無料ブログはココログ

« 《ラスト シンデレラ》★01 | トップページ | 《空飛ぶ広報室》★01 »

2013/04/14

《リーガル・ハイ》☆SP

『あの古美門(堺雅人)と黛(新垣結衣)が1年ぶりに帰ってくる!』(あらすじYAHOOTVより)

藤井みなみが担任(榮倉奈々)を務める公立うさぎがおか中学校の2C組の小暮和彦(末岡拓人)が屋上から転落。屋上には和彦の他にも男子生徒がおり、彼らは和彦が隣の校舎に飛び移れると言い出したが、届かず落ちてしまったと話している。  幸い、命に別条はなかったものの、学校側は、いじめではなく友達同士の悪ふざけによる事故だと和彦の母・秀美(堀内敬子)に説明する。和彦が高所恐怖症なことから学校側の説明に不信感を抱いた秀美は、黛真知子(新垣結衣)に相談をする。  正義感にあふれる黛は、自分が請け負うべき依頼だと快諾するものの、1人で確実に勝てるかどうか不安がよぎり、古美門研介(堺雅人)に相談をする。古美門は、黛の相談を「ガキと学校が大嫌いだ」と瞬殺するものの、結局依頼を引き受けることに。  一方、学校側は、古美門に対して敵対心を燃やす三木長一郎(生瀬勝久)に弁護を依頼。三木は、この依頼を弁護士の勅使河原勲(北大路欣也)に一任することに決める。これまで裁判で負けたことのない古美門は、意気揚々と法廷に立つが、裁判長の別府敏子(広末涼子)を見て、がく然とする。  女性をこよなく愛する古美門は、以前バカンスで訪れたスキーリゾートで見かけた別府をナンパしたが、こっぴどくフラれていたのだ。裁判長の心証面において、裁判を争う前から大きな不利を抱える古美門は、裁判で勝つことができるのか!?

CAST

堺雅人/古美門研介

新垣結衣/黛真知子
生瀬勝久/三木長一
小池栄子/沢地君江
里見浩太朗/服部

 

秋から、連続ドラマが始まるそうで、その繋ぎのSP。

うさ中の2年C組の合唱練習を校庭でしているところに、ドスンと音がして屋上から小暮が落ちてきた。藤井担任が見上げると、上から青山達4人が下をのぞき込んでいた。幸い、足の骨折と頭を強打したことでまだ意識が戻らなかった。小暮和彦をめぐるいじめかそうでないかの法廷闘争が主題。

古美門は事務員の服部を連れてフランスでスキー。そこで目を付けた女性を狙った。しかし、こっぴどく振られた。
バカンス中だと、黛の電話を拒否し続けるので、フランスまで出張ってきた。
古美門は依頼を受けるのは2000万と叫んだ。仕方なく、元カジノのディーラーをしていた服部に掛け方を教えてもらい戻った。うまく行かなかったと言いながら、1800万円近くを稼いできた。
和彦の母は、高所恐怖症の息子が事故に遭うほど高い所で飛び移るなんてしないと言った。

東京では、学校側は、三木の事務所に頼んだが、新人の勅使河原勲を連れてきた。キジ撃ちに行ったと戦利品を服部に渡す余裕。学校側は和解を希望し、最大限和解金を払うが、「いじめ」という文字は一切入れないと条件を持ってきた。古美門は、私と和解するのは30年早い!とうそぶいた。
司法試験に年齢制限を設けるべきだと勅使河原を見て古美門は言った。

法廷で、新任の別府裁判長を見た古美門は、フランスで手ひどく振られた女だった。これで負けたと思った。

三木の事務所で、古美門を学校へ招待したらと言われた。持ち出したカードが何かをつかめばいいと言った。
担任の藤井は、ヘラヘラと笑って、このクラスに、いじめはないと言った。黛が体操着を着てバレーボールの試合でアタッカーぶりを披露。ただ合唱は、外れてました。

