無料ブログはココログ

« 《最高の離婚》★08 | トップページ | 《とんび》☆08 »

2013/03/02

《夜行観覧車》☆07

家族がバラバラ』(あらすじ)(YAHOO!TV)
高級住宅地で起きた医師殺人事件で、妻の高橋淳子(石田ゆり子)が逮捕され取調べが始まるが、淳子は「自分がやった」と言い張るばかりで、何も語ろうとしない。一方、逮捕のニュースを聞いた遠藤啓介(宮迫博之)は、事件当夜に遭遇した出来事を思い出しながら、ある秘密を隠そうと山奥で穴を掘り続ける。そんな夫の様子を知る由もない真弓(鈴木京香)は、娘・彩花の度重なる家庭内暴力に次第に追い詰められ、ついに・・・。

 

CAST

遠藤真弓…鈴木京香
高橋淳子…石田ゆり子
遠藤啓介…宮迫博之(雨上がり決死隊)
高橋良幸…安田章大(関ジャニ∞) 
遠藤彩花…杉咲花
高橋比奈子…宮崎香蓮
高橋慎司…中川大志 
高橋弘幸…田中哲司
小島さと子…夏木マリ
結城哲也…高橋克典

 

<娘がなんで荒れてんのか正直よくわかんないんですよね。
私自身 反抗期らしい反抗期もなかったですし
親にケンカ売って得になることなんか何もないすからね
なんでですかね。何が気に入らにのか 
かみさんも、また、言わなくいいこというんですよ。言わなきゃいいのに
かみさんはこの街に来て娘が変わったって思ってるんでしょうけど
一番変わったのは、かみさんじゃねえかな>(by 啓介)

啓介は、帰宅拒否症になっていた。
早めに帰っても思いつめた真弓に声を掛けられると、また車に乗って家から逃げ出す。
希望に満ちて、ひばりヶ丘に来たのにね。

事件4日後2013年1月26日

啓介にも警察の尾行が付いていて、結城刑事をやり過ごした。

…あの日。小島が高橋の家を覗くが淳子も出て来なかった。
気になる啓介は、小島に見つからないようにそっと高橋の家に行き、玄関を開けると、淳子が、紙袋を渡した。どこかへ捨ててくれと。

子供のDVだが、これって家族で解決すべき問題でしょうにね。
親がいつも一緒に遊んでいる友達と思ってた仲間に自分の子供がいじめられていることを知ったら、どうするんでしょう?

事件5日後2013年1月27日
啓介が帰宅したのは、朝になっていた。
応接間に結城刑事と同僚が待っていた。
事件当日8時前から遠藤を見かけたという人がいたことの裏付けを取りに来た。
パチンコをしたと言ったのはウソだった。
家が寛ぎの場ではないとはっきり言った。
すると、刑事は借用書のコピーを出した。
高橋に1000万円借りた時のものだ。自分の字に間違いないと答えた。
独立資金として借りたと言った。平成22年、今から3年前になる。会社を辞めようと思っていたが、引き止められて、決心ができなかった。おまけに内情は、ぼーなるを削り、住宅ローンの支払いにも困って、この資金に手を付けた。だが、刑事には声を荒げていちいち覚えてませんよ!と答えた。

2人の刑事を送るので外に出ると、高橋の家の張り紙がさらにエスカレートしていた。
それを見て真弓はまた良幸君たちが見たら悲しみと言ったが結城は高橋の家にはもうこれ以上かかわるな、友達の家よりも自分の家の方が大事だよと忠告。

やっと早く帰った啓介に、彩香のことを相談するが、自分だけ大変だと思うな。
2人でいるとき暴れるんだったら、それは彩花とお母さんの問題だろ。
俺は俺でやることがあるんだよ!

