無料ブログはココログ

« 《TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~》#最終話 | トップページ | 《空飛ぶ広報室》★最終話 »

2013/06/23

《35歳の高校生》#最終話

『衝撃の最終回2時間SP!』(あらすじYAHOO!TV)

亜矢子(米倉涼子)に対する3年A組での“魔女裁判”が続いていた。正光(菅田将暉)は、これまで3Aに起こった事件と同じ内容が記された亜矢子の古いノートを突き付け、事件はすべて亜矢子の自作自演だと追及する。それに対して無実を訴える亜矢子。そして、そのノートが亜矢子の母・依子(手塚理美)の日記だと明かし、ノートに秘められた真実について語り始める。それは、亜矢子が35歳で高校生になった理由でもあった。亜矢子の悲しい過去を聞かされ、生徒たちは言葉を失う。正光の追及はさらに続き、阿佐田(渡哲也)のスパイとして3Aを使った実験に加担していたのではないかと亜矢子を責める。生徒たちは、亜矢子を信じるべきなのか、迷う。
 
裁判の途中、正光が休憩を入れると言い出した。休憩に入ると亜矢子は正光に、屋上へ呼び出される。正光は「俺だけには本当のことを話せ」と亜矢子に迫る。正光は、これまでの事件を仕掛けたのは亜矢子ではなく、亜矢子が誰かをかばって黙っていることに気付いていた。話さないなら生徒たちを吊し上げて聞き出すと亜矢子を脅す正光。そこへ阿久津(山崎賢人)が現れ、全部自分がやったことだと告げる。阿久津は、正光の喉元にナイフを突き付けて教室へ向かう。3Aだけでなく学校中が大騒ぎになる中、阿久津は3Aに起こった事件は自分の仕業だと告白。事件を起こした裏には、阿久津のスクールカーストへの思いが隠されていた。
 
胸の内をすべて語った阿久津は、正光を殺そうとする。必死で逃れる正光を追い詰め、ナイフで刺す阿久津。その前に亜矢子が立ちはだかり、阿久津の向けたナイフは亜矢子に突き刺さる…。
 
亜矢子が35歳で高校生になった本当の理由がついに明かされる! 
 
そして、3年A組を守ろうとする亜矢子に起こった最後の危機の行方は!?
cast
馬場亜矢子:米倉涼子 小泉純一:溝端淳平
長峰あかり:片瀬那奈 蜷川真樹夫: 升毅
黛 有紀:横山めぐみ 野田芳男:榎木孝明 
阿佐田幸信:渡哲也

(
生徒・五十音順)
上遠野太洸 北山詩織 小島藤子 新川優愛
菅田将暉 高杉真宙 西井幸人 野村周平
広瀬アリス 藤原令子 水野絵梨奈 宮崎香蓮
森川葵 山崎賢人

魔女裁判の渦中にいた亜矢子。
 
古い日記帳を前に、責められる亜矢子。このノートに書かれていることがドンピシャでおきているので、阿佐田のミッション通りに亜矢子が動いていると、おばさんを連呼された。友達たちも泣きそうな顔をしているが真実を知りたがっていた。私は母の日記を現実にするためにこの学校に来た!


 
こわれてしまった母の頭の中で、亜矢子はキラキラ輝いた娘になっていた。それでも部屋から出られない亜矢子に「阿佐田が、母のかなえられなかった思いをかなえるんだと背中を押した。
 
だが、亜矢子を疑う目はさらにほかの生徒たちを浸潤していった。


 
正光が屋上に亜矢子を呼び出した。亜矢子の裏に誰がいるか教えろと迫った。
 
そこへ阿久津が来て飛び出しナイフを正光に突きつけ教室へ行こう、皆の誤解を解いてやるよと、亜矢子に言った。
 
パソコンで見ていた教師たちも飛んできた。阿久津は、全部自分がやったと告白。
 
スクールカーストのランキングを操っていたもの、トイレの張り紙、山下を階段から突き落としたのも、猿渡先生の冤罪をでっち上げたのも、駅伝部の暴力事件、教育委員会への告発、ティーンコートの盗撮、衛藤をそそのかしたのも、楽しいキャンプをサバイバルキャンプに変えたのも,全部僕がやった。
 
「犠牲者を出すことによって、スクールカーストの恐ろしさをみんなに分かってもらおうと思って。」
 
「阿久津君 あなたはスクールカーストというものを使ってこの学校を支配したかったの?」(あかり)
 
