無料ブログはココログ

« 《最高の離婚》★05 | トップページ | 《最高の離婚》★06 »

2013/02/11

《夜行観覧車》☆04

夫の疑惑

姉の日奈子が、慎司を語る。
すごくいい子なので母がかわいがるのも分かる。
時々想像する。もし私と弟が溺れて1人しか助けられないとしたら
母は迷わず弟をボートに乗せるんだろうな。
母にとって弟は何よりも大切な存在…。

事件翌日2013年1月23日。
慎司の兄に連絡が取れない。犯人は、家族かという話になったが、向かいの遠藤啓介が、被害者から1000万もの大金を借りていた。だが、啓介はそれを否定した。
事件当日、退出は6時半。ところが帰宅は11時ころ。それを指摘されてパチンコととっさに口を出た。

小島は、真弓に啓介が高橋家から事件のあった時間に出てくるのを見たと言われた。
刑事に高橋淳子が今朝から姿が見えないと言った。なんで私に?と啓介。

真弓が働くスーパーの先輩が、淳子の妹だった。つわりがひどくて休むのだが、妹の子を預かるというので挨拶に来た。車の中に比奈子がいた。真弓が少し話をした。

京都にいる良幸は携帯を家に忘れ、研究室で日々を送っていた。アカリというガールフレンドもいた。父にも正式に紹介したいと言われていた。

啓介の職場で呼び出すが、打ち合わせで外出していると言われた。がっかりして車に乗り、途中で淳子が喫茶店から出て来たのを見つけた。あわてて車を止めて追いかけたが見失う。少しして啓介も出てきた。
何かつながりはありますがまだぼやけている。

スーパーへ結城刑事が来た。真弓とは大学で同じゼミだった。それを盾に接近。
真弓は事件が起きるなら、真弓の家だと思ったと心情を吐露。娘さん反抗期だってと知っていた。

帰宅した真弓。遅くなったと彩花に詫びるが、さっきドーナツを食べたから夕飯はいらないと答えた。買い物袋をあさって、ヨーグルト買っとけって言ったろう。
それでも真弓は夕飯がすぐだからとかみ合わない会話。

比奈子のほうも、叔母の夫がいつまで預かるつもりだと言ってきた。
事件当日。弘幸の車に乗って、建築科へ進みたいことを伝えた。
弘幸のもう一つの夢でもあった。
仲間とスナック菓子を食べながら、頭の中で邪魔な親を殺してるという物騒な話で盛り上がっているとき、携帯が鳴った。警察から…
学校で今まで通り、学校に通えるようサポートしてと担任は言った。比奈子には今まで通りという保証を感じられなかった。
「進学も就職も、結婚もみんなと同じにできますか?
何も悪いことしてないのに、これから一生、
周りの目を気にして 生きていかなきゃ
いけないんでしょうか?
父と約束したんです。建築家になって家族のために新しい家を作るって。
こんなはずじゃなかった。私の人生こんなはずじゃなかったのに。
教えてください、私、これからどうすればいいですか?」

学校の仲間たちに会ったがよそよそしかった。

志保たちが、慎司と付き合わなくてよかったと聞こえよがしに言っているのを彩花は、悲しくてそんな子じゃないよと言ってしまった。よく知ってるんだね。とさらにシカとされた。

自転車を引いて坂を上りきると、比奈子が帰ってきた。
今家に行くとマスコミの餌食になると彩花は止めたがほっといてよと頑なな比奈子。
知りたくないですか?あの日何があったのか。
そういわれちゃ彩花についていきますね。
彩花はカラオケですっかり寛いでいたが、比奈子は、苛立っていた。
知らないんでしょ知ってるなら早く教えて
どうしても上から目線。比奈子さんって、頭のいいお嬢様って感じで尊敬していたのだが、人にものを頼む礼儀も知らない人だったんだ。そういって、上から今度は私が大人になってあげなきゃ…
このクソガキ!と思います。

10時半ころ聞こえてきた慎司がうなり声をあげながら、淳子がそれに応戦していた。
がシャンという音も聞こえた。真弓も聴いていたと言ったものだから、なんで警察に電話するなり言ってみてくれなかったと責める比奈子に、うちのことそうしてくれたことが一度もなかったくせにと言われた。
記念写真と言って嫌がる比奈子と携帯に写った。
帰宅した真弓にすぐご飯にするからと、おかずをコロッケと言われて、また芋かと言った。
カラオケで、ポテトフライを食べたが、その時比奈子も一緒だったことを話した。
それでも優しくすることなんかまったくない彩花を説教する真弓は、キレた彩花に買い物の袋をぶちまけられた。
啓介は、帰宅していたが、彩花の叫び声に、また車の中に戻った。
なんでもことなかれ主義の啓介なんでしょうか?わが身に降りかかった火の粉は、払うだけ?

