無料ブログはココログ

« 《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★04 | トップページ | 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#05 »

2013/11/07

《リーガル”ハイ”》☆2-05

『権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判!!』(あらすじYAHOO!TV)

今回、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)が扱うのは、著作権侵害問題。16年前、零細文具メーカーの「あじさい文具」は、倒産の危機にひんしていた。しかし当時、30歳の田向学(野村将希)が、何気なく落書きで書いた犬のキャラクター「おやじいぬ」が空前の大ヒットとなり、現在では社名も「AJISAIカンパニー」に変え、巨大なビルにオフィスを構えるほどに急成長を遂げた。  一方、古美門法律事務所には珍客が現れる。男は、長年勤めた会社を定年退職したが、現役のころ職場環境の改善に取り組んできたため、人権を無視した職場を看過できないと古美門に訴える。てっきり、ブラック企業を訴えたいという依頼かと思った古美門は、帰ってきた黛をいつものように罵倒する。しかし、その男は黛の父親の素夫(國村隼)だった…。  会社が大きくなった現在でも、「おやじいぬ」の生みの親で、会社を復興させた功労者の田向は、社内の部署をたらい回しにされるなど、冷遇されていた。田向自身も、その温厚な性格から、会社からの処遇に反発したり、「おやじいぬ」開発の対価を求めるなどせず、淡々と職務を全うしていた。  しかし、そんな田向に金になりそうと目をつけた古美門は、黛には内緒で加賀蘭丸(田口淳之介)を田向に接触させる。蘭丸は、あらゆる手法で田向をたきつけ、会社を訴える決意をさせる。案の定、会社側の弁護士は、羽生晴樹(岡田将生)だった…。

cast
古美門研介: 堺雅人  黛真知子: 新垣結衣 
羽生晴樹: 岡田将生  安藤貴和: 小雪  
加賀蘭丸: 田口淳之介  本田ジェーン: 黒木華 
磯貝邦光: 古舘寛治   服部: 里見浩太朗  

それは16年前。小さい文具メーカーが資金繰りに困って、社長が皆に頭を下げると、社員に頭を下げると、『会社は家族』の社訓を出された。あじさい文具の社歌でかえって元気づけられた。
 
そんな輪に加わらない田向は、伝票に、イラストを描いていた。
 
それが『おやじいぬ』の始まりだった。黛も子供の頃、父親にせがんで買ってもらった。今や、あじさい文具は、世界に羽ばたき大会社になった。一方田向は、各職場をたらい回しにされて、冷遇されていた。いつもその場の雰囲気に馴染めず1人孤立しているようなおとなしい性格だった。そこに「焚きつけ役」の蘭丸登場。やじ犬の産みの親だから、億万長者化と聞いた。何も言えずに今の処遇に耐えている田向を訴訟まで持っていく役目だった。8年前にそれ相応の対価を払うと言った。
 
そして…訴訟になった。
 
古美門は、拘置所の貴和に、『幼稚園児』は?と聞かれ『提灯パンツ』だのと言って応戦していたが、すぐに貴和から上空8000mでしたことある?気圧が低いからかな、すっごいわよ。」と誘われ声が裏返っていた。さらに、「でも、あの子大事に使った方がいいわよ」「がに股の事か」「男は結局 いざとなったら意気地がないから。口では偉そうなこと言っててもぬるま湯大好きなのよ。とんでもないこと成し遂げるのはああいう女よ。あなたにも分かってるはず」「とんでもない迷惑はかけられっぱなしだがね」プライベートジェット購入の夢はまだ捨てない古美門だった。
 
帰宅すると、男が横切った。服部がご相談と言ったので客だと分かった。
 
その男は、長年皿理リーマン生活で労働者と経営人の間に立ち劣悪な条件で、働かされてされていく労働者を見過ごす事は出来ないと語った。ブラック記号かどうか見極めたいとも言った。そこへ黛が戻った。すると古美門は「キッチリやって来たんだろうなポンコツ!」「やりましたよ。でもやっぱり25億なんて要求しすぎです!」「それ以下では私の取り分でジェット機が購入できない」「そんなものばっか勝ってどうするんですか。高所恐怖症のくせに」「どうせ中流階級と言う名の貧乏人の家庭で育ったアッパラパーにはに高尚な趣味など理解できないよ。」「悪うございましたね!」「お帰り真知子」男が言った。「ただいまお父さん」ここでやっとソファに掛ける男が黛の父だと分かる。黛が毎晩とても遅く帰宅し、時々意味不明の言葉を吐き、今の職場が、適正なのか?ブラックなのかを確かめに来た様だ。
 