三木が若い者をつかってホームVTRを撮ったのを見返していると、古美門が用務員胃の林に解放されているふりをして、連絡先とお金を作業着のポケットに入れるのを発見。

公判で、林が証人台に立つと、勅使河原は、同級生たちの写真を貼った。
いじめにあっていた小暮和彦君は、どの子かと聞いた。
当てずっぽうでこれがそいうだと答えると、この中にはいません。いじめていたのはどの子だと聞いた。この中にはいないんでしょう、という林に勅使河原は4人を指した。この年になると、テレビを見ていても顔と名前が一致しないと同情して見せた。
古美門はこうじゃなくちゃと楽しんでいた。
ゲリラ戦として蘭丸がネットカフェから、うさ中にいじめがあるとスレッドを立てた。
マスコミがかぎつけてきた。

藤井のアパートに中傷のビラが沢山貼られた。帰宅してぎょっとしたが、古美門が、生徒がかわいそうだからあなたが、いじめを認めればよいと言ったが、クラスの皆が、いじめはないと言ったと答えた。
貴方のクラスは、一方向にみんな向いている、そういったが、ドアを開けて部屋の中に入った。それを追いかけた古美門がドアノブを持ったが抜けた。裁判官に器物損壊。その他罪状を並べられた。それを古美門は越権行為だと叫んだ。黛に口を押えられて退室。

勅使河原の周辺を徹底的に調べろと命じられた黛。
学生結婚した奥様は、社長令嬢で、婿養子に入った。奥様には頭が上がらないはずだが、元秘書だった若い女性にマンションを買い与え、毎日通っていた。射撃の練習に言っていた勅使河原にこういう写真が出回ると彼女との写真を見せると、奥さんがもうなくなっていたことと、気を使ってくれていた彼女に、亡妻が生前彼女に頼んでいたことがわかり、勅使河原は、新しい道に進めたと言って、涙を拭いた。良い話じゃないかと古美門。黛は、探偵のプロではないと、抗議。

病院では、和彦が意識を取り戻した。すぐに駆け付けた古美門達。そのまま次の公判で証人として尋問するといった。
一通りいじめがあったと答えた和彦に勅使河原は、医者の言葉を持ち出した。頭を打って長い間意識不明だった場合目覚めても当分は記憶があいまいだったり混乱するケースが多いそうだが、と聞いた。すると和彦が答えたのはいろいろ聞いて答えてくれて思い出した…

蘭丸から、藤井みなみの報告が上がってきた。
法廷で、分が悪くなってすっかり熱を出した古美門に代わって焼き肉を黙々と食べる蘭丸。

三木は、藤井学級が、模範的なクラスになっていることを弁舌さわやかに語った。
古美門は皆に慕われている先生、どうすればそんな先生になれるんですか?続けて、かつては正反対の先生だった。かめがたに中学校1年2組。
「ようやくその薄気味悪い笑顔が消えましたね。
4年前あなたが初めて受け持ったクラスです。
当時の生徒に取材してみたところ
あなたの評判は 今と全くの正反対でした。
冷たくて 厳しくて 思いやりのかけらもない 教師。
生徒や 保護者 学校とも何度も衝突していた
とんだ嫌われ者の教師だ!
その結果1年2組はどうなりましたか?
1年2組はどうなりましたか?」

「異議あり、本件とは無関係の質問です」(三木)

「却下します」

「あなたに反発する生徒が相次ぎ
統率不能となって完全に学級崩壊した!
あなたは半年間の休養を強いられた!
そうですね。
当時のご自分をどう思われますか」

「独りよがりだったと…」

「間違っていたと?」

「未熟でした。
いい教師になろうと努力してきました。」

「成長ですか。
確かにかつてのあなたは未熟な教師だった。
ですが、今のあなたはそれ以下の最低
ごみくず教師だと思うのは私だけでしょうか?
あなたは当時このように語っていますよ。
『生徒におもねらず 徹底的に勉強を教え
鍛え上げることが自分の理想の教育である』と
この理想はお捨てになったのですか?」

