無料ブログはココログ

« 《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★06 | トップページ | 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#07 »

2013/11/23

《リーガル”ハイ”》☆2-07

『天才か暴君か!?世界的アニメ監督パワハラ裁判!!』

NEXUS LAW FIRM に移動した黛。メンバーたちに歓迎された。
 
羽生から古美門が助手を募集しまくっていると聞いて、黛の存在を今更思い知ったかと言っては見たが、とっても気になり、そっと中庭から覗くと、蘭丸に見つかった。
 
困っているのは、バストが大きい女たちの中から合格者を絞ることだった。心配して損したと黛は憤慨して帰った。蘭丸は、黛が担当する裁判を調べてこいと言われて、報告。≪しかし、古美門は、力を貸すどころか「朝ドラポンコツヒロインとゆとりの国のヘタレ王子 まとめて抹殺してくれるわ!」



cast
古美門研介: 堺雅人  黛真知子: 新垣結衣 
羽生晴樹: 岡田将生  安藤貴和: 小雪  
加賀蘭丸: 田口淳之介  本田ジェーン: 黒木華 
磯貝邦光: 古舘寛治   服部: 里見浩太朗

アニメ裁判第1回口頭弁論期日
 
スタジオ小春日和の内情は、とても小春日和ではなく、タコ部屋的だった。劣悪な労働時間、最低賃金すれすれの給与。世界的アニメ監督宇都宮仁平氏のスタッフに対する非人道的な仕打ち。極限までスタッフを追い詰めて、褒めることをせず、けなす言葉ばかりで、作画担当の保住さんは、狂ったように外に飛び出し、そのまま行方不明。2か月後、青函トンネルを徒歩で渡っているところを保護された。今も自宅療養中で働けずにいます。穂積さんの治療費と慰謝料請求並びに宇都宮監督からの謝罪を要求する。以上黛。

古美門の反論。
 
同社のろうどうは労働基準法と照らし、何ら違法とは考えられないし宇都宮監督も世界のトップを走り続ける職業人として当然のものです。甘やかされて育ったボンクラどもの仕事もできないくせに権利だの補償だの抜かし始めてからこの国はおかしくなったんだ!
 
アニメ産業を始め、世界の最高峰で戦う我が国のあらゆる分野のプロフェッショナルたちのためにもこの請求は断固拒否します。
 
古美門は胸を張りすぎてひっくり返りそうに歩いて席まで戻った。


 
ハダカ裁判原告本人尋問
 
その日の朝も大石佳苗さんは礼拝の為日曜教会へ向かっていました。ちょうど自宅で、カーテンもせずこれ見よがしのハダカの男を見てショックで男性恐怖症になり、仕事も休職した。結婚相談所からの紹介の男性とも会えなくなり、退会。損害賠償と精神的苦痛に対する慰謝料の請求は政党なものと考えます。黛。

デスクに足をあげ、すっかりくつろぐ古美門の反対弁論。
 
誰もが人目を気にすることなく自分らしくいられる場所それが自分の家です。独身の郷田さんは家では基本的に全裸です。なにが悪いんでしょう?確かにカーテンを閉め忘れていました。しかし、日曜の早朝です。人が通ると思わなかったんです。佳苗さん 郷田さんがウインクしたとおっしゃってますが、あれは本当にウインクでしょうか?
 
「あれはウインクです、いやらしくウインクしながら私の方へ向かってきたのです」「カーテンを閉めようとしただけですよ。佳苗さん 失礼ですが男性経験はおありですか?」「なんてことを!」「異議あり!本件とは無関係です」「原告は男性に対し過剰な自意識とゆがんだ倫理観をお持ちだ。佳苗さんは税人男性の一物を生で見たのは初めてですか?」さらにエスカレートした。男の●●●と法廷に言葉が飛び交った。古美門は髪が作った男の…がなぜおぞましいんですかと容赦なかった。戦いに、佳苗は気分が悪くなった。
 
休廷を言い、消えると古美門は、「なんで…と言ったくらいで気分が悪くなるんだ。いい年して男に免疫のないかまととのせいで、露出狂変態扱いされ迷惑しているのは被告の方なんです!請求は断固 拒否します!」

 

インコ裁判 原告本人尋問
 
お客の少ないラーメン店主がテレビを見ていると、昔逃げたオカメインコのピースケが写っていた。返還を申し入れたが聞き入れられず、やむなく法的手段に。
 
返還を申し入れても被告は拒否するばかり。客寄せが居なくなると、渡辺さんの愛鳥を金儲けに利用しているんです!窃盗と言っても過言ではない。動産引き渡し請求権に基づき断固ピースケの返還を請求します。

