無料ブログはココログ

« 《ATARU》★最終話 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆最終話 »

2012/06/27

《鍵のかかった部屋》#最終話

『ガラスのハンマー後編<榎本が居なくなる日>』(あらすじ)

榎本(大野智)が会社社長・穎原(佐々木勝彦)を殺した容疑で警察に連行され、芹沢(佐藤浩市)と純子(戸田恵梨香)は2人で穎原が殺された密室事件を解決しようとする。そこに、専務の久永(中丸新将)が社長を殺したかもしれないと自供したとの連絡が入り、榎本は釈放される。しかし、純子は久永が睡眠障害で穎原を殺してしまったとは思えない。榎本は、警察に榎本と穎原の過去を暴く密告電話をした人物が犯人だと確信。事件を調べるため、榎本はビルの窓拭き中に穎原の遺体を発見したという佐藤(玉木宏)を訪ねる。

cast

大野智/榎本径
戸田恵梨香
/青砥純子
佐藤浩市
/芹沢豪

(芹沢)ここには一見密室なんか存在して無いかに見えます。
でも、・・・。このガラスの密室は、閉じ込められた本人が無意識のうちにつくりあげたものです。

(純子)目の前に広い世界が広がっていてもそこにあるものに触れる事は決してできません。彼はこの密室を私たちに残して突然姿を消してしまいました。

(芹沢、純子)さて彼は今、一体どこへいるのでしょう。

榎本の事で、タレこみがあり、彼が警察に引っ張られた。
だが、久永が、眠っているうちに犯行を犯したと自供したので、榎本が解放された。

「社長が狙撃事件を自作自演したのは、
何かを
部屋に隠していたためだと思われます。
おそらくセキュリティーをより厳重にして
それを守ろうとしたんではないでしょうか?」

「役員会に提案をしたが、通らなかったんで、
自分の命が狙われてるというふりをした。」

「そういうことです。
僕が社長の自宅のセキュリティーシステムを
請け負ったのは、5年前。しかし、その直後に
愛人に現金類を盗まれると言う不測の事態が
生じています。その結果、社長は、自宅に隠し
ていた何かを会社に移すことにした。。
そう考えると、さまざまの事が合致します。

そこで久永さんが無実だと分かった。
榎本と社長の事を知っているのは東京セキュリティの人間と青砥さんだけでした。
でも同僚にも青砥さんにも、その情報を警察に知らせるメリットがありませんでした。
とすると、犯人が僕と青砥さんの会話を聞いていたのかもしれません。
「え?どこで?」

「社長室です。
犯人は、おそらくずいぶん前に、盗聴器を
仕掛けて、ずっと情報を得ていたのものと思われます。
それだけではありません.。
犯行と同時に、盗聴器は引き揚げましたが
犯人は、その後も真相が発覚することを
警戒し様子をうかがってた。そして
僕と社長との事を調べ上げ面倒な事態に
なる前に警察に電話をかけたんです。」

久永は拘留中。誰か彼に罪をかぶせようとした者がいる。

「第一発見者は、窓拭きのスタッフだと
言っていましたね。
会って話を聞く事は出来ますか?」

ここらまでの玉木さんは、なかなかミステリアスでした。
現場検証。
エレベーターの扉が開いて、廊下に足を踏み出す時躊躇した佐藤。
ガラスのこちら側には一生縁が無いと思っていたと言って、あなたもこちら側の人ですねと榎本は言われて、言葉が出なかった。

頴原社長から電話があり、駆け付けると経理に不明瞭な金の流れが見つかったと言われた。研究費の水増しなどの形で10年以上にわたり、組織的に行われていた。疑惑がある金額は、久永が関与できる額を越えていた。亡くなった社長が行っていたとしか思えなかった。

純子は、久永の拘置所を訪ねた。話をしながら、メモを見せた。
社長は、総額6億円の横領を行っていたがあなたは、10年間容認してきたのか?

