無料ブログはココログ

« 《GTO》★01 | トップページ | 《東野圭吾ミステリーシリーズ》★01 »

2012/07/05

《トッカン 特別国税徴収官》#01

『私の仕事は嫌われている・・・気弱な徴収官ぐー子が毒舌上司はスキーにふるまわされ税金滞納者たちと対決』(あらすじ)

宝町税務署に勤務する新米徴収官の鈴宮(井上真央)は、半年前から税金を滞納する皆川(池田政典)の家に差し押さえに行く。しかし、皆川と妻の真利子(佐藤仁美)の猛反撃に会い、鈴宮がたまらず逃げ出そうとしたところに、同僚の木綿子(鈴木砂羽)らと共に見知らぬ男が現れる。男は、国税局から着任した‘トッカン’こと特別国税徴収官の鏡(北村有起哉)で、鏡は飼い犬まで情け容赦なく差し押さえを強行していく。鈴宮は、上司の金子(池田鉄洋)から‘トッカン付き’を命じられ、渋々次の取り立てに同行する。


cast

井上真央/鈴宮深樹

北村有起哉/鏡雅愛

鈴木砂羽/鍋島木綿子

木南晴夏/南部千紗

美波/相沢芽夢

岩松了/清里肇

塩見三省/鈴宮益次郎

若村麻由美/白川耀子

交差点で、信号待ちしながら鈴宮は、必死に無理ですを連発。
「S]だ「鞭打つ」だを連発して、周りの人達を疑わせていた。

S"とは、国税 の隠語で「差し押さえ

皆川の家は、大邸宅、しかし、消費税、源泉所得税を支払わなかった。差し押さえ予告書も無視していた。

中に入れてくれたのはよかったが朝から塩をまかれた。次に奥さんは、ぬかみそを持ってきた。
新米にしては、1300万は金額が大きいと鍋島も心配していたがそこへ着任した鏡が2,3人貸してもらえれば行きますよと言った。
鈴宮の跡を追うように3人は皆川邸に到着。糠だらけになっていた鈴宮をしり目に差し押さえにかかった。
鏡は本店からのトッカンだった。

本店”とは国税局 ”支店東京都の税務署

止まっていた辞令が降りて今日から鈴宮は「トッカン付き」になった。
シベリアンハスキーのリリコまで差し押さえ物件になった。
税金も払わず、贅沢三昧の夫婦だった。公売までに1300万7500円持ってくれば、保健所行きにならないと知らされた。
ガレージからフェラーリも運ばれた。

次の案件は、大島プラスチック工場。借金がかさんで、消費税に手を付けてしまった。
借金が、600万以上あり、閉めるに閉められない。

翌日も行った鈴宮。どうにか機械類を残したくてぐずぐずしていたら、鏡が次の案件を差し押さえると行って鈴宮を連れて行った。
勝手に”ぐー子”と呼び始めた。
所長の清里が、アロハを着て四国から帰ってきた。
着くなり鈴宮に、Sのあとに新しいスイーツの店ができたから、そこの名物マンゴーロールケーキを買って来いと言われた。反対方向だと堅物ぐー子は答えたが、周りの皆は、買って来い!と言った。

タワーマンションに住んでいる白川耀子。『クラブ澪代表取締役』
消費税及び源泉所得税の滞納金400万円。
延滞料も入れて414万6000円。
その割に言い生活ですね。鏡は言った。
クラブは、赤字だと答えた。
ご存じないかもしれませんが、税金を滞納するタイプの人には3つある。
1つは主義主張で払わない者。
2つ目は欲をかいて払おうとしない者
3つ目は貧しくて払いたくても払えない者

それを聞いて白川は、わたしは3つ目ねと言った。
「鈴宮、 時間!」

「午後2時38分
捜索を開始します」

営業用の着物が入っている部分に来た、子供用の着物が畳紙から滑り落ちた。
それを見る時の目つきがちがっていたので、鏡は、その着物だけ持ってさっさと引き揚げた。鈴宮には、持てるだけだけのもので良いと言って。
白川は、鏡が持って行った着物より高いのが残っていると言った。上司に相談すると行って、そこから出た。
さあ、次は、所長のお使いで、マンゴーケーキ。
両肩に”S"のピンクの袋をぶら下げて、ケーキ屋に入って行く姿は、担ぎ屋さんだ。
残った2本のロールケーキを頼むが鈴宮の後ろに並んだ女が、叫んだ。おまけに悲しげな目をして訴えた。

