無料ブログはココログ

« 《結婚しない》#09 | トップページ | 《PRICELE$S〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜》★08 »

2012/12/09

《大奥~誕生【有功・家光篇】》#09

上様、私を解き放ってください!』(あらすじ)
春日局(麻生祐未)が亡くなり、ついに家光(多部未華子)は、父が10年前にすでに死去しており、自分がいっとき女将軍として立つことで幕府を継続させることとする、と宣言をする。家光の毎日は公務に追われるようになり、それは同時に、今まで影武者として任務を果たしてきた稲葉正勝(平山浩行)の役目が終わったことをも意味した。将軍として表の政治に辣腕をふるう家光は、「もはや誰もわしに異を唱えぬ」と感じていた。大奥で膨れ上がった人員の整理や、この先の女将軍の初めての夜伽の決まり事など、次々に決めていく家光。絶大な権力を手にしながらも「大事なものを失った気がする」と孤独を訴えるが、有功(堺雅人)は「私の気持ちはずっと変わりません」と告白し、二人の気持ちは再び深く通じ合うことになる。 数日後、正勝が有功の部屋を訪れ「上様が今宵の夜伽を有功さまに、と仰せでございます」と告げる。その夜、有功は…

cast

有功(ありこと)…堺雅人 
家光…多部未華子 
玉栄…田中聖 稲葉正勝…平山浩行 
雪…南沢奈央  小菊…原田夏希
松平信綱…段田安則 
万里小路有純…小日向文世(友情出演) 
澤村伝右衛門…内藤剛志 
春日局…麻生祐未

女公方の宣言は、誰も異議を唱えなかった。
それに引き換え、正勝の役目は終わった。村瀬が、酒を持って、現れ、正勝の労をねぎらった。飲みながら、最近よう思い出すのは、上様をさらったこと、正勝もそんな強硬策をとり、上様の影武者を立てるため正勝を使ったのも母、春日局様がいたからだと懐かしがった。そして、有功からの伝言を告げた。
「『どうかこの先も、上様の行く末を見守って下さいますよう』と。」

「死ぬな、ということですな」
家光が高らかに女将軍を宣言し、大名たちの女継承者たちを認めたことで、家光の表での公務が増えた。正勝の仕事が無くなった。有功が正勝を心配して村瀬を使って、死んではいけないと念を押した。

年始御礼儀
無理に男の恰好をしていた姫たちが、一斉に打ちかけ姿に戻り、家光に挨拶した。
廊下を戻る伊豆守に挨拶する正勝の娘野々。
帰宅して上様から何かあったかと聞く母に、もう父上の顔を覚えていないと答えた。さらにもう父上のことは、言うな、無理強いされて、そのような道を選んだのではなく徳川家のおんため喜んで上様の影となられたのではございませぬか。そう言われて、党首であるそなたがそう思うのなら、ただ母は、あのような別れ方をしたことが悔やまれてならない。あの朝、つまらぬことで私はそなたの父上の機嫌を損ねて…私も素直に謝ればよいものをそれが…永久の別れになろうとは。もしも…もしも殿が「わしは徳川のおんために上様の影となるぞ」と打ち明けてくださったのなら、私は決して「おやめ下さい」とは申しませなんだ。「どうぞ行ってらっしゃいませ」と笑顔でお別れしたものを…

いつまでたっても、未練が袖を引く雪だった。

<次に家光公が着手されたのは、膨れ上がった大奥の人員の 
いわば口減らしであった>

有功に人選は任せたがなるべく若くて武道は苦手な方が良い。
大奥の中でも仕事に能が無い者たちもこの際厄介払いをした。
十分な暇金をという有功に、幕府には余分な金はないと家光。
その百名の者には次の新たな役目がある。とてもとても大事なお役目…
家光が以前伝右衛門と江戸の町を視察した時、赤面疱瘡の流行により若い男は町中から姿を消し、女たちは子が欲しくても相手に事欠き、若い息子がある家は信じられぬ高値で息子の体を売るありさま。しかし、頼りの吉原の町には健康な若い男は一人もいない…あれでは女たちは子供を産むこともできず、やがて我が国は衰退し、滅びるであろう。

<家光公は大奥で腕の立つ男たちに俸禄を与え、監視役とさせ相場よりはるかに安い値で健康な男の体を提供できる吉原を作り上げられた。>
そしてもう一つ
「これから先また女将軍が立つことがあれば
女将軍と契る最初の男は大奥の中から選ぶこと
そしてその男は必ず内々に死罪と致せ。」

「死罪…でございますか」

「当然ではないか
その男は将軍の体に傷をつけるのだ。
一瞬たりとも何者かが将軍の上に
立つことは許さぬ。引いては将軍の
徳川の威光を守ることにもなろう」

「仰せのままに。
ではそのものを『御内証の方』と呼ぶことにしましょう」

「そなた、変わったな。
六人衆と同じくもはやわしをいさめるということは出来ぬか。
皆わしの言うことに『御意』『仰せのままに』などと答える。
有功 将軍とはつまらぬものだなあ。」

