無料ブログはココログ

« 《Woman》#05 | トップページ | 《SUMMER NUDE》☆05 »

2013/08/05

《半沢直樹-第一部》#04

『やられたら10倍返し!裏切り者が、上司の支店長だと分かった半沢は、着々と倍返しするために奔走するが…またしても、国税の黒崎が立ちはだかった!どうする半沢???』(あらすじYAHOO!TV)
融資事故の情報をマスコミにリークすることと引き換えに、ついに東田(宇梶剛士)の潜伏先を突き止めた半沢(堺雅人)。しかし、その場所に張り込んだ竹下(赤井英和)が送ってきた写真に、東田と一緒に写っていたのは何と浅野支店長(石丸幹二)だった。調べると、東田と浅野支店長にはお互いを結び付ける過去があることが判明。そこで半沢は、浅野が東田から何らかの見返りを得ていないか、その証拠を探し始めることに。

cast 

堺雅人*半沢直樹 
上戸彩*半沢花

 
及川光博*渡真利忍 
片岡愛之助*黒崎俊一

 
北王路欣也*中野渡謙 
香川照之*大和田常務

 

5億の融資事故をおこした大阪西支店に対し裁量臨店と呼ばれる本部からの内部検査が行われた。しかしそれは半沢に全責任を押し付けようとする浅野支店長が仕組んだ悪意に満ちたものだった。
 
半沢は検査役である小木曽の不正を見破りどうにか裁量臨店を乗り切るのだった。そして融資事故の情報をマスコミに流すことと引き換えについに東田の潜伏先を突き止める半沢。しかしそこに現れたのは、…>


 
東田は、ベトナム語でよさそうな物件を値切っていた。ベトナムの特殊鋼事業は右肩上がりになるはずだった。国税や自己破産した東田はおおっぴらにはできなかった。それを聞いていたのは、一緒に悪事をたくらむ浅野支店長と、愛人の未樹。浅野に転職を勧めるが、メガバンクのエリートコースを走っている身だからと上から目線で言った。すると東田は、それなら半沢って男に気をつけろと忠告すると、心配いらない。こんな記事が出てしまった以上上も黙っちゃいないよ。次の取締役会で、正式な半沢の処分が決まるそうだと笑った。
 
エリートって、何をやっても許されると思っているようです。


 
半沢も写真を撮った竹内、渡真利と一緒に浅野と東田の履歴を調べた。すると、同じ梅田第一中学校で同期だと分かった。見返りの金のために、初めから計画して、半沢1人の責任にして、自分は生き延びる…冤罪よりすごい筋書です。
 
あの写真だけでは、証拠にならない。ただの同級生としてあっていただけと言われればそれまでだった。
 
「浅野はバンカーとしてやってはならないことをした。絶対に許せません。必ず証拠を見つけて出しやつを引きずり落とします」
 
「やられたら倍返しだな」(竹内)
 
「いえ、…10倍返しです!」


 
銀行の方では、ますます浅野が半沢を遠ざけようと、ほかのものに課長を名乗らせ、融資から半沢を外した。この融資に関して何も落ち度がないと言う半沢にそういう態度が問題だ!と脅しにかかる浅野。そこに携帯のメールが入った。
 
『ずいぶん仲がいいですね。5億の見返りにいくらもらったの? 花』と東田と映る写真。半沢が送った。冷や汗をかくクリア飛び上がった浅野は、すぐに東田に連絡。絶対半沢だと決めてかかる浅野。駐車場に行くと竹内と半沢がいて、小村さんから教えてもらって家からついてきたと半沢が言った。
 
ため込んだ金はいくらある?と聞いた、うちからの5億、水増しした金の支払い分、脱税。ざっと数えて10億以上か?と数字を出されてキッとなった。
 
それ以上言うと、警察に訴えさせてもらうからなと言ってポケットから名刺を出して床に投げた。片山・田中法律事務所の弁護士片山に自己破産申請の手続きをしたと言った。今後俺に対する執拗な取り立ては違法行為になるからなとほざいた。
 
