無料ブログはココログ

« 《ビギナーズ!》#01 | トップページ | 《ビューティフルレイン》#03 »

2012/07/15

《東野圭吾ミステリーシリーズ》★02

『犯人のいない殺人の夜』(あらすじ)

佐藤拓也(坂口憲二)は、大学を中退して家庭教師を仕事に生活している。ある日、勉強を教えに出向いた岸田家で殺人が発生してしまう。拓也と同じく岸田家で家庭教師をしている八木由紀子(八木のぞみ)が、次男の隆夫(吉田憲祐)に刺されて絶命したのだ。建築デザイナーとして名声を馳せる岸田家の主、創介(白井晃)は、拓也に証拠隠滅の協力を依頼する。金を払うという創介の強引な依頼に当初はためらう拓也。だが、あまりに執拗な創介の願いに、拓也は証拠隠滅の方法など全てを自分に一任するという条件で引き受けた。  拓也は岸田家の長男・正樹(八神蓮)と、由紀子の遺体を運び出し、山奥の林の中に穴を掘って埋める。土をかぶせる前に、拓也は遺体の身元が割れないよう、由紀子の顔と手を薬品で焼いてしまった。そして、拓也は岸田家の人々に由紀子の存在したことを徹底的に知らないものとするよう促す。また、由紀子のアパートに忍び込み、家庭教師をしていた証拠を隠滅。さらに、恋人の河合雅美(関めぐみ)の容姿を由紀子に似せて岸田家に出入りさせるようにした。だが、岸田家に由紀子の写真を携えた男が訪ねて来て…

*****

<皆さん覚えていますか?
私が死んでいます。
彼女は第一発見者。そして唯一の容疑者。
イヤ、もう一人いました。彼のルックスに騙されてはいけません。
涙だって出ていない。彼・・・イヤ。こいつは金に汚い男でね。
会社の金を使いこんでいると言う噂もあった。
私はそれを追求したんです。口論になった挙句、このバカは
罪を認めなかった。そしてその20分後私はここで死体となって
発見された!死人に口なし。今となっては私には、この事実を
伝えるすべがありません。しかし、ミステリーの世界では
時に死人が多くを語る事もあるんです。>

6月5日火曜日
階段をかけ上あがる創介。死んでいるのかと聞かれ、卓也はハイと答えた。
床にはリンゴが散らばり、果物ナイフが血に染まっていた。
ハッキリしている事はこれは殺人だから通報しないとと携帯を取りだした卓也。
しかし創介は、階下で、ぼくは悪くないと叫び血だらけの息子隆夫を見て、卓也に無かった事にしてくれと頼み込んだ。絶対迷惑はかけない、先生は関係ないと証言します。そう言われ、ても卓也は、罪を重ねることになるんですよ、と説得を試みた。
創介はバレなきゃいんだよ。身内から殺人犯が出る事になったら自分が今まで苦労して築いてきた者が全部水の泡だと保身を考えるような男だった。
トイレを借りて顔を洗い、居間に出てくると札束が積んであった。
卓也が、医学部中退で家庭教師をしているのは、金がいるのだろうと言われた。

正樹と、卓也で死体遺棄をした。卓也は、最後、八木由紀子の顔と手を薬品で焼いた。

帰宅してこれからどうすると聞かれて八木由紀子なんて知らない。
この家にも着ていないし、当然殺されてもいない。
これからもいつも通りの生活を続ける事。卓也は明日も同じ時間に来ると言った。
八木由紀子は、まだこちらへ着て3日目だから顔を覚えられてはいないはずだと言った。少し浮ついている正樹に君も犯罪に加担しているのを忘れるなと言った。
帰宅すると、雅美が来ていた。そこで雅美を連れて、雪子の代りをさせた。

由紀子のアパートに行き、痕跡を消した。

6月12日火曜日
八木由紀子は、偽名で、安藤由紀子を捜しに兄が来た。
先週の火曜日に隣の人が出掛けるのを見たと言った。
メモがあって、岸田の名前と住所があったと兄は答えたが、卓也が忍び込んだ所のカレンダーには、何も印が無かったのを確認していた。
しつこい、兄は、家族全員に写真を見せて確認してほしいから、待たせて貰うと言いだした。