それを見せ、横領が事実ならうなずいて とメモを見せた。しばらくしてうなずいた。
横領したお金は社長が隠匿? 方法は?
1 現金  2口座  3有価証券  4貴金属  5その他
うなだれる久永にもしもの時に社長が殺されていたとしたら、気をしっかり持ってください。と気合を入れた。本当のことを知りましょう、。社長に恩返ししましょう。
そこで指4本が示された。

社長室に戻った 芹沢は、防弾ガラスに変えたのは誰かが窓から侵入してくる可能性を考えたからじゃなかったのか?部屋に隠してあった者を窓の外から目撃された!そう思った瞬間があったんだ。そう思うと合点が行った。

純子は佐藤さんを調べてみますとすっ飛んで行った。

清掃会社には、佐藤の写真は、本当に顔半分とか顎の先くらいしか映っていなかった。
明らかに意図的に写らないようにしているように見えた。
芹沢は、鴻野に佐藤の本籍を聞きに行った。過去2回ほど、密室事件に協力し、貸しがあるはずなのに、榎本を被疑者扱いした事の不満を述べた。
鴻野は、結局本籍を書いてくれたが、さらに写真のコピーを出した。
美術館や宝石商で起きた窃盗事件の記録だ。
どこも厳重な警備システムを備えていた。
あっさりと突破された。
これらの事件には全て共通点があった。
事件が起きた日の終業間際に現場を訪れた榎本の
姿が監視カメラに写っていた。
ただし他には何の痕跡もなし。
指紋も検出されなかった。
最新鋭の警備システムを難なく突破できる人間なんて
そう多くはいないんじゃないですか?

とりあえずは、聞いてからその場をさっさと退散した芹沢。

純子は、出身の地域をしらみつぶしに捜したが、高校でひきこもりの挙句、卒業できなかったと聞いて、出鼻をくじかれた。家がまっさらの売り地になっていたりで、がっかりしながら回って行くと、ヒットした。よく知ってますよと言われた。早智子の父と佐藤の父が仲が良かった。小さい頃よく遊んだ。
写真は入学式の集合写真。これが一番最近のだった。
じっくりと見て純子が指差した男を違います。これです。と教えられた。

「じゃあ、この人は?」

「椎名 章君です。」

芹沢に報告。
高校生の時に共同経営者に裏切られて会社が倒産。
両親は多額の負債を背負ったことを苦に彼を残して
心中自殺。その後ヤミ金業者にシツコク付きまとわれていた。
あるとき取り立て屋をナイフで刺して行方不明。
やくざに追われる章は仕方なく学に成り済ますことにした。
当時は今ほど、管理も厳しくなかったので簡単に住民票が取れたんでしょう。
住民票があれば、免許が取得できますから身分証明は可能になります。
章は家の問題がなければエリートコースを歩んで行けるだけの素養を十分に持っていた。
そう担任の教師が言っていた。

佐藤こと椎名が部屋に入ろうとすると、外階段の周辺を3人の男がたむろしていた。
警戒心を燃やす章。そちらをみないようにして階段をのぼりかけた。
9号室の鈴木さん何処へいった?知りません・・・

逃げようと荷物をまとめて、町から足早に向かう時、章は捕まって、ぶん殴られて逃げられない所まで追いつめられて、相手をナイフで刺して逃げた。章から学に名前が変わった。

もし椎名章が犯人だったとしたら、怨恨による犯行ではなくモノ取りが目的だったと言う事になる。
問題は動機より殺害方法。社長の部屋が侵入不可能だったとすれば
椎名はどうやって殺した?榎本は、介護ロボットを使ったはずだと言っていた。

しかしルピナスVのセーフティプログラムは万全だった。
そこに秘書がコーヒーを持ってきた。純子がお皿を持ってテーブルに乗せようとして上のカップを落とした。それを見ていて、芹沢が、介護ロボットを使っての殺字にひらめいた。
しかし、奥行きが70cm以上ある者にはエラーが働いて持ち上げられなかった。これでダメ!