国税がまだ追っていたが、さっきの話を黒崎にしてまたイラつかせた。
 
牛丼屋で、昼食していたが、半沢は、東田の車の後ろに積んであったティッシュボックスにあった○に鱗3つが気になっていた。銀行がお得意さんに配る粗品?税分をそこに預けているのでは?と半沢は踏んだ。
 
帰宅すると、妻の花が明日から先輩に頼まれてバイトすると宣言。理屈がないと言い出す夫を見てこれだから銀行なんて、男の都合で貸したり貸さなかったりすると言いながら怒って部屋に入った。


 
取締役会では、週刊誌の記事で頭取は金融庁へ事情を説明しに行き、大和田常務がチクリと皮肉を言われた。常務は、伝統的にこの部屋で取締役会を開いているが合併後も引き継いでいる。私はいつもこの部屋を訪れると、身も心も引き締まる思いになる。しかし日本経済を担いできたこの部屋で、今や産業中央派と東京第一派のくだらない対立の渦に飲み込まれようとしている。悲し都はおもいませんか高木専務。地雷を踏んだ!

『罰を受けるべきは、あなたのほうだ 花』
 
中西、角田、垣内に浅野と映る東田の写真を見せると、めらめらと怒りの炎が立った。これだけでは書庫にならないから皆の力を貸してくれないかと切り出すと、垣内だけは、浅野から脅迫を受けていたので、聞かなかったことにしますと辞退した。

銀行の地下駐車場に支店長の車が付いた。運転手がドアを開けた。半沢と角田がすきを見て車に乗り込んだ。支店長の良く行く所を聞いた。すると連れて行ったのは関西シティーバンク。半年前ほどから良くご利用と教えられた。


融資にかかわるなと言った支店長命令を聞かない半沢は、部屋に呼ばれた。すると『シカトですか?あまり反省の色が見えませんね 花』とメールが来た。半沢は目の前にいる。そこで店長は混乱。次のメールは『お仕置きにこの写真。1回窓口にファックスしてあげる。これを見た女子行員達はなんていうかしら ね 花』東田と、浅野が写る写真を♡で囲み
LOVE と書かれていた。慌てて1階へ走る浅野。

しかしファックスは、似顔絵とあさのちゃんおつかれさんと書いてあった。
 
すぐに戻る浅野。合鍵で、中を見るがカバンに中にはみあたらない。角田がもうう戻ってくると言った。だがどうしてもと粘る半沢は、5億融資の頃に発売された本が入っているのに気付いた。本をめくっていくと通帳の大きさに来る抜かれた部分があった。そこに入っていた通帳には、フジサワミキから5千万が振り込まれていた。もう浅野が戻って来た。今出ると、全員見つかる…
 
絶対絶命の窮地を救ったのが垣内だった。支店長に話があると言ってドアから引きはがした。課長を見張るのはほかの者にと言った。あの男の部下は、馬鹿バッカだと言う浅野に、あなたの部下にはバカはいないのでしょうね。そう言って戻った。半沢から缶コーヒーが投げられた。「あんな男に一生飼い殺しにされるのは出向よりもつらい、そう思った」と半沢に言った。


竹内に浅野の通帳を見せた。5億融資した翌日にミキ名義で10%の5千万を振込み、翌日ゴヨウショウケンで、株の信用取引をして焦げ付いた資金4800万を振り込んでいた。

浅野は部屋ちゅう捜したが通帳はなかった。さっそく東田にご注進。半沢だったら殺せと言われた。
 
渡真利が出張にかこつけて、半沢を心配して来た。銀行のマークらしきものをバーのナプキンに書いたがそこに水滴が1つついて思い出した。NYのハーバー信託だった。日本には東京ブランチしかなく大阪にはない。ここのプライベートバンキングは金融資産で最低、10億円以上。もしここに東田の隠し預金があれば10億以上。半沢は、渡真利がなんで外資のマークを知っていたのかの方が不思議だった。転職を考えてたのか聞いた。今のままでは何のためにバンカーになったのか忘れるところだったと渡真利は言った。竹内から未樹が武田とも関係があった。と書庫の写真が撮れた。
 