卓也の調べで、創介と安藤の父が旧知の間柄だと分かった。
記事が出てすぐに安藤の父が事故で亡くなった。居間や岸田荘介は、世界の岸田になっていて飛ぶ鳥を落とす勢いだった。そこで安藤由紀子は、八木由紀子と偽名を使って家に入り込んだ。不公平だと思っていたのではないか・・・
卓也は、さらに金を出させた。

3日間降り続いた雨で、土砂が流され、安藤由紀子の遺体が見つかった。
顔と手の損傷がひどいので、とテレビのリポーターが言っていた。
顔を焼いて、歯まで砕いていた。だがそこからガムが見つかった。

6月22日金曜日
卓也のアパートに警察が来た。
安藤が見せた写真を持ってきた。
これから岸田さんの所へと言われて、一緒に行きませんかと刑事に言われた。

刑事は、卓也に、さっき見せた写真を即答しましたねと聞いた。記憶力には、自身があると言うと、ちらりと視せられた写真なのに、と突っ込まれた。
卓也は写真全体の構図から思いだしたと答えた。しかし、そこで刑事は、安藤さんが見せたのはこちらですともう1枚見せた。構図が違っていた。
耐えきれず、母が私がと言った。すると、隆夫が震えながら、僕だと言った。
リンゴ食べる?と由紀子に聞かれ、剥いてと言うと、ナイフとリンゴを渡された。子供でもできるとバカにされ、そんな事も出来ないでと散々コケにされた。殺すつもりはなかったが、ナイフを持った手を由紀子が怖がって抑えたことからもみ合いになり、刺さってしまった。

刑事は、筋書き通り、母と兄で死体遺棄をしたことで納得していたが、あの家庭教師部外者なのにとつぶやかれて、また考え直した。

6月25日月曜日
卓也は、最後の金を受け取りに、岸田の家に行った。
中に入れられて、待っていたのは刑事2人。
殺人の隠ぺいで、家族全員が役割分担を決めたのに、あなたは何の役だったんですか?
口裏を合わせるようにと脅された。そう卓也は答えた。
安藤由紀子さんは、以前キャバクラ勤めで、700万位預金があったのが今は数万。
どうも誰かに貢いでいたようだ。
近々大金が入ると言っていたのを兄が聞いていたので、それで殺されたのかと思った。
何か聞いていませんか?前に岸田と安藤が建築の賞を取ったのは聞いて知っていたと、卓也は言った。
家庭教師としてこの家に潜り込んだのは、
ユスルネタを作るためだったのでは?」
刑事にそう言われた。意味が分からないと答えた。
「岸田隆夫を殺人犯にして
その口止め料を取ると言う事です。」

「でも安藤由紀子は、隆夫君に
刺されて死んだんです。
死んだ人間が、どうやって口止め料を
取れるって言うんです?」

死んだふりをしていただけだと
したらどうでしょう?」

「は?」

「共犯者がいれば口止め料を
要求できますよね。
しかし、死んだふりをしていれば
良かったはずなのに安藤由紀子は
その共犯者に殺されてしまった。」

「どうしたらそんな突飛な発想が
出てくるんです?」

「殺人現場の血が少ないんですよ。
胸の刺し傷が致命傷となった割には
血の広がった範囲が狭いんです。」

それと死んだふりと
どうつながるんですか?」

「あらかじめ自分の血を抜いて
胸に仕込んだ上で岸田隆夫が
自分にナイフを向けるように仕向けた。
もしその共犯者に多少の医学の知識が
あれば訳もない仕掛けです。
プライドの高い父親。
情緒不安定な次男。
家族の性格を調べ上げた上で
練られた計画です。
思惑通り岸田隆夫は自分が
安藤由紀子を殺したと思い込み
岸田荘介は事件を隠蔽した。
そして共犯者は、口止め料を手に入れた。
ここまでは安藤由紀子も聞かされて
いたとおりだった。
おそらくこんなふうに言われたんでしょう。
この計画では誰も死なない。
つまり犯人の居ない殺人罪。」

