無料ブログはココログ

« 《明日、ママがいない》#06 | トップページ | 《S-最後の警官-》#07 »

2014/02/23

《医龍4~Team Medical Dragon~》★07

『患者が最後に選ぶ医者!』(あらすじ、YAHOOTV)
L&P病院に入院中の桜井修三(平幹二朗)に検査結果を聞かれた朝田龍太郎(坂口憲二)は、脳に発見された巨大な動脈瘤のことは伏せて胸部大動脈瘤とだけ告げる。  岡村征(高橋克典)は、野口賢雄(岸部一徳)に次のターゲットは朝田ではなく伊集院登(小池徹平)であると話す。そのころ、伊集院は婚約中の樋口美雪(中村ゆり)に呼び出されていた。明真を辞めたことがばれてしまい、伊集院は桜井総合病院には自分が求めている医療があると必死で訴えるが、美雪は泣き崩れてしまう。  朝田と加藤晶(稲森いずみ)と荒瀬門次(阿部サダヲ)は、桜井を救うためには脳と心臓の同時オペが必要と判断。朝田と同時にオペのできる優秀な脳外科医を早急に探すことを決めた。帰ろうとする朝田の前に鬼頭笙子(夏木マリ)が現れ、アメリカの脳外科医を探すように助言する。  美雪から父親の豊(斉木しげる)が末期ガンで余命3カ月と宣告されたと聞いた伊集院。そのことで2人が気まずくなることを心配した豊が桜井総合病院にやってきた。治療を拒否し、ホスピスを探すつもりだと言う豊に伊集院は桜井総合病院への入院を勧める。朝田に豊のオペを打診するが、患者の体に負担がかかるだけでガンを完全に排除することはできないと断られてしまう。うちひしがれる伊集院に、朝田は患者にできることは切ることだけじゃないと話す。  一方、朝田たちの脳外科医探しも困難を極めていた…。

cast 

朝田龍太郎**坂口憲二 加藤晶**稲森いずみ
伊集院登**小池徹平 荒瀬門次***阿部サダヲ
猪原薫**キムラ緑子 早川昭吾**柄本佑
木原毅彦**池田鉄洋 岡村征**高橋克典
 
桜井修三**平幹二朗 藤吉圭介**佐々木蔵之介
 
鬼頭笙子**夏木マリ 野口賢雄**岸部一徳

 