阿久津は逆だ、スクールカーストは人を狂わせる、だけどみんなはその怖さを知らない。阿久津には2つ上の姉がいた、笑うと顔がくしゃくしゃになる。優しい自慢も姉だった。阿久津が中学に入ってすぐ先輩に目をつけられた。お前の何を考えてんだか分からない顔がムカつくと。そんな彼を姉が助けた。するとターゲットが姉になった。3軍の烙印を押され、いじめられた。どんどんエスカレートして、やがて姉は耐えきれなくなって、校舎の屋上から飛び降りた。日記のは『スクールカーストって何?1軍って偉いの?3軍は生きる価値がないの?』だから阿久津は誓った。僕が敵を討つ、学校からスクールカーストをなくす。
 
阿久津は馬場を仲間だと思った。土屋は馬場を侮辱した、やりすぎた。そんん亜枯には罰を与えなきゃいけない。スクールカーストの頂点に立つ君が退場することによって僕の計画が完了する。
 
正光が逃げた。追い詰めた阿久津はナイフを持って突進した。亜矢子が間に入った。そのままナイフは亜矢子に刺さった。
 
「どうして?」「もったいないよ。今しかないんだよ。誰だって 今しか。もったいないよ。そんな風にせっかくの高校生活そんな風に送っちゃダメ。ちゃんと卒業するんだよ…あんたは」そう言って崩れるように阿久津の足元にぶつかって倒れた。クラスは騒然。すぐに警察と救急車が来て、3人は別々に運ばれた。

 

病院で、付き添った小泉が意識がまだ戻らないが命には別条ないと報告し終えると、阿佐田があかりの解除で車いすに乗って来た。実はあかりが教育委員会からの申し入れでスパイしていた。亜矢子が疑われて申し訳ないと詫びた。

マスコミで国木田高校は絶好のカモにされて騒がしかった。
 
通常授業が始まったが、亜矢子を信じ切れなかったクラスメートは、中途半端な気持ちの中で揺れ動いていた。すると、昨日お見舞いに行った小泉が、もう無理に退院していた。看護師に託された封筒を見せた。『退学願』と書かれていた。

国木田高校は、阿佐田の提唱するクラス制度を廃止することになった。単位制でいじめをなくすためだ。
 
それを生徒に伝えているところに休んでいた正光が来て分厚い封筒を持ち、ババアからきたと言った。


 
亜矢子は、島にわたって、空いていた昼食屋を開きだした。
 
『3年A組の皆へ。
 
皆は元気にしているでしょうか?
 
