無料ブログはココログ

« 《ガリレオ2》☆07 | トップページ | 《TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~》#07、《35歳の高校生》#08 »

2013/06/01

《ラスト シンデレラ》★08

『さよなら…そして、ありがとう』(あらすじYAHOO!TV)
(篠原涼子)は、元恋人・かすみが現れたことで動揺する凛太郎(藤木直人)を意外に思う。そんな夜「SOBAR」にいた桜と美樹(大塚寧々)は、健一(橋本さとし)から凛太郎とかすみの過去の話を聞いていた。するとそこへ、志麻(飯島直子)がやってくる。志麻に気づいた美樹は、席を立ってしまう。凛太郎の自宅で過ごしていたかすみは、仕事から戻った凛太郎を妻のように迎え入れる。別の男性と結婚したものの凛太郎が忘れられなかったと明かしたかすみは、凛太郎の背中を抱きしめ…。  翌日、広斗(三浦春馬)が客として「HAPPY-GO-LUCKY」にやってくる。桜がカットを担当し、楽しげにやりとりをするふたり。一方、凛太郎は集中力を欠き、スタッフからも不審がられる。同じ頃、公平(遠藤章造)と会った志麻は、美樹が未だ自宅に戻っていないことを知り責任を痛感する。そんな公平は腹部に違和感を覚え…。 カットを終えた広斗は、千代子(菜々緒)に就職活動用の服を選んでもらっていた。そんななか千代子は、かすみが現れて以降、凛太郎の様子がおかしいのだと言い、自分と凛太郎の邪魔をしたら許さないと怒りをあらわにする。  別の日、「HAPPY-GO-LUCKY」に差し入れを届けに来たかすみが店の外階段を降りていると、かすみを突き落とすかのように背後からスッと手が伸びる。そこに居合わせた桜は…。

cast
篠原涼子 :遠山桜  三浦春馬 :佐伯広斗 
大塚寧々 :武内美樹  遠藤章造 :武内公平 
菜々緒 :大神千代子  橋本さとし :遠藤健一 
NAOTO(EXILE)
 :柏木智則 滝沢沙織 :松尾のぞみ 
平田薫 :柴田春子  野川由美子 :武内節子    
飯島直子 :長谷川志麻  ・ 藤木直人 :立花凛太郎


凛太郎の方も、元カノかすみが現れ、一番落ち着きがなかった。
 
結婚したが、今離婚調停中で、目の前に現れたものだから集中心を発揮できない。おまけに実家では、兄家族がいるためゆっくりできないとかすみは言いだし、今日はとりあえずと、凛太郎のマンションへ。それでも職場の誰もが、あんな取り乱した凛太郎を初めて見た。ヘヤーカラーに来ていた、千代子は、気が気でない。
 
(川柳) 未練ある?昔の恋や あのころに


SOBAR
 で、桜は美樹と一緒に健一に凛太郎の元カノが来たことを話した。中学時代の先輩だったかすみ。高校を出てから付き合いだして、10年以上になった。途中同棲したりしていたから、てっきり結婚するものと思っていた。
 
そこへ、志麻ネエが現れ、美樹は、先に消えた。後を追う桜。


 
凛太郎が、帰宅すると、主婦顔のかすみは、優しく迎え、一緒ウイスキにウイスキーを飲み始めた。結婚してからもずっと凛太郎が忘れられなかったといわれても、どんどん覚める凛太郎。出て行ったのは、かすみの方だった。
 
終わらせたくなかった、あなたとはずっと恋をしていたかったから。そういうと、凛太郎の背後に回り凛太郎を抱きしめた。親~、凛太郎もその気になってキスのお返し…


 
翌日は桜がそわそわ。広斗が、初めて桜に髪をカットしてもらいに来ました。でも凛太郎が、かなりボーっとしているのに、気付いた。
 
桜が若返ったのか、2人を歳の差カップルとは思えないとスタッフが声をそろえた。
 
志麻は、公平を呼び出し、誰彼かまわず誘っていたつくが来たと沈痛な面持ち。
 
(川柳)年食えば 大人になるとは 限らない

桜は、広斗と明後日のホテル息を再確認。


 
桜は、凛太郎の落ち込み方が普通じゃないのをおかしいと思い出していた。
 
志麻は、早く美樹が公平の家に帰ってほしいと、SOBARに呼び出したかったが、美樹の作った夕飯に連られた桜がうまく連れ出せなかった。
 
美樹は子供たちと会うために放課後待ち伏せた。いつ帰るのとせがまれて、もう少しと体裁を繕った。


 
かすみは、二分の居場所を確保するかのように、凛太郎の職場に食事の差し入れをした。
 
階段で、母親にまた友達のところに泊まると電話していた。後ろから千代子が手を伸ばしたが、桜に止められてSOBARに連れて行かれた。千代子は、話がしたかったと言った。きれいごとだけで過ごしてきた桜とは話が合わないと言って帰った。
 
人間長くやってると、そんなきれいごとばかりじゃ済まないですよね。


 
さて、ホテルでのデートの日、広戸は、千代子に選んでもらったストライプのシャツと、ブレザー、桜は、サーモンピンクのワンピースと、おそろいのひーつの靴。白いバッグ、お互いに惚れ直した。
 
