無料ブログはココログ

« 《遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~》#02 | トップページ | 《ゴーイング マイ ホーム》★03 »

2012/11/03

《最後から二番目の恋2012秋》

『大人のファンタジックコメディ』(あらすじ)(YAHOOテレビより)

時は2012年夏の終わり。ドラマプロデューサーである吉野千明(小泉今日子)は、めっきり仕事が減り、鎌倉市役所に勤務する長倉和平(中井貴一)は年下の上司の下で働くという2人にとっては憂鬱な日々を過ごしていた。  また長倉家の面々はというと、次男の真平(坂口憲二)は、自宅でカフェ「ながくら」を切り盛りしながら、大橋知美(佐津川愛美)と順調に付き合っていた。  次女の万理子(内田有紀)は千明に片想いしながら、千明のドラマスタッフとして働き、長女の典子(飯島直子)は、ハワイへ家族旅行を計画するが、夫と息子から素っ気ない態度を取られるといった相変わらずの生活。  そして千明と和平の恋の行方はというと、変わらず“FUNKY"な間柄が続いていた。  そんな中ようやく千明に上司から仕事の依頼が来た。しかしその内容とは、千明の苦手分野である「サスペンスドラマ」。しかも脚本家は業界一台本を書くことが遅いことで有名な灰田マモル(リリー・フランキー)だという。  一方、和平は年下の上司からの命令で、世界遺産親善大使を引き受けてもらうため、何度も断られ続けている小説家の向坂緑子(萬田久子)に再度お願いするハメに。そんな2人は、お互い頭を抱えていた。  そしていよいよ千明は灰田に、和平は緑子にそれぞれ会うのだったが・・・。

cast

吉野千明(小泉今日子)
長倉和平(中井貴一)
長倉真平(坂口憲二)
長倉万理子(内田有紀)
水谷典子(飯島直子)

SP好きですが、2時間は、長すぎます。少しはしょっていますが、お楽しみ下さい。

<分かってるっつうの。
だから謝ってんじゃん。
ねちねち…バカ部長
アホ部長…あ、おつかれさまで~す。>
部長に呼ばれた千明。自販機は、釣銭切れ…
古参の三井が小銭を渡しながら、何の話だったんですか?と聞いた。
大したことない、全然大丈夫だよと笑うと
「無理に笑わなくていいです!」

「はい。
悪かったじゃん。視聴率。
『まだ恋は終わらない』」

「悪かったですね。」

「うん…
で、さあ、入る前に『お前 後ないぞ』とか
いわれてたじゃん。アホ部長に。」

「言われてましたね」

「うん。で、ホントに後がなかった。」

「どういうことですか?」

「うん。だしてた企画は 全部見送り。
とりあえず 仕事の予定は 無し
後のことは保留だってさ」

「そうですか~」

「でもさ、三井さんとかフリーのスタッフは
心配しないでね 私ちゃんと考えるから、ね。」

「大丈夫ですよ、それは
必ずまた一緒にやれると信じてますから」

「三井さん」

「それより心配なのは千明さんですよ。」

「私?」

「千明さんから仕事取ったら
何があるんですか?」

「『何があるんですか』ってあるだろ、何か…
あるよ。全然あるはず!」

「無理に笑わなくていいですよ」

「は~い」
チームワーク万全のよいスタッフに恵まれています。でも仕事がない…

片や市役所の和平。部長に呼ばれ腹の立つこと。相当年下で、突然部長になり、ナガクラ君と呼ばれ…部下たちは、長引いているのに気を使っていた。
お茶飲もうと、戻ってきて、後ろ姿が難題を背負わされた事を物語っていた。
今度は、何を?と聞く部下たちに
「目指せ、世界遺産親善大使に
向坂緑子先生に絶対なっていただくようにと」
もう何度も断られているが絶対ダメでしたという返事は聞きたくないと部長さまのお言葉だった。

仕事のない千明は、親友2人を誘ったが、啓子は校了、祥子はライブの準備で夜中までかかると断りの電話が相次いで入った。
みんな忙しいんだな。
さみしくない大人なんていない
大人になれば なるほど 傷つくことは
多くなり 傷の治りは遅くなる
だから 痛みに鈍感にならないと
生きていけないんだ そして 人は
よりどころをを探して 生きる
例えば仕事 例えば恋 例えば家族
仕事をよりどころにして生きてきた 私が
もし 仕事を失ったとしたら これから先
どうやって生きていったらいいのだろう