アニメ裁判証人尋問
 
監督はスタッフの中で気入らないやつを見つけると怒りや不満をその1人に徹敵的にぶつける。先輩も皆辞めて行った。いつ自分の番になるかと…。
 
古美門はこの絵は?猫ですかと聞き、狸ですと答えられて「才能内からやめちまえ!監督だけじゃなくて誰もがそう思ってます。監督は口の出して言ってくれてるんです。あんな人だと思わなかったですって?少女がお花畑を走り回るアニメを作ってる人はお花畑を走り回るような人だと思っていたんですか?そんなわけないでしょう。鬼の形相で机にかじりつき血反吐を吐いて命を削り作品を生み出している人だ。スポンサーでもある親のコネで入社させてもらえたことも感謝せず、分際もわきまえずに天才の足を引っ張るならさっさと辞めて趣味で未知の生物の絵でも描いているがいい。…撃沈。


 
ハダカ裁判証人尋問
 
郷田の脱ぎたがりは社にでも有名だった。古美門が追及すると少なくとも1回は…

 

インコ裁判被告本人尋問
 
他人の所有物を善意で飼育開始したのであれば1か月で所有権を有する。被告はそんな認識はあった。原告はしゃべるインコは客寄せになると保護wしたと言っているが5年間、毎日家族が教えた。と黛。さて古美門は、最初からしゃべったと主張。
 
蘭丸にラーメン店主の口癖をインコにおぼえこませた。そして…
 
インコ裁判判決言渡期日
 
1 被告は原告に対しオカメインコ1羽を引き渡せ。
 
2 訴訟費用は被告の負担とする。
 
完敗でした。古美門の流儀は分かっていのにね。NEXUSのメンバーはそれでもラブ&ピースなんてゆったり構えていた。次は負けないともう真剣な黛。


 
ハダカ裁判 証人尋問
 
ご近所のリビングから郷田のh高が丸見えなのでカーテンを閉めろと注意しに行った。時々わざと開いているようだ。時間が決まっていた。日曜の朝7時から7時10分くらい。
 
郷田は浅野空気を入れ替えるためと答えた。
 
原告本人尋問
 
前回途中休廷したのでと佳苗を引っ張りだした。あたりさわりのない、趣味の話から突入。映画鑑賞と答えた。その内容を披露する古美門。蘭丸が動くとろくなことがない。「ラストタンゴ・インパリ」「氷の微笑」「ベニスに死す」などなど…。そして古美門は、12本の映画の中に男性の上半身もしくは全裸が写っているのが11本、さらに濃密なラブシーンが…
 
何故郷田の家の前の路地を通るのかと追及。大通りからまっすぐ来た方が早く教会につくと聞いた。神父の話に5分遅刻してまでこの路地を通るのは、5分速く家を出るとカーテンが開いていないから。見せたのか覗いたのか、どちらが変態か徹底的に論争しようと言い出した。……結果黛の負け。

 

貴和の拘置所へ古美門と2人で面会。依頼人の深層心理に沿わないから負けたとがみがみ言われているところに貴和が到着。
 
『横わけ小僧』は帰れと追い払われた。
 
首にしていいと珍しく弱気の黛。貴和は、古美門がこのまま最高裁で勝つ自信がないと意外な事を言った。勝つためには誰かに目覚めてもらう必要がある。なのに眠ったままで一向に起きてこない。だから全力でたたき起こしてやる。私にはそう見えるな。倒しちゃいなさい、彼もそれを望んでる。私もね。

 

羽生が勝たなければならない時もあると言い黛に『奥の手』は封じておいたと、蘭丸を封印したことを知らせた。
 
アニメ裁判原告本人尋問。
 
古美門は、保住に天才に常識はいらない、奴隷が居てピラミッドは築ける。耐えられなかったのなら黙って去れ。非常識で自己中心的でしかし人類の宝のような作品を生み出す。それが宇都宮仁平です。ただちに訴えを取り下げろと迫った。
 
アニメ裁判被告本院尋問。
 
宇都宮監督。会社では、全員雇用で、正社員には、できなかった。奇跡的に出す作品が世界的にヒットを続けて会社はそれで持っていた。だが毎年監督の後継者が不足していた。円櫃を削り絵を描いてまた鉛筆を削る。小さくなる鉛筆を見るたび命が削られていくようだと応える監督に、あなたこそがアニメの奴隷と奉り、その人に慰謝料を請求できるかと言われた。
 