桜井院長には、脳動脈瘤を話さなかったが、朝田は同時オペを考えていた。
 
鬼頭は、日本では無理かもしれないと教えた。さらにあらゆる手を使って桜井を救えと言った。
 
野口は、懐中時計の鎖を吟味していた。そこへ岡村が現れ、『賢者の贈り物』の話をして言った。
 
野口には不快だった。次のターゲットは、伊集院だと明言した岡村に怪訝な顔の野口。

伊集院は、美雪と対峙した。明真に行ったら、辞めたと言われたと聞いて泣きていた。
 
美雪の父が末期がんで、治療放棄していた。肺がんで末期なのでオペはできないと言われた。
 
父豊が突然訪問。豊としては自分が原因で2人の仲が悪くなったと考えて伊集院に会いに来た。
 
ホスピスでも探すと言う豊に、伊集院は桜井病院に来てもらえないかと提案した。
 
美雪は、少しでも長く生きて欲しいと願った。父は、この歳で苦しい思いをしてわずかな時間長生きしても仕方がないとと思っていた。

今回の朝田のオペは、86歳女性。肺がんが横隔膜に浸潤していた。ステージⅢ.早川は、抗ガン剤を主張、
 
猪原は、患者の強い希望だと伝えた。ご主人を介護しているので治る可能性があるなら手術をと言われた。
 
左肺下葉切除術が始まった。電光石火は、いつものように、タンタンと終って閉胸した。
 
伊集院は、豊の病状を話して意見を求めた。肺がんはステージⅠだが、副腎への遠隔転移があるので末期がん。
 
伊集院は時間を見つけては、豊と向き合った。美雪の母は、大学3年の時癌で亡くなった。2年間一生懸命介護したので悔いはなかった。

だがこれで豊が一日生き延びればそれだけ美雪の苦労が増すと考えてのことだった。
 
伊集院は独りで悩んでいたが朝田は、オペだけが患者を診ることではないと教えた。
 
翌日伊集院は、豊の体も拭きはじめた。腰部に大きな傷跡が見えた。20年以上前の隣家からの出火で美雪を抱えて出ようとしたとき折れた柱の破片が刺さった。
 
研修医の早川には、無駄な事と伊集院のやり方を批判していたが、岡村は、そうは思わなかった。天才に近づく度量をして得た技術は凡人に教えられるとふんだ。
 
朝田は色々なつてを頼りに恩師のオペができる医者を捜すが難航。
 
その箱の中にあった患者の写真に、弾丸と石が写っていた。異物として繊維が弾丸を囲った。それを見て、伊集院はひらめいた。
 
豊は、初めて生きられる可能性を示してくれた医者がいたと喜んだ。そしてL&Pでのオペを承諾。
 
だが、野口はノーと言った。すると岡村が「私が許可します」と。これは荒瀬を除いた2人での策略のようだ。

豊は腹腔鏡で、左副腎を摘出。切ってみると木片を覆う部分が何とも言えず、病理に委ねられた。癌細胞は確認できなかった。
 
オペ再開。ステージⅠªの初期がんを切除。
 
岡村は、伊集院に約束は守っていただかねばなりませんよ。L&Pに来てもらうことになりましたと言われ伊集院は朝田に「すいません朝田先生」と詫びた。
 
「なぜ謝る?患者は助かった。お前の指導で優秀な研修医が育てば助けられる命が増える。いってこい。何かがあればみんなが集まってくれる。俺たちはどこに居てもチームだ。」「はい」


 
野口は、朝田の大事な弟子を引き抜いたと思ってもさらに深い絆で結ばれたと見てきたように岡村に言いましたが、本当に腹黒い。
 
桜井院長は、こっそり病室を抜けて朝田に、脳動脈瘤もあるんだろう?と聞いた。
 
脳底動脈先端部 動脈瘤。
 
最後まで医者でいさせてくれ。そう言い置いた。立ち去り際頭を抱えて倒れた。

鬼頭は、加藤にアメリカでも見つかるかと言ったが、居ないわけじゃないと意味深に答えた。
今回は伊集院の回。チームでの顔合わせが少ないですね。



*****
今までの感想は、こちら

« 《明日、ママがいない》#06 | トップページ | 《S-最後の警官-》#07 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/59183823

この記事へのトラックバック一覧です: 《医龍4~Team Medical Dragon~》★07:

» 医龍4~Team Medical Dragon~ #07 [ぐ~たらにっき]
『患者が最後に選ぶ医者!』 [続きを読む]

» 医龍4〜Team Medical Dragon〜KARTE 07:患者が最後に選ぶ医者! [あるがまま・・・]
やったね、伊集院くん!m(;∇;)mヨカッタ… 婚約中の樋口美雪@中村ゆりの父・豊@斉木しげるのオペを見事成功させた伊集院。 末期ガンで余命3ヶ月との診断ゆえ、娘に負担をかけたくないと治療を拒否してた お父さんだけど、患者としっかり向き合う伊集院の性格のおかげで、ガ...... [続きを読む]

» 医龍4〜Team Medical Dragon〜 第7話 [レベル999のgoo部屋]
「患者が最後に選ぶ医者!」 内容 桜井(平幹二朗)の検査結果を胸部大動脈瘤と伝える朝田(坂口憲二) だが、実は。。。脳にも動脈瘤があった。 命を救うには、同時に手術をすることが必要。 鬼頭(夏木マリ)は、朝田と同レベルの脳外科医が必要と朝田に伝える。 「あ...... [続きを読む]

» 『医龍4~Team Medical Dragon~ #07』の感想/映画見聞録 ※ネタバレ注意 #坂口憲二 #平幹二朗 #高橋克典 #稲森いずみ [映画見聞録]
伊集院登の婚約者、樋口美雪が「会いたい」と言い出し、父親がガンであることを告げる。 伊集院が桜井病院へ相談もなしに勝手に移ったことで美雪と修羅場になり、婚約解消か?というところまで行くかと期待したのに、美雪はあっさりと受け入れ、父親を桜井病院へ入院させ…... [続きを読む]

» 医龍4~TeamMedicalDragon~ 第7話 [ドラマハンティングP2G]
KARTE #7「患者が最後に選ぶ医者!!」2013.2.20 THU. On.Air L&P病院に入院中の桜井修三(平幹二朗)に検査結果を聞かれた朝田龍太郎(坂口憲二)は、脳に発見された巨大な動脈瘤のことは伏せて胸部大動脈瘤とだけ告げる。 岡村征(高橋克典)は、野口賢雄(岸部一徳…... [続きを読む]

« 《明日、ママがいない》#06 | トップページ | 《S-最後の警官-》#07 »

最近の写真