混んでいて2本は無理でしたと弁解する鈴宮に、ハイおダチンと1切れくれた。それを自分の席まで横からさらった鏡。
つられて付いて行くぐー子。
「白川耀子何か言ってたか?」

「また人質ですか?」

「何が?」

「とぼけないでください。
この振り袖 あの人を焦らせようとして
したんですよね」

「何か言ってたのか?」

「他の着物と交換してほしいって・・・」

「いい傾向だ。
この着物絶対返すな」

勉強したことを盾に、他に財産があれば変えることができると鈴宮は、言ったが
「あの女はな、
1枚何十万もする絵と大理石のタイルに
囲まれたマンションで寝起きして
『エルメス』のバスローブと
『シャネル』のスリッパはいて
1台30万のエスプレッソマシーンで
コーヒー飲んでる。
お前あの女が付けてる下着1枚で
大島プラスチックが何日生き延びら
れるか分かってるのか?」

<下着ってそんなに高いの?>
<所長、今その質問は・・・>

「俺たちの仕事はな、
あの女が自分でやったことを
罪だと認め二度としないと戒め
る事だ。
だから俺たち徴収官には
裁判所の令状が無くても
Sできる強い権限を与えられてる。
納税者にとって俺たちは最後の砦なんだ!」

「最高!」(所長)
「え?」「え?」
「ロールケーキ♪」

ロールケーキを一つ譲った芽夢とは、その夜
ケーキバイキングに付き合った。
相沢芽夢。昼間働き、夜は劇団で稽古。
鈴宮は、なかなか仕事を分かってもらえなかった。
徴収官。マルサと言われて、あれは国税の査察部。
わたしは塩まかれたり糠味噌ぶつけられたり・・・
でも一番きついのは本当にお金に苦しめられて
いる人に税金払えって言いに行かなきゃならない時。
何が『最後の砦』よ。あのハスキー!

ハスキーと言われた鏡は、差し押さえしたハスキーが食欲を落としているので心配していた。それを見た鍋島が、犬には優しいんだと言った。白川の銀行口座には、ほとんど金が入っていなかったが、長年の勘で、何かおかしいと感じていた。
ぐーちゃんは帰したんですかと聞かれて
「あのボストン・テリヤ!」

当の鈴宮は、ペットショップでボストンテリヤを、かわいい♪と言って離れなかった。
朝、くだらない話をする同僚に有る気歩きを速めていると、上司たちが走って飛んできた。そちらを見て、鈴宮の顔色が変わった。朝からロッカイのお出ましだった。

ロッカイとは、昔、マルサと呼ばれた国税局査察部
かつて国税局の6階に部署があったことから「ロッカイ」

何でアイツが、とぶつぶつ言いながら、階段を早く登ろうとするとさわやかに
「鈴宮さん」と声をかけられた。税大の同期千紗だった。

税大とは税務大学校の略
国税職員の研修機関

「わたし、今ナサケ にいるの。
あなた、ただのギョウニン だったわよね。」

ナサケとは情報の情から「ナサケ」と呼び
国税局査察部情報部門

一方徴収官は 徴の字から ギョウニン

千紗がやっと上に消えた。降りてきた鍋島は、
「キャンキャンキャンキャンうるさい子ね」

「スピッツかよ」
ハスキーが言い、ボストン・テリヤが同調した。

「今日こそ、Sするんだろうな、
『大島プラスチック』
さらに病気で倒れたら大変だ。
肺炎だから」と言われた。

大島プラスチックに行くと質屋に機械を渡していた。
手伝いますと言ってしゃがんだらプチと音がしてどこか破れた。

大島が、最後のチャンスかもしれない大口の仕事のことを鈴宮が聞いた。
だから待って下さいと土下座された。

ハスキーに待ちますと言った。
待つ間も毎日行けとさらに言われた。

大口の注文品が、出来上がった。
これで明日納品すれば、まとまった金が入ると大島は、鈴宮に言った。
帰ろうとするぐー子に、
「あ、家で飯でも食べて行きませんか」
と誘ってくれた。「何言ってるの?」(妻)

