無料ブログはココログ

« 《ガリレオ2》☆最終話 | トップページ | 《半沢直樹-第一部》#01 »

2013/07/04

《Woman》#01

(あらすじYAHOO!TV)

小春(満島ひかり)は、20歳のときに信(小栗旬)と出会って結婚。
子供も生まれ、幸せな暮らしを送っていた。
しかし、信が不慮の事故で亡くなり、小春は二人の子供・望海(鈴木梨央)と陸(高橋來)を抱えるシングルマザーとなる。
小春は、信の分まで子供たちを愛し、守り抜く決意をするのだった。

小春が一人で生計を立て、子供を育てるのは簡単なことではなかった。仕事を掛け持ちして必死で働くものの家計は苦しく、小春はアパートに子供たちを残して深夜も仕事に行くようになる。小春と子供たちがふれあう時間はなくなり、生活はすさんでいく。
ついに料金未払いで電気を止められてしまうほど困窮した小春は、生活保護申請をするために福祉事務所を訪ねる。小春からの相談を受けた福祉事務所職員は、小春に収入があることや配偶者の死亡の理由を訊ねるなどし、何かと生活保護に難色を示す。さらに親族からの援助の有無について聞かれた小春は、父は死に、母とは20年会っていないと答える。小春の実母・紗千(田中裕子)は20年前に小春と父を残して好きな男(健太郎:小林薫)のもとへ走り、それ以来、小春と紗千は絶縁状態だった。
生活は苦しくなる一方で、ギリギリまで追い詰められる小春。そんな状況になってやっと、福祉事務所員のひとり、良祐(三浦貴大)が小春たち家族が生活保護の対象になると認める。しかし、福祉事務所からの照会に紗千が小春への援助の意志を示したため、生活保護申請は認められないという。
生活保護を受けるために、小春は20年ぶりに紗千と会う決心をする。紗千の家を訪ねた小春は、紗千の再婚相手・健太郎と顔を合わせる。健太郎は、紗千が小春と父を捨ててまで選んだ男だった。そこで小春は、健太郎から意外な話を聞かされる…。

cast 

青柳 小春(27) 満島 ひかり
 
植杉 紗千(56) 田中 裕子
 
青柳  信(31) 小栗 旬 
 
砂川 藍子(25) 谷村 美月
 
植杉  栞(19) 二階堂 ふみ
 
砂川 良祐(26) 三浦 貴大
 
蒲田 由季(26) 臼田 あさ美
 
澤村 友吾(35) 高橋 一生
 
青柳 望海(6)  鈴木 梨央(子役)
 
青柳  陸(3)  高橋  來(子役)
 
植杉 健太郎(58) 小林  薫

小春は、荒川線の駅で信と出会った。そして結婚した。1年働き、半年世界の山を踏破していた信だったが、家族のために仕事を選んだ。望海と陸が生まれて幸せの絶頂期に信が死んだ。
 
2人の幼子を抱えての生活はいくら頑張るとは言え、苦しかった。
 
ガソリンスタンドの仕事は、陸が発熱して、携帯がないため連絡とれず、首になった。
 
掛け持ちでやっていたバイト先で同じようなシングルマザーと知り合った。行きつく先は、風俗か、再婚だと言われて、昼間の居酒屋のバイトをし始めた。週一で夜もできるならと言うので、働きだしたが、望美は小春のスキンシップに飢えていた。だが、小春には、毎日の生活費がじり貧で、すぐにお金が入用だった。いよいよとなり役所に生活保護の申請に行ったが、自分を捨てて行った母が存命で、生活費を面倒見ても良いと言われたとかで、申請は却下された。自分の食い扶持にまで金が回せず、却下した区役所の砂川にいくらでもいいから金貸して、と言って500円もらったが、貧血で倒れた。
 
どうしようもなくて別れた母の元へ行った。すると信が結婚の報告と子供ができた報告をしに顔を出したことを母の再婚相手健太郎から聞いた。母との軋轢をどうにかしたいと言ってくれていた。だがもう信はいない。

 

母が、何も言わず、ソーメンを作ってくれた。それでも顔を合わさずに、小春は言った。
 
「彼に父親の聞こえてるかな?聞こえてたら怒ってるだろうな。だって言ってたし…
 
『父親の仕事は 子供に希望を伝えることだと思う。』
 
『母親の仕事は子供に愛を伝えることだと思う』って。だけど、私 母親から愛情なんて貰わなかったし。男の人は母性って言うけど そんなの無理。だって母性…そんなのホントに欲しがってるのは 女の方だもん。お母さんの愛が欲しくてたまらないのは 女のほうだもん。そういう、 そういうのを「大変」とか「いろいろ」とかそれちょっと違うんじゃないかなって」
 