ああ、強いお父さんの頼りがいがなくなった。

ひばりヶ丘になんか家建てなきゃよかった。
建てなきゃ、こんな目に遭わなかった

これって、禁句ですよね。何も1人で家を建てたわけじゃないし…
そこまで言われるなら、もっと交戦してもよかったと思いましたね。

ビジネスホテルに泊まる高橋兄妹。
事件の日は、慎司の内部進学試験前日だった。
前に遠藤一家と釣りに行ったとき、慎司が授業が難しくて先生が何言ってるかわかんないとこぼしていたのを比奈子に話した。

外が騒がしく、自治会の臨時集会があることを知らせてきた。
小島が、自分よがりの意見をおしつけるが、誰もそれに従わない。
自治会は、高橋家のプライバシーを守るためと会長は言った。
あとは遠藤が出て行けばひばりヶ丘は、前の静けさを取り戻すと言われた。
真弓は、彩花の言動に対しては親の責任が大きいと詫びた。
でもひばりヶ丘を出て行きたくありませんと言った。

小島が、マーくんの会社に行った。だが歓迎されなかった。これから飛行場に急ぐと取り合わない。
帰国したら里奈の実家に世話になる。義父が2世帯住宅を立ててくれていると言った
里奈の両親には良くしてもらってるから親孝行したいんだ。殺人事件があったからと聞かれて母さんがいるから、帰りたくない。母さんがいると寛げない。
そう言ってさっさとタクシーを出させた。

小島の崩壊が始まりますね。

車で志保たちを見つけた真弓は車を降りて、また言わなくていいことを言います。
真弓の職場のスーパーに来たけどと、学校では、どう?とか。
最後、清修バスケ部の慎司くん見かけたら彩花に知らせてとまで言った。
3人は万引きがばれてるんじゃないかと心配した。
そこでまた彩花が呼ばれた。

啓介に尾行が付き、かなり田舎に仕事に行っても2人張り付いていた。
啓介は、図面入れをもって手洗いを借りているふりをして、裏山に穴を掘った。、
真弓のためにこんなに苦労してるのに、わからないかとつぶやいた。
分かりませんよね、話さなきゃ。

警察も現場検証の意写真と慎司の誕生日の写真を比べて何がない?と分かった。
凶器がトロフィーだった。それを指摘されて淳子は、興奮状態になった。

夕飯は、冷凍のから揚げ。
彩花はむしゃむしゃと食べていた。明日病院へ行こうと言い、あんたの手抜きでこんなもの食べてと言われてもさらに、今日志保ちゃんたちに会ったらと言うと
「ホント、あんた死ねばいいのに。
あんたのせいで私がどんな目に遭ってるか
分かってるんの?
余計なことばかりいてんじゃねえよ、クソババア
あんたが余計なことするせいで 私が
迷惑してんだ、少しは分かれクソババア!」
と言われて、テーブルをひっくり返されてもまだ志保たちと確執があることに
気付かない真弓。
凶器を埋めて早めに帰宅した啓介だが、また彩花のDVの声に押し戻されて車に戻りかけたが、外にいた小島に
「お向かいで殺人事件があろうとなかろうと
お宅は何も変わらないのね。
止めに入ったら?
行かないの?うちに帰れなくなるわよ」

啓介はこんな家帰れないでしょうと言って走って車に戻った。

狂ったように暴れまくる彩花。
「いつになったら終わるの?いつまでこんなこと続くの」

「文句あんならはっきり言えよ。
娘に文句も言えねえのかよ。
ホントあんたサイテーの親だよ。」

「よそのお宅のガラス割る方が最低でしょ」
「やってねえよ!」
「あんな酷いこと」
「やってねえよ、疑ってんじゃねえよ!」
大皿を床に叩き付けた。

「慎司君が達が今どんな気持ちでいるか彩花
分からないの?」

「いちいち私と向かいを比べるな」
「比べてなんかいないよ」
「ひばりヶ丘に家建てて、娘が私立通ってれば満足なんだろ
あんたが見栄張ってこんなとこに家立てるから
私馬鹿にされてんだよ」
「「お母さん、彩花のためを思って…」
「全部 あんたのためだろ!」
「穏やかな街で3人幸せに暮らしたかった
見栄じゃないよ。夢みてんだよ。
夢見ることが そんなにいけなか…」
「あんたのどうでもいい夢に私を入れんな」
「何が気に入らないの?
これ以上 私に何をしろって言うの!
何にも悪いことしてないじゃんばい、
いつ前我慢すればいいの?
いつになったら終わるの!」
「うるさい!
もう嫌なんだこんな街!

