無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013/12/22

《リーガル”ハイ”》☆2-10

『二転三転する最後の法廷!!執念で救え依頼人¡真実は悲劇か喜劇か!?』

数日前、貴和に面会があった。吉永慶子。慶の字が間違っていた。明らかに偽名で、知らないわよと言う貴和の目の前にいたのは羽生だった。そこで徳永光一郎の殺害の罪を認めるべきだと迫った。貴和も含めてみんなが幸せになる方法と、例の人たらしを振りまいた。結果、貴和は、今まで頑なに否定していた罪を認めた…古美門と黛を信じていれば一審に差し戻しになるだろうと言った。

古美門と黛は、貴和から弁護人をカットされた。怒る黛は、NEXUSへ飛んでいくが、飾ってあった写真の、羽生とジプシーがなかった。弁護士バッジ2個が捨ててあった。
拘置所で面会したのは懐かしの三木長一郎たち。差戻審第1回公判。
何と弁護士になったはずの羽生たちは検察官に戻っていた。
罪状認否から始めた。

cast
古美門研介: 堺雅人  黛真知子: 新垣結衣 
羽生晴樹: 岡田将生  安藤貴和: 小雪  
加賀蘭丸: 田口淳之介  本田ジェーン: 黒木華 
磯貝邦光: 古舘寛治   服部: 里見浩太朗

続きを読む "《リーガル”ハイ”》☆2-10" »

2013/12/19

《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★10(最終話)

『約束の時、想いは永遠に』
ロイドと白い制服の妹との戦いは壮絶だった。手負いのまま、アスラシステムはもう起動しないし、最悪の戦いになった。
頑張るロイド、黎士と麻陽のために最後まで戦うと、大きく出ました。
七瀬が殺されかけて、それでも生き返った。
七瀬の作ったアンドロイドを、やっつけるために、戦うロイドを見て、自分で始末しなければと頑張った。
毒の方を選んで、アンドロイドを倒した。
星も衣朔も助かった。大臣も未来の特効薬で生き返った。
状況を見て、七瀬は飛んでいった。戦ったが、死んだふりのアンドロイドにやられっぱなしの角城だったが、機能停止しているにも関わらず、〈想い〉が命を甦らせた。白いアンドロイドと最後の力をふり絞った。角城が原子還元処理を施されようとしたが、相手を先に葬った。沫島七瀬は、生きて黎士に返さねばならないと、サプリに言った。そうしながらもかなり消えてました。
こんなに力の差のあるアンドロイドたちでは、うまく行くはずがありません。どう見てもできそこないのSFドラマでした。

続きを読む "《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★10(最終話)" »

2013/12/16

《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#10

『笑って!涙にサヨナラ!ありがとう!!』
我南人が喉頭がんと告白して、堀田家は、大混乱。おまけに、LOVEを今まで通り歌いたいから治療は受けないと。
 
そんなワガママをゆるされるんですね。すずみは、皆が飲み込んだ、言葉を伝えた。我南人が治療を受けて欲しいと。
 
お正月も過ぎ、青の仕事も無事に終わり、紺の下町を描いた本が出版された。そこで勘一から、ばあさんの親父さんも書いてたんだと教えられた。子爵の五条辻家と言えば当時有名で、若いころから海外を駆けずり回って、その紀行文を描いていた。戦後のGHQの没収を食い、飛散してしまった。ばあさんが必死に探していたが出てこなかった。話を聞いていたのは、青とすずみ。

cast
堀田青  亀梨和也 槙野すずみ  多部未華子
堀田藍子 *ミムラ 堀田紺 *金子ノブアキ
堀田亜美 *平 愛梨 堀田花陽 *尾澤ルナ
堀田研人 *君野夢真
マードック *ジョナサン・シェア
真奈美 *片桐はいり 祐円 *ベンガル
ケン  光石研 藤島直也 *井ノ原快彦
堀田勘一 *平泉成 堀田我南人 *玉置浩二

続きを読む "《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#10" »

2013/12/15

《リーガル”ハイ”》☆2-09

『ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う』

前回は、『北の国から』のパロディー。今回は、時代劇。
 
貴和の首を切ろうとする介錯人が、醍醐だった。般若の面」をつけて古美門登場。しかし、醍醐が大きく振りかぶり、古美門は、忍者に脇腹を刺され大上段から刀が降りて…。古美門はベッドから落ちた。

