無料ブログはココログ

« 《失恋ショコラティエ》#06 | トップページ | 《医龍4~Team Medical Dragon~》★07 »

2014/02/22

《明日、ママがいない》#06

『物言わぬ青年へ。愛と魂の大演説を聞け』

廊下を掃除するドンキ。窓ガラスを拭くロッカーがガラスにドンキを描いた。とても喜んだドンキの口から、私の良い所って何だろう?ピア美みたいにスタイル良いわけじゃなし、ボンビみたいに可愛げがあるわけじゃないし、ポストみたいに強くないし。ロッカーは私達4人だったら誰がいい?
 
今のお試しの家は2人とも、申し分ない人たちだが、ドンキには、そうやったら気に入られるのか巣の方法が分からないと言った。
 
ロッカーは、ガラスの絵を笑う女の子に描いた。


 
ピア美は、早朝から音楽室のピアノを熱心に引いていた。そこへ蓮が音大教授の叔母を連れてきた。今度のコンクールまで練習を見てもらったらと提案した。蓮はマイピアノだし、練習不足で負けたと言われるのは、ととてもフェアな申し出だった。全国大会に同じ小学校から2人も出場、学校側も全面協力よ。あなたたちは期待されているの。教授は、芸術野高みは人を楽しませ、賛辞を得ることよ。あなたは多くの人にも止められる人間になる。
 
「ついてこられるかしら私のレッスンは厳しいわよ」
 
「はい!」

ボンビは、ジョリピー、日本版の家をそっと覗くと声を掛けられた。この間の言い分を妻と話し合ったら、コガモの家に行き、子供たちと対面したと言い出した。跡取りの男の子を捜しにね。


 
ドンキは、ロッカーをお試しの家の排水管の直しに連れ出して、いかにもと言うくらい媚びを売っていた。
 
帰り道、駐車場で、男が身重の女に、当たり散らしていた。荷物を両手に下げた女は、男からDVを受けていた。それを見てロッカーは、辞めてくれと言う男を叩いた。ドンキは驚いて声も出なかったが、それで表情が変わった。
 
魔王が呼ばれて、警察につくと、叶がドンキといた。ドンキは、暴力はいけないと言う魔王に、私もそう思うと言った。魔王が中へ入った。
 
そのままコガモの家に戻ると皆腹を空かしていた。
 
ドンキにポストが聞くと、ロッカーが知らない人を何度も何度も殴った。そう聞いて、ポストだけが何か理由がと言ったが、ピア美、ボンビ、ドンキたちは、ロッカーを庇おうとしなかった。

叶は、それでもロッカーを信じたいといったが、つい、激昂して、ロッカーの母親と同じじゃないかと言った。それを聞いてチアの我ボンビ出それが尾ひれをつけてみんなに広まった。ろっかーは、窓ガラスに、スプレーで「ぼくがころした」と書いた。大ショックなコガモたち。
 
魔王がただならぬ気配に食堂に来た。ピア美たちはこんなの耐えられないと部屋から出て行った。ポストは黙々と食べ続けて、魔王をじっと見た。
 
車に乗せられ、魔王はロッカーについて話し出した。10年も前だから、コガモの最初の子だった。その父親が最悪だった。夜泣きがうるさいと真夏のコインロッカーにアイツを置き去りにした。半狂乱で捜しだした母親の元に戻った。父親は、DVや詐欺、恐喝そのほかの罪で捕まり、その間m2人はつつましく暮らしていた。だがある日そのろくでなしは戻って来た。クズの父親は、まるで更正などされていない。わがもの顔で家に居座り2人を支配した、暴力で。ある日、ロッカーを庇った母親が殴られているのを見てお願いだから止めてと叫んで思生き切父親を押すと階段の下に落ちた。ロッカーは、自分が殺してしまったと思った。母親にあなたは何も言わなくていい逃げなさいと追い出された。そう聞いてポストは、ロッカーが父親を殺したのかと聞いた。実は息を吹き返した父親を殺したのは母親だった。だが、ロッカーは、母親が、自分の代わりに罪をかぶったと勘違いしていた。それを母親との約束だと思いしゃべらなくなった。
 
魔王は、末期がんのロッカーの母親が収容されている刑務所に行った。意識が戻ったので、叶に連絡が入り、すぐに母親の所に向かえと言われた。
 
母が意識が戻った父親を刺したと告白。そばにいる魔王にそうですよね刑事さんそう言った。
 
それを聞いて、ロッカーは、顔色を変えて飛び出した。
 
叶は、ロッカーが暴力を振るった男の妻と話していた。DV被害者は、それが愛情だと思っている。腕に打撲の跡が沢山あった。
 
このままでは不幸になる、その子を守りたいなら、今すぐ地の果てまで逃げなさい!

公園のブランコに、雨に濡れながら揺れるロッカー。ポストが心配して探しに来た。
 
「ああ、笑って、笑ってくれよ」積年の思いを吐き出すように、ロッカーは絞り出した声を張り上げた。
 
「許して神様、ロッカー、また勘違いしようとしてる。ママはその言葉の後こうつぶやいたと思わないん?
 