「彩花!」
「こんなひばりヶ丘なんて大っきらいなんだよ。
お前のせいだ、お前のせいなんだよ
クソババア。」
「やめて」
と真弓が言ったが、ガラスの置物を彩花がガラス戸に投げて割った。
「彩花¡やめて、もう」と叫びながら彩花を床に押し付けた。叫ぶ彩花の口に床に落ちていたから揚げを突っ込みレタスで口を塞いだ。

<こんな母親の顔を初めて見た
『殺してやる』そんな風に見えた。>

少し枝はを広げすぎて、慎司をかばう(?)淳子の意図が見えません。
ちょっと間延びして謎解きの楽しさが薄らぎました。

*****
今までの感想は、こちら


娘に意見の一つも言えない親と罵倒された。
ひばりヶ丘に住んで、娘を私立に行かせて

« 《最高の離婚》★08 | トップページ | 《とんび》☆08 »

ドラマ(や)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/56874512

この記事へのトラックバック一覧です: 《夜行観覧車》☆07:

» 夜行観覧車 第7話:事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人 [あるがまま・・・]
真弓、怖いよぉ〜!ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!! それ以上、口にモノを詰め込んだら、彩花死んじゃうよ〜! だけど、やり過ぎではあるけど、本気で子に立ち向かったら親は怖いんだぞと 彩花にわからせるにはいい薬になるかも・・・ てか、いつもオロオロするばかりだった真弓...... [続きを読む]

» 夜行観覧車 第7話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第7話 「事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人」 2013年1月26日、?橋弘幸(田中哲司)が殺された事件から4日後の夜、遠藤啓介(宮迫博之)は家を飛び出して車に乗って出掛けていく。 ... [続きを読む]

» 夜行観覧車 第7話 [ドラマハンティングP2G]
第7話「事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人」2013.3.1 2013年、事件四日後。 張り詰めた顔で車を運転する啓介(宮迫博之)。カーラジオからは、淳子(石田ゆり子)が、夫・弘幸(田中哲司)を殺害したことを認めたというニュースが聞こえる。啓介は何度もバックミラーを…... [続きを読む]

» 夜行観覧車 第7話 [レベル999のgoo部屋]
『事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人』 内容 事件の4日後。 淳子(石田ゆり子)に呼び出された真弓(鈴木京香) 「私が主人を殺したの」 思わぬ淳子の告白に動揺する真弓。 そこに結城(高橋克典)が現れ、淳子は任意同行を求められるのだった。 動機も不明。凶器も見...... [続きを読む]

» 夜行観覧車で僕は震えている(中川大志) [キッドのブログinココログ]
唐揚げじゃないのかよ。唐揚げ、唐揚げ、植木鉢の土のついたレタスで娘を黙らせる母とかで。 だって、はじめて関係者が観覧車の乗客になったんだぜ・・・何を書くのか・・・これでしょ。 お前、観覧車好きだもんな・・・。 そうだよ。のんびりしているようで・・・あんなこわい乗り物はないだろう。あれは絶対横倒しにな... [続きを読む]

» 夜行観覧車七話&dinner八話感想 [NelsonTouchBlog]
■夜行観覧車七話 杉咲花の、癇癪反抗期演技がすごい!あれは本人も相当疲弊するだろうね。鈴木京香も、こんなことがいつまで続くの・・と完全に自失状態で痙攣。最後は暴れる杉咲を羽交い絞めにして、口の中になんか突っ込んでたし(苦笑) 旦那の宮迫博之も、そんな家に帰りたくないと逃げ続ける・・家族同士がお互いを責め合う泥沼の状態に。 しかも宮迫は事件当日、石田ゆり子から犯行に使われた凶器を託されていて、ある日それを山に埋めたし。なんなんだ、これは。 本当、刑事の高橋克典に、友達の家より自分の家...... [続きを読む]

» 夜行観覧車 (第7話・3/1) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
TBSテレビビ系ドラマ『夜行観覧車』(公式)の第7話『事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人』の感想。 面白くないとは思わないが… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4274/ ★Seesaaブログにトラックバッ…... [続きを読む]

» 「夜行観覧車」第7話 感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
 「一番変わったのはカミさんじゃないかな。」そう啓介は語る。 [続きを読む]

« 《最高の離婚》★08 | トップページ | 《とんび》☆08 »

最近の写真