「生徒に愛情を示すことが大事だと気付いたんです」

「あなたのいう愛情とは、目立つ生徒のご機嫌をとって
目立たない生徒を黙殺することですか?」

「なんですって?」

「大多数の生徒に好かれるためにいじめにあっている
生徒を犠牲にすることかと聞いてるんです。
私は初め あなたが指揮棒を振って
生徒たちを操っているとばかり思いました
しかし違ったんですね。まさに買いかぶり
すぎだったんです!
あなたにそんな能力はなかったんだ。
いじめはなかったとしているのは
あなたではなく生徒自身。
指揮をしているのはおそらく 青山くん。
あなたは彼らの方針に従ってるだけだ
彼らの顔色をうかがい 嫌われないよう
必死で笑顔をつくっているだけ!
合唱隊の前で指揮棒を振っているのは
実は一番後ろでうつむいて口ぱくしているのが
あなただったんだ!
今のあなたは 成長した姿なんかじゃありません!
失敗によって理想を捨て生徒にこびへつらうことを
選択した 卑怯者です。いいですね。
その目ですよ。その目のあなたと話したかった。
わかりますよ。生徒に厳しく当たって嫌われるのは
辛いですものね。保護者や学校と戦うのは
疲れますものね。」

「うるさい…」

「理想何て捨ててしまった方がよっぽでいい、
生徒に好かれる先生やって笑顔で歌うたって
ればそれでいい。」

「黙れ…」

「みんなの言いなりになっていれば
楽ちんだし、学校一の人気者!
気持ちいいったらありゃしない!
目立たない がきが1人いじめに遭ってることは
気にしない気にしない!
私のクラスは 最高のクラスなんだもの!!」

「やめろ!
あんたに何がわかるんだよ!
教師って仕事は、あんたが思ってつほど
単純じゃないんだよ!
教師にはね やらなきゃならない仕事が
山ほどあるの!
無意味な会議!
バカ親どものクレーム処理!
マナーも知らないガキのしつけ!
教育委員会のジジイどものご機嫌取り!
クラスで問題が起きようものなら
授業どころの騒ぎじゃない!
なのに教師は体罰の一つも許されない!
こんなんで理想なんてどうやって追えばいいんだよ!?
クラス運営を守らなきゃなんないの。
それで精一杯なんだよ!!」

「小暮和彦も あんたが守らなきゃならない
生徒の一人だろ」

そこに車いすに乗せられた和彦が母に押されて、入室。

「4年前あなたは確かに失敗した。
しかし目立たない生徒の中には
あなたのやり方を支持しひそかに
慕っていた生徒だっていたはずです。
小暮和彦は、おそらくそういう生徒の一人でしょう。
私が聞きたいことはただ一つ
小暮和彦が いじめに遭っていたかどうかです。」

「それはすでに証言した」〈三木)

「証言したのは、先ほどのあなただ!
私が質問したい相手は違います。
それは羊飼いであることを放棄し
思考停止のヒツジの群れの1匹に
成り下がったあなたじゃない!
生徒や学校と必死で戦いもがき苦しんでいた
4年前のあなたです!
あのころのあなたならどう答えますか?
もう一度聞きます。
藤井先生、小暮和彦はいじめに遭っていました。
羊飼いに戻るなら今です。」

「小暮君はいじめに遭っていました、
職員界外で報告しましたが、うやむやにされました」

別府裁判長は、藤井に証言内容の違いを聞いた。
さっきの話は虚偽で、また違う説得を受けると違う答えになるのかと質問された。考えが変わったと答えると、では、信用性が疑問だと言って退出しようとした。古美門は、嫌がらせもここまで来ると大したもんだと言いたいことを言い出した。謝罪しない古美門に、法廷の秩序維持を害する行為とみなし、監置(かんち)に処された。法廷内で手錠を掛けられ、守衛に留置所に連れていかれた。

別府裁判官に会うと、中学の時3年間いじめに遭っていたので、いじめられっ子の気持ちはわかるがどちらにも肩入れしないと言った。

勅使河原は、ここらへんで和解という線もあると言い出したが、和彦の母は黛がいるから、最後まで戦いたいと返事した。

面会に行くと、服部に『所長と話し合った結果、抱き枕の差し入れを許可する』と祝われたと伝えるように言われた。

学校では、裏切者に居場所はなかった。
疲れた藤井は、自殺を図った。
怒り心頭の黛は授業中のクラスに行き、藤井が自殺を図ったこと、群れを出た和彦や藤井先生に続くものがいないのかと聞いた。