「お父さん、この際はっきり申し上げます。娘さんの帰りが遅いのは、要領が悪く仕事が遅いからであり、私が『ぽんこつ』だの『おっぺけぺー』だのと言うのは娘さんが『ぽんこつ』で『おっぺけぺー』だからです。この職場が気に入らないならどうぞ娘さんを連れ帰り自宅に閉じ込め行く当てのない花嫁修業をばあさんになるまでやらせていればよろしい」「真知子、この人はいつもこんな感じか?」「いつもこんなことではありません。」いい年こいた娘を送迎している朝ドラ貧乏家庭のばか親には理解できないでしょうね」「お父さんいなんてこと言うんですか!」
 
「このバカ親にしてこのバカ娘アリと言ったんだよ、このバカ親子!」「誰が バカ親子ですか!」「お!」服部が黛が繰り出した拳を古美門に当たる寸前に掴んだ。黛はここはブラックだ、間違いなくブラックだと叫んだ。

 

羽生は、AJISAIカンパニーの弁護にあたった。なんでいつもとぼやく古美門にそうだそうだと思うのは私だけでしょうか?
 
監視する目的で来た黛の父が、相手をしてくれた人たらしの羽生にすっかり参った。職場も清々しいと気に入った。
 
1億と渋る社長に堂々と対抗する古美門、だが、すぐに黛父が邪魔に入る。

会社というのはチームワークだ。誰か1人が問うことではなくチームワーク。それが日本式経営の良さだ。で、古美門は和解を蹴って裁判所でと消えた。
 
服部が夕飯で元父を誘ったから、また古美門ともめた。

 

おやじいぬ裁判
 
田向の無能ぶりを叩きだした。
 
古美門の逆襲。田向さんはミスを沢山したから成功しても報酬を受け取る権利はない。玉入れの紅白玉でも作らせておけばいい。そういうことですか?田向さんが会社に与えた多大な損害とはいくらですか?なんや缶やで1000万ぐらいにはなるかとと答えた。ではその1000万を差し引いた24億9000万ならお支払いただけるのですか?すぐに傍聴席にいた黛父がそういう言い方はどうかなと言い出した。
 
さらに8年前の忘年会のビデオ。これが会社の行事でないと念を押した。
 
社長のこの発言が公式なものではない以上事項は中断されない。そういわれたが、古美門は逆襲。社長の言葉は重く、毎年忘年会で言われたことを皆が必死に実現していた。社長の言葉はオフィシャルなものだ。

 

社宅の田向のドアに金の亡者とか、色々張り紙があり、立ち尽くす奥さん。そこに羽生が来た。田向は、ほかのことでないがしろにされているのではと、たきつけて、柄にもなくファミレスで誕生会を始めた。まだ来ない、いえ前の誕生日の…。AJISAIカンパニーは、焦っていると、古美門は、家族を一つにした。


 
黛父は、大嫌いな古美門事務所から真知子を救うべく羽生とデートさせようともくろんだが、食事券を返された。
 
AJISAIカンパニーは、おやじいぬの人気急落で窮地に陥ったと泣きつき作戦で言った。だが、それを全面に出しては、戦えなかった。
 
パートタイマーが、16年前に描いた油絵と称して、法廷に持ち出された絵は、おおやじいぬにそっくりだった。だが、古美門は、そこに書かれていた電柱を14年前に立ったと区役所の記録で看破した。

 

最終尋問。途中で黛父が来た。古美門は、黛に授業参観パパにとどめを刺すのを見届けさせろと言った。
 
「終身雇用、年功序列、愛社精神、会社家族。それらすべて過去の幻想です。
 
田向さんはあなたより先に気付いたんです。時代は変わったんだと。これから
 
TPPをはじめますます情け容赦ない時代になります。義理と人情なんかでは
 
おやじいぬも会社も守れはしない。食い尽くされるのみなんです。分かち合う社会は、素晴らしいでしょう。しかし自分の権利を主張し、嫌われようと憎まれようと戦って勝ち取る。そういう人も讃えられるべきです。時代は決して後戻りしません。変われないものは滅びるのです。田向さん個人の正当な権利と功績にふさわしい報酬 25億円を断固として請求いたします。」さらに仁王立ちして「ただ、喜びも苦しみも分かち合いがむしゃらに働きこの国を発展させ加増を養ってきたすべての会社と働いてきた人々には心からありがとうを言いたいです。以上です」

 

AJISAIカンパニーは社長が辞任し潰れた。
 
羽生は、公園で1人寂しく座る向田に言った。サウジアラビアの諺にこういうのがあると、教えた。砂漠で道に迷ったら、足跡をたどって戻るしない。(諺?)