「それは…
異を唱える必要が無いからではございませんか?
六人衆の皆さま方も一目おいておられるのでしょう
今よりも 大奥の春日殿で息を潜めて
一生お暮しになられる方がよろしかったか」

「そうではない。
そうではないが…しかし
何かを失うた気がするのじゃ。」

「何かを」

「わしにとってかけがえのないものであった。
わからぬか? そなたじゃ。
わしのそばを離れてた後も有功がわしを思い
いつでも共に死んでくれると思えばこそ
わしはこの大奥の中でいてはならぬ者のまま
子を産み生きてこれたのだ。
けれど今は…いかにあがめ奉られようと
心の支えなく生きねばならぬ。
わしは一人じゃ。独りきりじゃ。」

「上様。」

「今言うたことは忘れてよい
ただの愚痴じゃ 真のことではない」

「上様。
一つだけ申し上げておきます。
上様のお立場がいかに変わられようと
私は…
私の心は、あの頃と少しも変わりませぬ」

「まことか?有功」
ここでまた2人が気持ちを確かめ合った。

正勝が有功の部屋を訪れた。
久しぶりの要件は今宵の夜伽を上様から命じられたとのことだった。
用意していたが、上様の体調がすぐれずとのことだった。正勝は、上様ご懐妊を告げた。
翌年六月次女長子を難産の末産んだ。

玉栄は悔しがった。
そんな夜、上様から夜伽の相手に有功を指名された。
家光は、世継ぎも産んだ、もう離さないと有功にしがみついたが、
「上様、どうかお願いが」と布団から降りて畳にひれ伏す有功。
「私めに どうかお褥を今後一切お褥を
御辞退させて下さい。」

「なるほどな、
何人もの男で汚れたわしの体は
もう抱きとうないと…」

「違います!
違うのや、違う、違う!私かてどれだけ夢見たことか
今までどないな気持ちであなた様を見てきたことか
けれども
私は怖いのです。」

「怖い?」

「上様のお心と言う
いつ変わると知れぬものに
すがって生きて行くのが。」

「何をバカな
わしを信じられんのか?
信じてはくれぬのか?
のう、有功。
なあ、頼む、有功。
わしを悲しませるな
わしにこのような思いをさせる事が
できるのはこの世でそなただけと言うに
わしの心は…
そなただけのものじゃ。
誰の子を産もうと 変わらなかった
 そなたは世継ぎのためではなく」

「そう
おっしゃる通り
私は上様との間に子を成すことができませぬ」

「それがなんだというのだ?」

「ですから上様はこれからも他の男を
おそばにお置きになることでございましょう。
けれど…けれど私も男です。
心だけやない。あなたの体も私だけのものに
しなければ我慢できひんとや。
あなた様にはお子があらしゃる。
けど私には、あなたさましかおりませぬ。」

家光が有功の手を取った。握り変えてまた離れて
「お願いでございます。
どうか、私を解き放ってくださいませ。
このような男と女の恐ろしい光景から
解き放って下さい。

「そうか…」
家光も泣いた。
「分かった。有功
そなたもわしも、
なんと遠くまで来てしまったことかのう

庭を独りで戻る家光。正勝が羽織を持って追いかけた。
「正勝、わしは独りきりじゃ。
もはやわしを叱る者もおらぬ
寄り添うて慰めてくれる者もおらぬ
将軍とはそのようなものか。
正勝 
そなたこそ辛い立場であったのう」

「上様、全て定めでございます」

「定め」

「上様は生まれつき将軍になられる器で
あらせられる。こうなったのは必然なのです」

「わしが女将軍となったゆえ
そなたの役目は終わってしもうたではないか」

「上様のお父上が亡くなられたときに
死ぬはずの命です。」

「そなたの嫡男 正則が死んだのも定めか?」

「定めにございます」

「死ぬのは許さぬ、正勝
そなたは出家して僧となり父上と同じ
赤面疱瘡に倒れた正則の菩提を
弔うのだ。
それがそなたの定めと心得よ」

2人とも泣きながらの別れ。きれいな場面でした。橋と水の流れ、満月。

上様のおなり~(小姓)
「本日、皆にこうして集まってもろたは他でもない
春日局が亡くなって以来空席となっておった
大奥総取締役の座であるがこのたび
再びこの役目を設けることにした。
大奥総取締役とは
大奥の中にいる全ての男を束ねる大奥の頭である。
大奥の中にいる者は何事をするにしても
この総取締役の指示を仰がねばならぬ。
この役目を万理小路有功に授けることにする。」

裃直垂姿で、現れた有功。
「大奥総取締役万理小路有功である。
皆、改めてよろしゅう頼む」

<史上二人目の 大奥総取締
お万の方の誕生であった>

大奥女性版。
孤独な将軍を取りまく男たちの思惑。
有功が権力をとりましたね。来週は、玉栄が出家?

