無料ブログはココログ

« 《ビューティフルレイン》#03 | トップページ | 《GTO》★03 »

2012/07/16

《サマーレスキュー~天空の診療所~》☆02

『夕陽に賭ける緊急手術!』(あらすじ)

夜、診療所に1人でいた速水(向井理)は、風邪気味なので薬が欲しいというツアー登山客の朋子(内山理名)を診察して薬を出す。翌朝、ツアー客が出発した後、速水から話を聞いた遥(尾野真千子)やあかり(小池栄子)の顔色が変わる。遥は、体調に不安を持った朋子に安易に登山続行を許した速水に対し、山をなめていると責める。同じころ、東京で人間ドックを受診した速水の母親・悦子(中田喜子)に、動脈瘤(りゅう)が見つかる

cast
向井理/速水圭吾
尾野真千子
/小山遥
小池栄子
/平原あかり
本田望結
/平原桃花
笹野高史
/小山雄一
佐藤二朗/高井聡志
松重豊/沢口哲夫
時任三郎
/倉木泰典

*****

 

今のままの設備だと、ここでできる事は限られていた。速水は、とことん、こんなことでは存在意義が無いと、思っていた。

そこへ、ツアー客が山小屋に到着した。見るとガイドは、人件費節減で、1人しかいなかった。
小山遙は、何かあった時対処しきれないと、言った。

夜に、診療所の方へ、ツアー客の一人朋子が来た。少しのどが赤かったので風邪薬を投薬した。翌朝、朔ヶ岳の頂上アタックに全員出発した。

速水に昨夜はありがとうございましたと朋子が礼を言って出かけた。ナース達は、何もしらなかった。少しのどが赤いので、風邪薬を出したと普通に考えていた速水だった。
さっそく、遙に嚙付かれた。
彼女は昨日ここへ来るまでの間、他の人と同じペースで歩けていたのか?
大体彼女は、どこを通ってここまで来たんですか?
そもそもこの高度の山に来るのは初めてなのか?
それとも経験者なのか?
そう言う事も尋ねましたか?
もし彼女の症状がある程度の高度の所に来てからだと
すると、風邪だけではない事もあるんじゃないですか?
「ちょっとのどが赤かっただけだって」

「速水先生は、山をナメてる。
例え風邪だとしてもここは町じゃなくて
高度2500mの山なんです。
気候だって急変しやすいし
にわかに雨でも風が吹いても
体力はあっという間に奪われる。
町では単なる風邪で済んでも
ここではどうなるか分からないの。」

言ってる事は分かるけど、いちいちカチンとくる言い方です。
自分が、ナース辞めてきたのだから、もっと寛容になれればいいのに、わざと対人関係をぎすぎすしています。好きじゃないな、こういうタイプ。
どこに行きつくんでしょうね、このドラマ。

あかりは、熱は?と聞いて、熱はなかったと速水も答えた。

遙の父は、胸痛を起こして、体をエビのように丸めた。心臓発作のようだった。それを遙は知らなかった。

速水の母が、人間ドックで病院へ行った。
沢口教授が、付き添って腹部のCT検査をすると、8cmの大動脈瘤があった。いつ破裂してもおかしくないが、場所がとても悪かった。

朋子は、動けなくなり、ガイドも一人だし、他の連中がいきり立っていた。朋子は、一人で残ると言った。
3時間でそこへ戻るといったが、下山してくると、朋子は見えなかった。
山小屋に来ると、まだ朋子は戻らず、遙の父にガイドは怒られた。一番体力のない人に会わせるのが、山の鉄則だった。
日没まであと2時間半。速水はあかりのかわりにどうしても行くと言い張った。
尾根に上がった時高井から電話が掛かった。しかし、その電話は、遙に切られた。
水の入っているペットボトルが見つかった。岩肌の方を覗くと途中で引っかかっていた。

見つかったと連絡して山小屋まで背負った。
呼吸は、サチュレーションが93%で問題なかったが、右手の傷が深かった。
浅指屈筋腱が切断されていた。そのため指が曲がらなかった。
大きな事故が合ってヘリは出払っていた。明日まで待つよりは、できたらここで縫いたかったが、光源が取れなかった。夕日がかなり明るかった。あと10分くらいと言われた。
このまま置くと縫えなくなる時期が来るので、今やろうと速水は決断。
まず切断された腱を縫合した。
下山したら、なるべく早く整形外科専門医に掛かるようにと言い、さらに山になれてないからと、と頭を下げた。一番悪いのは私ですと、朋子は言った。

外に出て深呼吸し、ここの空気はうまいと言ったが、はるかにさっきはすいませんでした、携帯切ったりと言われて慌てて電話すると、じ部員の母親の腹部大動脈瘤が8cmもありいつ破裂してもおかしくない状態だと倉木から知らされた。
呆然とする速水。だが山小屋に知らせ戻ることと、高井先生が明日来ることを伝えた。速水はすぐに下山すると、決心を固めた。しかし、初心者に夜道は危険すぎると止められたので、明日、夜が明けたら下山すると言った。

山には医者が必要と遙に再度言われたが、それに答えない速水に、最低、見そこなったと言った。

こんなに気の強い遙が何で、シッポまいて戻ってきたのでしょう?
自分のミスから人を殺してしまっても、めげないと思えますけど・・・

*****
今までの感想は、こちら

« 《ビューティフルレイン》#03 | トップページ | 《GTO》★03 »

ドラマ(さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/55211811

この記事へのトラックバック一覧です: 《サマーレスキュー~天空の診療所~》☆02:

» ビューティフルレイン三話&サマーレスキュー二話感想 [NelsonTouchBlog]
■ビューティフルレイン三話 仕事でネジの大きさを間違えてしまって、危うく大惨事になるところだったけど、中谷美紀が手伝ってくれて。。でもやっぱり中谷にはアルツハイマー病のことはバレてしまった豊川悦司。娘の芦田愛菜ちゃんにはちゃんと本当のことを伝えておいたほうがいいと中谷に言われ、意を決して言うんだけど・・。治るから・・と嘘を言ってしまうところが父親心なのか。そうだよなあ(泣)治せないんなら進行をとことん遅らせてやろうぜ。... [続きを読む]

» 天空の城ラ・・・じゃなくてサマーレスキュー〜天空の診療所〜なのね(本田望結) [キッドのブログinココログ]
ジブリのアニメだと思った人が間違えてみることを狙ったあざといタイトルである。 そういう、さもしさがにじみ出ているドラマだと言えよう。 どういうドラマだよ・・・。 キッドは槍ヶ岳山頂で結婚式をした過去があるので・・・けして山をなめていないということを最初に申し上げておく。 山頂結婚式は一種の神前婚であ... [続きを読む]

« 《ビューティフルレイン》#03 | トップページ | 《GTO》★03 »

最近の写真