重い足取りで、極楽寺駅のホームに降り立つと、ベンチでトイレットペーパーを抱え直している和平と会った。改札で定期を探す千明。また同じパターンだった。バッグ中ではなくポケット、反対のと言われてすっかり見透かされていた。
「あれみたいですよね。
朝からおじいさんが大騒ぎして
何かを探しているんですよ。
『ばあさん わしの眼鏡が見当たらんのだがな
どこ置いたか おまえさんがまたどっかにやったンと違う…』
するとおばあさんは、無言で御爺さんの胸のあたりを
指差すわけです。するとそこにはおじいさんがそもそも
眼鏡をわすれないようのしようと自分で買った
眼鏡かけ 分かります?こうクビから下げる
ひもみたいなやつにかかった眼鏡が
ぶらんぶらん あれとにてますよ」

「似てません
私はおじいちゃんには似てません」

「あなたは乗った駅の改札口で
出口でもう定期券を捜すのは
やだからと意識的に ポケットに
しまうわけですよ。でも電車から降りると
すでに忘れてしまってる
その顔は図星でしょ
そのおじいちゃんとおんなじじゃないですか
そのおじいちゃんそのもじゃないですか。
でしょ?」

「またその 勝ち誇った顔して。
ホント腹立つわ!」

「やべ」

「私ね 言っときますけど
今日 相当 機嫌が悪いですからね。」

「あ、そうなんですか?」

「は~い」

「あ、すいませ~ん」

「い~え」

和平の家でも昭和の父親的口うるささは、健在だった。
それでも朝から気づかずため息を漏らした。真平が聞き咎めた。
朝からため息は一日の始まりに、アーあ、今日もまた一日が始まっちゃいましたかみたいな感じじゃ、いい 一日にならないよ 自覚ないの? ますます よくないね。

典子が毎日食い稼ぎにやってきた。
千明は、仕事がないが会社に行く居心地の悪さを感じていた。食事をしにながくらに来た。
和平は、典子に質問するがきちんと答えない。千明は、なぜ典子が来ているかを知っていた。家族でハワイ旅行を目指していたが、旦那は1人で行って来いと言うし子供は、全くの乗らなかった。

そこに2人の携帯が鳴った。千明は、苦手なサスペンスドラマのオファー。
和平は、作家向坂に出したメールの答えだった。
食事中だったが、千明は万理子を連れて会社に急いだ。三井たちチーム千明は、全員集合し喜びあった。
そこへ脚本家の灰田が現れた。三井は、千明に業界一遅筆な灰田と知らせた。

向山家は、豪邸だった。
和服姿で、やけにきらびやかな女だった。
和平は、必死の思いで自分の事家族の事、鎌倉を愛していることを書き添えたので、
すっかり小説家としての食指が動きだしたようだった。古臭い言葉使いそれを
古いいにおい  と称した。
きれいな店に連れて行ってくれと頼まれた。そこで夫をなくて10年。それ以来一度も
していません。と言われてドギマギする和平。誘われた。これを条件にしようかしら?

灰田は、皆の雰囲気からミステリーは苦手らしいと踏んで出来上がったら連絡すると言った。だが、逃がすわけにはいかない。連絡の取れる所でという千明だったが缶詰にする予算は無し。そこで灰田は、千明が鎌倉に住んでいると聞き、移動した。
鎌倉で古民家。有りがちな設定だと言った。
「万理子だっけ?
俺に何か言いたいことがあるんなら言えば?」

「では一つ、お伺いしてもよろしいでしょうか?」

「どうぞ」

「こっち」

「灰田先生は、
なぜサスペンスドラマしか書かないんでしょうか」

「お~、いい質問だね。どうしてですか?」

「ま、サスペンスっていうのはさ
必要なんだよ。」

「必要?」

「うん。
なっ 世の中いろいろ分からない事だらけで
何が正しくて 何が間違っているのか
さっぱり分からない。
真面目に生きてて馬鹿らしいと思う
事もある。世の中のルールを守っていても
なにか損してる気がする。
どうも納得がいかない。映画や文学ってのはさ
サペンスと違ってさ出てくる主人公が 何か
イカレテル おかしなやつらだよ。そういうのが
もてはやされる。そっれも納得いかない。
社会のルールをぶち壊すなんてさ
そりゃ あんた 口で言うのは、カッコイイけど
自分とは何か 関係有る気がしない。
そもそもさ、 今はその当たり前が
分かんなくなってんだから見たいのさ。」