皆と会わなくなってから随分と時間が経ってしまいました。
 
私は結構元気でやっています
 
自分での意外なくらい。
 
本当はもっと早く手紙を出そうと思ってました。
 
だけどいざ便箋に向かうと何を書いていいのか分からなくて
 
私は見なに3つ謝らねばならないことがあります。
 
1つめは何も言わず、姿を消してごめんなさい。
 
病院でこれからどうするべきかずっと考えました。
 
やっぱり皆には合わせる顔がない。笑って「久しぶり」とか
 
言って学校に行けばよかったかもしれないけど
 
私にはそれができませんでした
 
2つめは今までずっと本当のことを隠してきてごめんなさい。
 
皆に話したことは全部本当です。私は母親の日記を現実にするために
 
国木田高校に来ました。そのことを黙っていてごめんなさい。
 
言い訳しようもありません。母親のために、日記のために高校生活を
 
送ってそして卒業すればいいそう思ってました。それ以外の目的は
 
ありませんでした。だけどいつの頃からか 皆と過ごす生活が
 
キラキラとした掛け替えのないものになっていきました。
 
ベンジョメシしていた長谷川さんと屋上でお弁当を食べられたこと
 
ピエロだって言ってた山下さんが 本当の笑顔を見せてくれたこと。
 
三枝君と、大竹君が本気でぶつかり合い辛酉の絆を取り戻してくれたこと。
 
猿渡先生の無実を飯証明しようと皆で頑張ったこと。いつもは偉そうしている
 
1軍にも悩みがあるんだって分かったこと。
 
皆で作り上げた文化祭はすっごく楽しかった。
 
駅伝部が続けられることになって ほんのちょっとだけ力を貸せたかもって
 
嬉しくなった。1軍女子のトップにいる工藤さん、実は孤独を感じてたなんて
 
考えもしなかった。あの時お礼を言ってくれたこと絶対に忘れない。
 
衛藤さんを助ける事が出来てほっとした。小泉先生の情熱もひとかけらだけど
 
見ることができたし。
 
キャンプでは、湯川君と初めて話せた。皆が頑張ってくれるのは本当に
 
胸が熱くなった。初めはたしかに母親の為だった。だけど 気づけば…
 
私は国木田高校での生活が大好きになっていました。
 
皆のことが大好きに。
 
けどその思いが強くなればなるほど皆に対して申し訳ない気持ちで
 
一杯になっていたのも事実です。私は 本当の姿を見せていないって
 
心が苦しくってしょうがなかった。
 
だから土屋くんには感謝してる。あなたが私に本当の自分を見せる
 
チャンスを与えてくれた。
 
土屋くんがいなければ 私は偽りの自分のままきっと今も 苦しみ
 
続けていた。
 
きっかけを作ってくれた土屋くん。どうもありがとう。
 
あなたは皮肉屋だから嫌みに捉えるかもしれないけど本当です。
 
今のクラスが 土屋くんにとっても居心地がいいものであって
 
欲しいって そう、心から願ってます。
 
1軍とか2軍とか、そういう意味のない鎧を脱いだ皆なら
 
きっと、そんなこと簡単だって。
 
友達100人作ることも無理だったけど 3年A組27人
 
渡しを抜いて 26人の友達ができたことは私の一番の
 
誇りです。
 
3つめのごめんなさい。
 
学級委員なのに やりとげられなくてごめんなさい。
 
残念だけど 皆は私の分まで卒業して下さい。
 
って日本語おかしいか。
 
卒業の日まで、皆の高校生活が充実したものであることを
 
祈ってます。
 
最後に …皆は私にとって、とってもステキなクラスメイト
 
でした。
 
ありがとう。
 
オバサン 馬場亜矢子より。』


 
里奈が、クラスを作らないと言う決定は嫌だと言い出した。A組があったから馬場亜矢子と会えたと言った。皆の気持ちがまとまった。授業中なのに、職員室に立てこもった。
 
湯川は、校内放送で、クラス制の存続を訴えた。だが、教師たちに捕まった。
 
バリケードを作り始めていたほかの生徒たちは、突破されそうになったが、教室に残っていた正光、連が手を貸した。


 
学校は静まり返っていた。なんで、亜矢子が正光に手紙を出したのか?皆がヵんが得ていた。きっと正光がクラスに戻るきっかけを考えてくれたとそう思った。
 
突然正光は、ごめん、今まで、…そういって泣いていた。連も一緒に頭を下げた。だが、殴らせろと言ったいけんもあったが、涙を流す正光を見て顔にいたずら書きをされた。

学校側が警察に通報してバリケードが壊された。興奮気味の生徒たちは卒業できなくていいとまで叫んだ。だが担任の小泉は馬場に向かってそう言えるかと頭を冷やさせた。

誰もいなくなった職員室で、小泉は、茫然自失。それを見ていた蜷川がこれでいいのかと思ってるでしょ?と聞いた。「クラスはバラバラ。卒業できない生徒もいる。うん…よく言うでしょ。『先を生きるから、先生』って。だったらあんたが率先して動かなきゃ。後悔はしない方がいいよ。なにクサいこと言ってるんだ。思ってるでしょ!」「思ってません。」

阿佐田教育長のところに亜矢子の居場所を聞きに行った。なぜそこまでするのか?と聞かれ、あなたはなぜそうしたのかと聞いた。亜矢子の担任ふぁからと応える阿佐田に僕もですと言った。
 
少年院に阿久津を迎えに行き、ほかの生徒たちは、できる限りのことをした。テレビに写る伝言板に大きな文字で書いて出演。ティッシュ配りまでし、路上ライブする2人は亜矢子の名前を入れて歌った。
 
阿久津が、ネットを見ていて、亜矢子を見つけた。

国木田高校委では25年度の卒業式が始まっていた。皆が埋まらない2つの席を見ていた。
 
ややしばらくして体育館のドアが開いた。亜矢子が来た。
 
クラスを無くすことについての意見を言った。今ここに戻ってこられたのもクラスがあったからだ。そして最高のクラスメイトがいたから。
 
クラスがあるからこそ、価値観の違うひとたちと過ごすことができるが、価値観の同じ人とだけ一緒に居ると、もしかしてその人の世界を狭くしてしまうのかもしれない。
 
私はクラスが好きですクラスメイトの皆が好きです。だから、みんなと会うことができたのはとてつもなくラッキーだった。神様からのプレゼントだって。


 
阿久津が入れないでいるのを正光が迎えに来た。
 
クラスメイトから「お帰り」と口々に言われ、「ただいま」と嬉しそうに答える亜矢子。
 
出席日数が不足で春休み一杯補習が待っていた。
 
最後の日、卒業証書が渡された。クラスメイトが全員制服姿で飛び込んで来た。
 
校長以下も集まり拍手してくれた。
 
こんな大団円で、良かったのでしょうか?それにしては2時間は長すぎました。

*****

今までの感想は、こちら

« 《TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~》#最終話 | トップページ | 《空飛ぶ広報室》★最終話 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/57652611

この記事へのトラックバック一覧です: 《35歳の高校生》#最終話:

« 《TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~》#最終話 | トップページ | 《空飛ぶ広報室》★最終話 »

最近の写真