黛が反対尋問をしようとすると穂積がすっかり弱腰だった。だが黛は立った。監督の危機的状況を知っていると言った。慢性腰痛、腱鞘炎、白内障、視野狭窄、ボロボロの体に鞭打って、走り続けた。残された時間が少ないことも分かってらっしゃる。穂積さんを怒りのはけ口のいけにえにしたと言うのは、ほんとは違いますね?過去にあなたに目をつけられ辞めて行った、細川道彦さんはトラノコスタジオに移籍しテレビアニメ『暴走警察白バイザー』を見事ヒットさせ快進撃を見せています。梅田昭雄さんは制作会社を設立し『魔法幼稚園プイプイ』でカンボジア映画祭金ヤギ賞を受賞しました。あなたは誰でもいいから目をつけていたわけではない。他のアニメーターと違う光才能の持ち主にこそ目をつけあえて試練を与えていたのですよね。穂積さん事も細川さん、梅田さん続く逸材だと信じたからこそほかの誰より厳しく鍛えた。でも人はそんなに強くありませんよ。あなたは結果的にスタジオをしょって立つかもしれなかった才能を自らつぶしてしまったんです。あなたはやり方を間違えたんです。なぜ一言『君には才能がある期待している』そう言ってあげなかったんですか¿言葉にしなければ伝わりませんよ。監督 穂積さんに謝罪するべきではありませんか。そして本当の気持ちを伝えるべきではありませんか」
 
「あなたが謝罪するべきではない」(古)
 
「被告代理人は黙っていて下さい」(羽)
 
「穂積君 私の本当の心を伝える。私は君に才能があると思ったことは一度もない。」「え?」「え?」
 
「ちょっとまって下さい、本心…」
 
「本心だ。細川にしても梅田にしてもそうだ。私の目から見たら、才能のあるやつなんて一人もいない。ドイツもこいつもバカばっかりだ。そもそも才能なんてものはな、自分で掘り起こしてつくりあげるものんなだよ。俺だって天才なんかじゃない。誰よりも必死に働き階段を一つ一つ踏みしめてきただけだ。振り向いたら、誰もついてきてない怠けた連中が麓でこうつぶやく『あいつは天才だから』冗談じゃない!ゆとりで育ったのんびり屋どもがホントに嫌いだ!俺より時間も体力も感性もあるやつがなんで俺より怠けるんだ!だったらくれよ。無駄遣いするんだったら俺にくれ。もっともっと作りたいモノがあるんだ。俺にくれ!いや穂積俺に謝ってほしいなら謝る、金が欲しいならくれてやるよ。」「いいですよ」「欲しいんだろ?」「いらねえよ」バント机をたたいて立ち上がった。
 
ゆとり教育をしたのはあんたたちだ、そう言って、ゆとりをなめんな、もっと高いピラミッドを作って監督を見返してやると言いながら震えていたはずの手で監督の似顔絵を描き、それまで死ぬなと言い放った。
 
ま、これで取り下げで、3連敗…
 
しかし古美門は、故地所に来なかった。負けたので小さくなっていた黛に貴和が引き続き弁護人を頼んだ、古美門は恥ずかしいのか面接と称して美女たちと戯れ、拘置所に来なかった。

 

後日談では、ピースケは、チクショーメとは言うがせんでっはしゃべらず、さらに客足が遠のき、引き取ってくれと元の持ち主に掛け合い。佳苗は6時55分に路地を通るとカーテンが開き、郷田がウインクして中へ来いと誘った。部屋に入った佳苗。

黛は、羽生と帰り道、古美門の事ばかり話していた。
 
古美門は服部のあえて相手の懐に、このまま取り込まれるか?それならそんな器かと思うことにしたようです。
古美門は、黛のことを少し考えていたようですが、全員不採用と言いながら、最後に服部にバストの一番大きな子をキープ!と叫んでいた。ったく…

*****
今までの感想は、こちら

« 《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★06 | トップページ | 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#07 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/58627347

この記事へのトラックバック一覧です: 《リーガル”ハイ”》☆2-07:

» リーガルハイ #07 [ぐ~たらにっき]
『天才か暴君か!?世界的アニメ監督パワハラ裁判!!』 [続きを読む]

» リーガルハイ(2期) #07 感想 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
ゆとりなめんな! 古美門VS黛! アニメ裁判、裸裁判、インコ裁判 と盛りだくさんでした(´∀`) [続きを読む]