広斗が予約したホテルは、初めて2人が出会った場所。その階段で、広斗は膝まづき「ようこそ、僕のシンデレラ」と手を取った。
 
志麻ネエから、プレゼントされた下着で、かなりセクシーだったが、バスローブを着て、桜としてはスタンバイOKだったが、今度は広斗が、ワインをがぶ飲みし始めた。そして、自分の生い立ちを話し始めた。広斗は、離婚した母に引き取られた。その母は病気で亡くなった。今度は、再婚した親父に引き取られた。再婚相手には連れ子がいた。ある日、両親の留守に妹がお腹が空いたと言い出してどうしてもドーナツが食べたいと言い出して、作ってやろうとしたが、鍋を落としてそばにいた妹に大やけどさせた。背中に油が掛かって大泣きしているのに、広斗はオロオロして、両親が帰るまで何もできなかった。事故だからと言う桜に、嫉妬してたと心情を吐露。広斗より早く、家に入ったから、父親にもすごく夏木、両親に可愛がらっれていたのを妬んだ。だから広斗がしたも同然だと言った。
 
そこまで語って、広斗は、安心したのか、桜の膝枕で寝てしまった。


 
凛太郎は、嫁さん気取りのかすみに、また後ろからしがみつかれた。しかし、それには屈しず、氷をグラスに入れた。かすみは、今日は帰った方がいいねと、退散した。

桜が目覚めたのは、もう朝だった。何事もなく、2人で朝を迎えてしまった。
 
それでも桜は幸せだった。


 
就職の面接に向かう広斗。そこに別れた桃から『おなかの子と一緒に 天国に行きます』とメールが来た。は焦る広斗。走った。
 
リクルートファッションに、あの人のため?信じらんないとベッドに起きた桃。お前には感謝している、お前がいなかったら荒んでた、。でももう終わりにしたいんだ、俺と別れてください。それを聞いて、桃は、何もかも違うんだから会うはずないと言ったが、行くところまで行ってみると広斗はすっぱりと言った。


SOBAR
で、昔の思い出を語るかすみ。健一はおぼえてる!と楽しげに答えていた。少ししらける凛太郎。
 
そこへ友達の結婚披露パーティからの帰りに寄った千代子。実は、昔、かすみが結婚するとき、とても幸せそうだったのを千代子は見ていた。気を遣う凛太郎に、あんなに傷つけられたのにどうして優しくするんですか?そんなにこの人のことが忘れられなかったんですか?今みたいな凛太郎さん見たくないです!そう言い放つと、さっさと席を立った。行ってあげてとかすみは言った。後を追うが見えなかった。そこでまたバッティングセンターへ。うまく打てない凛太郎に、快音を響かせる桜が隣のケージにいた。2人は、汗を拭きながら話した。気になる凛太郎は、いまだに実はセックスレスな話を聞いて、自分のことも話し出した。
 
忘れられなかったのは、かすみに捨てられた恨みを忘れられなかっただけらしい。俺も大概情けない男だよ。
 
ちっちぇえ男だなあ。そこは否定しろよ。と、絡みは、とってもすっきり。
 
休んで話してすっきりしたせいか、凛太郎に当たりが戻った。

(川柳)友達と 彼氏のちがい なんだろう?


 
かすみは、千代子が凛太郎を好きだと分かった。だから、凛太郎に桜とうまくやれと言った。
 
昔から顔も知らない時から、桜に嫉妬していた。ノーメークであれだけきれいな人と言われ、桜の話をする時の方が生き生きしていたと図星を指された。とってつけたようにお前は大丈夫かと聞く凛太郎に、大丈夫じゃないと言ったらなんとかしてくれるの?優しくしちゃだめだよ。あの若い彼女にもちゃんと言ってあげなきゃだめだよと諭された。

美樹の家では、まだ姑が頑張っていた。美樹の悪口を聞いていることに堪えられなくなった咲が逆襲した。

帰ってきた公平が、腹痛に耐えられなくてのたうち回った。咲から電話が掛かり、ピザ屋の配達に扮した志麻ネエも一緒に車で病院へ飛んでいった。ピザは、凛太郎に入れといて食べてもいいからと言われた。
 
キッチン前に広斗と桜が写る写真が並んでいた。それを見て嫉妬する凛太郎。

公平は大丈夫なんでしょうか?
 
これだけ仲良くなった広斗と、桜に割って入るのは大変だ!でもやっぱり、ガンバレ!凛太郎!と応援しちゃいます。

 

*****
 
今までの感想は、こちら

 

« 《ガリレオ2》☆07 | トップページ | 《TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~》#07、《35歳の高校生》#08 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/57504237

この記事へのトラックバック一覧です: 《ラスト シンデレラ》★08:

» ラスト・シンデレラ 第8話★三浦春馬がホテルで「したい、したい!」 [世事熟視〜コソダチP]
ラスト・シンデレラ 第8話 15分拡大SP さようなら…そして、ありがとう 何が「さようなら…そして、ありがとう」なのか微妙なサブタイトルは、かすみ(三浦理恵子)を念頭に置いた凛太郎(藤木直人)の気持ちなのかな・・・。 −◆− 凛太郎(藤木直人)が帰宅すると、元カノ・かすみ(三浦理恵子)が「おかえりなさい。」 押しかけ女房か!? どうやらDV夫と離婚調停中らしい”かすみ(三浦理恵子)”は「やり直すなら今しかないって思って。」「あのとき素直に立花君と一緒になってればこんなことにはな... [続きを読む]

» 「家族ゲーム 第7話」「ラスト・シンデレラ 第8話」 [エリのささやき]
吉本の生命保険の受取人は一茂だそうです。どうして? [続きを読む]

» 「ラスト・シンデレラ」 第8話 [ドラマ de りんりん]
凛太郎の前に現れたのは、元カノのかすみ(三浦理恵子さん)でした。 長年付き合ってて、周りの誰もが結婚するものだと思っていたのが、あっさり別れて他の男性と結婚したらしい。 そりゃ、引き摺りますわ。...... [続きを読む]

« 《ガリレオ2》☆07 | トップページ | 《TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~》#07、《35歳の高校生》#08 »

最近の写真