「私にそういうこと言われても、…」
 
「夫は、…信さんは、死にました。3年前…駅で線路に 電車で。
 
転がった梨 拾おうとして線路に落ちたんです。」

 


 
望海と陸は健太郎に電話して遊びにおいで、おじさん,ナマケモノだからと望海を喜ばせた。
 
母に今でも信を愛してるし、愛されていると信じていることを語る。だが、その話にはまだ違う訳があった。信は、義母に会い、小春が妊娠したことを報告した。義母は、小春が大好きだからと、梨を沢山信に持たせた。その梨がホームに落ちて、拾わなくっちゃと線路に落ちて、死んだ…
 
それが分かっても母は、何も言わず、ソーメンをすすった。
 
やおら立ち上がると、金をかき集め、広告に包み、いくらもないけど何か買ってと小春のデイバッグに入れようとした。この期に及んでも小春は、いらないと突っぱねた。
 
生活保護の書類は、健太郎が記入して送り返したようだ。実の親子なんだしと言う健太郎に、私が捨てたんじゃない、あの子が私を捨てたんだと言った。扶養できないと書けと言って小春は、前を向いた。
 
帰り道、それでも素直に育った望海に癒されて、階段を上りかけて立ち止まった。何でもないよ、と言いながら泣き出した。座り込んでお父さんに会いたいよ、と泣く母に、望も悲しくなって大きな声でお父さん出てきてよと叫びながら泣いた。

 


 
信の遺影に水を変えて、横に愛用のカメラが置いてあった。それを買取の店に持っていった。¥47000になった。たまっていた支払いを済ませていると、陸がキャラメルを離さなかった。望海は、余分なものを変えない事情を知っているので、手からもぎ取ろうとしたが、泣きだした。レジに並ぶ年寄りが「いいんだよ子供が泣くのはあたり前だよ!」そう言って貰えて、ほっとした。陸は信が好きだったミルクキャラメルを買って貰えて、小春に1個あげた。この甘さが信との想いでだった。

 

 

 

逃げた。捨てられたと思っていた子。夫がそっと連絡を取り合ってくれていたために、母が持たせた梨が、ホームに落ちたために夢中になって拾った信。そのため命を落とした。
 
母がどちらも絡んで、幸せになれない小春。

 

写真館の青柳家の一家団欒を描いていた栞。小春の妹…

 

 

Moterより暗くなりそうです。

まどいせん、って「円居せん」一家団欒の意味だったんですね。

 

 

 

« 《ガリレオ2》☆最終話 | トップページ | 《半沢直樹-第一部》#01 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

cafeまこさん。
ご無沙汰してます(;^ω^)
>まどいせん・・・円居せん・・・
この歌の歌詞は知ってたはずなのに、この「まどいせん」の
部分に何の疑問も持たずに歌ってました(笑)。

小学生のころからなん緒疑問も感じていませんでした。
そうか、そんないみがと教えられましたよ。

>小春が二人の子ども、そして母とその家族と
一家で団欒する姿をいつか見られるのかどうか・・・

応援したいですね。

>てか、元々確執のあった母と娘なのに、夫の死に
母が関わってただなんて切な過ぎますよねぇ。

良かれ、と思ってやったことがこんなにも残酷な結果を残して…
見ていても胸に冷たい刃物が刺さりました。どう修復していくんでしょうか?

まどいせん・・・円居せん・・・
この歌の歌詞は知ってたはずなのに、この「まどいせん」の
部分に何の疑問も持たずに歌ってました(笑)。

小春が二人の子ども、そして母とその家族と
一家で団欒する姿をいつか見られるのかどうか・・・

てか、元々確執のあった母と娘なのに、夫の死に
母が関わってただなんて切な過ぎますよねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/57723842

この記事へのトラックバック一覧です: 《Woman》#01:

» 駅のホームで梨を拾ってはいけないWoman(小栗旬) [キッドのブログinココログ]
遠き山に 日は落ちて 星は空を ちりばめぬ きょうのわざを なし終えて 心軽く 安らえば 風は涼し この夕べ いざや 楽しき まどいせん まどいせん 「遠き山に日は落ちて」(作曲・アントニーン・ドボルザーク交響曲第9番「新世界から」第2楽章より、訳詞・堀内敬三) で、『Woman・第1回』(日本テレ... [続きを読む]

