無料ブログはココログ

« 《ATARU》★08 | トップページ | 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆09 »

2012/06/05

《鍵のかかった部屋》#08

『犬のみぞ知る』(あらすじ)

芹沢(佐藤浩市)は、タレントの友香(志田未来)から密室事件の調査を頼まれる。友香の叔母で漫画家の文恵が仕事場で不審死したが、酔って転倒した際に頭に棚の置物が落ちた事故だと警察は断定したという。榎本(大野智)が調べると、窓は厳重にロックされていた。玄関の合鍵は、アシスタントの理佳子(MEGUMI)と麻美(岩佐真悠子)が持っていたが、玄関には文恵以外にはほえる犬がいて、密室状態だった。

cast

大野智/榎本径
戸田恵梨香
/青砥純子
佐藤浩市
/芹沢豪

(榎本)<たとえ家じゅう全てのドアと窓の鍵が 掛かっていたとしても
玄関の合鍵を持っている人物が存在するなら その家は密室とは
言えません。ここである女性の遺体が発見された時この家は
そのような状態でした。しかしこの家は ある理由で密室になって
いたんです。ではその理由とはなんだったんでしょうか?
人が1日で得る情報量の約8割は目から入ってくるといわれていますが
今回の事件は決して目で追ってはいけません。におい 音 感情
見えないものにこそ 真実が隠されてます。>

テレビには絶対出たくないと言っていた芹沢が、コメンテイターで出演。
企業の不祥事に、自分を売り込む芹沢。
次のコーナーで『密室事件』
3日前に亡くなられた人気漫画家 中田  文恵さんの事故のこと
どうもこの事件他殺の可能性があるらしい。その点に関しては
中田さんの姪御さん タレントでもある中田 友香さんに詳しく伺ってみましょう。

叔母文恵の遺体が発見された時そこは密室だった。
だから警察は一人でお酒を飲んでいた叔母が
物にぶつかり、大理石の置時計が頭に落ちてきた
不運な事故と処理。
だが引っかかる点が一つ。
死亡推定時刻が6月5日 午後6時から午後8時頃。
遺体発見は午後10時11分。
6時過ぎに文香は叔母と電話で話していた。
「今、アシスタントと2人で飲んでいる」と言った。
警察は 密室を理由に叔母の発言は酔っていた
ためのものだと言う。もしそれが本当なら
事故に見せかけた密室殺人であるという可能性も。
密室殺人を7つ解決したと言ってしまった芹沢。
テレビで文香に
頭を下げられ、困っている人がどれだけ困っているかで仕事を受けると
大見栄を切った。
後からどんだけ面倒な仕事なんだと嘆いても後の祭り・・・
「あいつを呼べ」

榎本が呼ばれた。
詳細はその日、9時から仕事を始めた叔母。アシスタントが2名通って来ていた。
橘麻美が、午後5時頃帰った。もう一人の安西理佳子が夜から仕事を始めようと午後10時頃きたが合鍵を忘れた事に気付き庭に回って作業場に居る叔母を呼ぼうとしたところ
倒れている叔母を見て通報。それが午後10時11分。5分後に救急隊が。その時
玄関にはもちろん、全ての窓にはカギが掛かっていた。
アシスタントは自由に出入りできたがあの部屋は密室だったと言う文香
時計のコレクターだったようで高い時計が並んでいたが一つだけ止まっていた。

隣人は、犬がうるさいからあの日はずっと張っていたが鳴かなかった。泣きだしたら遺体が見つかったと証言。ついでにうちにも防犯カメラを付けてくれと榎本に言った。

芹沢は、今時点で事故と見解を述べた。
だが純子は、今まで事故だと思ったが、文恵が買い物をしたレシートから、その日に宅配で送られてきたのと同じビールの銘柄を4本買っている。これは不自然だ。
榎本は、防犯意識の高い文恵が、玄関の補助錠をかけないでいたとも考えられない。
それでも
「今はまだ分かりません。
ただ それが他殺であるならば

