無料ブログはココログ

« 《Woman》#07 | トップページ | 《Woman》#08 »

2013/08/20

《SUMMER NUDE》☆07

『離れている方が、心の距離は近くなる?』(あらすじYAHOO!TV)

朝日(山下智久)が波奈江(戸田恵梨香)に告白しようとした瞬間、突如香澄(長澤まさみ)が現れる。このような大事な瞬間に香澄に阻まれたことにより波奈江は新たな決断をする。ついに波奈江は、自ら朝日に別れを告げたのだった。  そんな中、夏希(香里奈)は東京に戻り、新たなレストランの仕事に就いた。 なかなか思い通りにいかず奮闘を重ねる中、波奈江との電話や思いがけない波奈江の訪問が心の支えとなっていた。 そして、光(窪田正孝)も映像関係の会社への就職が決まり東京に旅立とうとしていた。皆で送別会をやろうということになり光を誘うが光はかたくなに送別会を断る。光が送別会を拒否し続ける理由とは。意外な事実がそこにはあった…。



cast
三厨朝日: 山下智久  千代原夏希: 香里奈 
谷山波奈江: 戸田恵梨香  矢井野孝至: 勝地涼 
桐畑光: 窪田正孝  谷山駿: 佐藤勝利(Sexy Zone) 
堀切あおい: 山本美月  米田春夫: 千葉雄大 
石狩清子: 橋本奈々未(乃木坂46)  一瀬麻美: 中条あやみ  
 
一倉香澄: 長澤まさみ  下嶋勢津子: 板谷由夏 
下嶋賢二: 高橋克典

 

夏希は、朝日への想いを振り切って、東京のレストランへ就職した。
 
新規の店は、そこのやり方と味があり、奮闘してもなかなか馴染めなかった。


 
波奈江は、10年来の想いが叶うと思ったら、なんか違うと、朝日に別れを切り出した。
 
道で会っても、今までのようではない言葉がスラスラ出なくて突然の敬語になっていた。
 
朝日は、今までほっといた責任があると言っているが、孝至は、香澄を忘れようとする気持ちと、波奈江と付き合うのは、違うと言われた。

 

夏希に報告がてら波奈江は新しい職場に行った。助っ人外国人として朝日との間に入って活躍してくれたが結果として別れたので、その報告と言った。

光は、朝日と孝至に4日後にここを立つと言った。2人はそれでは送別会を、と口をそろえたがそんなにみんなで集まって飲みたいなら勝手にやって下さいと、自分は違うと見せつけて帰って行った。

賢二にアイツも、いろいろな葛藤を抱えて行くみたいだからと慰められた。

 

朝日の勤める写真館に、昨年にお見合い写真を作ったユキ子が来てこの写真が原因で結婚できないのではと言いがかりをつけてきた。朝日は、定食屋で働くユキ子の普通さを撮りたいと店まで押し掛けた。

波奈江は、朝日と会うと、普通に話せないぎごちなさを夏希にぶつけた。そこでキャッチが入って、受けた相手ヶ朝日だった。明子が結婚詐欺に引っかかり、その痛みを分かる夏希の気持ちを聞いてきたが、まだ傷口が痛むと訴えた。職場でも同じイタリア料理でも来たと南では違うし、一生懸命になると前の店のくせが出てしまうと、訴えたが、あなたなら大丈夫と言われた。海の家とイタリア料理は、北と南どころのちがいじゃないでしょ。それ 見事にやってのけたんだ、あの焼きそばを作れたんだから、どこの店でもやってけるよ。そう励まされた。2人は電話を切ってからもとても気分が良かった。

夏希は、賄いの順番にあたり、得意の焼きそばを作った。職場の男たちは美味だと口々に言ってくれ、シェフも食べながら考え込んでいた。


潮風ビールの前で、なんとなく新しい時代が来るような気がする波奈江にどうしたのと優しく声を掛けたのが光だった。話しているうちに、光は真剣に波奈江を好きだと告白しようとしたができなかった。


 
朝日に電話する夏希。褒められた焼きそばを賄いで出したら好評だったと報告。するともっと焼きぞ場に自信を持ちなさいと言われた。花火大会の夏希のために上げてくれた花火の礼を言った。すると、朝日から送別会のことで聞かれた。光の送別会をしよとしたらいつまでこんなことするのかと拒否られたと言うと、夏希は
 
「私も最初はそう思ってたよ」「え?」「正直さ、あんたたちいい年して何やってんだって思ってたし。でもねそう言うのって全然関係ないんだなってわかったから。だってああいう輪のなかにいたら楽しいからしょうがないじゃん。それに年齢とか周りの目とか気にする方がよっぽど馬鹿らしってあんたたちに教えてもらったから。」「俺からも一ついい?」「え。なに?」「電話ながくね?」「え」「カップラーメンが水分全部吸って大変なことになってんだけど」「だからかけ直すつったじゃん」2人の会話は、かなり親密に続いて切れた。