» 私には見えるの(新垣結衣)最後はツイスター・ゲームだ(堺雅人)オードリー!(内田未来) [キッドのブログinココログ]
怒涛の展開である。 古美門と黛と安藤貴和のトライアングル。 古美門と黛と羽生のトライアングル。 古美門と服部と蘭丸のトライアングル。 そして、三つの裁判の同時進行。 それぞれの思惑が交錯して・・・なにがなにやらの一部お茶の間の空気は濃厚である。 おそろしい・・・「あまちゃん」は理解できず「ごちそうさ... [続きを読む]

» リーガルハイ(2)第7話 [レベル999のgoo部屋]
『天才か暴君か!?世界的アニメ監督パワハラ裁判!!』 内容 ついに古美門(堺雅人)からクビを言い渡され 羽生(岡田将生)のネクサスで働きはじめた黛(新垣結衣) その羽生から、古美門が助手がいなくて困っているらしいと聞く。 ふと、古美門事務所に行くと、古美...... [続きを読む]

» ミス・パイロット六話&リーガルハイ二期七話感想 [NelsonTouchBlog]
■ミス・パイロット六話 アメリカ編になっても、菜々緒、桜庭ななみ、寮母さんの藤澤恵麻が、アメリカまで来て出てくるという(笑)でも今回はパイロット訓練シーンもノっていて見どころ満載だった。 意味があるのかギャグなのか、桜庭ななみがまき散らす、勘違いの恋愛パートシーンはなんなの(笑)「よかった~これで安心して日本に帰れる~」三菱地所巡りに忙しいからな。。 しかし、ラストまさかの脱落者!相武紗季・・。バードストライクシーンはなかなか迫力あったけど、こういうラストにつながるとは思わなかった...... [続きを読む]

» 「リーガルハイ 2」 第7話 天才か暴君か!?世界的アニメ監督パワハラ裁判!! [トリ猫家族]
「より大きく飛躍させるために、あえて敵の懐に送り込まれたんでしょうが 果たして吉と出るのか凶と出るのか。 案外、このまま取り込まれてしまうのかもしれませんな」服部さん ... [続きを読む]

» 【リーガルハイ】(2期) 第7話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
そもそも才能なんてものはな、自分で掘り起こしてつくり上げるものなんだよ。 俺だって天才なんかじゃない。 誰よりも必死に働き階段を一つ一つ踏み締めてきただけだ! 振り向いたら誰もついてきてない。 怠けた連中が 麓で こうつぶやく。 「あいつは天才だから」 冗談じゃない! ゆとりで育ったのんびり屋どもがホントに嫌いだ。 俺より時間も体力も感性もあるやつが、何で俺より怠...... [続きを読む]

» リーガルハイ 第7話:天才か暴君か!?世界的アニメ監督パワハラ裁判!! [あるがまま・・・]
花巻さん!?( ‘ jjj ’ )/ じぇ!じぇ!じぇ! 今回は3つの案件が登場! 中でもスタジオ小春日和の話がメインではあったんだろうけど 私的にはあまちゃんでのフレディ花巻こと伊勢志摩さんの登場にわくわく 月曜にスマスマのビストロに海女軍団出てた際に、慎吾ちゃんが花巻...... [続きを読む]

» 『リーガル・ハイ 第2シリーズ』第七話 [時間の無駄と言わないで]
個人的には今シリーズで一番イイ。 全裸裁判の展開とか適度に論理的で、適度に無茶な理屈でとてもイイ感じ。 アニメ裁判も良かった。 最初からこういう風にしてくれれば良かった ... [続きを読む]

» 「リーガルハイ2」第7話 感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
 新しい助手を選ぶのに水着審査をする古美門。 [続きを読む]

» リーガルハイ(2013) 7話 [昼寝の時間]
公式サイト ついに古美門研介(堺雅人)と袂を分かった黛真知子(新垣結衣)は、かね [続きを読む]

» リーガルハイ 第7話 [ドラマハンティングP2G]
vol.7「天才か暴君か!?世界的アニメ監督パワハラ裁判!!」2013年11月20日 ついに古美門研介(堺雅人)と袂を分かった黛真知子(新垣結衣)は、かねてより誘われていた羽生晴樹(岡田将生)の事務所『NEXUS』に入る。黛は本田ジェーン(黒木華)や磯貝邦光(古舘寛治)…... [続きを読む]

« 《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★06 | トップページ | 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#07 »

最近の写真