破れない密室なんて
この世に存在しません。」

「カー、なんだよその言い方。
詭弁だよ詭弁。気に入らないな
俺は納得しないからな。え?
密室が破れないいじょう
他殺じゃないんです!
ああ、もう事故だよ事故!
誰が見たって
お前 事故じゃないかよ。
もう何でそれが分かんないかな
ホントによ!」と消えた。

事務所に戻った芹沢は待ち受けるマスコミに、期待していいんですねと言われて
珍しく榎本と純子にお弁当を差し入れた。

友香にもう一度話を聞くと言った純子について芹沢も会った。
事務所が何ものかによって荒らされていた。
友香が、叔母の遺品整理で4時頃出掛けて、夜9時頃戻ったらこうなっていた。
K9と書かれたひもが落ちていた。それを理佳子に見せる純子。
榎本は割られた窓ガラスを調べていた。

理佳子は、あれから一度もあそこには言っていないとシラを切った。
昨日の夕方4時から夜の9時までの間どこで何をしていました?聞かれて駅前の漫画喫茶に居たと答えた。

榎本は隣家の防犯カメラの昨日の午後4時から9時までをパソコンで調べていた。
すると、橘が、入ってくるのが見えた。
犬は、理佳子の時は吠えたが、橘の時は近付くまで分からなかった。
しかし橘は犯人ではない。
純子が調べた缶ビールの宅配と同じメーカー。それが届いたのが午後1時から3時の間。その日は午前9時から午後5時まで橘が作業をしていた。つまり橘がビールが届いた事を知らないはずがない。だから橘は犯人ではない。

公園を榎本、芹沢、純子の3人で通りかかると、純子は、耳に高周波が聞こえた。
モスキートだ。若い者にしか聞こえないと言われて演技する芹沢に、突然榎本がひらめいた。

理佳子と話す榎本と純子。

「ようやく分かりました。
あなたが中田先生を殺した理由が」

「何を言いだすかと思ったら。」

「あなたは、本当に残酷な方です。
10年も面倒を見てくれた先生を
殺してしまうなんて。
理佳子さん。
あなた中田先生からアシスタントを
首にされる予定だったんですね。
あなたは麻美さんに激しく嫉妬を
抱き、先生が麻美さんを残して
見捨てるんじゃないかという
恐怖心を持っていた。
でも10年の信頼関係がある。
だからどこかで安心はしていた。
その瞬間、10年かけて築いてきた
物を全て失った。(アシスタント募集で
橘が理佳子の代りはいくらでもいると
吹き込んだ)
だからあなたは先生を恨んだ。
先生に対する思いが強かった分
その反動で 憎しみも強くなり。
そして、殺意が芽生えた。」

「なるほど、
そう考えれば、私には動機がある
かもしれません。」

「理佳子さん。
どうしてもっと先生を信じることが
出来なかったんですか?
確かに先生は、アシスタントを
募集するつもりでした。でも
あなたを首にするつもりはなかった
んですよ。あれは全部麻美さんの
嘘なんです。
先生を尊敬する麻美さんは
長い年月をかけて築いた
あなたと先制の関係を
うらやんでいた。つまり麻美さんも
あなたに嫉妬して嘘をつきつ続けて
いただけなんです。だから中田先生を
殺す必要なんてまったくなかったのに。」

「うそよ!
そんなの嘘に決まってるでしょ!
あなたの話は、何もかもデタラメ!
想像にすぎないわ!」

「その通りです。
実際の所 あなたが何を思って
いたのか私には分かりません。
でも、あなたが中田先生を殺した
事は紛れもない事実です。」

「事実?だったら説明してよ。
この密室で私がどうやって
中田先生を殺したのか?」

「この家の玄関から出入りするには、
必ず、犬の前を通らなくては
なりません。
ある意味では、犬自体が
鍵となっています。
この鍵をどう処理するのか
これが今回の事件の
ポイントです。
まず殺害計画を実行するには、
当然ですが、犬にほえられては
いけません。
そのため、犯人はあらかじめ
犬を餌付けして懐かせました。
そして事件当日 犯人は
堂々と玄関から出入りし
犯行に及んだのです。」