榎本にそれを報告すると、そちらへ行くと言いだした。
榎本は、介護ロボットの他の使い方を考えた。
奥行き70cm(以下の重いものといえば答えは限られる。
本棚の手前の引きだし付きの飾り戸棚を持ち上げるとそこには穴が開いていた。
隠し扉があった。介護ロボットは社長にとってはフォークリフトの代用に過ぎなかった。
中身は空っぽ。6億円相当の貴金属類はやはり盗まれていた。
そこに風の音がした。窓枠がかすかに動いた。榎本もそちらへ動いた。
しばらく指を動かしていたが鍵が開いた。
「密室は、破れました」

教えてくれよと言う声を聞いて

「明日お話します」そう言って消えた。

翌日章の後を付ける榎本。
ビルの床を拭き始めた章。そこに近付く榎本。
「僕の情報を警察に流したのは、
あなたですね?」

「何の話ですか?」

「あなたには、関心しましたよ。
密室の解明に ここまでてこずったのは
初めてです。
でもようやく答えを見つけることが
できました。」

「申し訳ありませんが何を言われて
るのか
さっぱり分かりません。」

「では分かるように説明しましょう。
話は少しばかり複雑です。
まずあなたは窓拭きの最中に
偶然あるものを目撃しましたね。」

「あるもの?
なんですか?あるモノって」

「社長が部屋に隠し持っていた
6億円相当のダイヤモンド。
あなたは何とかしてそれを盗めないかと
考え情報収集するために盗聴器を
仕掛けることにした。」

「仕掛けるっていったいどうやって?」

「清掃に訪れた際は、いつも屋上と
内階段のドアを開けるマスターキーを
警備員から渡されるんですよね。」

「ええ」

「清掃の時間はたっぷりあります。
仲間の清掃員が作業している間に
ビルを抜け出し合い鍵を作る事は、
可能でしょう。この合い鍵を使い
あなたは深夜の役員フロアに侵入
したんです。監視カメラはセンサーで
動くアラーム録画設定になっていたため、
人体から発する赤外線をブロックする
素材。
たとえばアルミで全身を包んでおけば
センサーを潜り抜けることができます。
そうしてあなたは盗聴器を仕掛け
時間を開けてさまざまな情報を
集めて行ったんです。」

「冗談でしょ。」

「残念ながら本気です。
集めた情報と言うのは、
例えば、社長が昼食後にコーヒーに
砂糖を入れて飲むこと
社長のコーヒーだけは、専用の粉を使って
入れられること。
毎日必ず 食後に仮眠をとること。
そしてダイヤがどこに隠されているのか
ということ。あの音を耳にすれば
隠し場所を推測するのはそれほど
難しくなかったでしょう。
ついにダイヤを奪う時が来た。
そう思った矢先に不測の事態が
起きました。
社長が狙撃事件をでっち上げ
警備システムがさらに強化される
ことになってしまったんです。
だから僕がシステムの工事に
取りかかる前。つまり事件の前夜に
ダイヤを盗み出し盗聴器を回収した
んですね。」

「学歴のない一清掃員がそんなに
手の込んだこと考えつけると
思いますか?
もう終業時間なんで
帰らせてもらいます。」

「ダイヤを処分しに家に帰るんですか?
あなたがこっから出て行くと僕は警察に
通報しなくてはなりません。
あなたは逮捕され、アパートに
家宅捜索が入ることになります。」

「いい加減にしてください
一体何の証拠があって・・・」

「数百個のダイヤなると隠し場所は
限られてくる。でもホントはどこかに
埋めてしまうのが一番安全なのですが、
そうはできないのが人間の性です。
どんなに辺鄙な場所を選んで
どんなに深く穴を掘っても誰かに
見つけられるんじゃないかと
夜も昼も眠れなくなる。
だから手元に
置いておきたいのです。
今あなたが恐れているのは
警察よりも家事や泥棒でしょう。
違いますか?」

