無料ブログはココログ

« 《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★02 | トップページ | 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#03 »

2013/10/24

《リーガル”ハイ”》☆2-03

『顔か?心か?どちらを選ぶ?前代未聞の整形裁判』(あらすじYAHOO!TV)
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、安藤貴和(小雪)に上告させて弁護人になりたいのだが、上手くいかない。弁護人になるための条件として、古美門は貴和から毎朝5キロ走るよう言われるが体力が持たない。黛に至っては、貴和からブスとののしられ、化粧の仕方ぐらい覚えろと命令されてしまう。  弁護依頼が少なくなった古美門法律事務所は火の車。服部(里見浩太朗)は羽生晴樹(岡田将生)の事務所に行ってみたらと言いだす。古美門にその気はないが、服部から事務所運営のアドバイスと言われて…。  羽生の事務所『NEXUS』は古美門も茫然とするほど相談者であふれていた。そんな時、羽生の紹介パネルに目を留めた古美門は“悪徳弁護士Kに見事な勝利?"なる文を発見。怒った古美門は羽生に宣戦布告して帰ってしまう。  黛は仕事に結びつくかもしれないと高校の同窓会に出席。思惑通り同じクラスだった熊井健悟(塚地武雅)が相談を持ちかけてきた。熊井は妻、ほのか(美波)との離婚訴訟の代理人を古美門に依頼。ほのかが離婚に応じないのだ。しかし、熊井の離婚理由を聞いた黛は唖然。美人だと思って結婚したほのかが整形美人だったと言うのだ。黛は受けられないと告げるが、古美門は高額の弁護費用に熊井が応じたため了承。 

 そんな時、熊井の携帯に着信。ほのかの代理人からと言う熊井から電話を代わった黛は驚く。その相手は羽生だった。

cast 

古美門研介: 堺雅人  黛真知子: 新垣結衣 
羽生晴樹: 岡田将生  安藤貴和: 小雪  
 
加賀蘭丸: 田口淳之介  本田ジェーン: 黒木華 
磯貝邦光: 古舘寛治  三木長一郎: 生瀬勝久 
 
沢地君江: 小池栄子  井手孝雄: 矢野聖人  
 
服部: 里見浩太朗  

 

 

貴和から毎日5㎞走る条件を出されたが、お坊ちゃま古美門に、できるはずもなく。途中でダウンした。体を絞って、セクシーな男に弁護してもらいたいと再度言われてもちっとも乗らない。自堕落な生活で中世脂肪をため込んだ男には燃えない、そうまで言われても口八丁古美門は、私はセクシーだと言い張る。なんだか、パート2になってから、小雪との会話は下ネタが多いです。

服部は渋い顔。なぜなら貴和の裁判に負けて以来客足が遠のいた。経営が成り立たない赤字だった。一度も乗っていないヘリコプターを売るしかないと言われて、古美門は、高所恐怖症を克服したらすぐに乗ると言い張った。
 
黛も、貴和にブスと罵られ、化粧くらい覚えろと言われた。自分ですれば、『アンパンマン』!

法のテラスにでも言って探そうかと言う黛に、みっともないと言う古美門。服部がきっと新しい事務所を開いた羽生の所も苦戦しているに違いないから何かアドバイスをと背中を押された。
 
ところが、行ってビックリ!満員だった。弁護士の紹介に羽生の分を読んでいた古美門が『検事時代から才能を発揮、当時無敗を誇った悪徳弁護士Kに見事な勝利を収め、一躍法曹界の寵児となる。…』「私は君に負けたわけじゃない。そもそもまだ負けていない。最高裁が残ってる。そこで私は勝つ。最後に勝つのはいつだって私なのだ!」さらに古美門の神経を逆なでする羽生に、我慢しきれず、「ぺエペエとガラクタと偽ヒッピーが集まった、低所得者しか相手にできない最下層事務所のくせに偉そうなことを抜かすな!ここはクソのような事務所だ、来ている連中 全員 クソだ!貧乏人の吹き溜まりだ!何がサロンだ!裁判は戦争だ!虚偽宣伝で訴えてやるぶっ潰してやるからな。覚悟しておけカスどもが!か~」
 
健在です、古美門サン。


 
同窓会に行った黛。高校の時同級生だった、ものすごい老け顔の熊井が、来た。一流商社の営業で、黛を好きだったと言ってくれたが空気読めなくてうざくて、皆から浮いていたとみられていたことにショックを受けていた。
 