クラスの何人かから、黛に連絡が来たので、裁判長に謝ってくれと黛は古美門に言った。
クラスの全員が証人に立った。
青山俊も来た。ほかの先生方もいじめと認めていたが注意されなかった。
だからいいのだと思っていた。そういって御免なさいと和彦に詫びた。

最終弁論。古美門は、いじめの正体について述べた。
加害者生徒?教師?学校? そのどれもが本質ではない。
正体はもっと恐ろしいものです。
それは教室だけでなく、職員室にも 会社にも 家庭にもこの国のあらゆるところの存在します。我々は常に廻の顔色をうかがい 流れに乗ることを強いられる。多数派は常に正義であり、異を唱える者は排除される。
いじめの正体とは、空気です。特に右から左 左から右へと全員で移動するこの国では空気という魔物の持つ力は実に強大です!
この敵の前では 法すら無力かもしれません!すべてを飲み込み巨大化する恐ろしい怪物立ち向かうどころか逃げることさえ困難な相手です。
あるいは藤井先生も いやか愛車である青山君たちでさえ。この愛物に飲み込まれた犠牲者なのでしょう。
しかし今回私は 奇跡を見ました。
飲み込まれていた者たちが 怪物の腹を切り裂き、敢然と立ちあがったのです。和彦君、藤井先生 そして2年C組34名の生徒たち。
どれほどの勇気が どれほどの覚悟が必要だったことでしょう。
しかし彼らは確かに目覚め自分たちの意思で空気を打ち破った。私は彼らの姿に 希望を見そして自らを恥じました。世界は、常に前へ進んでいるのだと気付かされたのです。あえて申し上げます。
この世界からいじめを無くすことはできます。
この裁判を その第一歩にしましょう。

判決
主文1
被告は 原告 小暮和彦に対し 1億円 およびこれに対する 平成25年1月15日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
2被告は原告 小暮秀美に対し1000万円および これに対する平成25年1月15日…

古美門は、閉廷になってから別府に、最悪の条件下で、誘ったからもう一度というと、心の底から嫌いだし、へどが出るほどだと言われて痛めた足をさらに踏まれた。

和彦親子が古美門の事務所に来た。
やっぱり引っ越すと言って豊洲のマンションだって…
持ち上げたバッグはシャネルになってたし、そりゃ、子供への慰謝料だって、親が良い思いしますよね。

帰りかけて、和彦が戻り、いろいろ考えていくと、僕が飛ぶと言ったと言われた。そんなのはどうでもいい。
男子中学生の大部分はバカだということだ!古美門はつぶやいた。

そう結論つけた。

職員室では、教育委員たちや校長も一新されるから、ここで頑張ったらと慰留されたが、辞表を出して外に出る藤井。校庭ではクラスの皆が、もう一度指揮を斗指揮棒を渡すが、植木に1振りして、次の学校で使おうと言って、生徒の真ん中を通って何も言わずに校庭を横切り門から外へ。

榮倉さん、あまり好きではないんですが、こんなキレた役やると迫力ありますね。
堺さんは、なんだか幸せオーラが一杯みたいです。
最後にあのクラスには、リーダーはいなかった。いじめはなくならないと言った。

今までの感想は、こちら

« 《ラスト シンデレラ》★01 | トップページ | 《空飛ぶ広報室》★01 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/57172649

この記事へのトラックバック一覧です: 《リーガル・ハイ》☆SP:

» 「リーガルハイ」SP 慰謝料1億円で学校を訴えろ!! 闇の首謀者と微笑の女教師・・・隠された真実と裁判長の罠 [トリ猫家族]
 いや〜おもしろかった!!古美門研介健在なり! 全力で「古美門」であり続ける男、古美門に幸あれ! てか、「いじめ」という取扱い要注意のテーマを、「リーガルハイ」の世界観 ... [続きを読む]