「2人で寂しく食べるよりは
イイじゃないか。
大したごちそうはないけど」
よかったらね」

野菜の煮たのが美味だった。奥さんは、ご近所さんのもらいものだと言った。
東京にもまだ近所付き合いがあるんですね、ぐー子は嬉しかった。
話の展開でぐー子は大阪の市内出身で、ここの奥さんは堺出身だと分かった。
もう2年帰っていないと話した。

「じゃあ、ご両親はさぞかし
寂しい思いしてんじゃないの?
立派な仕事してるし
ご自慢の娘さんじゃないのかい?」

「ウチにも子供がいたら
少しは生活に張りがでてたのかもしれない。」

「お子さんは・・・」

「うん生まれてすぐね
病気で亡くなっちゃったんでね。
戸籍には入ってないんだ。」

「あ、そうだったんですか」

「うん」

「亡くなった子供の分まで
長生きしようって
2人で約束したんだよ。」

大島は高い腕時計をしていた。
先代の形見で、景気の良いときに買ったんだと教えてくれた。
とても和やかなウチに別れの時が来た。
大島は中で電話が鳴ったので取った。
妻は、丹精した草花を持ってってくださいと言って一つ鈴宮に手渡した。

大口の注文をくれた岩波産業の高橋からだった。
商品は間違いなく明日。と言うとオタク税務署に入られたって
本当なの?売掛金押さえられたら内にも調査が入るってことでしょう。
悪い毛でオオタクとは取引できないから。と言って一方的に電話は切れた。

大島が、税務署を訪れた。
前金が入ったからと、8万4000円持ってきた。
咳が出るので、抑えると左手はのっぺりしていた。
時計が無かった。修理に出していると大島は言った。
健康保険証と言うと、ああ、と言葉を濁した。
ハスキーに前金を貰ったと報告。
仕事の内容は、?銀行口座は?裏取ったのかと矢継ぎ早に言われた。
ぐー子は、嬉しかったので、すっかり疑わなかった。自分の誠意が認められたと満足していた。

「疑うのは俺たちの仕事だ」

「信じるのも仕事だと私は思います」

「お前はタダ同情しているだけだ。
信じてるなら裏を取って
確かめろ。」

「それ疑えってことですか?」

「恐れるなっていってるんだ。
お前が恨まれることを
恐れるよりも
向こうはもっと恐れてるんだ
誰かに非難されることを。
だから嘘をつく事もある」

「大島さんは違います。」

「借金に追われて
身内や親せきに避難されて見放されて
崖っプチに追いつめられて・・」

「変な言いがかり付けないでください。」

ぐー子は、有休を取って、芽夢と銀座に行こうと言う事にした。
実際はサボりだった。4時まで3時間。
ハスキーの言葉が脳裏をかすめた。
銀行へ行き調べると入金されていなかった。
大島さんの保健証は、再発行の申請がされていなかった。
病院へ行くと医師も大島を診察していなかった。

電話すれど、誰も出ず・・・

芽夢が来た。ぐー子を見て仕事サボった?と聞いた。洋服が仕事用だった。
またハスキーに言われたかと聞かれた。
公務員になったのは、安定したかったとぐー子は答えた。でも試験に受かったのがたまたま
「国税」で・・・
辞めるにやめられない・・・

芽夢の時計を見て、良い時計してるね、
100万くらいしない?と聞いた。
今でもローンを返済中と答えがきた。
「こういうのって一生もんでしょ?
それに最悪お金に困った時
換金できるからいいかなって」

<8万4000円・・・>

「ごめん、
ごめんなさい、用事思いだしちゃった」

遅いよ!

