無料ブログはココログ

« 《とんび》☆08 | トップページ | 《夜行観覧車》☆08 »

2013/03/08

《最高の離婚》★09

『「離婚は最悪の結果じゃないと思います。何も愛情がないのに期待もしていなのに一緒にいるのが一番不幸ですよね。今度は最高の結婚をしてください」上原諒』(あらすじ)(YAHOO!TV)

 

光生(瑛太)は、灯里(真木よう子)から「寂しくてたまらないのでとりあえず1回寝てみよう」と誘われるが、そんな灯里に「今度は昼間に会って競馬場に行こう」と返す。一方、結夏(尾野真千子)は、諒(綾野剛)と飲みに行き、彼にキスをする。実は結夏はひどく酔っていて、キスしたことなどまったく覚えていなかった。  ある日、光生は灯里とのデートに備えて代官山のヘアサロンで髪をカットし、洋服を買った。その帰り、祖母・亜以子(八千草薫)の店「金魚カフェ」に立ち寄った光生は、結夏と諒に出会う。結夏たちから髪型のことをからかわれた光生は「異性を意識してイメージチェンジしたのではない」とうっかり言ってしまう。  別の日、光生は灯里を誘って競馬場に出かけた。同じころ、結夏は「金魚カフェ」で淳之介(窪田正孝)と会う。そこで淳之介は、結夏がキス魔だと指摘する。するとそこに、諒がやってきた。結夏は、諒からキスのことを聞き、自己嫌悪に陥ってしまう。競馬場を後にした光生と灯里は、灯里の家で夕飯をともにする約束をして別れる。スーパーマーケットまでビールとつまみを買いに行った結夏は、夕飯の買い物をしている灯里と出会い、諒とキスしてしまったことを打ち明けた。しかし灯里は「別れた相手だから」と返す。その後、灯里と一緒にレジに並んだ結夏は、彼女がポイントカードを探している際に、馬券を持っていることに気づき…。

CAST
濱崎光*瑛太
濱崎結夏*尾野真千子
上原灯里*真木よう子
上原諒*綾野 剛
瀬田智世*市川実和子
瀬田継男*松尾 論
有村千尋*尾野ゆり子
海野菜那*芹那
濱崎亜以子*八千草薫

結局光生と、灯里は、朝帰りになった。歩きながら、灯里は婚活の会員になろうかなと言った。だが、独りが好きな光生は、昼間会おう、と、灯里の意識を変えようとした。やっと、空きタクシーが来た。

諒も悩んでいた。テキーラ3杯飲んで猛烈に酔ってて、足何回も踏まれて結夏にキスされて。と、公園での知り合いに必死に話す諒。
結局光生に謝ろうとした。

灯里とデートするために今風の若者っぽい髪型にするため代官山の美容院を予約した。だが、買い物して金魚カフェによると、メガネしてない、頭がはねている光生は、皆の注目を浴びた。何も言われてない割に、結構当人は気にしていて墓穴を掘った。
諒は、気にしていたが、結夏は酔うとキス魔になっていた。記憶がすっぽり抜けることも諒に指摘されて自己嫌悪に陥った。

日曜日競馬場に行き、光生と灯里の間縮まった。帰って鍋でいい?と言ってスーパーに入ると、結い夏会った。2人はかなりぎくしゃくしていた。結夏は弱っているからって、していいことと悪いことがあると、けじめ論を振りかざし、諒とキスしたことを詫びた。

一方光生は諒に嫉妬深い方かと聞きながら、光生の気持ちをそれとなく話す。

灯里は、話したいことと言いながら、結夏は、光生にまだ未練があることを知っての上で灯里が光生と付き合っていくってことだねと言った。そんな話じゃないと言いながら、もういっかと思っていた。
諒は、灯里と付き合いだしたらしい光生に嫉妬して突然ワインを抱えて走り出した光生を追った。
もう寝たんですか?聞かれてビックりして飛び上がりながら、それでも灯のところへ急ぐ光生の追いついた諒は、知りたいことを並べた。したことは諒以下だと答える光生。

思いがあるのにしないって何かする以上だと、理屈をこねる結夏。
灯里に分かれたんですよねと聞かれて別れましたと答えると責められるのはちょっと違うかなと言いつつお互いとげが引っかかる感じがあった。2人でいるのを避けた結夏が、お邪魔しましたと出て行った。灯里のサンダルを履いて。
外で光生と諒に会った。何も言わずに立ち去ろうとする結夏を諒が目の前にt亜ちふさがって止めた。灯里がブーツをもって追いついた。何も言わずに光生が灯里を指さし、理解開いた結夏が履き替えた。女2人はそのままその場kら消えた。男たちは顔を見合わせ、良は、結夏を追いかけ、「4人で話しませんか?」と腕をつかんだ。光生は灯里の前に廻り込んだ。