そこで言われたことは…2年前に結婚したが100点満点のほのかに熱をあげていたが、なんと整形美人だった。同じ高校出身が経理に居て、卒業写真を持ってきて、判明。
 
古美門が来るとぶち壊すから、ほのかの代理人となった羽生と黛が画策して裁判にならないように進めているところに服部から聞いた古美門が現れ、結局裁判になった。

羽生が熊井の美容整形通院歴を見せた。薄毛治療の専門医だった。今まであった所を復元するのだから整形ではないと言い張った。
 
ほのかが熊井が美形の子供を欲しがっていることを知りながら結婚したのは詐欺ではないかと古美門に責められた。すると、法廷でほのかが倒れた。熊井との子供ができていた。
 
それを知らなかったことにしようと古美門は言った。
 
バーで蘭丸と会った古美門は、写真を手に入れた。
 
和解の道を探る黛は、古美門抜きで話をしようとした。そこに古美門登場。
 
毎晩バーの片隅で、ウオッカを飲む美女…ほのかだった。妊娠している人は飲まないからそれはウソだと言われた。ネットで親身に相談に乗ってくれる主婦が、妊娠したと言ってみたらと教えてくれた。見ず知らずの人の意見を受け入れるの?
 
羽生もほのかも熊井の本心が知りたかったと言った。
 
「言ってやりなさい、不細工な子供ができなくてほっとしたと」
 
「あなたは黙っていてください。」
 
「これまでもこうやって、だまされ続けてきたんです。またまんまとだまされるところでしたね」
 
「黙っていてください。これ以上傷つけ合わせてなんの意味があるんですか?」
 
「曖昧にすることに何の意味がある?きれいな言葉を並べて許しあったところで、現実は何一つ変わらないのだよ。われわれにできることは徹底的にぶつかり合わせ人生にけりをつけさせてやることだ。」
 
子供ができてなくて良かった離婚したと応える熊井に、がっかりしてほのかは、席を立った。
 
「ほのかさん。あなたの人生を捧げるに値据する男性はほかにもいくらでもいますよ。決してこんなのではなく」
 
それでも熊井にごめんね、だましてと言った。
 
古美門は、全面勝利です、おめでとうと言いながら羽生に胸を張った。
 
フットサルで、ボールに当たる羽生。そこに黛が来た。「古美門先生がどんな手を使っても勝つのがポリシーなら、僕はどんな手を使ってでもみんなが幸せになる道を捜す。」
 
黛は、古美門の掌にいたと羽生を称した。
 
「それに何が幸せかなんて、私たちが決められることじゃないのかも。あの二人にしてもね」

 

熊井は、自宅に美女4人を招待し、美女狩りを始めた。キッチンにガラムマサラを取りに行って、ほのかが残したレシピメモを発見。後から読むと、ほのかの熊井に対する愛であふれた言葉が書き入れられていた。読みながら熊井は泣いた。
 
翌日ほのかのマンションに行くと、あとからイケメンが出てきた。誰?と聞かれ、元夫と答えた。「健悟さん、あなたのおかげで目が覚めた。私不細工な人の方が、心が綺麗なんだって思い込んでいた。私も外見で判断してたのよ。顔も心も不細工な人もいるし、顔も心もきれいな人だっているのに。教えてくれたのはあなたよ」これから2人でベッドを見に行くの。
 
熊井完敗。

 

貴和に黛がまだと言われて、服部に化粧してもらってギョ¡舞妓さんの化粧師だった。
 
だんだん貴和が拘置所の看守たちを手なづけていた。
 
当分そんな話題で終わりでしょう。

*****
今までの感想は、こちら

 

« 《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★02 | トップページ | 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#03 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/58447008

この記事へのトラックバック一覧です: 《リーガル”ハイ”》☆2-03:

» 「リーガルハイ 2」 第3話 顔か?心か?どちらを選ぶ?前代未聞の整形裁判 [トリ猫家族]
 さて、オープニングは、思わず二度見してチャンネルを確認してしまったほとワイルドな雰囲気の古美門先生の映像から・・・ 生卵をゴクゴクッと飲み干し(徳松醤油をちょいかけ ... [続きを読む]

» リーガルハイ #03 [ぐ~たらにっき]
『顔か?心か?どちらを選ぶ?』 [続きを読む]

» 手術をして君は綺麗になった・・・整形前よりずっと綺麗になった(堺雅人) [キッドのブログinココログ]
君(美波)だと誤解を招くから自粛したのか・・・。 それにしても・・・攻めるな。 「美醜」というのは連続ドラマのテーマとしては禁断の領域だからな。 なにしろ、世の中の99%はブサイクだからな・・・そこまでかっ。 しかし、女性は意外と自分をブスって思ってないんだぜ。 それ以上は言うなっ。 ま、面白いから... [続きを読む]

» リーガルハイ 第3話 [Happy☆Lucky]
第3話 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