ぐー子は、走った。
途中この間の質屋を覗いた。
売り物のところに大島のロレックスの時計が陳列されていた。
<ここ潰したらお父さんに申し訳ないもんね>

そんな声が飛び交っていた。
大島の工場についたが、戸締りがきちっとしていた。裏へまわった。
ベルを押しても開かない。
玄関扉も閉まっていて、これは尋常ではないと、最悪の場面を想定した。
バッグを外し、投げ捨て、花壇に置いてあったブロックを掴んだ。
ガラスめがけて放り投げた。
奥の部屋に2人は座り、硝子戸はしっかり閉められ、2人の周りに、1斗缶の、それは危険物だからとぐー子に言ったのが並んでいた。

そこまで見て、ぐー子は、部屋に飛び込み、缶を大島から奪った。
「ダメダメ,死んじゃダメ!」と叫んでいた。

文子に
「何でよ。
何で来たのよ
何で最後の最後に
税務署が来るのよ。
最後の最後まで
何で私らをバカにすんのよ。」

ガバッと額を畳に押し付け
「すいませんでした、
大島さん達の事なんにも
分かってませんでした。
1人で勝手にイイ気になった
だけでした。
何も分かってなくて・・・
すいませんでした。
でも、だからって
死んじゃダメですよ!
それだけはダメです。」

「あなたに何が分かるの?
幸せな人になんか」

ぐー子の昔の思い出。
父が仕事に失敗し、差し押さえを食った・・・

「私のウチも・・・同じ目にあったから
うちも商売やっててそれで・・・
あの時、ものすごく怖かった。
税務署が大嫌いだった。
なのに、今それと同じことやってて・・・
だから立派な仕事だなんて
思ったこと一度もないし。
父なんか、わたしの仕事が大嫌い。
だから家に帰りずらくて
だから夕飯ごちそうになった時
あの時嬉しかったんです、
ああいうの久しぶりで。
大島さん、去年まで肺炎の
治療されてたんですよね、
保険利かなくてもなんとか
なりますよ。
ウチも何年もそうだったんですよ。
奥さん・・・
毎日花に命あげてて
何で自分の命粗末にするんですか。
お子さんの分まで長生きするって
言ってたじゃないですか。
お金なんて・・・
ただのお金なんですよ。
そんな人の命奪うような
大したもんじゃないないんです。
命の方がよっぽど重くて
価値のあるものじゃないですか。」

「そんなの」

「キレイごとだって分かってます。
分かってますけど、お願いですから
お金になんて殺されないで。

私にも、一緒に考えさせて下さい。
私に・・・もう一度仕事をさせて下さい。
生きるための
仕事をさせてください!」

心配したハスキーが割れた玄関のガラスの所で聞いていた。

犬を差し押さえられた皆川が1300万7500円耳を揃えて持ってきた。
リリコが引いてこられた。
「皆川さん、その気持ちを
一生忘れないでください。
それとオタクの犬、
肺炎にかかってました。
診察費と今日までの餌代。
合わせて3万4200円。
今ここで頂きます。」

あなたと言われて、財布を出したが1万足りなかった。
ハスキーは
「鈴宮、保健所に連れてけ!」と叫んだ。
全員がビックリして立ち上がった。
「1万円位」

「やめなさい、おろしてくる」

税金に対する気持ちが変わりそうです。
問題は、年金の方だと思うんでうけどね。

« 《GTO》★01 | トップページ | 《東野圭吾ミステリーシリーズ》★01 »

ドラマ(た)」カテゴリの記事

コメント

cafeTouhouさま。
コメントをありがとうございます。

>史子が鈴宮に手渡した”鉢植え”は何の花ですか?キレイですね

あの葉の形を見ると、マリーゴールドみたいですね。
花壇のは、もっと丈が小さくて花も小ぶりですが、最近は、大きいのも
改良されたのかもしれません。

史子が鈴宮に手渡した”鉢植え”は何の花ですか?キレイですね

cafeサナさま。
コメントありがとうごさいます。

>サラリーマン家庭なので、税金はいやおうなくとられていく・・(T_T)
だから、稼いでるのにお金を隠してる滞納者のとこには
”しっかり見つけてとってきて!!”と思ってしまう

取りやすい所からむしり取って行くように感じますね。


>貧しくて払えない人が、最後に”生きるための手段”を相談していく流れが
よかった
実際、身近にこういう方いました
税務署の良識ある、知識ある人に相談して病院も通えるようにしてもらったそうです

私の知り合いも、店がつぶれて、税金払いたいのは、やまやまだけど、今回はこれだけと言って、少しずつ払っていました。
そうなると、税金は湯水のように使うのではなく、吟味して使ってほしいですね。
また遊びにいらしてください。