黛に、NEXUS に移動なら、新証拠でも仕入れたかと露骨。羽生にお色気で迫るも、体調が悪いと取られて、何も収集できなかった。
着々と公判の日取りも決まった。最高裁第3小法廷。弁護士出身1人、検事出身1人。裁判官出身1人。学者出身1人。
古美門は、記者たちを呼び、世論も衣方にしようと、金をばらまいたが、3流所ばかりが集まった。
なすすべもなく公判が始まってしまった。
cast
古美門研介: 堺雅人  黛真知子: 新垣結衣 
羽生晴樹: 岡田将生  安藤貴和: 小雪  
加賀蘭丸: 田口淳之介  本田ジェーン: 黒木華 
磯貝邦光: 古舘寛治   服部: 里見浩太朗

続きを読む "《リーガル”ハイ”》☆2-09" »

2013/12/11

《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★09

『兄妹の絆~孤独が犯した過ち』

多重人格で入院中の七瀬に、ロイドの妹機が声を掛けた。気付くと、ベッドに縛り付けられていた七瀬。
 
研究室で、1人でいる時、未来の者が引き出しに現れ、七瀬は確かに交信がうまく行った。
 
そんなことを考えてはいたが、身動き取れずに暴れる七瀬。そこへ、未来からのロイドの妹機が現れた。
 
呼びかけると、レイコが現れた。美少女からナイフを渡され、叫び声をあげたはいって来たかんごしと医師をナイフで切り付けダメージを与えて、そこから逃げた。

cast
安堂ロイド・沫嶋黎士(2)*木村拓哉
安堂麻陽*柴咲コウ 沫嶋七瀬*大島優子

星新造*桐谷健太 サプリ*本田翼

 
小松左京子*山口紗弥加 江戸川斗夢*ジェシー(ジャニーズJr.)
栗山薫*山本美月 冨野好雪*日野陽仁

倉田朝晴*池田大 謎の美少女*桐谷美玲

角城元*平岡祐太 安堂景子*名取裕子(特別出演
)
葦母衣朔*遠藤憲一


続きを読む "《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★09" »

2013/12/08

《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#09

『家族に贈る最後のクリスマスソング』

青の結婚式の日、ずっとわだかまりがあった母のことが吹っ切れて、青はすずみが言うように、両親を許せた。
 
我南人にそれを話したら、喜んでくれた。が、突然咳き込みだし、血を吐いた。
 
病院では、胃潰瘍で、ほかに穴の開きそうな所もあるから、しばらく入院をと勧められた。健康診断も満足に受けたことがないくらい病院大嫌いな我南人だった。

翌日は、何事もなかったように始まった。研人の祖父母から、ちゃんと結婚が認められて以来、大っぴらに孫に贈り物ができるので、盛大にクリスマスプレゼントが並べきれないくらい贈ってきていた。
 
そんな研人のガールフレンド奈美子、ケンさんの孫娘が遊びに来た。研人は『羊男のクリスマス』を面白いよと選んだ。
 
青は、我南人の病室へ見舞いに行くと、退院したと言われた。我南人は、家族も呼ばず、自分の病気が深刻なのを知らせずフラッと旅に出た。
 
割烹はなの店主真奈美が、恋をしたと報告。にわかに東京バンドワゴンに春が来た。板前のコウさんが消えた。
 
奈美子の母が、最近変な嘘をつくとその真意を知りたがった。羊がついてくる…研人と花陽が調べることになった。



cast
堀田青  亀梨和也 槙野すずみ  多部未華子
堀田藍子 *ミムラ 堀田紺 *金子ノブアキ
堀田亜美 *平 愛梨 堀田花陽 *尾澤ルナ
堀田研人 *君野夢真
マードック *ジョナサン・シェア
真奈美 *片桐はいり 祐円 *ベンガル
ケン  光石研 藤島直也 *井ノ原快彦
堀田勘一 *平泉成 堀田我南人 *玉置浩二 

続きを読む "《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#09" »