「あんたどうかしてるんじゃないのか?」

「玄関わきの古い洗濯機のことですが
あれだけ古いものだと盗まれる心配
ありませんよね。
ダイヤの包みを内槽と外槽の間に
押し込めばまずみつかることはないし
取りだすのも困難です。しかも
洗濯物を入れ水をためておけば
カモフラージュと火災よけの
一石二鳥になる。なかなか良く考えたと
思いますよ。」

「そんなのありかよ?
うちに勝手に入ったのか?」

「一つだけ分からないことがあります。
あのダイヤは社長が横領したモノです
からたとえ盗まれたとしても公表する
ことはできません。あなたもおそらく
それを察していたはずです。
ではなぜ大変な苦労してまで
殺す必要があったのでしょうか?」

「殺してない。俺は殺してない。
ダイヤを盗んだのは、
事件が起きる前の晩だ
当日は、あの部屋に入れなかった
社長を殺す事は不可能だ。」

「いいえ、可能です」

「どうやって?
どうやって殺すんだよ?
説明して見ろよ!」

「ダイヤを盗みに入った夜に
全ての準備は整えられていたんです。

事件当日、
あなたは清掃開始の時刻より
一足先にビルを訪れ、
ゴンドラに乗って、
12階へ降りました。
昼食を終え社長は
深い眠りに落ちていた。
コーヒー用の
砂糖の中に睡眠薬が仕込んで
あったからです。
社長室に置かれた介護ロボットは
まだ開発途中のため市販の
ラジコン用コントローラーを使って
動かしています。
盗聴で情報を仕入れていたあなたは
コントローラーを持参しロボットに
社長の体を持ち上げさせ窓のすぐ
内側まで鉾んで来させて」

「それで?
ロボットに何をさせたっていうんだよ」

「それだけです。
介護ロボットには、介護ロボットに
できることをやらせた。
それで充分だったんです。」

「フ、ハッタリだな。
あんたホントは何も
分かってないんだ。
カマをかけてるだけだろう」

「なるほど、よほどトリックに自信が
あるようですね。まあ無理もありません
僕も風が吹いていなければ
気付かなかったかもしれませんから。」

「風?」

「昨日の強風です。
社長室の窓は、防弾ガラスで
ハメ殺しになっています。
どんなに強い風が吹いても
びくともしないはずなんですが。
なぜかがたついていたんです。
理由はすぐに分かりました。
窓ガラスがほんのわずかだけ可動する
よう細工がしてあったんです。
全く遊びが無い状態では力が
通り抜けられないですから。」

「何言ってんだよ」

「デッド・コンボですよ。」

「デッド・コンボ?」

「ビリヤードで最も難しいとされる
コンビネーションショットです。
キューで突いた手球はポケットに落とす
ターゲットの球に直接触れることはなく
その手前に接している的球に当たるだけ
です。しかし手球の持っている運動量は
的球を通りぬけてターゲットへと伝達
される。
これを日本では即死コンビネーション
と呼んでいます。
社長の頭部は窓ガラスの内側に
押しつけられています。もし外側から
重量のある鈍器でガラスを
思い切り叩いたとしたら、デッド・コンボ
と同じ現象が起きるという訳です。
ガラス越しに伝播した衝撃は
手術を受けたばかりの
頭蓋骨には致命的だった。
ただし即死はしなかったようですが。
その後あなたは、いったん屋上へ戻り
後からやってきた仲間の清掃員と
通常通りに業務を開始した。
そして偶然遺体を発見したように
装ったんです。所がまだわずかに
意識が残っていた社長は
最後の力を振り絞りキャビネットに
向かってはっていった。
死の間際に至るまで、 ダイヤに
執着していたんでしょう。
あなたは一瞬遺体が消えたと思って
焦ったんじゃないんですか?
だからゴンドラで上がって行く時に
遺体を見つけたんですよね?」