はじめまして
サラリーマン家庭なので、税金はいやおうなくとられていく・・(T_T)
だから、稼いでるのにお金を隠してる滞納者のとこには
”しっかり見つけてとってきて!!”と思ってしまう
貧しくて払えない人が、最後に”生きるための手段”を相談していく流れが
よかった
実際、身近にこういう方いました
税務署の良識ある、知識ある人に相談して病院も通えるようにしてもらったそうです

エルメス
クロエ洋服は女性に人気です。CHLOEクロエは女性にとてほしい洋服です。

1952年に創立したフランスのアパレルブランド。創立者はギャビーアギヨン(

Gaby AGHION)。ブランド名の由来は、ロンゴス(Longus)の古代キリシア恋

愛小説である「ダフニスとクロエにまつわる牧人風のレスボスの物語」を原作

とした、バレエ音楽である「ダフニスとクロエ」。
www.brand357.com
mail: brand357jp@gmail.com
http://www.brand357.com/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/55128507

この記事へのトラックバック一覧です: 《トッカン 特別国税徴収官》#01:

» トッカン 特別国税徴収官 #01 [ぐ~たらにっき]
『わたしの仕事は嫌われている…   気弱な徴収官ぐ~子が毒舌上司ハスキーに振り回され税金滞納者たちと対決』 [続きを読む]

» トッカン-特別国税徴収官 第1話〜ミタの隣人・皆川真利子(佐藤仁美)現る! [世事熟視〜コソダチP]
井上真央の「トッカン-特別国税徴収官」第1話 皆川家 (滞納額1300万7500円)の豪邸に差し押さえに向かう新米徴収官・鈴宮(井上真央)は、ドキドキ、オドオド・・・。 まず玄関から出てきた皆川功(池田政典)は鈴宮に塩をまき、次に出てきた皆川真利子(佐藤仁美)は「国はあたしらに何してくれたって言うのよ、総理大臣はコロコロ変わるし、税金は高くなるばかりだし。何が消費税10%よ!!」 勢いに押されて尻餅をついた鈴宮(井上真央)に、ツボから手づかみで糠味噌を浴びせかける皆川真利子! 出... [続きを読む]

» トッカン(北村有起哉)だろうがナサケ(木南晴夏)だろうが・・・ざけんなよ、私はサシオサエの女(井上真央) [キッドのブログinココログ]
ふふふ・・・やっと谷間が来たな。どうなることかと思ったよ。 子役の夏の谷間にふさわしい子役あがりの井上真央の谷間である。 それにしても井上真央と木南晴夏をそろえて谷間にするとは・・・流石はライトノベル原作だな・・・・ かるっ。 なにしろ・・・TOKYO MXでは「闇金ウシジマくん」再放送中なのである... [続きを読む]

» トッカン−特別国税徴収官− 第1話 [レベル999のgoo部屋]
『わたしの仕事は嫌われている…  気弱な徴収官ぐ〜子が毒舌上司ハスキーに振り回され税金滞納者たちと対決』 内容 その日、鈴宮深樹(井上真央)は、《エス》をやるよう 上司の金子長十郎統括官(池田鉄洋)に命じられてしまう。 宝町税務署徴収部門に所属する鈴宮。。...... [続きを読む]

» トッカン 特別国税徴収官 第1話: [あるがまま・・・]
わたしの仕事は嫌われている… 気弱な徴収官ぐ〜子が毒舌上司ハスキーに振り回され税金滞納者たちと対決 鏡さん…キャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー 前クールでも鍵・リーガル・ATARUと、年上の男性上司と20代の女子の組み合わせが 多かったけど、こちらもなかなかいいコンビ!...... [続きを読む]

» ドラマ「トッカン特別国税徴収官」 第1話... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
特別国税徴収官。通称-------トッカン。安定を求めて就職した公務員。だが、受かった先は、自分が一番関わりたくなかった国税。冴えない吊りスーツに、黒縁の伊達めがね。おどおどし... [続きを読む]

« 《GTO》★01 | トップページ | 《東野圭吾ミステリーシリーズ》★01 »

最近の写真