*****
今までの感想は、こちら

« 《結婚しない》#09 | トップページ | 《PRICELE$S〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜》★08 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/56283222

この記事へのトラックバック一覧です: 《大奥~誕生【有功・家光篇】》#09:

» 大奥〜誕生[有功・家光篇]第9話:あなたの身も心も私のものに [あるがまま・・・]
全て定め・・・彡彡彡彡ヒュー彡(-_-;)彡ヒュー彡彡彡彡 そう割りきらないとやってらんないか・・・ それぞれがそれぞれの立場で孤独を感じ・・・ 家光の身代わりとして生きてきた正勝。家光の死が公表され、女・家光が誕生したら もう用無しだもんなぁ。しかも母である春日は逝...... [続きを読む]

» 大奥〜誕生[有功・家光篇]第9話★堺雅人「身体も私だけのものに・・」 [世事熟視〜コソダチP]
大奥〜誕生[有功・家光篇]第9話 「あなたの身も心も私のものに」 公式に女将軍の座についた家光(多部未華子)が、行財政改革を果断に進めます。 財政難を踏まえて大奥の人員を100名削減するリストラ!! この大奥リストラ要員100名を「吉原」に送り込み、相場より安値で「健康な男=子種」を提供できるシステムを構築して少子化対策。 これら諸問題が生じた背景である”赤面疱瘡パンデミック”で社会が疲弊しきっている様子が描けていないのが物足りないです。 −◆− 家光(多部未華子)は子... [続きを読む]

» 大奥〜誕生有功・家光篇 第9話 [Happy☆Lucky]
第9話 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

» 大奥~誕生[有功・家光篇] 第9話の感想 [オタクと呼ばないで]
TBS系で放送された「大奥~誕生[有功・家光篇]」第9話の感想など第9話、PCをいじりながら拝見しました。現代劇が多い中、時代劇出てくる様々な所作がカッコいいと思って見ている感じです。たとえば、最後の方で、家光公(多部未華子さん)が庭を徘徊する場面。稲葉正勝(... [続きを読む]

» 「大奥 〜誕生[家光・有功編]」第9話。 [Flour of Life]
「大奥」第9話を見ました。来週はいよいよ最終回!そして映画公開!早いなぁ〜 [続きを読む]

» 身も心も・・・身も心も・・・大奥~宿命~なのじゃ(多部未華子) [キッドのブログinココログ]
大震災後の最大余震襲来である。 気象庁発表によれば震源地は三陸沖で地震の規模(マグニチュード)は7.3と推定される。東京でも去年の三月を思い出させる長い揺れがあった。 東北から関東にかけて幅広く震度5弱の揺れがあり、宮城県には津波警報が発令された。 固唾を飲んでテレビ画面を注視する。 誰もが祈っただ... [続きを読む]

» 「大奥 〜誕生〜 [有功・家光篇]」 第9話 あなたの身も心も私のものに  [トリ猫家族]
 さて、父上の家光公が10年前に亡くなっていたことを公表し、父の名を継ぐ宣言をした上様(多部未華子)の生活は公務のため激変した。 それは今まで上様の表の顔を勤めてきた ... [続きを読む]

» 大奥〜誕生〜[有功・家光篇] 第9話 [レベル999のgoo部屋]
『あなたの身も心も私のものに』 内容 ついに家光(多部未華子)が、女将軍として正式に表舞台に。 と同時に、大名家も女の世継ぎが許可されることに。 また頭巾をかぶって政務を行っていた正勝(平山浩行)の役目も行い始め、 連日の激務となっていく家光。 伝右衛門(...... [続きを読む]

» 大奥~誕生[有功・家光篇] 第9話 [ドラマハンティングP2G]
第9話「あなたの身も心も私のものに」2012年12月7日 OnAir 女将軍が誕生し、家光(多部未華子)の生活は激変した。影の存在でなくなった家光は、連日のように「表」での御政務をこなさなければならなかった。それは、10年の長きにわたって頭巾を被り、稲葉正勝(平山浩行)が…... [続きを読む]

» テレビドラマ「大奥 ~誕生~ 有功・家光篇」 第9話感想 [タナウツネット雑記ブログ]
全10話放送予定のTBS系列の金曜ドラマ「大奥 ~誕生~ 有功・家光篇」。残り2話となった今回は、2012年12月7日放映分の第9話感想です。前回第8話の視聴率は、前々回... [続きを読む]

» ドラマ「大奥~誕生[有功・家光篇]」第9話... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
女公方様誕生----------!!ついに世の中が女性が家督を継ぐ時代へ。前回から本当役者陣の芝居に涙させられている場面が増えてるなぁ。やっぱ芝居好きにはたまらんキャスティングだよ... [続きを読む]

» 大奥〜誕生 第9話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第9話 「あなたの身も心も私のものに」 家光(多部未華子)は女将軍となることを正式に表明し、稲葉正勝(平山浩行)が10年に渡って影武者として行っていた公務を連日果たすことになる。 ... [続きを読む]

« 《結婚しない》#09 | トップページ | 《PRICELE$S〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜》★08 »

最近の写真