無料ブログはココログ

« 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#05 | トップページ | 《リーガル”ハイ”》☆2-06 »

2013/11/12

《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★05

『今夜衝撃の第5話!愛を知ったロイドが涙を流す…。怒涛の展開への序章』(あらすじYAHOO!TV)
親友だった暗殺者・ナビエ(藤本隆宏)との攻防を終えたロイド(木村拓哉)麻陽(柴咲コウ)は、互いに消してはならない大切な記憶を抱えていることに共感し合う。そしてそんな二人の心の変化は奇妙な共同生活にも徐々に変化をもたらし、麻陽は親しみを込めてロイドと呼び始める。

そんな中、いつも通り会社に出社した麻陽は既に出勤していた部下の星(桐谷健太)から重傷を負って搬送されていた左京子(山口紗弥加)の父で刑事の葦母(遠藤憲一)が一命を取り留めたとの報告を受ける。だが、その報告と同時に麻陽は星から黎士の事故後の行動に関する矛盾点を指摘され、星が麻陽と黎士(木村拓哉/二役)を装うロイドの秘密に迫っていることも匂わされる。麻陽は星の身を案じ、これ以上自分の身辺を嗅ぎ回らないよう強く忠告するが、星は自分と同じように麻陽の身辺を探る葦母と接触を図る。

一方、ロイドは黎士として大学の教壇に立ち講義を行うが、講義後、自分の体が徐々に異常をきたし始めていることを悟る。ロイドはサプライヤーのサプリ(本田翼)を呼び出し、修理を促すが、修復する為には初期化して記憶を全て消すしかないと言われ

cast
安堂ロイド・沫嶋黎士(2)*木村拓哉
安堂麻陽*柴咲コウ 沫嶋七瀬*大島優子

星新造*桐谷健太 サプリ*本田翼

 
小松左京子*山口紗弥加 江戸川斗夢*ジェシー(ジャニーズJr.)
栗山薫*山本美月 冨野好雪*日野陽仁

倉田朝晴*池田大 謎の美少女*桐谷美玲

角城元*平岡祐太 安堂景子*名取裕子(特別出演
)
葦母衣朔*遠藤憲一


麻陽が、会社に行くと、星が帰宅もせず、ずっと会社にいた。報告をいろいろして、沫嶋黎士の件になった。一度も医者にかかった履歴が無いと言い出した。頭を殴られてから一度も医者に見せていないのかと聞かれた。知り合いの医者に往診を頼んでいると苦し紛れにこたえても、星は追及を続けた。少し前にネットに飛び交っていた『殺人スケジュール表』を見せた。麻陽は、お願いだからこの権威これ以上かかわらないで、あなたに死んでほしくないと訴えた。星の後ろにはロイドが拳銃を構えていた。緊迫するシチュエイション…。


 
葦母が、入院していた警察病院で、とてつもない生命力でこの世に戻った。分かが運んできた段ボールに骨壺があった。中身は、鑑定屋の伍代だった。
 
大学で、焦るようにPCに向かう七瀬。過呼吸で、引き出し一杯の薬の中から数錠のみ、落ち着いた。指先が割れて血がにじんでいた。そこにロイドが現れた。付け狙うなら世界中にロイドの秘密をばらすと言うが、そのプログラムはもう破壊されていた。
 
黎士があんなにおっとりしていたのに、七瀬は、薄汚い感じです。どうも共感を覚えない人に見えます。すごく損してるなぁ。


 
ロイドが黎士として講義に出た。
 
次元物理学の授業を始める前にひとこと伝言を伝える。「未来は、すべて決定している。」フランスの天才物理学者ピエール・ラプラスは言った。彼の理屈はこうだ。「これから起きる全ての現象は今まで起きたことに起因する。とすると、この宇宙に存在するあらゆる原子の動きをすべて認識することが可能であれば、これから起きる事象は全て計算できる。すなわち 未来は全て決定している。しかし我々は今何が起きているのか世界の1%も認識することができない。理解することができない。無知なるが故に空虚な夢や希望を持ち無駄な努力をする。未来は全て決定しているのにもかかわらずだ。ではラプラスに反論してみよう。われわれの誰かが1941年12月1日の日本にタイムリープしてこれから戦争を起こすと日本は大変なことになると言うことを伝えることができるか」
 
七瀬が情報は質量ゼロなので伝えることは可能だと答えた。ロイドは「その通りだ、情報は質量ゼロ すなわち 人の思いは時空を超えるこの数式からも分かるように、光の速度は一定だ。だが光も空間も重力の影響を受け、曲がることが確認されている。」
 
チャイムが鳴ったが、黎士は講義を続けた。誰も教室から出て行こうとしなかった。
 
「この図におけるP1からP2までの光の進む道筋には理論上もう一つ最短の道が存在する。その道を進むことのできる素粒子が存在すれば、その素粒子を使って時空を超えてデータの交換が可能となる。もちろん2013年の現在情報を伝えるテクノロジーを人類は持ち合わせていない。だがそのテクノロジーはここにいる誰かが生み出すことになるだろう。ピエールシモン・ラプラスは偉大な物理学者でアリ哲学者であり、天才ではあったが、生命という存在を軽く見過ぎていた。全知全能など必要ない。人の思いは未来を変えることができる。過去の過ちさえ変えることができる。生命は正しい未来へ導く力のことだ。そして一つの生命によって世界が支配され続けないようすべての生命には終わりがあり、次の世代へバトンが渡されていく。そのことだけは忘れるな。伝言は以上だ。」

これだけ話してもロイドの消耗は激しく、まっすぐ立っていられないほどだった。
 
サプリを呼んだが、初期化しないと直せないと言われた。

 

