無料ブログはココログ

« 《SUMMER NUDE》☆03 | トップページ | 《半沢直樹-第一部》#03 »

2013/07/26

《Woman》#04

『栞の秘密』(あらすじYAHOO!TV)

託児所の職員から、陸(高橋來)に言葉の遅れがあるのではないかと指摘された小春(満島ひかり)。陸は普段から口数が少ないものの、さほど気に留めていなかった小春は、戸惑う。そんな中、小春が陸に、夏に何かしたいことはないかと尋ねると、陸は「犬」とだけ答える。陸が犬に興味があると知った小春は、犬が散歩で立ち寄る早朝の公園へ陸と望海(鈴木梨央)を連れて行く。しかし、陸は公園に集まった犬には関心を向けず、他の何かを探す素振りを見せる。
 
託児所に陸を迎えに行った小春は、良祐(三浦貴大)と出会う。良祐の息子・舜佑(庵原匠悟)と陸は、同じ託児所に通っていた。良祐は、舜佑が友達を叩いてケガをさせたと連絡を受けて駆け付けたのだという。舜佑が叩いた相手は、陸だった。舜佑は、話しかけても答えない陸にいら立ち、叩いてしまったようだった。小春は良祐から、藍子(谷村美月)が家を出ていき、一人で舜佑を育てているという事情を聞かされる。
 
ある晩、小春は、陸が布団の中で泣いているのに気付く。具合が悪いのかと心配する小春に「ブン」とつぶやく陸。陸は小春と望海を外へ連れ出し、地域の情報が貼り出される掲示板の前に立つ。そこには“ブンという名の飼い犬がいなくなったので探している”と迷い犬を探す内容の貼り紙があり…。
 

一方、小春の父が紗千(田中裕子)に暴力を振るっていたことや、信(小栗旬)が電車の中で痴漢をしたのが原因で事故に遭ったと小春に向かってぶちまけた栞(二階堂ふみ)は、進路に対する悩みも重なり、心が揺れていた。ある日、紗千とデパートへ買い物に出かけた栞は、紗千が小春たちのために物を買ってあげようとするのを見て、紗千の思いを察する。不安が高まるあまり、小春に対する嫌悪を紗千にぶつける栞。そして、栞は、信の死にかかわる重大な秘密を紗千に打ち明ける…。

cast 

青柳 小春(27) 満島 ひかり
 
植杉 紗千(56) 田中 裕子
 
青柳  信(31) 小栗 旬 
 
砂川 藍子(25) 谷村 美月
 
植杉  栞(19) 二階堂 ふみ
 
砂川 良祐(26) 三浦 貴大
 
蒲田 由季(26) 臼田 あさ美
 
澤村 友吾(35) 高橋 一生
 
青柳 望海(6)  鈴木 梨央(子役)
 
青柳  陸(3)  高橋  來(子役)
 
植杉 健太郎(58) 小林  薫

 

夏休みが近く、望海と話が弾む小春。ガードの壁に訪ね犬のポスターが貼られていた。陸は、それをじっと見ていた。小春はその横のラジオ体操のポスターしか目に入らなかった。綱を切った犬は、踏切を渡っていた。

病院で小春の主治医沢村が急性骨髄性白血病の告知をしていた。その女性は、検査結果を聞いたら、返すつもりで借りたDVDを持ってきてしまった。すぐに入院の手続きをすると言われて慌てていた。沢村医師は、僕が返しますよと受け取った。

小春は、クリーニングのバイト中、下を向いたらよろっとした。
陸の保育園で担当の保育士に陸の言葉が遅れていることを指摘された。
療育センターで相談したことがあるが、心配ないと言われたと話したが、懐疑的だった。
帰宅して望海と楽しそうに自由研究を話す小春。陸はご飯を食べるのをよして、ため息をついた。小春は、夏休み何をしたいと聞いた。プール?と聞いたが「犬」と答えた。自分の耳を折って、耳の垂れた犬…ポスターの犬だ。

植杉家では、スイカを食べていた。健太郎が紗千にもう一つとおねだりした。すると、乗せながら、種は?と聞いた。2年前から種も体にいいんじゃないかと思って食べていますと報告。紗千はいろんな人がいるねと言った。