良幸の部屋で、入り込んで料理をしていた彼女。比奈子が連絡取れない兄にメールを出していた。比奈子って誰?メールを読んで初めて父親が殺されたことを知った。
テレビのニュースで、すぐにわかるでしょうに!

彩花が、また散歩と称して出ていったのを追いかけた真弓が車があることに気づいて、啓介が戻っていたことに驚いた。それでもまだ1000万借りたことを知らないと逃げようとした。独立資金としてだが、現実はそんなに甘くなかった。
応援してもらっている手前、返すきっかけをなくしてそのまま銀行に預金してあると答えた。お金でもめてないと聞いて、ほっとして立ち上がると高橋家と川釣りした写真を見た。
そこで淳子はどこ?と聞いた。
啓介は、そこでお得意と打ち合わせをしたので偶然を強調。
夜高橋さんから出てきたのは?
言ったのは小島。
すると啓介は出てきたのは小島だと言った。
胸に何か隠して出てきた。

ひばりヶ丘
高台にあるこの街は
誰もが羨む幸せの象徴
幸福な人間は 人を欺く必要などない
でも この街は今 嘘と秘密であふれている

そう 一つでも傷物が混ざれば
途端にその価値を失うものがある
私はそれを見過ごすわけにはいかない
たとえどんなに犠牲を払ってでも。

散歩中の彩花は、寒くて眠れない慎司が護岸の上のほうで座っているのを見つけた。

容疑者がどんどん出てきますね。

真弓の話し方にはいらいらさせられるから彩花がキレるのも分かる気がします。

*****
今までの感想は、こちら

« 《最高の離婚》★05 | トップページ | 《最高の離婚》★06 »

ドラマ(や)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/56741560

この記事へのトラックバック一覧です: 《夜行観覧車》☆04:

» 夜行観覧車から降りない女の娘に生れて(杉咲花) [キッドのブログinココログ]
夜行観覧車に乗ったら夜景を見ずにはいられない。 そして、時々は一緒に乗っている家族や恋人と微笑みを交わすものだ。 しかし、女が見つめるのは少し先を昇るゴンドラだけなのだ。 その異常さを反対側の席で見つめているものが穏やかな気持ちでいられるはずはない。 おかしいよ・・・あんた・・・おかしいよ・・・。 ... [続きを読む]

» 「夜行観覧車」第4話。 [Flour of Life]
フジで四大陸選手権を見てたので、「夜行観覧車」は録画で見ました。修造もといCMをスキップで見られてよかった… [続きを読む]

» 夜行観覧車 第4話 [ドラマハンティングP2G]
第4話「夫の秘密と嘘…兄妹たちの残酷な現実」2013.2.8 2013年事件翌日。 捜査をしている結城(高橋克典)ら坂留警察署の刑事たち。殺害された高橋弘幸(田中哲司)の妻・淳子(石田ゆり子)が、搬送された病院から行方をくらまし消息不明になり、事件直後に姿を消した次…... [続きを読む]

» 夜行観覧車 第4話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第4話 「夫の秘密と嘘…兄妹たちの残酷な現実」 2013年1月23日、事件翌日。 警察では、?橋弘幸(田中哲司)を殺した犯人は、行方不明の妻・淳子(石田ゆり子)と次男・慎司(中川大志)の身柄が確保されれば見通しが立つのではないかと見ていた。... [続きを読む]

» 夜行観覧車 第4話 [to Heart]
高級住宅街のエリート一家で起きた殺人事件を3世帯の家族を中心に描いたサスペンス 毎週金曜 22:00〜22:54 TBS系 原作 湊かなえ 「夜行観覧車」(双葉社刊) 脚本 奥寺佐渡子 清水友佳子 演出 塚原あゆ子 山本剛義 出演 鈴木京香/石田ゆり子/宮迫博之/杉咲花/安田章大...... [続きを読む]

» 夜行観覧車 第4話:夫の秘密と嘘…兄妹たちの残酷な現実 [あるがまま・・・]
まーくん、キタ− .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!! 最後まで写真のみで出演かと思われたまーくん@小泉孝太郎くんだったけど、 次週、ひばりヶ丘に帰省なのねん。だけど何でこのタイミングに??? ひばりヶ丘で殺人事件があったってーんで、母が心配で駆け付けた孝行息子なん? それと...... [続きを読む]

« 《最高の離婚》★05 | トップページ | 《最高の離婚》★06 »

最近の写真