翌日勢津子の店に光が座り、そこに朝日が来た。「今日、光の送別会やることに決めたから絶対来いよ」何も反応を示さない光に「来るまで待ってっから」朝日は陽気に声を掛けた。勢津子と目が合いお互いにニッコリした。

 賢二の店にいた光は、賢二に「お前本当に行かなくていいのか」と聞かれた。「みんな待っててくれてんだろう」
 
「お前な 送別会って別れを惜しむ会だと思ってんだろ?それ違うぞ。出て行く人間がないつでも戻ってこれる場所を確認する会なんだよ。1歩踏み出すんだよな?もう揺るがないんだよな?」「はい」「だったらよ、お前は会に集まってくれる人たちの顔を一人一人 胸に刻めばいいんだ。で、目標のために町を出てく。それでいい」

光がかなり遅れて朝日の部屋についた。暑い夏に辛い鍋で、盛り上がったら次が海だった。
 
スイカ割りを始めた。光にデイレクターチェアーを送るためだった。

御免なさいね、私のHDが調子悪くて、ここまでしか録画されていませんでした。
 
せっかくPちゃまのステキさが出てきたのにね。
覚えているのは、光がもらった椅子を下げながら、波奈江と帰る時、やっと告ります。
 
夏希が朝日に電話していると、店のシェフが夏希に皆が飲みに行こうと言っていると誘う。ここで夏希は仲間になったようです。

*****
今までの感想は、こちら

« 《Woman》#07 | トップページ | 《Woman》#08 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/58031321

この記事へのトラックバック一覧です: 《SUMMER NUDE》☆07:

» 割らない西瓜割りと夏の辛い鍋とイタリアンのヤキソバと追いかけない男のSUMMER NUDE(山下智久) [キッドのブログinココログ]
動かない男には冷たい時代だ・・・。 いや、動かない男はいつでも冷遇される。邪魔だもんな。 動かない恋愛ドラマはどうだろうか・・・スタートから第7回まで使って・・・誰も動かないのである。 いや、脚本家は言うだろう・・・主人公は最初からヒロインが好きだったと。 ただ、それに自分で気がついていないだけなん... [続きを読む]

» 今週のドラマ [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
・山田くんと7人の魔女第2話(8.17) 白石うらら@西内まりやとキスしたことで キスした相手と体が入れ替わることに気づく山田@山本裕典だったが、 生徒会副会長小田切寧々@大野いととキスをしても体が入れ替わらず、 今度はキスした相手が自分の虜になってしまったと なるほど、キスすると体が入れ替わるのはうららの能力で、 キスした相手を虜にするのが小田切寧々の能力、 で、山田の能力はキスした相手の能力をコピーできるというものだったんですな。 単純な人格交換モノではないわけですな。 そして先週気づかなかった... [続きを読む]

» SUMMER NUDE (第7話・8/19) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジ・『SUMMERNUDE』(公式) 第7話『離れている方が、心の距離は近くなる?』の感想。 学生で無い20代男女の青春群像劇なら面白い! “学生で無くても青春があるんだ”と言うことを、田...... [続きを読む]

» 「SUMMER NUDE」第7話 感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
 波奈江は東京へ行き、夏希に会う。朝日を振ったと報告し、「助っ人外国人」として応援してもらったのにと謝る。 [続きを読む]

» SUMMER NUDE 第7話 [ドラマハンティングP2G]
第7話「離れている方が、心の距離は近くなる?」8月19日木曜 夜9時  波奈江(戸田恵梨香)に振られた朝日(山下智久)は、気を紛らわせるかのように部屋の掃除を始める。一方の波奈江も、朝日に撮ってもらった写真を箱にしまっていた。  新しいレストランで働き始めた…... [続きを読む]

» SUMMER NUDE 第7話 [レベル999のgoo部屋]
『離れている方が、心の距離は近くなる?』 内容 香澄(長澤まさみ)が現れたことで、波奈江(戸田恵梨香)は、 朝日(山下智久)に別れを告げる。 一方、東京へと戻った夏希(香里奈)は、新しい職場で奮闘していた。 そこに波奈江が現れ。。。。 そんななか、光(窪...... [続きを読む]

» SUMMER NUDE七話感想 [NelsonTouchBlog]
なんと、光役の窪田正孝が主人公だった七話。 山下智久が、戸田恵梨香にいきなり振られて、わけわからん状態だろうから、逆にもっと食い下がっていく回なのかと思ってたら、そういうシーンはなしかよ(苦笑) で、10年の想いから一転してフリーになった戸田に、アタックするのか?という窪田だったが、戸田に言おうとして「なんでもない・・」と、東京へ旅立っていった。しかも山本美月を振って(苦笑)... [続きを読む]

« 《Woman》#07 | トップページ | 《Woman》#08 »

最近の写真