2013/12/06

《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★08

『想いは奇跡を生む、誕生の夜』

麻陽は、ロイドが致命的な深手を負って、息も絶え絶えなのを知った。
 
そこで衣朔のアドバイスを受け、星を呼んだ。星は、ロイドたちARXⅡ-13は大虐殺の黒幕たちを次々と殺して行った、しかもそれはプログラムではなく意志を持って動いた。そして麻陽を守ると自分の意志で動いているロイドを見て、星は俺はこいつを信じると言った。「麻陽さんを守ることが未来を守ることだと言ったこいつなら信じていい」
 
ロイドが気づいて、記憶がなくなっていた。麻陽は、あんなに”記憶“を大事にするロイドが信じられなかった。
 
星と衣朔を射殺しようとしたが命令系は2人を捜せなかった。100年後の世界では、沫島黎士の脳データを完全破壊してあった。
 
2113年の世界の彼らは、さらに進んだ警察アンドロイドだった。品性もインストールされていた。旧型のロイドを危険だと判断していた。ここでもアスラシステムが話題になって行った。インドの科学者が作ったOSで、哲学的コマンドが多く演算処理速度が異常に速いがその分コントロールが不能になることが多い。2066年にはバグを起こし各国の首脳を暗殺している。犠牲者が出てから出は遅いと、せっついた。でもこれは、警察力の一方的な危険な考え方で、言論統制しようとしているわけでしょう。今国会で騒いでいるようなことが行われているようです。

続きを読む "《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★08" »

2013/12/02

《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#08

『母親は大女優!?結婚は第ピンチ!?』
衝撃的に藍子たちが、我南人から知らされた、青の母。百合枝だった。我南人がもしかして青の結婚式に来る?と誘った。
 
プロダクションの社長が気を利かせてくれたと答えた。ただ産みっぱなしの母…社長は遠くからでもいいから見た方がいいと勧めてくれた。ちょうど3日に撮影が入り、その日をずらせないかとコンタクトがあった。百合枝は青の学資を全部肩代わりした。面倒は見ていた。そんな話をしているときも、外では、決定的瞬間を狙う記者が粘っていた。
 
我南人が社長宅から出てくるとこれ見よがしに、偶然だと言って顔を出した木島。紺と藍子が追いついた。すると我南人は何か考えていた。


 
『はな』では青がすずみと結婚すると、宣言。前は、酔うと潰れることもすずみが来てからなくなったとすこぶる評判は良かった。
 
「青さんの心の穴は埋まりましたか?」すずみに聞かれた。
 
「俺はしあわせだ~!」そう青は答えた。

続きを読む "《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#08" »

2013/12/01

《リーガル”ハイ”》☆2-08

『世界に誇る自然遺産を守れ!住民訴訟驚きの真実』
古美門の所にNEXUSから共同弁護の誘いがきた。だが、この世で一番嫌いなのが貧乏、2番目が田舎で3番目が自然。
蟹頭村も最悪だったのが、それより奥地にいくなんて、とんでもないと断ったが、服部さんはさっさと用意して、羽生、黛らと自然が好きになりますよ、と声を合わせた。
蟹頭郡 奥蟹頭へ、ボンネットバスは進んだ。
一面雪景色だった。歓迎を現したのは、赤松一族だった。
自給自足の生活をして、」自然を守っていたが、一番苦手は、古美門。黛と川に水汲みに行けば、一緒に落ちるし、薪集めとなると、薪も割れなかった。すっかりいじける古美門。
『世界財産』であるおざおざの森に集落の決まりを守らず自然と景観を破壊する反自然派と呼ばれる者たちが降り世界財産審査会から問題視されていた。次回の審査までに改善されなければ登録抹消になりかねなかった。やむなく裁判所に訴え、明日 調停が開かれる。
『どぐざれもん』は赤松麻里奈がリーダーだった。自然を守る派にとっては、一番の目障りは、麻里奈の経営するスナック『ROPPONNGI NAITO』が思いっきり景観を壊していた。黛達が連れられて、乗り込むと、麻里奈が東京から日本一の弁護士が来るまでと言われ皆虫唾が走った。案の定古美門だった。「世界財産なんてどぐざれもんだざね」とのたまった。

続きを読む "《リーガル”ハイ”》☆2-08" »

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近の写真