「どこにあるんだよ、そんな鈍器」

「あのビルの屋上で大きな鈍器を
隠せる場所は、1か所しかありません。
給水タンクの中です。見つけましたよ。
あなたの使ったボーリングの球を。
あなたらしくない落ち度でしたね、
きっと仲間の清掃員が来る時間に
なってしまい、水槽に投げ入れるしか
なかったんでしょう。」

「そうだよ、俺がやったんだ。
何で殺す必要があったかって?
フ、教えてやろうか。
俺の目的はダイヤなんかじゃない
最初からあいつを殺すこと。
復讐することが目的だったんだ。」

「復讐?」

「あいつは、俺の親父を裏切った。
共同経営が傾いた時会社の金を
持ち逃げして親父とおフクロを
死に追い込んだんだよ。」

掃除をしている時ぶつかってきた男の顔を見て章は驚いた。
「殺して何が悪い。」

「では、復讐計画の途中でダイヤを
発見したと言う事ですね。」

「あれは予想外の出来事だった。
どうせ殺すならついでにあのダイヤも
貰っておこうと思った。
そうすれば世界が変わる。
新しい人生を始める事ができる。
ダイヤを手にすればガラスの向こう側へ
行ける。
高級なスーツを着て、磨き抜かれた革靴を
はいて金がなければとても手の届かない
ようなイイ女を口説く事だって出来る。
君の事は調べさせてもらったよ。
君になら分かるだろう。俺の気持が。」

「それでガラスは越えられたんですか?
復讐を果たし、ダイヤを手に入れて
あなたは解放されたんですか?
僕にはそうは見えません。」

「君にはどう見える?」

「前後左右、それから上下まで
ガラスに囲まれているように見えます。
僕はガラスの箱に閉じ込められるのは
ゴメンです。
たとえ向こう側に行けないとしても
自由でいたいんです。」

椎名章が自首してきたと鴻野から連絡があった。
復讐のために。当人の言った通りダイヤも洗濯槽から見つかった。
ただ1億円分のダイヤがジルコニアにすり替わっていた。

榎本は、倉庫を引き払った後だった。
ベイリーフからの帰り道公衆電話から榎本の声がした。
どこかへ行くのかと聞かれ、臨時収入が入ったので旅行に行くと言った。
一方的に電話は切られた。

謎はそのまま、榎本は消えた。

かなり面白くなって終わりました。


*****
今までの感想は、こちら

« 《ATARU》★最終話 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆最終話 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/55061875

この記事へのトラックバック一覧です: 《鍵のかかった部屋》#最終話:

» 鍵のかかった部屋 最終回 最後の密室事件~榎本が、いなくなる日 [のほほん便り]
なんとも意表を突く「うわ~~っ!」な終わり方でしたね。しばし、呆然… ( ̄◇ ̄;) さすが30分延長しただけのことはあります。最後に、こんなサプライズが用意されてたとはっ 玉木宏、演じる「佐藤学」を調べていくうち、じつは、彼は「なりすまし」で、本当は「椎名章」だった件もドキドキものでしたが、さらに驚いてしまったのでした。 芹沢(佐藤浩市)、ついに最後には花をもたせてもらい、お手柄かと思いきや、やっぱりトホホのオトボケ役だったのも、笑えました。 それにしても、その存在感だけで、... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 (11)最終回〜玉木宏は市橋達也みたいに写真嫌い [世事熟視〜コソダチP]
鍵のかかった部屋 第11話 (最終回) 「最後の密室事件〜榎本が、いなくなる日」 「硝子のハンマー(第58回日本推理作家協会賞受賞)」が、前後編でうまく収まったかどうかは、微妙なところでした。 『月9・鍵のかかった部屋』は、原作がよくできているが故に、かえって謎解き部分などのディティールをドラマで描ききれなかった印象が全話を通じて残りました。 しかしながら、『ドラマの造りの良さ』が、行き届かざるところを充分すぎるほど補っていました。 原作には居ない芹沢豪(佐藤浩市)という面... [続きを読む]

