無料ブログはココログ

« 《ガリレオ2》☆08 | トップページ | 《35歳の高校生》#08 »

2013/06/08

《ラスト シンデレラ》★09

『オレはお前が好き』(あらすじYAHOO!TV)
(篠原涼子)は、志麻(飯島直子)や美樹(大塚寧々)とともに公平(遠藤章造)が運び込まれた病院へ駆けつけた。待合室では、節子(野川由美子)らが手術が終わるのを待っていた。自宅へ戻った桜は、手つかずのまま残されたピザを持って凛太郎(藤木直人)の部屋を訪ねる。ところが凛太郎は、桜の誘いを断りドアを閉めてしまう。  同じ頃大神家では広斗(三浦春馬)、千代子(菜々緒)、瑠璃(筒井真理子)が重苦しい雰囲気のなか、隆志(名高達男)の帰宅を待っていた。やがて帰ってきた隆志は、広斗がいるのを見ると表情を一変させ、家から出ていけと命じる。  桜が自宅でひとりピザを食べていると広斗がやってきた。いつもと様子が違う広斗は、いきなり桜にキスをした。桜は戸惑うが、広斗はキスを止めようとせず、そのまま桜を抱きかかえベッドへ連れていく。その真剣な表情に、桜は広斗を受け入れる覚悟を決め…。  別の日の夜、凛太郎が帰宅すると、マンションの入口に千代子が立っていた。仕方なく千代子を部屋に招いた凛太郎がキッチンにいると、千代子は下着姿になっていた。慌てた凛太郎に背中の大きなやけどの痕を見せた千代子は、自分を抱いてくれと凛太郎に懇願する。  後日、桜は広斗のBMXの練習を見守っていた。やがて休憩時間になり、桜のところへ来た広斗は全国大会で優勝したら自分と結婚してほしいとプロポーズした。指輪まで差し出された桜は…。 

CAST

 篠原涼子 :遠山桜  三浦春馬 :佐伯広斗 
大塚寧々 :武内美樹  遠藤章造 :武内公平 
菜々緒 :大神千代子  橋本さとし :遠藤健一 
NAOTO(EXILE)
 :柏木智則 滝沢沙織 :松尾のぞみ 
平田薫 :柴田春子  野川由美子 :武内節子    
飯島直子 :長谷川志麻  ・ 藤木直人 :立花凛太郎








広斗が桜を好きになり、なんと凛太郎まで、自覚症状がないまま、桜が好きだった。
 
元カノに言われてそうなのかと認めるなんてねえ…
 
美樹の夫、公平は虫垂炎で、緊急オペ。また姑のチクリと一刺しが始まった。
 
家族みんなで待っていると言うことになって、桜は志麻とSOBARへ。美樹の旦那と分かってからは、いつもの気持ちは消えたが、美樹に内緒で会っていたのは、誤解の元だった。志麻ネエには、性的な関係抜きで付き合える男友達がいなかった。
 
桜は凛太郎がいるからいいねと言われて、マンションに帰ると、醒めたピザが2枚置いてあった。
 
それをもってキンキンに冷やした缶ビールを乗せて、一緒に食べようと思ったが、凛太郎は変異意識してダメ。


 
広斗は、桃のため父の面目をつぶし、帰宅した父に罵倒されて家を出た。
 
桜が広斗に電話すると、すぐに出て、なんと桜のキッチンから出てきて、いきなりキスをし、そのまま桜をベッドに運んだ。
 
桜は、されるがままだった。2人が動くたび、ベッドは軋んだ。


 
朝、目覚ましが鳴る前に起きて、初めて仕事に行きたくないと思った。
 
(川柳)どっち取る? 仕事と恋なら もちろん恋


 
廊下に出て、行ってらっしゃいのキスをしていると、凛太郎が浮かない顔して出てきた。

広斗は、練習中に、アメリカへ留学しないかと誘われた。だが、今は、金になる仕事を探してると言って、結婚でもするのかと言われた。
 
美樹は、夫が軽い糖尿と聞いた姑にまた小言を言われたが、今度は、公平が庇った。こいつは家族のために毎日飯作ってくれてたんだ。全部手作りだった。それでも文句言うならいくらおふくろでも家に置いておけないと。
 
義母は、埼玉の義兄に電話するも奥さんの言うなりで、戻って来いとは言わない。美樹は、姑という言葉が怖くて逃げていたが、好きになった人のおかあさんだから、全部は無理でも少しは気の合うところもあるかもしれない。そういうところを見つけてみませんか?
 