「想像の域を出ませんね」

「死んだふりをしていたと言う証拠が
合ったとしたらどうします?」

「証拠?」

「遺体を解剖して分かったんですがね
食道にあるものが詰まっていたんです。
死ぬ直前に口にしたものでしょうね。
死人が物を食べられるわけありません。
もちろん、リンゴじゃありませんよ。」

ガムをかむ音をさせる刑事。
正樹が卓也の名前を出すと異常に怯える。
共犯者、正樹の前で、由紀子が殺された。取り分が増えると卓也は言った。
だが、脅迫された正樹は、驚いて、情動を逸した。

空港で、卓也の恋人が拘束されたと連絡が来た。

なかなか、深読みの刑事に脱帽。

*****
今までの感想は、こちら

« 《ビギナーズ!》#01 | トップページ | 《ビューティフルレイン》#03 »

ドラマ(は)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/55197002

この記事へのトラックバック一覧です: 《東野圭吾ミステリーシリーズ》★02:

» 犯人のいない殺人の夜の死体(八木のぞみ)と身代わり(関めぐみ)のVISION(山田優) [キッドのブログinココログ]
やっぱり二本立てなのかよ・・・。 いやあ・・・二本とも甲乙つけがたい出来なのでございまして・・・チョイスできかねます。 でも・・・絶対中途半端な記事になるだろう・・・。 まあ、よろしいではございませんか・・・所詮、中途半端な記事なのですから・・・。 じいや・・・最近、慇懃無礼が極まってきたな。 そう... [続きを読む]

» 木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第2話 [またり、すばるくん。]
第2話「犯人のいない殺人の夜」 視聴率7.8%   [続きを読む]

» 東野圭吾ミステリーズ 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『犯人のいない殺人の夜』 「犯人のいない殺人の夜〜完全犯罪殺人!予測不能の衝撃ラスト」 内容 腹を刺され絶命する家庭教師・八木由紀子(八木のぞみ) そのまわりに同じ家庭教師の佐藤拓也(坂口憲二) そして家の主・岸田創介(白井晃)長男・正樹(八神蓮)がいた。...... [続きを読む]

» 「東野圭吾ミステリーズ第2話犯人のいない殺人の夜」感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
 印象的だったのは刑事が写真を見せ、この人を知りませんかと尋ね、この写真なら見せられた事ありますと坂口憲二が言い、でも写真の人物は知りませんと答える。  後で似たような写真2枚を提示されるシーン。... [続きを読む]

» 東野圭吾ミステリーズ #02 [ぐ~たらにっき]
『犯人のいない殺人の夜~欺』 [続きを読む]

» 東野圭吾ミステリーズ第2話(7.12) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
今回は高名な建築家岸田@白井晃の家で起きた殺人に巻きこまれ、 家庭教師佐藤拓也@坂口憲二が事件を隠蔽しようとしたかに思われたが、 その殺人は拓也のある目論見によるものだったという話 岸田の次男坊がもう一人の家庭教師八木由紀子@八木のぞみを刺殺、 多額の報酬を貰い、由紀子の遺体を山中に埋めることにする拓也だったが、 由紀子の死は実は狂言、 でも、結婚を迫る由紀子が邪魔になっていた拓也は本当に殺害してしまったと うーん、なんかもやっとする話だったな。後味が悪いからとかではなくて。 拓也を完璧な殺人計画を... [続きを読む]

» 『東野圭吾ミステリーズ』 第2話 [英の放電日記]
騙されたぁ〜、ドキドキして損した! 「変なこと言いだしたんですよ。あの女。 結婚しようって」  「殺す必要は、なかったのでは?」の問いへの、佐藤拓也(坂口憲二)である。  何という男………  二段構えの真相、どんでん返しもこのドラマの見せ場だろうが、人間の奥...... [続きを読む]

« 《ビギナーズ!》#01 | トップページ | 《ビューティフルレイン》#03 »

最近の写真