» SPドラマ「リーガル・ハイ」★堺雅人はミック・ジャガー!? [世事熟視〜コソダチP]
スペシャルドラマ『リーガル・ハイ』 最後の最後に、10月から連続ドラマとしてセカンドシーズンが放送される旨の告知。 地盤沈下が著しいフジテレビにとって、古美門(堺雅人)という良くできた登場人物は”希有な存在”だから、新シーズンを作るのは賢明な選択でしょうね。 古美門という架空の人物と堺雅人の役者スキルが見事に融合していて惹きつけるるモノを持っていますものね。 −◆− 新垣結衣ちゃん、メルティーキッス「雪原と木」篇CMの時ほどではないけど、えらくクッキリしたお化粧(厚い?)だったかな... [続きを読む]

» 土曜プレミアム特別企画・スペシャルドラマ「リーガル・ハイ」 [レベル999のgoo部屋]
内容 藤井みなみ(榮倉奈々)が担任をするクラスの生徒・小暮和彦(末岡拓人)が 校舎の屋上から転落した。 屋上にいた他の生徒たちによると、渡り廊下に飛び移れるかどうかで、 話をしていたという。しかし。。。届かずに転落した。 校長は、友達の悪ふざけで、イジメで...... [続きを読む]

» リーガル・ハイ SP 感想 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
待ってました!リーハイSP!!! もうつっこみどころが多すぎて感想書けない病になってますw 2時間でも相変わらずの面白さでした(´∀`*) リーガル・ハイSP 相関図 ギブキ ... [続きを読む]

» リーガル・ハイ スペシャルドラマ [ドラマハンティングP2G]
2013年4月13日「大人気法廷コメディ完全新作慰謝料1億円で学校を訴えろ!!闇の首謀者と微笑の女教師…隠された真実と裁判長の罠」(21:00~23:10) 公立うさぎがおか中学校の2年C組、小暮和彦が屋上から転落。屋上には和彦の他にも男子生徒がおり、彼らは和彦が隣の校…... [続きを読む]

» 『リーガル・ハイ』SP [悠雅的生活]
大人気法廷コメディ完全新作慰謝料1億円で学校を訴えろ!!闇の首謀者と微笑の女教師・・・隠された真実と裁判長の罠 [続きを読む]

» 【リーガル・ハイ】土曜プレミアム・スペシャルドラマ 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
我々は、いつも周りの顔色を窺い、流れに乗る事を強いられている。 多数派は常に正義であり、異を唱える者は排除される。 虐めの正体とは、「空気」です。 特に右から左左から右へと全員で移動するこの...... [続きを読む]

» あまちゃん、ハートの2の土曜日(小泉今日子)とリーガル・ハイ・スペシャルの美しすぎる裁判官様(広末涼子) [キッドのブログinココログ]
最初にトランプについての俗説について久しぶりに言及したい。 トランプには四種類のスートと呼ばれる要素がある。いわゆる、スペード、ハート、クラブ、ダイヤである。 これは四季に対応しており、スペード(冬)、ハート(春)、クラブ(夏)、ダイヤ(秋)である。 スペードは基本的に冬の常緑樹あるいは針葉樹のシン... [続きを読む]

» 帰ってきた あの弁護士 [笑う社会人の生活]
SPドラマ「リーガル・ハイ」を見ました。 フジにて 13日 9時からやってました 連ドラからのSPドラマ! 連ドラが良かっただけに期待してましたが・・・ 期待を裏切らぬ面白さ! 相変わらずのストーリーの巧さ、深さ、面白さ 俳優陣の好演と 今回は いじめ問題 テーマと...... [続きを読む]

» 土曜プレミアム リーガル・ハイ [ぷち丸くんの日常日記]
これは、2012年に放送された連続テレビのスペシャル版です。 公立中学校で、生徒の和彦(末岡拓人)が屋上から転落します。 屋上には、他にも男子生徒が4人いましたが、彼らは和彦が隣の校舎に飛び移れ...... [続きを読む]

« 《ラスト シンデレラ》★01 | トップページ | 《空飛ぶ広報室》★01 »

最近の写真