ドラマハンティングP2G]
第8話「少女が旅立つ時。子供たちの流す涙の訳」2014/3/5放送 ポスト(芦田愛菜)は朝倉(吉沢悠)の家に通い、ポストを亡くなった自分の娘・愛と呼ぶ瞳(安達祐実)と共に日々過ごしていた。瞳を「ママ」と呼ぶポスト。彼女の中で一つの幸せが流れ始める。 そんな時、ド…... [続きを読む]

» 明日、ママがいない 第8話 [レベル999のgoo部屋]
「少女が旅立つ時。子供たちの流す涙の訳」 内容 帰りが遅いポスト(芦田愛菜)を叱る佐々木(三上博史) だが。。。ポストは何も語らず。 ただ朝倉(吉沢悠)のもとに通い、瞳(安達祐実)と会うポストは。。。 そんななかドンキ(鈴木梨央)が、突如の腹痛。 何かが...... [続きを読む]

« 《失恋ショコラティエ》#08 | トップページ | 《医龍4~Team Medical Dragon~》★09 »

最近の写真