『神様 どうか私の息子をお守りください。一人ぼっちになってしまう私の息子をお守りください』
 
ねえ、ロッカーママはやっぱりあんたを庇ったんだ、自分の人生を投げ捨てて。
 
ロッカーあんたを自由にするために。戻ろうもう一度」

ポストには似つかわしくないセリフでした。
 
ポストに連れられて戻ると、母はもう亡くなっていた。手を握り、お母さんごめんね、ありがとうと言って泣いた。


 
ホームに戻ると、ピア美がロッカーの荷物を差出し出て行ってくれと言った。そこでかなり饒舌になった魔王が、お前たちン緒考えかと聞いた。

フ~っと大きな息を吐き、全員枕を取りに行けと命じた。テーブルを乱暴に移動し空間を作ったそこに輪になって座れ。ロッカーは人殺しではないと言ったが、だから何?とピア美。魔王は持ってる枕をその胸に抱きなさいと言った。
お前たちは何におびえている。お前たちは世間から白い目で見られたくないそう言う風におびえてるのか?さからそうなる原因になるかもしれないアイツを排除する。そう言うことなんだな?だがそれは表面的んば考え方じゃないのか?もう一度この状況を胸に入れて考えることをしなさい。お前たち自身が知るアイツは乱暴者で酷い人間か。そんな風にお前たちはあいつから一度でもそう言う行為や、圧力を受けたことがあるのか?(首を振る)
ならばなぜ庇おうとしない?世の中がそう言う目で見るなら世の中に向けてアイツはそんな人間じゃないってなぜ闘おうとしない。あなたたちはあの人のことを知らないんだって11人目を見て伝えようと、そう闘おうとなぜ思わない!臭いものにふたをして自分とは関係ない。それで終わらせるつもりか?大人なら分かる、大人の中には価値観が固定されℬ自分が受け入れられないものを否定し、自分が正しいと声を荒げて攻撃してくるものもいる。それは…胸にクッションを持たないからだ。分かるか?そんな大人になったらおしまいだぞ。話し合いすらできないモンスターになる。
だがお前たちは子供だまだ間に合うんだ。一度心に受け止めるクッションを情緒を持ちなさい。この世界には残念だが目をそむけたくなる事件や辛い出来事が実際に起こる。だ、つまらぬ偽善者になるな、お前たちが辛い境遇にあるというならその分人の痛みが分かるんじゃないか?うんうん。

ロッカーの書いたコガモたちの好きなもの、アレルギーなどが詳しく描かれていた。みんな読みながら泣いた。
ロッカーの母を荼毘に付して、翌朝帰った。皆が出迎えてロッカーに詫びたが、ドンキだけが部屋から出てこないで覗いていた。

今回はっ魔王さまの独演でした。これで背景も分かったし。ドンキはどう変化していくのでしょう?ちょっと心配です。

cast
ポスト 芦田愛菜 真希/ドンキ  鈴木梨央
ボンビ 渡邉このみ ピア美  桜田ひより
ロッカー 三浦翔平 水沢叶 木村文乃 
オツボネ 大後寿々花 東條祐樹 城田優 
謎の女性  鈴木砂羽
佐々木友則 三上博史

*****
今までの感想は、こちら

« 《失恋ショコラティエ》#06 | トップページ | 《医龍4~Team Medical Dragon~》★07 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/59180211

この記事へのトラックバック一覧です: 《明日、ママがいない》#06:

» 貴方を殺して私も死ぬ確率(鈴木梨央)小さな小さな世間(桜田ひより)誤解を招く表現に心から握手を(芦田愛菜)そして、ご褒美の雨はふりそそぐ(三浦翔平) [キッドのブログinココログ]
後半、一同爆笑につぐ一同爆笑である。 こんなドラマに誰がしたという・・・笑ってはいけない笑いの連続を堪能するのだった。 「表現の自由」を必至に死守するお笑い芸人の下ネタに・・・「知る権利」だとか、「報道の自由」だとかを尊大に主張する知識人たちはいつだって土下座するべきなんだな。 まあ・・・そんなこと... [続きを読む]

» 明日、ママがいない #06 [ぐ~たらにっき]
『物言わぬ青年へ。愛と魂の大演説を聞け』 [続きを読む]

» 「明日、ママがいない」ママがいない里子の現実7ドンキの異変は愛情を知らず育った心の闇・・・辛い現実を受け入れる事は誰もが容易じゃない事だ [オールマイティにコメンテート]
「明日、ママがいない」第7話はポストのクラスに代理の教師が赴任してきて、その教師の家の手伝いに行く事になったポストはそこで病気療養している奥さんと対面するも、その奥さ ... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 #08「秀吉という男」 [昼寝の時間]
公式サイト 官兵衛(岡田准一)は小寺家の使者として岐阜城を訪れ、信長(江口洋介) [続きを読む]

» 明日、ママがいない 第6話 [ドラマハンティングP2G]
第6話「物言わぬ青年へ。愛と魂の大演説を聞け」2014/2/19放送 里親候補の川島(松重豊)と妻の美鈴(大塚寧々)にどうしたら気に入られるのか、悩むドンキ(鈴木梨央)。ドンキからそんな悩みを打ち明けられたロッカー(三浦翔平)は、彼女を温かく励ます。 ある日、ロ…... [続きを読む]

« 《失恋ショコラティエ》#06 | トップページ | 《医龍4~Team Medical Dragon~》★07 »

最近の写真