バイトの休み時間に携帯が鳴った。保育園から陸がぶたれたと電話が掛かった。階段の後ろから上がってくる音に振り向くと区役所の砂川だった。友達を消防車で叩いたと連絡が来た。そう聞いてそれはたぶんうちの子と小春は答えた。瞬祐が聞いても返事がない陸に焦れて手が出たらしいと言われた。滑り台に乗って、しばらくしたら2人は仲が戻った。そこにポスターと同じ犬が連れられて来た。陸は「ブンですか?」と聞いた。「リリー」と言われて、少しがっかりしたが、触らせてもらえた。受け答えは普通にしていた。

栞は、帰宅すると、手当たり次第にそこら辺にあるものを破りだした。
喫茶店で昔の同級生に会って、フフとわらったら、「やっぱり気持ち悪い」と言われた。
紗千とは何事もなかったように話しながら食事した。

小春は、お風呂から上がり、子供たちの所に行くと、陸が泣いていた。「ブンどこへ行ったの?」と言いながら。翌朝、迷い犬のポスターを指さした。ブンは独りで寂しいのと言われて、3人で捜すことにした。
ポスターの家に心配していくと、新しい子を買ってきたと言った。もうあきらめてその子を買ってきた。陸はブンはどこにいますかと聞くと、子供たちが保健所で殺処分されたと答えた。望海も陸もその言葉の響きにショックを受けて、帰宅してから、小春に聞いた。「殺処分は?」小春は残酷なことが答えられなかった。陸が泣き出した。分を捜してください。と一生懸命お父さんにお願いした。思えば通じると行く小春に、陸は、いやだ、お父さんと開いたと言い出して聞かなかった。

紗千は、給料が出ると、栞に洋服を買えと言った。新宿に行ったが、やっぱり8階であんみつ食べていると言う紗千の後をつけた。するとエスカレーターから降りた紗千は、家電売り場に行った。エアコンを買った。
栞はそんな母をカラオケに誘った。紗千に似合いそうなバッグがあったと言って4万くらい、さっきのエアコンと大して変わらないと言った。あれはお父さんに頼まれたと言う紗千にお父さんの言うこと聞かないでしょ。そういった。
私、あの人苦手と、言った。苦手っていうか嫌い。暮らしていけないならうちに頼らないで再婚すればいいと思う。小春のことだ。紗千は別に頼られてないわよと言った。亡くなった旦那さんのことが好きなんでしょ。
「それが気持ち悪いんだよ。」「どうしたの?」「死んだんだよ。死んだ人だよ。」
「そうね。いつまでも思ってても、仕方無いのにね」「でしょう、結構バカだと思う。ずっと1人でいるの?おかしいよね 後ろ向き過ぎでしょ。新しい人好きになればいいのに。じゃない」「そうかな、でもそうはいかないのよ。そうやって生きてる人もいるし、そこにすがってしか生きられない人もいる。たった1日や一度の幸せを大事に抱えて一生生きる人もいるの。それはそんなに悪い生き方じゃないわ。好きなもの頼んでね」詩織はイラついて電話を取って注文を始めた。それが5人前くらい頼んだ。電話を置いて紗千に向き直ると
「あの人痴漢なんだよ。そうなんだよ。被害者は私なんだから。あの人私の前で電車にひかれたんだから。」
この話は、さらにもっと深い所があります。