灯里の部屋で、諒に並び結夏、ソファに灯里、立ってる光生。4人いれば立ってるのが好きなやつもいる。見え見えな光生。
「何なんですか?」(光生)
「みんな話した」がってるのかなって思ってんで。
みなさんないですか?
じゃあ僕から話したいことあるんですけど。
あのう…」(メールの着信音)(諒)
話し始めると携帯が鳴った。
こっちの話はどうでもいいのかと言いながら。
突然、河合准教授の送別会が入った。女装して車庫に入って捕まったから突然辞めるという話になり、こちらへ引っ越してきたとき炊飯器を彼からもらったので、返すかという話も出た。ちょっととりとめがない。
結夏は、灯里と光生の親密さに嫉妬していた。
「お茶」と言ってその場を取り繕う諒に灯里も光生もいらないと答えた。
「いいじゃなの、2人で飲もう」(結夏)
「上原さん、なんなんですか?時間ないんすけど」
「2人で 鍋 たべるんだから」(結夏)
「はい?」
「あれ?今 嫌な言い方に聞こえました?」(結夏)
「いえ」
「それはすいません」
「え?なに?」
「すいませんって言ったんです」
「いや別に謝るとか」
「今 嫌な言い方したのわかってるよ」
「なんだよ」
「わかってるに¡わかってます!」
「飲んでんの?記憶なくすとか」
「あ、ねえ、もういいじゃない。やめよう」
「何?なんですか?」
「え?何?」
「解散しましょっか?」(光生)
「ごめんんさい」(灯里)
「こっちは何も。」
鼻歌でごまかそうとしていた結夏が突然両手で顔を覆った。
「違う、なんでもない。何でもないよ」
「結夏さんごめん私もさっきから ちょっと変だったけど
別にそういうことじゃないから」
「『そういうことじゃない』って?
鍋食べようとしてたのに?
競馬に見に行ったのに?
そういうことじゃないことはないよね
私 今 完全 邪魔しちゃってるもんね
2人で食べようとしてるの邪魔しちゃってるもんね
そういうことだよね?気い使うことないよ。
あのさ、 空気 読みすぎだよ。邪魔な時は
邪魔って言ったほうがいいんだよ」
「すいません僕がっ誘ったから」
「誘ったって嫌だったら来ないよ。
気になるから来てんだよ。2人のことが
気になってるから来てるんだよ。
「結夏?」
「いい意味でだよ
いい意味で言ってるんだよ」
「一回出ようか。ばあちゃんの店まで一緒に行こ」
「なんで?いいよ。1人で帰る」
「いいから行こ」
…結夏は2人が合ってると思った。すれ違わなければ、光生はちっちりしてるし、灯里はしっかりしてるし、待ち合わせに遅れないだろうしお尻かかないだろうし…
なんで言離婚したのか?今更何言ってるんだと灯里は言った。
光生は、結夏をかばった。浮気したの?婚姻届出してなかったの?
いちいち灯の言うことは諒の胸に刺さった。
地震がさあったとき
俺 彼女より盆栽のこと心配するメール書いたり

それ彼の性格でしょ
上手く 言葉にでき沢山いるよ。
そういう人なんだよ。テレあるし
分かってても できないんだよ。
それぐらい奥さんだったら
分かってあげてもいいんじゃないのかな

それだけじゃないんだ。
ご飯作ってもおいしいって言わなかったり

あなたは濱崎さんが仕事から疲れて帰ってきた時に
「お疲れ様」って言ってたの?ずるくない?
不器用で 人付き合いが苦手でそれでも 外で
頑張ってる人だよ。
お酒も飲まずに帰ってきて 掃除して 洗濯して
自分のお弁当まで作ってる人だよ。
なんで責められるんだろ?
自分ばっかり正しくて 自分の悪いところは
棚に上げてさ。思いやりがないのは
あなたも同じじゃないのかな?

