無料ブログはココログ

« 《最高の離婚》★06 | トップページ | 《とんび》☆06 »

2013/02/17

《夜行観覧車》☆05

『犯人が沢山…』
高級住宅街で起きた医師殺害事件。遠藤真弓(鈴木京香)は、被害者の妻・高橋淳子(石田ゆり子)と隠れて会っている夫・啓介(宮迫博之)への不信感と、事件当日の現場にいたという小島さと子(夏木マリ)への疑惑から、事件の真相を計りかねていた。同じ頃、坂留署の刑事・結城哲也(高橋克典)は、さと子の供述から、啓介と淳子の繋がりと事件への関与を確信する。そんな中、真弓の娘・彩花(杉咲花)がある事件を起こし・・・。

 

CAST
遠藤真弓…鈴木京香
高橋淳子…石田ゆり子
遠藤啓介…宮迫博之(雨上がり決死隊)
高橋良幸…安田章大(関ジャニ∞) 
遠藤彩花…杉咲花
高橋比奈子…宮崎香蓮
高橋慎司…中川大志 
高橋弘幸…田中哲司
小島さと子…夏木マリ
結城哲也…高橋克典

 

彩花に声を掛けられた慎司は、逃げた。なぜ逃げるのかと聞いて戻れないと答えた。
それでも彩花は、慎司を助けたいと言った。

真弓は、夜問い詰めても、答えない夫の携帯を見ようとして断念。
翌日,結城刑事が相方と2人で小島の家に聴取に来た。
小島が外にいて遠藤啓介を見たことを証明するものがいるかと逆に言われて、気分を害していた。
翌日会社に行くとひばりヶ丘は話題になっていた。勘弁してくれよと、座った啓介は、バッグの中の血染めの軍手がフラッシュバックしていた。

真弓のスーパーで淳子の妹晶子が休んでいる間に真弓のシフトが増えたが、そのまま働いてくれるかと打診された。まだ犯人とも決まらない淳子の身内だというだけで、晶子降ろしが始まっていた。

小島家は、大事な一人息子、マーくんが、帰国すると連絡が入りさらに嫁が妊娠中だから、当分嫁の実家で暮らすと言われて、うれしさが、引っ込んだ。

慎司の兄は、やっとマンションに戻ってきた。明里が、比奈子からのメールを読んで、殺人犯にこだわって、良幸を攻めたが、全く内容を知らない彼は答えようがない。そこへ比奈子が到着。

真弓をマークしている結城刑事。
彩花が慎司にメールを書いていると、志保たちに見つかり、メルアドを知っているのに教えなかったことに対しての制裁として、真弓の働いているスーパーで万引きしろと命じた。
すぐに見つかって、追いかけられる彩花。捕まらずに逃げおおせたが、真弓は、しっかり彩花を見た。志保たちは、見つかってやんの、馬鹿だなとポッキーを食べながら、笑っていた。
あの手提げを、志保たちに置いてけばよかったのに!

真弓は学校へ向かい担任と面談。早退が多いのは時期的に受験対策している生徒が多いこと、を話された。ただ、私立への願書を取り下げたのは、真弓も知らなかった。志保たちに言われたせいだが友達と離れるのが嫌だと言っていたと言われては、真弓も答えようがない。
小学校のころからいじめられていた仲間とは想像もついていなかった。そこで、家庭内暴力については話せなかった。

啓介は同僚と酒を飲みながら、新聞に出るような事件を起こすのは、金持ちでも貧乏人でも紙一重だと身につまされるように言った。それを結城が柱の陰で聞いていた。

小島はまた、自分のメガネに合わない人たちの排斥を考え付いた。
何らかの犯罪にかかわった自治会員はこの自治会とひばりヶ丘から立ち退きを命ずるという文言を自治会則に入れたがった。会長はそれはできないと冷静に答えた、今まで自分たちが守ってきた品位を貶めてくれたと,狂気の小島は、また新たな手を考えていた。会合からの帰りに丘を登ってくるマーくんと遭遇。