病院に行った小春は、待合室で駆け出した子供たちを止めようと必死だったが、砂川の別居中の妻が来た。2人を合わせて陸に瞬祐君のお母さんよと言った。

さらに話は進んだ。
「私うまくない。上手くないの 絵。私よりうまい人いるの、いっぱいいるの」「上手よ」「お母さんはわかってない。そうやってお母さんにほめられて、おだてられて 調子乗って私自分のこと勘違いして育ったけど、違ったの、全然上手くないの。」「予備校で嫌なことあったの?」「違う 違うの。私ずっとダメなの。」「何が?」「小学校の時からずっとダメなの。」「何が?」「何もできないくせに 自己評価ばかり高いから 自意識ばかり強いからいじめられるの。小学校の時も中学校の時もずっと いじめられてたんだよ。」「なんで言わないの」「いえるわけないよね。お母さんは私のダメなところなんか、見たくないんだから。」「はあ」「1年の時、 高校 グループがあったの。いつの間にか私もその中の一人でで何をするかと言うと、サラリーマンの人の手をつかんで『この人痴漢です』っていうの。ウソで、お金貰うために。もともとはほんとにあったらしいの。ホントに痴漢されて、気の弱いコがいつも泣いてて、そしたら 友達の強い子が一緒に行って痴漢の人捕まえて、そしたらその痴漢の人が2人に2万円ずつくれて…って言うのが始まりで。私は最初に『この人痴漢です』って言う係りで。上手くできたら皆に褒められて、ああ、居場所出来たなみたいな感じっていうかと嬉しくって。でもそれもすぐにダメになって。1人の子が殴られて鼻の骨折れて みんな怖くなって 私は また元の位置っていうかあ~、あれがまた始まんだ~って で、その前に死のうかなとか…」「はあ…」「その時だったの、あの人が来たの、青柳小春さんの結婚相手の人。楽しそうにしてたよね お母さんも お父さんも。3人でごはん食べてたでしょう。栞がいない所で。 ずっと聞いてたんだよ こうやって部屋の隅で電気ついてない ミシン台の横 座って。ホントはお姉ちゃんがいた事とか、結婚して子供…お母さんに孫いて。それ聞いたときお母さんちょっと声変わってた。20年ぶりに会うとか、会わないとか。そういう話になって へぇ~詩織 ここでも居場所なくなるんだ~って。
お母さんあの人が帰る時に梨 待たせたでしょ?『小春は梨好きだから』って。あの人青柳 信さん 梨持って帰ったでしょ?栞 あの後をつけたの。同じ電車に乗ったの。あ~こういう風に笑う人がいるんだ。こういう風に笑うひとが世の中にはいるんだ。幸せな人なんだろうな。栞みたいな思いしたことないんだろうな。こういう人たちが うちに来たら 栞 どこに行けばいんだろう もう行くとこないのにな 腹立つなって…、で、あの人の手握ったの掴んだの。あ~。この人の手震えてるって思ったら…思ったら 違った。ふるえてるのは私の手で…、自分の手で…」紗千の手を握った栞の手を両手で包んだ紗千。
「びっくりしてた。でも 今までお金くれた人たちとは違ってた。自分の心配じゃなくて私のこと心配するみたいに見てた。『どうしたの』って。次の駅であの人 引きずりおろされて 酔った人とかが集まってきて あの人 地面に押えつけられて…殴られたり蹴られたりお腹蹴られたり 踏みつけられたり…して…して そんな風に…そんな風になりながら、分かんない わかんいんだど…
あの人たぶん言おうとしてた。『大丈夫?』違う…『大丈夫だよ』って…
止めなきゃって思って前に出ようとしたら あの人の手から梨が落ちて、転がって、あの人それを 拾いに行こうとして お母さんが上げた梨 お姉ちゃんにあ…あげようとしてた梨…そしたら誰かが『逃げるな』って…誰かが背中 ドンって押して…(泣く)線路に…電車に…死にたい …消えたい」紗千は栞の頬を打ち二人で抱き合って泣いた。

う~ん。栞の抱える闇は深い。この血縁は、どこから手を付ければいいのか?健太郎さんがいくら間に入っても、難しいでしょうね。

病院で望海は『ウーギクックのこどもたち』と言う絵本を待合室から探しだし、小春に読んでくれと言った。小春が奇しくも子供の頃読んで病院が怖くて母の見舞いに行かれなかったいわくつきの本だった。
小春は、すぐに入院とは言われなかったが、たぶん白血病の宣告を受けた。

紗千は、残った子、栞を手放したくなくてこの話を誰にもするな、もうあの子は家に近づけないからと言った。
こんなやり方で、信が死んで、ちょっとあっけにとられました。悪意を持って接する人は、結果がとんでもないことになるのでしょうね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《SUMMER NUDE》☆03 | トップページ | 《半沢直樹-第一部》#03 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/57869764

この記事へのトラックバック一覧です: 《Woman》#04:

» 満島ひかり「Woman」第4話★犬を探す陸と栞(二階堂ふみ)の衝撃の告白とウーギークック [世事熟視〜コソダチP]
満島ひかり「Woman」第4話 「ぼく、おとうさんに会いたいよ」 今回もすごかった。 迷子犬と陸を巡る話、栞(二階堂ふみ)と衝撃の告白、そして小春(満島ひかり)の病気とウーギークック。 どこをとっても濃密で、すごいクオリティ。 視聴率が1桁に沈没した『ショムニ』を大逆転。 −◆− 言葉の遅れがあるのではないかと託児所の職員に指摘された陸(?橋來)。 ある夜、陸が布団の中でシクシクと泣いています。 どうしたのかと小春(満島ひかり)が陸に尋ねますが、彼は「どこに... [続きを読む]

» Woman #04 [ぐ~たらにっき]
『ぼく、おとうさんに会いたいよ』 [続きを読む]

» 「Woman」 第4話 [ドラマ de りんりん]
何といっても、今回は陸君の破壊力…(ノ__ [続きを読む]