» Woman 第1話:命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ [あるがまま・・・]
辛過ぎる・・・ヽ(´Д`;)ノうう〜 夫を事故で亡くし、仕事を掛け持ちして必死で働くものの、家計は苦しいし、 保育料は高いし、子どもが急に発熱したところで、代わりに面倒を見てくれる人は いないし、深夜に働くとなると、子どもだけで留守番させる事になるし、 子ども...... [続きを読む]

» 満島ひかり「Woman」第1回★子供って邪魔なんだなぁ。子供って迷惑なんだなぁ。 [世事熟視〜コソダチP]
満島ひかり「Woman」第1回 坂元裕二作品で、満島ひかりとチビ八重(鈴木梨央)ちゃんがキャストされてるから視聴。 (今思うと、『八重の桜』は”チビ八重”の頃がピークだったかも知れんなぁ。) 小春(満島ひかり)と信(小栗旬)、小春と由季(臼田あさ美)の会話などを聞いていると、『それでも、生きてゆく』や『最高の離婚』を彷彿とさせる坂元裕二・脚本らしい会話のリズム感。 内容的には同氏の作品では芦田愛菜の『Mother』や、瑛太と満島ひかりの『それでも、生きてゆく』と似た肌触りかな。 −... [続きを読む]

» Woman「命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ」 [のほほん便り]
初回から、気合い入って!ました。 満島ひかり、田中裕子、小林薫と、役者さん達は実力派の芸達者だし、子供達は可愛くて、これまた可愛くて、演技力、抜群。よって、ますます、リアル。 今から、名作の予感だけど、「これもか!」に苦労と難儀が押し寄せてきそうな雰囲気ぷんぷんの辛抱シリアス路線のゆえ、かなり「人を選ぶ」ドラマになりそうですね。 個人的には、むしろ、周囲の反響に興味です (^^;)      (ストーリー) 小春(満島ひかり)は、夫の信(小栗旬)を不慮の事故で亡くし、二... [続きを読む]

» Woman #01 [ぐ~たらにっき]
『命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ』 [続きを読む]

» Woman 第1話 [レベル999のgoo部屋]
『命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ 内容 あの日、電車待ちをする高村小春(満島ひかり)が、 ふと。。。歌を口ずさんだのが始まりだった。 同じように待っていた青柳信(小栗旬)が声をかけてきて。。。。それが出会い。 一年働き、半年、世界中の...... [続きを読む]

» ドラマ「Woman」第1話あらすじ感想「命をか... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
この子たちを幸せにしてみせる---------!!視聴率13.9%夏期のドラマが始まりました!!初回から坂元裕二さんの脚本らしい台詞回しと、濃い内容で、あっという間の1時間だったなぁ。... [続きを読む]

» 【Woman】 第1話 初回感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
子供育てるのってホントは難しいことじゃなくて…。 …じゃないんだけど、難しいのはそれを1人ですることで。 お風呂もごはんも電車もみんな2人だったら簡単にできることが1人だと 急に難しくなる…なります...... [続きを読む]

» 「Woman」シングルマザーの現実1夫を亡くし2人の子供を育てるも限界を感じ生活保護を申請するも疎遠の母からまさかの援助の意志を示され小春は窮地に落とされる [オールマイティにコメンテート]
「Woman」は夫を事故で亡くしてシングルマザーとして2人の小さな2人の子供を育てる母親が20年前に別れた母親が援助を申し出た事で生活保護が受けられず困窮しながらも2人の子供のため ... [続きを読む]

» 『Woman』 第1話 [美容師は見た…]
タイトルからも、子役ちゃんの演技を見ても、坂元脚本&水田伸生演出プンプンで、田中裕子さん登場に『Mother』を思い出さない訳には行きません。あれから3年('▽'*)。。oO今回はどんなお母さん?小林薫さんが良かったですね~♪ここで会えるとは、これからも楽しみ!山本耕史くん... [続きを読む]

» Woman 第1話 [エリのささやき]
お父さん~出てきてよ~望海の泣き声に涙腺崩壊・・・すごいドラマでした。 [続きを読む]

« 《ガリレオ2》☆最終話 | トップページ | 《半沢直樹-第一部》#01 »

最近の写真