「確かに
サスペンスで描かれる世界って
すごく まっとうな世界ですよね
人を傷つけたり だましたり
人のモノ取ったりしたらいけない。
罪を犯せば必ず罰せられる。
刑事や探偵という神様が
見逃がさない。
ふ~ん、なるほど。
あはは、あ~ 何かありがとうございます
ちょっと心が軽くなってきました」

「だろうね」

「はい」

「もうひとつよろしいでしょうか?」

「どうぞ」

「灰田先生にとって
ドラマ作りとはいったい なんでしょうか?」

「お~、またでっかい質問ですね」(千明)

「はい」

「まあ、セックスに似てるな
ドラマ、作りは」

「ほほほ」(千明)

「つまりさ。俺たち
視聴者とセックスしてるわけだよ。
分かる?」

「申し訳ございません
皆目見当がつきません」

「だってよ、あの手この手を駆使して
相手を喜ばせようとしてるんでしょう
我々は。」

「お~確かに そうですね~」

「でもな、 人によってやっぱり
それぞれ やり方が違うわけさ
例えばあの人な。(千明を指さし)
あの人のドラマは作りは まあわがままで
独りよがりのなセックス みたいなもんだよ
なっ」

「あははは」

「どう?私こういうのが好きなのよ。
いいでしょ、いいでしょどうなのみたい」

「そう…いやいやいや…」

「そこへ行くと俺なんか
もう 相手のためにひたすら
サービスよ。滅私奉公してる
いかがですか そういう感じよ。
ハハハ」

「ハハハハ」

「で、万理子はどうなの?」

「!???」

アルバイトの店で、フラの腰を振っていたらバイクで来た外人さんにフラのスタジオに連れて行かれた典子。生徒たちと一緒に踊らされた。

和平は、向坂と一緒の処に義弟で典子の夫の広行が向坂の大ファンで如才なく近づき、ここれからキャバクラへと言い出したので、向坂が、興味深々で、ついてきた。
そこへ一条老人が来て、あんたも好きだねと言われ、面と向かってあのバカに連れてこられたと答えた。すると、向坂と一条は、親戚だった。さあ、歌いましょうと大挙して歌った。

灰田は、千明がかつて美人プロデューサーと言われたと言ったことを、そういう言い方は辞めろ、きれいな人は年とったってきれいなんだとたしなめた。そしてタバコ買って来いと命じた。

和平はタクシーで向坂を送った。酒の勢いでというのは嫌だと催促されたが、慌ててしどろもどろ。何も考えていなかった事に驚かれた。
この設定どうにかなりませんかね。最後までこの人はセックス絡みの仕事にしかとれません。

買い物から戻った千明と和平が家の前の道でパッタリ。
和平は、今でもテレビ局のお偉いさんに役が欲しい若手女優が、体を武器にして迫ることが、または迫られることがあるのかと聞いた。私はしてませんよ。と答える千明。そんな時若い女優はどんな気持ちなんだろうとやけに親身になっている和平を不思議なものを見る目で見ていた。
浮かない顔で帰宅した和平に娘のえりなは、相談事があるなら聞くよと言ってくれた。慎平もすりゃいいだろと言うが、できる相談とできない相談があると、答えた。
真平は、天使だから俺だったらその先生の悩み受け入れてあげると言った。そうは簡単に行かない和平。二者択一の泥沼へ。
和平は、真平に口止めしたが、それがダメなのは、昔から…

早朝、千明は、ソファで寝てしまった。灰田は家から出たが和平がごみ袋を抱えているのを見ておはようと言ったが「おっちゃん、今日ごみの日?」と聞いた。燃えるゴミ?と確認してちょっと待っててと中へ引き返しごみ袋を持って出てきた。灰田は、そのまま消えた。
目が覚めた千明は逃げられたことを悟ったが、脚本は奇跡的に丸一日でできていた。
典子の勘の良さで和平の秘密が暴露された。仕事のために体を売ると言われて、えりなが援助交際みたいなもの?と聞いた。遅れて朝食に寄った千明は、とても危険な空気を察知してすぐに出た。改札前のベンチに座って和平を待った。
和平も気づいたが、捕まえて「サボリませんか」と声をかけた。山に登りサボってまで鎌倉を案内している和平を笑った。茶店でお茶を飲んだ。
「しかしなかなかファンキーなことになってるんですね。
世界遺産問題」