いいや

…なんていう理屈行っても女は聞いちゃいないけど
余計 火に油注いで 逆切れされるだけでしょ。
実際私もそうだし。

ああ、いや、とにかく
…こんなこと望んでたつもりはなかったわけで…
むしろ、むしろねキャンプとか行きたかったんですよ
4人で。みんなで。…そういう話になったかもしんないじゃないですか
うちとそっちで 今度 キャンプ行きましょうって。

わざわざレンタカー借りて山の方とか遠いとこ行ってテントたてバーベキューして、外で虫とかいるのに折り畳みの椅子とか座って「上原さんちのお子さん何小学校ですか」とか、その場合いうちにも子供がいて。周りをわーわー走り回ってうるさいでしょうね。そしたらまあ多少淋しかったかもしんねけどでも紺野さん よかったなって思ったと思いますよ。うちの家族も続いてるんですよ。この間まで続いてくもんだと思ってましたからね。
離婚なんて僕が言わなけりゃ一生ないもんだと思い込んでましたからね。
でも当たり前ですけど 離婚のボタンは一人に 1個ずつ持たされてますからね。結果こんなことになって。
キャンプ 帰りは大渋滞…子供はおしっこ行きたい 言う。妻は機嫌悪い。
僕は目の前の大渋滞見ながら思うんでしょうね
ああ、鳥になりたいなぁって。
そういうねキャンプですよ。もしかしたらそうなってたかもしんないじゃないでうsk、そしたらね意外と、…楽しかったか。
キャンプいけなくてごめんなさい。

諒は土鍋を出してきて 鍋 みんなで食べませんか?
そんな場合じゃないと言われても 離婚は最悪の結果じゃないと思います。
「最悪なのは、離婚じゃなくて
仮面夫婦ですよね。相手に愛情もないのに、
期待もしてないのに、一緒にいるのが一番・
一番不幸ですよね。そうならなかったし
そう思えば 離婚だって悪くないじゃないですか。
離婚万歳ですよ。離婚 最高!ですよ。
明里さん、、ありがとう。
今度は最高の結婚をしてください」

「はい」

4人で生きかえったと言いながら鍋を食べた。
それぞれが違う場所に帰って行った。
光生の携帯に灯里から映画の誘いがあった。

亜以子が結夏に頼まれて猫の写真を取りに来ていた。

時間に珍しくおくっれて灯が来た。様子がおかしかった。
別れた後に、灯里は妊娠が判明…

文句言い合ってる時が平和でいいのに気が付いたけど、…
灯里の気持ちがどう変わるかでしょうか?

*****
今までの感想は、こちら




« 《とんび》☆08 | トップページ | 《夜行観覧車》☆08 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/56911197

この記事へのトラックバック一覧です: 《最高の離婚》★09:

» 最高の離婚 第9話:今度は最高の結婚をしてね! [あるがまま・・・]
灯里が妊娠!?w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!! だけど、これでヨリが戻るって事はないのかな。もし、戻れたなら光生が語った キャンプの夢も叶うかもしんないのに・・・ 鍋の計画を立ててた際に、お腹の調子がよくないって言ってたのは このせいだったんだな。 つか、以前は光生の...... [続きを読む]

» 最高の離婚 第9話★真木よう子の妊娠検査薬!! [世事熟視〜コソダチP]
最高の離婚 第9話 「今度は最高の結婚をしてね!」 前回の続きは、夜が明けています。 まるで恋人のような光生(瑛太)と灯里(真木よう子)。 光生が「最近、灯里の夢よく見て。だから何か今もそういう続きな感じで。」 恋する青年か?? はたまた疑似恋愛か?? 光生「今度昼間会おうよ。競馬見に行こうよ。今日楽しかったね、盛り上がったねってそういう感じの流れでさ。」「そういう流れで。弱ってるからとかそういうんじゃなくてそういう流れの中で・・。」 それぞれの別離の痛手を紛らわす... [続きを読む]

» 最高の離婚 第9話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第9話 「今度は最高の結婚をしてね!」 濱崎光生(瑛太)は、紺野灯里(真木よう子)から「取りあえず寝てみよ」と言われたものの、今度は昼間に会おうと言って、弱った時ではない時にそういう流れになったらいいね、という話をする。... [続きを読む]

» 最高の離婚九話&夜行観覧車八話感想 [NelsonTouchBlog]
■最高の離婚九話 八話。偶然会った芹那が瑛太に、私結婚するんですよ。と言うシーンが一番印象に残ってしまった。。瑛太もバツの悪そうなびっくりな感じだったな。ドラマなのに俺もなんかガックリきた(笑) 瑛太の気持ちは、尾野真千子より真木よう子のほうが好きそうに感じたと言う芹那。。散々、歯医者で愚痴や色んな出来事を逐一芹那に聞いてもらっていた瑛太だからね(苦笑)芹那的に色々瑛太のことを分析していたのだろう。色々聞いてる内になんか親近感が湧いて、瑛太のことが好きになったのかもしれない芹那。だが、...... [続きを読む]

» 最高の離婚 #09 [ぐ~たらにっき]
『今度は最高の結婚をしてね!』 [続きを読む]

« 《とんび》☆08 | トップページ | 《夜行観覧車》☆08 »

最近の写真