星が葦母に会った。
 
伍代が、残した最後の鑑識結果とリポートを渡した。伍代のPCは、得体のしれないウイルスによって血液検査は、人間の血液と出た。だからこれは道の物体と伍代は結論つけた。伍代の遺骨に一緒に手を合わせた。
 
最初に殺人リストに会ったのは、沫嶋黎士だけだった。PCのセキュリティーを外した黎氏のPCは、世界中の科学者たちがアクセスした。結果、その人たちが、殺された。それがリストに載った。
 
ここで葦母によって、殺人者が2113年の警察で、麻陽を守っているのがロイドだと星に説明した。突然、葦母の腹心の部下冨野が拳銃を出して、2人を狙った。だが、葦母が、額を打ち抜いて冨野をやっつけたが、部屋から消えた。

 

麻陽が仕事をしていると、後ろから冨野が来た。もうすっかりアンドロイドです。
 
一方ロイドは、戦闘特化プログラムが記憶に邪魔されて治らない。倒れたままのロイドにサプリが現れた。そして感情のプログラムをインストールされた。結果ロイドは冨野に襲われていた麻陽を助けたが、冨野から出た、本体がサプリにとりついた、それが光る蛇のようにサプリを苦しめた。だが大好きなロイドを助けようとサプリは、悪の本体を閉じ込めたまま、原子還元処理の許可を申請した。ロイドにとっても苦渋の決断だった。


 
充電中のロイドに、起きてると聞く麻陽。
 
安堂麻陽にとって、沫嶋黎士は何だった?聞かれて答えられなかった。
 
麻陽はサプリがインストールした感情のプログラムにそれと似たことがあったんじゃない?と聞いたサプリにとって、あなたが何だったか。
 
「私にとって、黎士は運命の人。多分生まれる前からずっとずっと一緒に居たんじゃないかな。一生忘れられない。かけがえのない存在。サプリにとってはあなたがそう言う存在だったのよ。」「俺たちに前世はない。運命もない。データを移植したかどうかただそれだけだ」「でもさ、そのデータって呼んでるものが思いとか思い出になってるんじゃないの?うちの母さんね、モノを捨てない人なの。モノにも命がある 心がある大事に使ってればいつまでも長持ちするって。母さんね、毎年雛人形飾るの。私が小さい頃からず~っと同じのを飾ってるのよ。麻陽のちっちゃいころからの思い出がぎゅーって詰まってるって大切に取ってあるの。そのひな人形見るたんびにね私が過ごしてきた時間とか母さんの思いとか感じられるんだ。別にロイドが人形と一緒だって言ってるわけじゃないのよ。私黎士が居なくなって、どうしようもう生きていけないって思ってたけど、あなたが現れてあなたの思いを感じて救われてる。私にはあのサプリって子のきもち分かる気がする。」「俺たちのことをそんな風に思ってくれた人間は君が初めてだ。今の言葉サプリにも聞かせてやりたかった。」「大丈夫 ロイドの思い届いてるよ。」

 


 
少し、いろんなことが明かされてきました。
 
冒頭のロイドと麻陽の将棋を指す場面なんか、ほのぼのしていました。
 
七瀬に囁くあの女は、何でしょう?

*****
今までの感想は、こちら



« 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#05 | トップページ | 《リーガル”ハイ”》☆2-06 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/58564419

この記事へのトラックバック一覧です: 《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★05:

» 彼女を生きたまま原子還元処理することをアンドロイドはリクエストした(木村拓哉) [キッドのブログinココログ]
アンドロイドという言葉から小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?/フィリップ・K・ディック」(1968年)を連想する人はそれほど多くはないが少なくもないだろう。 そもそもアンドロイドは・・・「人間そっくりのロボット」というニュアンスを持っている。 ただし、そのニュアンスを感じる人は少なくないがそれ... [続きを読む]

» 安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~ #05 [ぐ~たらにっき]
『愛を知ったロイドが涙を流す…怒涛の展開への序章』 [続きを読む]

» 『安堂ロイド』 第5話 [美容師は見た…]
今日は泣けない気分かも~って見てたら、やっぱりサプリに泣かされた~(/_;)前回のナビエとの友情と言い、ロイドとは長いつき合いのサプリ。それ以上の恋心を見せていたサプリが健気で可愛らしくて、本田翼ちゃんがピッタリで楽しませて貰いました。やっぱり違和感の妹役に早... [続きを読む]

» 安堂ロイド〜A.I.knowsLOVE?〜 第5話 [レベル999のgoo部屋]
『今夜衝撃の第5話!愛を知ったロイドが涙を流す…。怒濤の展開への序章』 内容 いつものように出社した麻陽(柴咲コウ) 会社には、星(桐谷健太)の姿があった。帰宅しなかったよう。 星は、いくつかの報告を麻陽にするが、 黎士(木村拓哉)について1つの疑問をぶつ...... [続きを読む]

» 安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜 第5話 [ドラマハンティングP2G]
あらすじ 2013.11.10 onair 第5話「今夜衝撃の第5話!愛を知ったロイドが涙を流す…。怒涛の展開への序章」 親友だった暗殺者・ナビエ(藤本隆宏)との攻防を終えたロイド(木村拓哉)と麻陽(柴咲コウ)は、互いに消してはならない大切な記憶を抱えていることに共感し…... [続きを読む]

» 「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」愛は100年後から?4,5瀕死の重症のロイドにサプリは自らと引き換えに感情をインストールしてロイドに感情が備わった [オールマイティにコメンテート]
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第5話は親友の暗殺者との攻防からロイドと麻陽との間にそれぞれ消せない大切な記憶がある事知り、麻陽がロイドと呼び始める。そして麻陽は未来か ... [続きを読む]

« 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#05 | トップページ | 《リーガル”ハイ”》☆2-06 »

最近の写真