「やめてくださいよ。世界遺産問題って
言う言い方は もう。」

「嫌私もね 実は
微妙に 色々あったんですよ。
だから慰めようかなあと
思ったんです。
わたしなんか もっとひどいことが
あったんですよ~っとか言って。」

「あ~、ありがとうございます。」

「でもやめときます」

「え?」

「とても勝てません。
仕事の困った自慢は私の負け
あなたの勝ちです。」

「全然嬉しくない勝ちだな」

「どうせあれでしょ。
バカで無責任な上司に押し付けられたんでしょ?
無理な仕事を」

「分かります?」

「すいませんビール2つ。

「え?ビ…ビール!?」

「『俺はダメでしたなんて言葉は
聞きたくないからな』さもカッコいい言葉
言ってるような顔して言いやがるんでしょ
そいつ。そんなの誰も聞きたくねえし
言いたくねえよって話ですよね?」

「え?
どっかで見てました?」

「大して実力もないくせに
人の手柄 自分のものにして
偉くなっちゃったような上司でしょ?」

「はい、その通り」

「居るよね そういうのね。」

「はい、しかもその上司なんですけど
年下。
しかも 元部下。」

「マジッすか?

「マジッす。」

「そっか、きついな~」
ビールが来たのでプシュッと開けて飲んじゃいましょと、缶をぶつけて乾杯して飲み始めた。

「は~、飲んじゃいましたね。
サボリ ビールうまいっしょ!」

「美味いっす」
そこに部下の田所が観光に来た人たちを引き連れてきた。慌ててその場を離れて避難。

今度は海の見えるカフェに行った。
「勘違いしないでくださいね。いいですか
イヤ私はね 別に 女性とそういう取引みたいな
理由で女性とそういうことをするとかしないとか
そういうことを悩んでるわけじゃないんですよ。」