「そうね。そう考えれば、
犯行は可能ね。
でもあなたも知って乗るわよね?
私が犬にほえられてた事を」

「話はまだ終わっていません。
このトリックには続きがあるんです。
犬に懐かれると、それが証拠となり
犯人として疑われます。
だから犯人は中田さんを殺害後
再び犬に嫌われることでその証拠を
消したんです。」

「面白い発想だけど、
そんなこと出来るわけないじゃない」

榎本は、ガバッと振りかえった。

「簡単にできます。
これを使えば。
愛情や怒り、犬はひととほぼ同じ
感情を持つと言われています。
だから犬も人間と同じで
信用を得るためには長い年月が
掛かりますが、失うときは
一瞬なんです。
つまり犯人は、中田さんを殺した後
一度家を出て行きました。
それから数時間後、再びやって来て
犬撃退用のK9キャンセラーを使い
一瞬のうちに嫌われたんです。
ただ、犬が吠えれば、その場に
いたことを誰かに目撃される
恐れがああります。
そのまま何もいせずに帰ると
帰って怪しまれるので、犯人は
あえて第一発見者を装うことに
したんです。」

「あなたの言いたい事は良く分かった。
でもそれは、 私に犯行が可能で
ある事を示してるだけで私が犯人である
証拠にはならない!
それとも、他に何か証拠でもあるって言うの?」

「確かにあなたが犯人であるという証拠
などありません。」

「そうよね。そうにきまってるわよ。
だって私犯人じゃないから。」

「しかし、中田さんが亡くなったあと
あなたがK9キャンセラーを使ったと
言う証拠ならあります。」

「そんな証拠どこにあるのよ」

「これです」
榎本がポケットから時計を出した。

「そんな時計がなんだっていうの?」

「中田さんは、多くの時計コレクションを
持っていました。
その中でもお気に入りだったこの
時計だけ、なぜか中田さんが亡くなった
6月5日の10時15分で止まって
いました。
しかし、これは中田さんの怨念で
止まった訳ではありません。
そこにはちゃんとした理由が
あったんです。」

「理由?」

「あらゆる物体には、それぞれに
固有の周波数があり、それと同じ
周波数の音波を照射すると
故障する場合があるんです。
先ほど調べたところ
止まった時計の心臓部にあたる
クォーツと、K9キャンセラーが
発する周波数は、まったく同じでした。
つまり、時計が止まった理由は
6月5日 午後10時15分ここで
超音波を発するK9キャンセラーが
使用された事によりクォーツが
故障したからなんです。
その4分前の10時11分あなたが
中田さんの遺体を発見し、ここで
通報しています。
午後の10時16分救急隊到着するまで
あなたは一人きりでした。
つまり10時15分にK9キャンセラーを
使ったのは、あなたしかあり得ないんです。
このK9キャンセラーは外国製で出力が
強かったため、庭で使ったにもかかわらず
その超音波が作業場にまで届いて
しまったのでしょう。」

「そう言えば、使ったのは、・・・
今思い出した。そんなの何の証拠にもならない
そんなんだったらね、私はイムが吠えて
ずっとうるさかったから、使っただけ
嫌われるためだけに使ったんじゃない。」

「それはホントですか?
あなたは犬が吠えてうるさいから
K9キャンセラーを使った。
それに間違いありませんね」(芹沢)

「ええ」

「つまり、あなたが家に到着した時から
ずっと吠え続けてた。」

「そう」

「中田さんの遺体を発見された時も」

「そうよ」

「そしてあなたが通報した時も」

「だから、そうだって言ってるじゃない」

「ああ、失礼しました。
通報したときもねえ。・・・」

そう言って芹沢は、胸ポケットから大事そうにリコーダーを取りだした。
かざしてスイッチを入れた。
<「もしもし。
すぐに救急車の手配、お願いします。
先生が、先生が
家の中で倒れてるんです。」

「分かりました。まずは・・・」>
停止した。

「何これ?」

「あなたは御存じないかもしれませんが
119番通報は全て 記録されてるんですよ。
そpれで今、私は災害救急情報センターに
行って、通話記録のデータを取ってきたんです。
まあちょっと根回しも色々あったで、少し
遅れてしまいましたが。
あなた今、通報していた時犬は鳴いていた
とおっしゃいましたねよね?
しかし、この通話記録にはあなたのそばにいた
はずの犬の声は一切入ってません。
あなたの証言とは食い違ってる。
つまりあなたが通報した時には
犬はまだあなたに懐いていた。
すなわちこれはあなたが犯人・・・」