彩花の帰りを待って、真弓は、今までのわからない事を強く聞いた。真剣な振る舞いに躊躇する彩花だったが、うぜえんだよ、触んな!と、真弓を床に叩き付けた。

泣く真弓。
泣かないでもっと問い詰めないといけませんね。言葉に出すのを恐れている彩花だから、言わせないとDVは収まりません。その点逃げ回る夫啓介は、父として出てこさせるようにしないと。

良幸の携帯に慎司から電話がかかった。家に帰りたい。死ぬしきゃないんだろうか?
どこにも行くなって良幸が叫んだって、京都と横浜じゃね…

携帯に電源が入ったことで、GPSを探っていた警察が動きましたが、慎司はもういなかった。

<人に家族の問題を話せないのは
 どうしてだろう。
 一番そばにいる家族の心が他人より遠い
 誰かに打ち明けて 泣けば
 少しは何かが変わるんだろうか>

真弓の携帯が鳴った。淳子が公衆電話からかけてきた。
明日会って話したいことがあるの。

事件から4日目。2013年1月26日。
小島はメリーゴーラウンドを掛け、縫いぐるみの動物を抱きマーくんの子供のころの写真を広げ、絵本数冊、と赤ちゃん用の靴を並べて思い出に浸っていた。

早起きした真弓は、朝食を作り、「すぐ戻ります。 お弁当は冷蔵庫」と書いて外出した。
玄関を開けると、向かいの高橋の家の家に、「出ていけ」「一家心中しろ」「被害者ぶるな」などと書かれた悪意のちらしが車、ドア、壁に貼られていた。

<どうして家族の事情を人に言えないんだろう
 それは『お前の家は壊れている』と後ろ指刺されるのが
 怖いからだ>

昔、町金から借りて夜逃げした家に、そんなことが書かれたチラシをたくさん見たことがありました。ひばりが丘の住人はこれが『品位』だと思っているのでしょうか。

*****
今までの感想は、こちら

« 《最高の離婚》★06 | トップページ | 《とんび》☆06 »

ドラマ(や)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/56786309

この記事へのトラックバック一覧です: 《夜行観覧車》☆05:

» 夜行観覧車のロミオとジュリエット(高橋克典) [キッドのブログinココログ]
ラブ・ストーリーの金字塔である「ローマの休日」はもちろん「ロミオとジュリエット」の系譜に属する。 王女と新聞記者が敵対関係にあることはあの王妃とパパラッチの関係からもあきらかである。 当然のように・・・坂の上の男の子と坂の下の女の子はすれ違う運命にあるわけである。 しかし、殺人事件を捜査する刑事と事... [続きを読む]

» 夜行観覧車 第5話 [レベル999のgoo部屋]
『加速する悪意…暴走する娘と母の叫び 内容 事件の2日後。 姿を消していた慎司(中川大志)を見つけた彩花(杉咲花) 「戻れないんだ」と言い残し、慎司は走り去ってしまう。 そのころ真弓(鈴木京香)は、夫・啓介(宮迫博之)を問い正していた。 なぜ、淳子(石田ゆ...... [続きを読む]

» 「夜行観覧車」第5話。 [Flour of Life]
「夜行観覧車」第5話を見ました。今週もきつかった… [続きを読む]

» 夜行観覧車 第5話 [ドラマハンティングP2G]
第5話「加速する悪意…暴走する娘と母の叫び」2013.2.15 2013年、事件三日後。 高橋弘幸(田中哲司)殺害事件の捜査をしている坂留警察署の刑事・結城(高橋克典)らは、「ひばりヶ丘」を仕切っている小島さと子(夏木マリ)に話を聞きに訪れる。さと子は「大事な手がかり…... [続きを読む]

« 《最高の離婚》★06 | トップページ | 《とんび》☆06 »

最近の写真