「ほお~」

「もちろん そのことも少しはありますよ。
古いタイプの男ですから」

「確かに古いタイプの男ですね」

「ええ、いやでも…
あっ 別に あれですよできますよ
できます。イヤあのう、しろっていう
んだったらそりゃ男ですからね私だって」

「うん、そりゃそうですよね」

「しかも相手はですよ。」

「向坂緑子、なかなか美人です。」

「もうさ、何の問題もないの。
むしろラッキーってなもんです。」

「そうですよ。
だって50にもなった男がですよ
仕事の見返りとして 
体を要求されるなんてそうある話し
じゃなりませんよ。
ファンキーですよ。」

「そう、ファンキーです」

「しかも相手は 美人でスタイルもいい
何の問題もない。」

「その通り」

「うん」

「でもね 私にはちょっと 1つ
引っかかることがあるんですよ。
「なんですか?
できるのかってことですか?」

「そう。いや、ちがいます。 違います
できますよ。
できるって 何回も言ってるじゃないですか
失礼だな」

「こりゃ 失敬しました。」

「私が引っかかってるのはね
文字どおりですよ 私が
体を張ってその親善大使を
向坂先生に引き受けてくれたとしてもですよ」

「ああ、そのバカ上司の手柄になると」

「目に浮かぶわけですよ」

「全て 自分がうやりましたみたいな顔でね
広報の取材を受けてる こう 一緒に写真に
写ってる姿が」

「うわ~ ムカ付くな それ」

「しかも写真の中でのその笑顔まで
想像出来ちゃうわけですよ。」

「うわ~、なんか私まで
想像できてきた。
嫌な感じ やだやだこいつ」

「嫌な イヤなんだ こいつ
もう眉毛 こんな太いんですよ
嫌でしょ?もう見たくない

向こう行け、向こう行け」

「行った 行った 行った~
行った~!ハハハ」

「あ~、なんかすっきりしました。」

「そうですか」

「はい」

「よかったです」

「ありがとうございました」

「イエイエ いえいえ、フフフ」

「あ、「

「うん?」

「そちらも何かあるんじゃ」

「あ…私ですか?」

「いや話してくださいよ。」

「いや~…
話しますか~
でも、何かこれ…」

場所は、一杯飲み屋に変わった。
「へへへ
私 その 脚本家の先生に
ちょっとキュンってしちゃったんですよ。ハハハ
なんかあれ?いい感じみたいなね
でね 向こうもそうなんじゃないかなって、こういうの
うぬぼれじゃなくて何ていうの?何かこう雰囲気で
分かるじゃないですか。こう勘て言うかね。
でもそれが全然 外れてたんです。
私には女として とくに興味を持って
いなかったわけですよ。
でね、そのこと自体どうでもいいんですよ。
しょうがないことじゃないですか。
でもそこからの私が最悪なんです。」

「最悪ですか」

「あいつが 興味を持ってたのは
万理子ちゃんだったんですよ。
私それに気づいてしまったんです

「うちの?」

「そう、考えてみたら当然なんですよ。
だって万理子ちゃん私よりもずっと若いし
可愛い顔してるし 結構美形ですよね。

そして もう何よりも面白い。
興味深い存在じゃないですか。」

「変っていうか…」

「フフフ、それでそこからですよ
私。ハァ~最低です。
ちっちゃいわ 私。「え?あの それは
こういうこと何ですかね?あの
ちょっと傷ついてしまった自分を
ちょっと隠したくって
『え?私は ちょっと なんとも思ってませんけど』
みたいな余裕のあるふりをしちゃう」

「そうそうそう そうそう
2人の恋応援しちゃう
もうなんとか 傷を こうなんとか隠すのに
必死なわけですよ。」

「ほうー。なるほどね。」

「ははは で、万理子ちゃんの気持ちを
考えずに傷つけてしまいました。」
(万理子が嫌いなひらひらペラペラなワンピース着せて、髪もアップにしたもので、万理子が泣きだした。こんな感じなら灰田が気にいるだろうと、言うつもりだった)

「そうですか」

「はい。情けない。
ホントに情けない カッコ悪い
ちっちゃい もう最低」

「今流にいうとあれですね
『痛い』ですね」

「痛い、痛い、そう 痛い。
痛い女 痛い」

「うん」

「うん?」

「いやいやいや いつからこう
『痛い』なんていう表現を
するようになったんですかね」

「ホントだ~昔は言わなかったですよね
痛いなんて」

「いや言いませんでしたよ。
でも不思議なもんで その『痛い』っていう表現に
代わる表現って何か思いつきます?」

うん?」

「昔 なんて言ってたんですかね」

「昔は、…え? 痛々しいとか?」

「ちょっとニュアンスが違いますね」

「でも、まああんまり いい言葉じゃないですよね
痛いなんてね。
私痛く有りませんからなんていうと
余計痛いみたいですものね。
痛いのル-プですよね まるでね。
フフフ」

「確かにね」

「でも私たち色々と痛いと思われて
るんでしょうね。」

「満身創痍ですよ。」

「ですね」
2人はおばさん同士、おじさん同士で話している親近感と、あけすけさを感じていた。
さらに言い合いながら帰宅すると千明の家に電気がついていた。
今日はいろいろありがとうございました。さっぱりしましたと挨拶する和平に「初サボリ」と言いながら入って行くと、玄関に3人分の靴が脱いであった。
万理子、典子、大橋だった。
万理子は、いつもの調子で皆さんそれぞれ千明さんにお話ししたいことがあるんですって。ちなみに私もですと言った。ここは、駆け込み寺じゃないんですと言う千明に初めは、万理子。
千明に恋してても、現実にかなわぬ恋なので、プロデューサーと脚本家は恋愛関係と同じだと教えられた万理子は、自分も脚本家になって、千明と恋愛関係になれたらと思った。
脚本家になれますか?その問いに脚本家は自分がダメダメでも、常に他人を客観視できるタイプのひと達だから、向いていると思うと答えた。

典子は今日知り合ったフラ教室の先生と、一線を越えるところまで行って、最期に逃げ出してきた。旦那と元サヤに納まったが、甘い関係は最初のころまで、後は今まで通り。一生このままの生活かと思ったら、ため息が出る。分かるけど、だからどうしたいの?