「もういい!
は~、もういいから。・・・」
頭を押さえ悲痛な感じでうつむきそれ以上言えない理佳子。

テレビでさっそくそれを演じて見せた。
「さすが芹沢先生。見事な解決出来ですね。
でも解決はやはり困難を極めたと伺って
下りますが」

「確かにここまでは、簡単な道のりじゃ
ありませんでした。
しかし、私は、こうして密室を破り
犬の溝知る事実を解明したんです。」

すごいですよね、パチパチパチ

「犬のみぞ知る。
犬の味噌汁じゃありませんよ。
皆さん。あははは」
バカ割が響いた・・・
大きくズベった。

榎本の研究室で、
「榎本さん。今回は見なおしちゃいました。
普段はおとなしいけどいざとなったら
すっごく頼りになるなって。」

「そうですか?」

「ホントに頭いいんですね。
犬って。
私も飼おうっかな。
なんか賢い犬って知ってます?」

「知りません」

「あれ?犬詳しかったですよね」

「知りません」

「何か起こってません?」

「知りません」

「私変な事言いました?」

「知りません」

純子は、横で右手を動かす榎本の指をつまんだ。
離すと
「しりません・・・」

怒ってますよね(^-^)

10年の信頼関係にひびを入れられて、とんでもないことをしでかした理佳子。
折角中田と飲んだのだから、思い切って聞いてみれば良かったのに!

*****
今までの感想は、こちら

fc2、livedoorブログさんのTBが飛びません。
お返しができないことがありますが、ご容赦ください




« 《ATARU》★08 | トップページ | 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆09 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/54885036

この記事へのトラックバック一覧です: 《鍵のかかった部屋》#08:

» 女(志田未来)と女(岩佐真悠子)と女(MEGUMI)と私(戸田恵梨香)と彼(大野智) [キッドのブログinココログ]
これでもかと・・・キャスティングで押してくるこのドラマ。まるで月9のようだが・・・あっ・・・月9だった。 MEGUMIは「都市伝説の女」に続くメイン・ゲストである。 髪形もメイクも変えて、一瞬だれだか分からない女として登場である。本質的にそうなのにさらにそうするってある意味、おのれを知っているんだよ... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第8話「犬のみぞ知る」〜青砥純子の思わせぶり事件を解決できない榎本 [世事熟視〜コソダチP]
鍵のかかった部屋 第8話「犬のみぞ知る」 『めざましテレビ』で、見栄を張りまくりの芹沢(佐藤浩市)。 密室事件を7件も解決したと言ってしまい、人気漫画家・中田文恵死亡事件を引き受ける羽目に・・・。 人前では毛利小五郎のように調子がいいのに、影では「なんで俺が」と文句たらたら・・・。 今回も芹沢は絶好調〜〜〜。 −◆− 事件を引き受けた後も、密室の謎に行き詰って、さっさと『事故』として幕引きしようとする芹沢。 榎本(大野智)は「他殺であるならば解けない密室なんてこの世に存在... [続きを読む]

» はつ恋第2話 & 鍵のかかった部屋第8話(6.4) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
・はつ恋第2話 三島@伊原剛志執刀による村上緑@木村佳乃の手術は成功、 緑の夫潤@青木崇高が退院の付き添いに間に合わなかったため、 三島が緑を車で送っていたっと こんなに早く緑の手術が終わるとは思わなかったな。ちょっと拍子抜け 夫と初恋の男の間で揺れる緑の気持ちが今後のメインになるのでしょうが、 実のところ、そちらの方はあまり興味ないのよね。 どうせ緑は夫と子供の方を選ぶのでしょうから 初恋の相手を見守る男としての三島、医師としての三島、 興味あるのは、三島視点の話だな。 ・鍵のかかった部屋第8話... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 #08 [ぐ~たらにっき]
『芹沢、めざましテレビで大失言!?』 [続きを読む]

« 《ATARU》★08 | トップページ | 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆09 »

最近の写真