無料ブログはココログ

« 《S-最後の警官-》#04 | トップページ | 《明日、ママがいない》#04 »

2014/02/05

《失恋ショコラティエ》#04

『2人の恋は、チェスのように』

六道の元で働く関谷が、薫子にデートを申し込みに来たが、それを聞いて喜んでいたのは、爽太ばかり。
 
薫子が用事とかと言っているうちに突然来てすいませんとすぐに帰った。爽太は関谷を良く知らないと言う薫子のために、六道にメールを出して『個人的に興味がある』と言って、人となりを質問した。メールを読んでびっくりしたのは六道。爽太も「あっち系」?

 関谷が帝国デパートに六道の店が出る招待状を持って来たので、爽太は薫子と偵察に行った。挨拶に来た六道にすぐ関谷のことを聞く爽太を誰もいない部分に連れ出した。六道にとってはとってもショックだった。今回のチョコレートを食べて、ブレナイ六道が分かったと言う爽太に、世界中の69億9000万人に嫌われても1000満員と愛し合えたらもう十分夢みたいという六道。
さらに縁あった人を愛しまくってあげたいと熱っぽく語った。爽太は699000万位の人に嫌われるのは怖くないかと聞いた。
怖くない、そんなことより自分自身のビジョンが消えてしまうことの方が怖い。どんなものが作りたいのかわからなくなって何もできなくなる方が怖い。そう聞いて爽太は、また考えた。紗絵子のためにパン‣オ・ショコラを造ろうと、決心。


えれなが、憧れの倉科と会ったと話した。この2人体のつながりは安易にできても心は別々の人が好きなんてどう?

紗絵子とのデートの日。妄想だと高いヒールのブーツのせいで、顔が近くて誘われるようにキスをしていた。
 
紗絵子の旦那が、今日は遅くなると言っていたが、帰宅するともう帰っていて、今日はどこへ行った?誰と言った?と質問攻めになった。不機嫌になる紗絵子。
 
駅で紗絵子と別れた爽太は、えれなのマンションへ。ドアが開くと、そのままキスしてえれなを押し倒した。
 
えれなは憧れの倉科と会って、話したが、それ以上の進展はなく自己嫌悪に陥っていた。

また関谷が来た。言い訳に六道からの宿題で、人付き合いを広げなくてはならないと話すとすんなり薫子は乗った。
 
酔ううちに、爽太の話ばかりになる薫子を見て、好きなら言っちゃえと言った。
 
薫子は、愚痴りっぱなしだった。だが、爽太の傍にいて、話すのを聞いているんが好きだと、薫子は思った。

翌朝、店に行くと、爽太が、店に泊まっていた。パン・オ・ショコラはやめて紗絵子の前を歩こうとパンデピスを焼いた。
 
味は上々。
 
オリヴィエも、楽しそうに食べた。

まつりにキスをしたオリヴィエが、友達の彼に恋しているまつりがちっとも楽しそうじゃない。そう言って自分と付き合わないかと言ったが、そんなことで別れるわけないしね。
 
えれなと、爽太、とても合うのに目の前の人は見えないんでしょうね。

cast
小動爽太**松本潤 高橋紗絵子**石原さとみ
 
井上薫子**水川あさみ 加藤えれな**水原希子
 
オリヴィエ・トレルイエ**溝端淳平
小動まつり**有村架純 関谷宏彰***加藤シゲアキ(NEWS)
六道誠之助**佐藤隆太 小動誠**竹中直人

 

*****

今までの感想は、こちら

« 《S-最後の警官-》#04 | トップページ | 《明日、ママがいない》#04 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/59074450

この記事へのトラックバック一覧です: 《失恋ショコラティエ》#04:

» 失恋ショコラティエ #04 [ぐ~たらにっき]
『2人の恋は、チェスのように』 [続きを読む]

« 《S-最後の警官-》#04 | トップページ | 《明日、ママがいない》#04 »

最近の写真