無料ブログはココログ

« 《ラスト シンデレラ》★08 | トップページ | 《空飛ぶ広報室》★08 »

2013/06/03

《TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~》#07、《35歳の高校生》#08

『TAKE FIVE』#07

ニセTAKE FIVE にしてやられた、帆村たちは、偽物の後藤の仕組んだ罠のため逮捕された新美を助け出さねばならず、思い切って勝負に出たが、後藤に、先を越され、ルクレツィアの肖像は、持っていかれた。その後藤も誰かに殺され、さらに絵も消えた。
 
正しい防犯ビデオの画像を貰って、新美は釈放された。それから、借りを返すべく、帆村が、一人で戦う姿勢を見せると、これこそチームで動くべきだと言い出した。仲間に頼ってもいいんじゃないかと諭された。

 

笹原の上司から、後藤の殺害現場に落ちていたピアスを見せられて、心当たりがあった。2年前窃盗で追っていて逮捕した一馬の特注ピアスだった。

一馬は、青山スタジオで、美術スタッフとして働いていた。で、TAKE FIVEは、スタジオ見学ツアーを始めた。
 
一馬は、笹原にいろいろ質問されても、もっとうまく逃げていればあんたに捕まらなかったのに、と保護観察中にもかかわらずちっとも人間的に成長していない言い方だった。だが、凶器として浮かび上がったくぎ打ち機も持っていたので、逮捕して尋問すると言う話を、延期させた。


 
大道具の見回りをした新美は、白布が掛けられた絵を見てルクレツイアの肖像がそこにあると驚いた。一馬と遣り合った時、ポケットからピッキングの道具をさらった。ルクレツィアはセットの絵として一馬が描いた。

 


 
帆村は、一馬の犯行にしては、計画が大きすぎると、背後に誰かいることが匂った。

笹原も一馬が何かしているとは思えなかった。時代劇ばかり出ていた銀次郎が刑事役で現代劇に出ていた。岩月がきちっとしたいと意見を言うと、どんどん言ってくれと呼ばれた。
 
一馬の釘打ち機から、後藤のDNAが出たので、笹原を除いて、出向いた。そこに新美が来て、照明のライトと白い布を持った2人が、セットに向かった。銀次郎にマネージャーからのセリフを聞こえないようにして、帆村が語らせた。プロデューサーの裏金要求と、美術会社の困窮を知っていた一馬が、金庫から裏帳簿を盗みに行き、それをコピーし、戻そうとしたときに美術会社の社長に見つかった。戻すところだと言うのに、触ってはいけないところに触った社長が警報を鳴らしてしまった。警報が鳴った報告を受けたプロデューサーは中身を確認して、誤作動だと言った。それを銀次郎の口から語らせた。プロデューサーの要求はさらに吊り上げられ、社長は、もうお手上げだった。それを知っている一馬はコピーしたUSBメモリーがあることをほのめかした。
 
銀次郎は、引き出しからナイフを取り出し、新美はルクレツイアに照明を当てた。絵が切り裂かれ、中に赤いUSBメモリーがあった。互いに相手を思うゆえの嘘だった。笹原は、殺人ではなく、窃盗なので私が逮捕すると言った。

さらに夜中に集まるバーに、また笹原が顔をだし、証拠をつかんで絶対逮捕すると宣言した。

 

*****
 
今までの感想は、こちら

『担任の災難』(あらすじYAHOOTV

小泉(溝端淳平)は、国木田高校のインターネット裏サイトの監視を命じられる。
 
そんな中、小泉は衛藤(森川葵)から、ストーカー被害を受けているので恋人のふりをしてほしいと頼まれる。さらに衛藤は、小泉に「好きです」と告白し、積極的にアプローチを開始。
 
翌日、3Aでは、恋人同士のような小泉と衛藤が映った写真を見て正光(菅田将暉)たちが騒いでいた。小泉は逆上。亜矢子(米倉涼子)は、今まで見たことのない小泉の態度を不審に思う。小泉が衛藤と距離を置こうとすると、ショックを受けた衛藤は自殺騒ぎを起こし、小泉と衛藤の恋愛騒動は学校中に広まってしまった。さらに、裏サイトでは小泉が前任校の女子生徒と抱き合う様子を映した動画も一緒に公開されて―――
+++++

 

担任小泉の、スクールカースト 1軍へのえこひいきがすごく、2軍3軍に分類さされてしまった連中から不満の声が上がり始めて居た。そこに、衛藤から、ストーカーの相談があった。衛藤は、ラブホ街をわざと歩きカメラの被写体として最適だった。
 
翌日の裏サイトは、今からラブホに行きますと言う感じの小泉と、衛藤が写っていた。
 
送ってくれた小泉にお礼と言って、お弁当を作ってきた衛藤だったが、これはまずいと、小泉が亜矢子を呼び、付き合っていると言い出した。衛藤は「死ね」ということかと飛び出した。小泉は、前の学校でも2軍みたいなやつらの罠にはまり、追い出された。
 
全く同じパターンだった。小泉は、散々悪態をついて、学校から飛び出した。夜中に心配するクラスメートたちが大挙して学校に来た。見回ってきたときは、いなかったのに、2階の窓から、縄に首を開けようとする衛藤が見えた。皆で慌てて走った。
 
亜矢子が衛藤に聞くと、靴箱に黒地に白いハートマークのカードが入っていた。そこには、どんどんエスカレートした要求が載っていた
 
1軍は面白くなかった。そこでチェーンをもって、クラスの連中を脅しにかけた。珍しく学校を休んだ彩小に舞から助けてのメールと写真が届いた。噴水のある公園で、就職状況を見る小泉を見つけた。小泉には、衛藤が縛られて写っていた。
 
小泉の小学生の時の文集が、靴箱に入っていたが、それを読んでそんな担任なんかいらないと騒ぐクラス。だが最後まで読むと生徒を信じる担任になりたいと書いてあった。学校に行くと衛藤がいなかった。小泉に来たメールには、近くの漁港の段ボールが写っていた。
 
車で駆けつけると、漁船に移動するためナイフを出したストーカーに悲鳴を上げる衛藤。対岸なので、お化けと水が怖い小泉が思い切って飛び込んだ。亜矢子が駆けつけるとナイフを振りかざして向かってきたが、足元の縄を引っ張るとすぐに海に落ちた。
 
警察の調べによると、ストーカー男は、衛藤の名前も顔も知らず、ネットで見知らぬやつから命令された。それだけで、ストーカーになるのでしょうか?

 


 
回を重ねて、何が分かったのだろう?

 

 

 *****
今までの感想は、こちら

 

« 《ラスト シンデレラ》★08 | トップページ | 《空飛ぶ広報室》★08 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/57514131

この記事へのトラックバック一覧です: 《TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~》#07、《35歳の高校生》#08:

« 《ラスト シンデレラ》★08 | トップページ | 《空飛ぶ広報室》★08 »

最近の写真