» リーガルハイ 第3話〜美人の血を入れて不細工スパイラルから脱却しようとしていたんです! [平成エンタメ研究所]
 古美門(堺雅人)VS羽生(岡田将生)!  古美門は<法廷で徹底的に問題をえぐり出し、ぶつかり合い、結論を出す>という手法。  羽生は<お互いが共感し、理解し合い、円満に収める>という手法。  古美門の方は西欧的で、羽生は日本的と言えるかな?  テーマとし...... [続きを読む]

» ダンダリン四話&リーガルハイ二期三話&独身貴族三話感想 [NelsonTouchBlog]
■ダンダリン四話 社労士の風間俊介が、労働基準監督官の主人公達に正式に敵対した話。しかも内容は内定切り。志田未来のあまりに無茶な内定者研修も必死に取り組もうとする姿が悲痛だった。最終的に助けることができたわけだけど、会社側のかわし方で結局、会社の人間もひとりに責任が押し付けられる結果に。段田凛・竹内結子はそれに涙する・・。 今回もなかなかよかったですね。ドタバタのコメディ部分もあるんだけど、そのコント部分も回を増して馴染んできてるし、段田凛の暴走ぶりも慣れてきたのか気にならなくなってる...... [続きを読む]

» 「リーガルハイ 第2期」第3話 [またり、すばるくん。]
第3話「顔か?心か?どちらを選ぶ?前代未聞の整形裁判」                          [続きを読む]

» リーガルハイ 第3話:顔か?心か?どちらを選ぶ?前代未聞の整形裁判 [あるがまま・・・]
舞妓Haaaan!!!・・・ヾ(*゚▽゚*)ノあはは 服部さん、コスメティシャンじゃなくて、化粧師だったのねん。 着付けまで出来るらしい 黛も、これは違うと思いつつ、白塗りの舞妓ファッションで面会に来たのねん まぁ、自分で施してたアンパンマンほっぺや、妖怪人間ベラメイク...... [続きを読む]

» リーガルハイ2 第3話 [ぷち丸くんの日常日記]
古美門(堺雅人)と真知子(新垣結衣)は、何とか貴和(小雪)に上告させて弁護人になりたいのですが、上手くは行きません。 貴和から、弁護人になるための条件として、古美門は毎朝5km走ってセクシーな体型になるように言われますが、体力が持ちません。 真知子は、ブスとののしられ、化粧の仕方くらい覚えろと命令されてしまいます。 弁護依頼が少なくなった古美門法律事務所は火の車となっていま...... [続きを読む]

» 「リーガルハイ 2」第3話★堺雅人が「SPEC」に倍返し!? [世事熟視〜コソダチP]
「リーガルハイ 2」第3話 『SPEC〜零』の視聴率が8.5%、リーガルハイが18.5%。 堺雅人がTBSに倍返ししちゃいました・・・・。 −◆− 高校の同窓会に出席した黛(新垣結衣)に相談を持ちかけてきた熊井(塚地武雅)。 美人だと思って結婚したほのか(美波)が整形美人だったため、離婚裁判を起こすという・・。 で、古美門の事務所に熊井がやって来て、ほのかの卒業アルバムの写真と現在を比較・・・。 服部(里見浩太朗)さん「同姓同名の別人・・」 古美門「あるいは高校卒... [続きを読む]

» リーガルハイ(2期) #03 感想 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
Vol.03 不細工スパイラルから脱却しようとしているのです! 離婚訴訟の話でした〜。 ロッキー(徳松醤油)で始まり、舞妓黛で終わる・・・。 いやーテンポもオチも良くて まる ... [続きを読む]

» リーガルハイ(2)第3話 [レベル999のgoo部屋]
『顔か?心か?どちらを選ぶ?前代未聞の整形裁判』 内容 古美門(堺雅人)黛(新垣結衣)の説得で、 拘置所の貴和(小雪)も、わずかに変化。弁護のための条件をつけはじめていた。 だが。。。古美門の事務所は、それどころではなく。 初敗北後、仕事が舞い込まなくな...... [続きを読む]

» 『リーガル・ハイ 第2シリーズ』第三話 [時間の無駄と言わないで]
やっぱりちょっとコミカルにし過ぎな気がするなぁ。 フットサルで青春してる尺を使って古美門のバランスを取って欲しい。 えらく丁寧なロッキーパロディは好き。 ナチュラルで ... [続きを読む]

» 【リーガルハイ】(2期) 第3話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
ほのかさん。 貴女の人生を捧げるに値する男性は他にもいくらでもいますよ。 決してこんなのではなく。 リーガルハイ 第3話       え~…今さらですが、10月23日放送の第3話の感想です。 遅れまくったので、今回、ホントに簡単感想のみで~。 今回の依頼人は「不細工」な男性。 内容は「妻が整形していた事が発覚したので離婚したい」。 この依...... [続きを読む]

« 《安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜》★02 | トップページ | 《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#03 »

最近の写真