» 「Woman」シングルマザーの現実4信の死因の経緯を栞は告白し小春は検査結果絶望に追い込まれるがそれでも子供には笑顔を見せるのだった [オールマイティにコメンテート]
「Woman」第4話は言葉数の少ない陸に言葉遅れがあるのではないかと指摘される。気にした小春は陸が最近犬を気にしているのを感じその犬を探すが見つからず飼い主は既に新しい犬を ... [続きを読む]

» 西瓜の種と孤独な犬と震える手と案ずる瞳とWoman(田中裕子) [キッドのブログinココログ]
水曜日の朝、「あまちゃん」は高校を卒業してしまったのだ。 月曜日はお正月だったのに・・・。あっと言う間に1年前になってしまっている。 あの日の朝・・・だれもその夜の恐ろしさを知らなかった。 同様に、人々は明日、富士山が噴火し、明後日、東海地震が起きるかもしれない世界に生きている。 そういう「恐怖」が... [続きを読む]

» 【Woman】 第4話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
聞いてくれるよ! 聞いてくれる。 おとうさん、陸のお願いなら聞いてくれるよ。 会ったことがなくても大好きな人は いるの。 会ったことがなくても愛されてることはあるの。 おとうさんはね、陸のこと...... [続きを読む]

» Woman 第4話 [レベル999のgoo部屋]
『ぼく、おとうさんに会いたいよ』 内容 ある日のこと、託児所の職員から 陸(高橋来)に言葉遅れがあるのではと指摘された小春(満島ひかり) そんななか、陸が、犬に興味があると知る。 それも迷子になっている犬のことが気になるようで。。。。。 敬称略 今まで以...... [続きを読む]

» Woman 第4話〜へえ、私、ここでも居場所なくなるんだ [平成エンタメ研究所]
 カラオケ店で、栞(二階堂ふみ)は、再婚しない小春(満島ひかり)について紗千(田中裕子)と次のような話をする。 「いつまでも思ってても仕方ないのにね。結構 バカだと思う。ずっと1人でいるの?おかしいよね、後ろ向き過ぎでしょ。新しい人好きになればいいのに」...... [続きを読む]

» SUMMER NUDE三話&Woman四話感想 [NelsonTouchBlog]
■SUMMER NUDE三話 長澤まさみこと、かすみが、ビール片手に微笑んでいる巨大な看板相手に挨拶する山下智久。。その場面を驚きと興味深々で見てしまった香里奈。どんだけ好きなんだよ!?と山ピーに突っ込みたくなるが、それは山ピーが自分で撮った写真、大好きな人が被写体という、超いい思い出がある看板だったのだ。 その看板製作に携わっていたのが、戸田恵梨香の町の成金父親らしい??ようするに戸田は、山ピーのために父親に頼んで仕事をふったのに、山ピーに最愛な人を巡り合わせてしまった?とかなんとか...... [続きを読む]

» 「Woman」第4話 感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
 小春と子供たちの触れ合いは、かけがえのない大切なもの。  犬を探し歩く3人。  見つかったのかどうか気になり、飼い主の家にまで訪れます。  でもペットショップで新しい犬を買ってきたらしく、奥から女の子が姿を見せていましたが、抱いていたのはその新しい犬でした。  陸君、がっかりでした。  小さな子の純粋に犬を思う気持ちと、探したけどもう戻って来ないのなら別のを買うドライな考え方。  価値観も経済力も違う人たちを目の当たりにしたシーンでした。    飼い主の奥さんも別に悪い人...... [続きを読む]

» 「Woman」第4話 白血病と再生不良性貧血の間の深い闇 [今日も何かあたらしいドラマ]
「Woman」、満島ひかりさんは白血病ではなく再生不良性貧血だった。 白血病ならそのまま入院、再生不良性貧血なら家に帰ってもよいのね。 その昔、山口百恵主演の「赤い疑惑」というドラマがあった。 ...... [続きを読む]

» Woman 第4話 [ドラマハンティングP2G]
第4話「ぼく、おとうさんに会いたいよ」 2013年7月24日放送 言葉数の少ない陸(髙橋來)に言葉の遅れがあるのではないかと託児所の職員に指摘された小春(満島ひかり)。 そんな中、小春は、陸が犬に興味を持っていることを知り、犬が散歩で立ち寄る早朝の公園へ陸と望…... [続きを読む]

« 《SUMMER NUDE》☆03 | トップページ | 《半沢直樹-第一部》#03 »

最近の写真