次の未樹の店は、ネイルサロンだったが、協力するならと半沢は、高飛車なことを言ったため未樹にひっぱたかれた。帰宅すると花が、バイトの金でカバンを買ってくれた。今度働いてみて女はお何あのいろんな気持ちで会社経営をしているのが分かったと半沢に言った。だから銀行もいろいろ考えろと。


 
国税が未樹に話をと車に乗せた。黒崎は東田の隠し口座を教えてもらえるなら、あなたのこれまでの違法行為に対し一切目を作ってあげると条件がとてもよかった。東田、銀行、黒崎、どこに協力するのが一番お利口さんか、あなたにはお分かりね。そう口説かれた。

翌日、半沢は未樹に銀行から金が借りられることを教えた。人が変わったようだと言われ、カバンが新しくなったせいだと見せた。泣き続ける未樹だったが、すっくと立ち上がって、あんたを利用させてもらいと言ってお辞儀した。
 
だが未樹は、国税に味方した。


このままいくと、倍返しどころか、負け犬です。
次回、頑張ってほしいですね。

*****
今までの感想は、こちら

8月1日にQuincy Jones
THE 80th Celebration Live In JAPAN
聴いてきました。観客は10代から80代まで。それぞれの青春時代にクインシーの曲がいろんな思い出を残したことなんでしょう。

« 《Woman》#05 | トップページ | 《SUMMER NUDE》☆05 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/57929821

この記事へのトラックバック一覧です: 《半沢直樹-第一部》#04:

» 半沢直樹 第4話★出たー 黒崎(片岡愛之助)! 壇蜜は堺雅人にビンタ [世事熟視〜コソダチP]
半沢直樹 第4話 10倍返しなるか!上司と部下の裏切り 高級料亭かな・・・。 電話でベトナム語で怪しげな商談か何かをしてる東田(宇梶剛士)。 なんと! 浅野支店長(石丸幹二)が同席しており、東田と”お友達”みたいな感じではありませんか!! 東田は「たーちゃんもいっしょにやらへんかぁ?」と、浅野匠くんを「たーちゃん」と呼んで、やばそうな事業に勧誘しちゃったりしながら酒を酌み交わしいてる。 いきなり、ことの核心を突くようなシーンをドンとぶつけて来るから退屈する隙がない。 ... [続きを読む]

» 半沢直樹 第4話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第4話 「10倍返しなるか!上司と部下の裏切り」 東京中央銀行大阪西支店融資課長・半沢直樹(堺雅人)は、支店長・浅野匡(石丸幹二)と西大阪スチール社長・東田満(宇梶剛士)の経歴を調べ、... [続きを読む]

» 半沢直樹 第4話:10倍返しなるか!上司と部下の裏切り [あるがまま・・・]
そっちに寝返るんかぃっ!?Σ( ̄▽ ̄ノ)ノえっ! 未樹は東田の事を金づるとして利用しようとしてただけなんですねぇ 元々、利用するだけ利用したら別れるつもりだったのかな・・ 念願のネイルサロン経営を目前にして、揺れる未樹。 銀行マンとして的確なアドバイスをした半...... [続きを読む]

» 半沢直樹 #04 [ぐ~たらにっき]
『10倍返しなるか!上司と部下の裏切り』 [続きを読む]

» 半沢直樹四話&SUMMER NUDE五話&激流七話感想 [NelsonTouchBlog]
■半沢直樹四話 出だしの融資事故の話がここまで引っ張るとは思ってなかったけど、まだまだ引っ張るのな(笑) 宇梶剛士もなかなかしぶといけど、支店長なんて、モロに超悪者じゃん!まだ銀行員だとでも思っているのかね、どう考えてもやっちゃいけない一線ゆうに飛び越えてるけど(笑)... [続きを読む]

« 《Woman》#05 | トップページ | 《SUMMER NUDE》☆05 »

最近の写真