» ニュートンのゆりかごと臨時収入と真犯人(玉木宏)と私(戸田恵梨香)と彼(大野智) [キッドのブログinココログ]
ぶっちゃけた話だが・・・原作的には密室トリック解明おタク・・・榎本は泥棒である。 つまり、窃盗犯なのだが・・・重要参考人でも容疑者でもなく取り調べられたこともない。 だから・・・犯罪者として彼を認知しているのは彼だけなのである。 あくまでフィクションなので彼が殺人鬼であろうと窃盗の常習犯であろうと違... [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」 第11話(最終話) 硝子のハンマー 後編 [トリ猫家族]
 ( ̄∀ ̄) にやり・・・・ 榎本よ、何処へ行く・・・  にゃるほどね〜 最後の最後で、正体を見せたか・・・グレーが一気に黒になった。 視聴者が戸惑う暇もなくEND・・・ こ ... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 #11 最終回 [ぐ~たらにっき]
『最後の密室事件~榎本が、いなくなる日』 [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」最終回感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
あらすじ 公式サイトより  榎本径(大野智)が不在の中、青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)は事件の検証を行う。そして、榎本は犯人ではない、と純子が断言したとき、榎本が釈放されたと連絡が入る。専務の久永が犯行を自認したからだ。拘置所で純子と接見した久永は、睡眠中の無意識のうちに社長を殺害したのかもしれない、と弱気になっていた。 その後、榎本は、副社長の穎原雅樹(鈴木一真)らに、社長が狙撃事件を自作自演したのは、社長室に隠した何かを守るため窓を防弾ガラスに交換させたかったか...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋  11話 最終回「硝子のハンマー 後編」 [昼寝の時間]
公式サイト 原作未読です。 ちょっと突っ込み入ってます。ご注意下さいませ。 . [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」最終話 [またり、すばるくん。]
11「硝子のハンマー」後編 視聴率17.5%   [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第11話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
Story#11「最後の密室事件~榎本が、いなくなる日」06.25 Mon On-Air 榎本径(大野智)が不在の中、青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)は事件の検証を行う。そして、榎本は犯人ではない、と純子が断言したとき、榎本が解放されたと連絡が入る。「ベイリーフ」専…... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 Episode11(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『硝子のハンマー』 「最後の密室事件〜榎本が、いなくなる日 「榎本が、いなくなる日 内容 介護サービス会社「ベイリーフ」社長・穎原昭造(佐々木勝彦)殺害事件。 純子(戸田恵梨香)芹沢(佐藤浩市)から、 密室の解明を求められた榎本(大野智)は、狙撃事件を自作...... [続きを読む]

» 密室にて・・・ [笑う社会人の生活]
ドラマ「鍵のかかった部屋」を見ました。 フジにて 月曜9時にやってました 1話完結型のミステリー 密室に限ったというところが特徴で 思いのほか良かったですね 原作があるだけに ミステリー、トリックもしっかりしていて! そして 榎本のキャラも興味深く 面白いで...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 (第11話 最終回・6/25) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
4/16からフジテレビで始まったドラマ『鍵のかかった部屋』(公式)の最終回『硝子のハンマー』の感想。また、貴志祐介氏の原作推理小説は未読。 もう少し歯切れ良く、終わって欲しかった… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.sh…... [続きを読む]

» 『鍵のかかった部屋』【ドラマ】 全部見ました~~ [やっほっほ~ ほっ]
【送料無料】鍵のかかった部屋 DVD-BOX セキュリティを知り尽くした防犯オタクが数々の密室事件を解明していく 非常に残念なことに原作をすべて読んであったので 密室のトリックが分かっているという非...... [続きを読む]

« 《ATARU》★最終話 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆最終話 »

最近の写真