昔のアジア文具の跡地に行くと辞任した社長や、古参の社員がぞろぞろと戻って来た。田向は、資金なら少しあると言った。

これが羽生のやり方だと笑った。


 
真知子とデートしたら、少し酔っぱらったみたい、どこかで休んでと言われた通り羽生に言ったが、早く家まで送るよと言われてしまった。

もう来ないと言って、古美門を嫌いだと叫んでいた父親が、また来て魚のキャラを登録したと言い出した。
このバカ親子が!古美門は本気で怒った。

*****
今までの感想は、こちら

« 《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★04 | トップページ | 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#05 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/58534200

この記事へのトラックバック一覧です: 《リーガル”ハイ”》☆2-05:

» 「リーガルハイ 2」第5話★黛(ガッキー)の父・素夫(國村隼)登場! [世事熟視〜コソダチP]
「リーガルハイ 2」第5話 権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判 ドラマ冒頭。 倒産の危機にひんしている零細文具メーカーの『あじさい文具』で宮内社長が「みんなすまない。うちみたいな小さな文具メーカーが生き残っていける時代じゃないんだ。」と社員に頭を下げています。 ベテラン社員・水野が「なんでですか!? うちの消しゴムはどこのよりよく消えるし、三角定規は どこのより直角だ!」 『どこのより直角な三角定規』ってフレーズが可笑しいわぁ。 よそのメーカーでは「ギリギリ直角」... [続きを読む]

» リーガルハイ 第5話:権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判!! [あるがまま・・・]
酔っ払っちゃった。どこかで休みたい。(。-_-。)ポッ 父・素夫@國村隼にそそのかされた際には、そんなに乗り気ではなさそうだったのに 黛ったら・・・ だけど、勇気を振り絞った黛のこの言葉に対する羽生の反応! 家まで送るよってアホか(笑)どこまでも人たらしな好青年 だ...... [続きを読む]

» リーガルハイ #05 [ぐ~たらにっき]
『権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判!!』 [続きを読む]

» リーガルハイ 第5話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第5話 「権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判!!」 16年前、「あじさい文具」は倒産の危機に瀕していたが、社員・田向学(野村将希)が落書きで描いた犬を「おやじいぬ」というキャラクターにして、消しゴムとして売り出したところ大ブームとなり、現在では「...... [続きを読む]

» そういうことをやってもいい年頃のエーデルワイスの花言葉は純潔(新垣結衣) [キッドのブログinココログ]
「エーデルワイス」と言えば映画「サウンド・オブ・ミュージック」(1965年)の一曲である。 時は第二次世界大戦の前夜、ドイツによるオーストリア併合を哀しむ一人の男が祖国オーストリアの象徴として高貴な白い花「エーデルワイス」の可憐さを歌いあげるわけです。 父から子供たちに向けて歌うことで・・・親子の絆... [続きを読む]

» 「リーガルハイ 2」 第5話 権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判!! [トリ猫家族]
 田向さんが欲しかったのは、自分の力を発揮し仲間と共に働いていると実感できる場所。 「これが僕らの勝ち方だ」って羽生は言っていたけど、田向さんや宮内達が、この境地に到 ... [続きを読む]

» リーガルハイ(2)第5話 [レベル999のgoo部屋]
『権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判!!』 内容 16年前、倒産の危機に瀕していた“あじさい文具” だが田向学(野村将希)が何気なく書いた犬のイラスト“おやじいぬ”が、 世界的に大ヒットし、、、いまでは大きなビルを構えるまでになった。 しかし田向自身...... [続きを読む]

» 【リーガルハイ】(2期) 第5話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
分かち合う社会は素晴らしいでしょう。 しかし、自分の権利を主張し、嫌われようと憎まれようと戦って勝ち取る。 そういう人も讃えられるべきです。 時代は決して後戻りしません。 変われないものは滅びるのです。 ただ、喜びも苦しみも分かち合い、がむしゃらに働き、この国を発展させ家族を 養ってきた全ての会社と働いてきた人々には心からありがとうと言いたいです。 リーガル...... [続きを読む]

» 「リーガルハイ」第5話 [日々“是”精進! ver.F]
25億円… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311070004/ 【送料無料】リーガル“ハイ”・公式BOOK価格:1,470円(税込、送料込) [続きを読む]

» 『リーガル・ハイ 第2シリーズ』第五話 [時間の無駄と言わないで]
新シリーズでもやっと出て来た水戸黄門俳優。 久々に見たなぁ野村将希。 全然変わってなかったけど、特命係長みたいになってて驚いた。 変化が見た目だけなのはちょっと残念だっ ... [続きを読む]

» リーガルハイ 第5話 [ドラマハンティングP2G]
vol.5「権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判!!」2013年11月6日 今回、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)が扱うのは、著作権侵害問題。16年前、零細文具メーカーの『あじさい文具』は、倒産の危機にひんしていた。しかし当時、30歳の田向学(野村将希…... [続きを読む]

» リーガルハイ(2013) 5話 [昼寝の時間]
公式サイト 今回、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)が扱うのは、著作権侵 [続きを読む]

» 「リーガルハイ 第2期」第5話 [またり、すばるくん。]
第5話「権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判!!」                        視聴率18.3%                        [続きを読む]

« 《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★04 | トップページ | 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#05 »

最近の写真