そういって姑を泣かせた。


 
3人会。桜は、タコ焼き。全部外れで、辛かった。美樹は姑が布団を新しくしろと言い出した。
 
(川柳)気づいたら 四半世紀を トモに生き(感慨)


 
スタージュエリーで、公平と広斗がぶつかった。
 
広斗は、公平に奥さんとなぜ結婚したのかと聞いた。一生一緒に居たいと思ったから、そう答えた。

 

SPBARで、健一にいつから気づいていた?と聞いたが、そんな凛太郎の気持ちを桜が気づいてないんだよねと言った。
 
帰りに階段のところで千代子と会った。マンションに連れて行き、コーヒーを入れていると、下着姿になっていた。
 
傷跡を見せて、醜いでしょうと迫った。凛太郎は、ほんとに千代子を好きになった人ならこれっぽっちも気にならないと言った。それより、心の傷が気になると言った。だが、千代子は、あきらめきれず、出て行った。


 
自転車の練習をする広斗に、水の差し入れをする桜。乗ってみたらと言われて、夫っとと言いながら、漕いで行く桜の後ろ姿から,ふいに広斗は叫んでいた。全国大会で優勝したら、結婚してくれない?振り返る桜。ポケットから指輪の入れ物を出して、桜に駆け寄り、
 
「大会で優勝したら、自転車は趣味にして 就職する。最初は苦労かけると思うけどオレ、まじめに働らく
 
「ありがとう すごくうれしい。だけど私はすぐ40になるのよね。」「そんなのわかってる」「わかってないよ。夢をあきらめて欲しくない。」「俺さ、桜さんみたいな子供欲しいんだよね。純粋でまっすぐで カワイイ子 それで俺と桜さんで目一杯愛情俺注いであげて俺が経験してきたのとは違う 幸せな子供時代を送らせてあげたいんだ。それには桜さん、必要なんだ。俺の夢かなえてよ、お願いします」
 
桜の手が指輪に伸びた。「はい」受け取ってくれて広斗はやったと喜んだ。
 
その夜ベッドインしていると千代子から電話が掛かったが、出なかった。
 
「誕生日おめでとう」「ありがとう」
 
広斗が、送っていくと、凛太郎と会った。不純な動機で付き合いだして、幸せになるとは思えない

という凛太郎に、桜さんは俺が守ると言い切った。階段の下にはひねくれた千代子が話を聞いていた。
 
店のみんなに指輪を見せびらかし、夜は、広斗と過ごすと切って皆が羨ましがった。だが店の皆はサプライズパーティを企画していた。(川柳)好きなこと できるこの歳 割と好き()


 
凛太郎は、皆に頼まれて、桜にプリンターが壊れたからと仕事を押し付けた。
 
凛太郎はその間に社長に移動願いを出した。

 

志麻はフェイスブックでお見合いの相手を募ったら30人くらい来た。SOBARで集団お見合いをっすると言い出した。


 
公平は、美樹に遅ればせのプロポーズををした。

 

店に残っている桜に千代子が、広斗とのいきさつを話しに来た。


 
かなり遅くに桜が萎れてきた。
 
千代子に言われて、近づいた広斗のことを言い出した。
 
広斗にこたえてと詰問。何も言えなかった。
 
あれだけバレナイようにしろと言ったろうと、凛太郎が広斗をぶん殴ろうとしてかわされた。

俺にも関係があるんだと言う凛太郎。され、これはどう収拾ががつくのでしょう?

 

 

*****
今までの感想は、こちら

 

« 《ガリレオ2》☆08 | トップページ | 《35歳の高校生》#08 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/57549465

この記事へのトラックバック一覧です: 《ラスト シンデレラ》★09:

» ラスト・シンデレラ 第9話★三浦春馬の「お姫様抱っこ」再び、ブラック菜々緒が秘密を暴露 [世事熟視〜コソダチP]
ラスト・シンデレラ 第9話 「オレはお前が好き」 前回、胃の上あたりを押さえて悶絶した挙げ句、倒れて救急車で病院送りになった公平(遠藤章造)は、虫垂炎でした。 抑えていた場所から胃潰瘍とかそんな病気を予想していたのに、盲腸だったとは大どんでん返し。 最近の『ガリレオ』なんかより意外性のある結末!? (グダグダ・ミステリと成り果てた『ガリレオ2』に『ラスト・シンデレラ』の感想で嫌味を言っても仕方が無い。) −◆− 桃(市川由衣)の”嘘自殺”のせいで就職面談をドタキャンした広斗... [続きを読む]

« 《ガリレオ2》☆08 | トップページ | 《35歳の高校生》#08 »

最近の写真