千明はキッチンで話に付き合ってまたビールを飲みながら
「大人になったらさ、
こう分別とかも身についてさ
ちゃんとした こう大人に
もっとなってる予定だったでしょ?
でも全然 ダメ。むしろ年をとれば
取るほどもっとみっともなくなってるような
気がする。ホントに みっともないこと
ばっかりしてんだよな~。
ホントにヤになるよね。
いつになったらホントの大人に
なれるんだろうね。でもさ、 私
そういうあんたのこと なんか
カワイイなって思うよ。ジタバタしてて
バカみたいで、 みっともないけど
なんかすごいカワイイなって思う。
よの男どもはさ、 女のそういうとこ
全然見てくれないんだよね。
カワイイなんて絶対言ってくれないじゃない
だからさ、 女同士はせめてさ
そういうところも 褒め合おうよ。」

「うん。私も千明の事カワイイって思う。」

「いいよ、私は、」

「馬鹿だしみっともないし
童顔をいいことに若作りだし
ぐだぐだだけど、でも千明ってカワイイと
思う。」
2人は抱き合って、泣いた。どさくさにまぎれて典子が放った毒は、幻聴で片付けられた。
和平との仲を典子と万理子に聞かれたが、恋愛というより、突然老夫婦みたいな関係だから、と言った。
知美がすっかり忘れられていた。
真平とデートした時、財布を渡され、中に入っていた診察券を見てしまった。脳外科と診療科を見て、とても驚いた。
女同士教えてほしいと頼んだが3人は当人から聞けと言った。
バーでずっと居る哀しそうな女性に近づいた天使真平だったが、知美に阻止された。あなたは、病気じゃ死なない、私がぶっ殺す!恐ろしや…

千明は、親友、啓子、祥子と会って飲んだが、祥子が車を買ったので今度ドライブしようと言われた。
他の2人は、仕事が無くなった時の事を考えるは辞めたと言った。

日曜日、ドライブした3人がラウンジで向坂緑子と遭遇。すぐに和平が来た。息をひそめてみていた。
和平は、親善大使の役を断りに来た。
そんなに私とは嫌かと聞かれた。今50でもうすぐ51になる、女性とそういうことになるのはなれない。だから大事にしたい。いい年だからこそ大事に本当に大切な人とのことに取っておきたいんです。そんな堅苦しく思ってるわけでは無く自分がそう思っている。
そういう人がいるんですね。と聞かれてハイと答えた。一言だけ言わせて下さい
「意気地なし!」

和平さんの男の操。難しい選択でした。

和平が見送って千明席をたった。驚く和平。どうして私の人生はこういう展開になるのかと座り込んだ。千明は、素敵です、素敵…でした。私も大事にしたと言った。
すると和平が あの と千明を見た。いいですよ と千明は答えた。
このホテルの空き室を見たが満室だった。祥子の車でラブホに行くと全部満室。
車は長蛇の列。2人で顔を見合わせ笑った。まだ早いということなのかと言った。
老後は楽しめなそうだと言った。その前にお願いします、こちらこそ。

ドラマが放映されて、千明は、どきどきしながらながくらに来て、電話を待った、視聴率はよかった。そしてアホ部長から電話がかかり、ずっとサスペンスでやってくれと、仕事は無くならなかった。ついでに新しい脚本家を紹介してOKを取った。真里子が喜んだ。
向坂の親善大使も受けてくれて、皆にやったのかと聞かれた。

典子はハワイに行き、お土産を買ってきた、
その日は和平の51歳の誕生日だった。ケーキと51本のローソクをつけて、さらに夜は、千明のおごりでシーラスで食事。

<というわけで吉野千明46歳
 長倉和平51歳
 とりあえず人生キープです>

機関銃のようなセリフに魅力があるこのドラマ。
実は、アップするには、大変です。
とりあえず、まとめました。

*****
今までの感想は、 こちら

« 《遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~》#02 | トップページ | 《ゴーイング マイ ホーム》★03 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/56032693

この記事へのトラックバック一覧です: 《最後から二番目の恋2012秋》:

» 「最後から二番目の恋 2012秋」お見事〜小泉今日子&中井貴一の会話が心地良い [世事熟視〜コソダチP]
最後から二番目の恋 2012秋 小泉今日子と中井貴一の会話シーンがたっぷりの『最後から二番目の恋 2012秋』は、見事な出来映えでした。 古い友人に久しぶりに出会ったような心地よさ!! 『性的な仄めかし』がけっこうストレートなのに、あざとさや嫌らしさを感じさせない脚本や演技が絶妙。 小泉今日子と中井貴一の力量もさすがだし、役者の魅力を引き出す制作スタッフの技量もたいしたもんです。 隅から隅まで見渡しても、誰一人として役者を無駄遣いしていないことにも感心しました。 −◆− ... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋2012秋(11.2) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
仕事が減った吉野千明@小泉今日子は 遅筆の脚本家灰田マモル@リリー・フランキーに仕事を依頼、 一方、長倉和平@中井貴一は上司となった元後輩の指示で 何度も親善大使の話を断られている小説家向坂緑子@萬田久子に 引き受けてもらうよう懇願、 冴えない境遇の二人が奔走するというストーリー 特に何かやってたわけでもないのですが、 相変わらず心の和むドラマですな。醸し出す雰囲気がいいね 長倉家の面々やTV局の人々が変わってなかったのも嬉しい。 鎌倉が舞台というのがもっと伝わる内容だったら、更によかったのですが。... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋2012秋 [のほほん便り]
あの「最後から二番目の恋」がスペシャルでかえってきた! しかも、ゲストにリリー・フランキーと萬田久子を迎えて… その贅沢さも、心楽しく、イイ味だしてました。 しっとりとした鎌倉を舞台。オットナ~なんだけど、ユーモラスな、ほっこり世界は、あいかわらずで、会話もオシャレだし、ほどよく色っぽく、展開も「なるほど」です 結果は、傷つけちゃったけれど、個人的には、千明(小泉今日子)の万理子(内田有紀)変身・大作戦も楽しかったかな? でも、それだと、フツーのドラマで見る美人な内田有紀になってし... [続きを読む]

» 「最後から2番目の恋」 2012 ・ 秋  [トリ猫家族]
 さぁ、鎌倉に住むあのみなさんが帰ってきましたョ〜! 今回は大人な会話満載・・・ドキリとさせられつつも、やっぱりこのドラマには癒されるわ〜と再確認しましたぞ。 オープニ ... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 2012秋 [昼寝の時間]
公式サイト 脚本:岡田惠和/演出:宮本理江子、谷村政樹、並木道子/プロデュース: [続きを読む]

» 最後から二番目の恋2012秋 [レベル999のgoo部屋]
『あの“大人って淋しすぎると笑っちゃう”の二人が今夜復活!  とにかく笑ってとにかく泣けるロマンチックコメディー!』 内容 千明(小泉今日子)は、怒っていた。 手がけたドラマの視聴率が悪く、部長に出していた企画が全てダメと。 一方、和平(中井貴一)は、憂鬱...... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 2012秋 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
見ましたよー!!! ざーーっとしか見られなかったので落ち着いたらまともに見ようと思います。 やっぱり千明と和平のケンカップルは見ていると和みますなー(笑 最後から二番 ... [続きを読む]

» 【最後から二番目の恋 2012秋】をTV鑑賞! [じゅずじの旦那]
さみしくない大人なんていない・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】時は2012年夏の終わり。ドラマプロデューサーである吉野千明(小泉今日子)は、連続ドラマ『まだ恋は終わらない』の失敗で厳しい立場に追い込まれていた。一方、鎌倉市役所に勤務する長倉和平(中井貴一)は年下の上司の下で働くことになり、憂鬱な日々を過ごしている。 長倉家の面々はというと、次男の真平(坂口憲二)は、大橋知美(佐津川愛美)と順調に交際しながら、自宅でカフェ『ながくら』を切り盛りしている。次女... [続きを読む]

» 『最後から二番目の恋』SP 2012秋 [美容師は見た…]
あれから半年が経ち、季節は春から秋へ。。。そのままのメンバーで違和感なく繋がってくれたのが嬉しい。夏の間も彼らは鎌倉で普通に生活してたかのように。ちょっとだけみんなに会えない期間があって、その間に和平と千明の距離は少しずつ縮まって…たのかと思いきや。「ちょ... [続きを読む]

« 《遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~》#02 | トップページ | 《ゴーイング マイ ホーム》★03 »

最近の写真