無料ブログはココログ

« 《ATARU》★06 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆06 »

2012/05/22

《鍵のかかった部屋》#06

『密室劇場~舞台を密室にした犯人の話~』(あらすじ)

純子(戸田恵梨香)は、芹沢(佐藤浩市)の秘書・里奈(能年玲奈)から出演する演劇に招待され、榎本(大野智)を誘う。終演後、劇団員の薬師寺(山中聡)が楽屋で遺体で見つかる。役者は出続けていたため、楽屋に行けたのは脚本家の鬼塚(坂本昌行)、演出家の奈緒(堀内敬子)、里奈の恋人・井岡(桐山照史)の3人だけだ。しかし、逃げるには人がいたロビーを通るか、観客が見詰める舞台を横切るしか方法がなく、現場はある種の密室状態だった。

cast

大野智/榎本径
戸田恵梨香
/青砥純子
佐藤浩市
/芹沢豪

(榎本)人は一つのものに集中していると
他のモノが見えなくなります。
必死になればなるほど、周りが見えなくなり
一番大切な事を見失ってしまうこともあります。
真実は、人の目線によって行く通りもの
答えを持っています。でも 現実に起きている
事実は、一つです。
あなたが今 見ているものは果たして事実で
しょうか?大事な事を見落としてはいませんか?
今回の密室は、そういった人間の性質を利用して
つくられたものですので注意してご覧ください。
それでは密室劇場の始まりです。

芹沢は、先輩の水城の補佐として企業法務の会をまとめていた。
水城の娘は芹沢の秘書・水城里奈だった。
青砥が休みの前日に里奈から劇団のチケットを貰った。
急きょだったので、榎本に連絡を取ると、顔を出した。
劇団幸楽園 『密室に囚われた男』題名だけで榎本は来た。
この劇は、口コミで人気が出ていた。劇の前のパフォーマンスも人気があった。
榎本は、学芸会以来だと言った。

劇が始まった。絶海の孤島での密室殺人。里奈が、演じているとセットにぶつかった。
毎回練習しているのにおかしいとは思った。
物理的な方法以外あり得なかったと榎本は、トリックが途中で分かったと言った。
劇が終わって、挨拶しようと待っていたがあまりに遅いので劇団員に声をかけると下の楽屋まで連れて行ってくれた。中では、警察とか皆が口々に言っていた。
青砥が近付くと、里奈が、パフォーマーの薬師寺が死んでいたと教えた。
皆が見ている方角に、薬師寺が、倒れていた。左側に木刀が転がっていた。

この時点で、本日のゲストが、犯人だとすぐにぴんときますね(*^_^*)

里奈の父は、芹沢の大先輩で、実生活でも厳しい方。そんな大先輩が芹沢を信じて娘を預けてくれた。だから、青砥が悪いと言われた。純子が来てから、密室殺人が寄ってくる。だからお前が悪いと。
純子は反論。芹沢だって乗ってたじゃないですか。
じゃあ、前回の『チーム榎本』って言ってたのは何だったのですか!
するとあれはノリだ。事件が解決した高揚感で、わけのわからない事を口走った・・・

里奈の力になってあげましょうと言う純子の声に一応聞く事にした。
被害者の薬師寺は、木刀で頭を殴られていた。
小道具の木刀と一緒に置かれていた木刀だった。薬師寺は、パフォーマンス中にも木刀で頭を殴られるシーンがあった。だが小道具と今回の凶器の本物の木刀は、色も形もそっくりだった。薬師寺は、リアルさを追求していて、殴られ方をよく練習していた。その時の相手が里奈の彼氏だった。
「ド真ん中じゃん・・・
密室を やぶってみれば
娘の彼氏 犯人。
字あまりじゃないかよ。そんなこと
水城先生に 報告出来ないよ。
最悪俺の監督責任が問われちゃう。
あの人を怒らせたりしたらな」

「それで芹沢さんが怒られるのは
筋違いな話です。」

「そうだよ。
筋違いだよ。
筋違いな事で怒ったり
怒られたりすんの大人の世界
なんだよ。
君だってさっき俺に筋違いの
言いがかりつけられたので分かるだろう」

「それは分かります。」

「ともかく、今回の事件に
俺を巻き込むのはやめてくれ」

「分かりました。
仕方ありません。
じゃあ、この事は、里奈ちゃんから
お父様に報告しましょう。ね?
ただ気がかりなのは 芹沢さんが
里奈ちゃんに彼氏がいて
劇団に入っていた事をまったく
知りませんでしたと 正直に
お伝えしなきゃいけないという
ことですね。」

「そうきた?
腕 上げてきたじゃないか」

「鍛えていただいておりますので」

「はぁー、榎本に電話しろよ」

事件のあった、劇場へ行き、協力者、演出家の畑山奈緒、脚本担当鬼塚隼人、里奈、青砥、榎本の5人だった。
稽古も一応仕事なので、邪魔しないでくださいと畑山に言われた。
鬼塚がアイツ無愛想でスイマセンと言いながら、舞台の図面を差し出した。

劇団を立ち上げた時団員も少なくパフォーマンス以外も自分たちでやらなけりゃいけなかった。で、ぼくは脚本を。そう言っていると畑山の怒声が響いた。
畑山が演出を、薬師寺は昔、照明をやっていたが劇団員が増えてからは、パフォーマンス専門になったと語った。
舞台の真中から見て左手が下手、右手が上手の楽屋と言われた。
薬師寺は、倉庫になっている下手の楽屋を一人で使っていた。

下手の楽屋に榎本と青砥が行った。
役者たちはパフォーマンスを終えた時、幕の後ろでスタンバイ。暗転が無く出ずっぱり。
上演中も役者は楽屋に行っていない。
劇団が記録用に撮影していた映像で証明されていた。
楽屋に入った形跡はない。
だが、パフォーマーの4人は出番を終えると膜の中に入って行ったので客席からは
どちらの楽屋に向かったのかはわからない。
役者たちも見ていなかった。

パフォーマーの3人にはアリバイが無かった。
里奈から聞いたが外部からは出入りが無かった。
鍵はホントに1つしかなかった。売店の者が管理しているのだけだった。
楽屋に戻ってきた順は、井岡、畑山、鬼塚。
井岡は、昨日のバイトが夜までで、疲れてすぐに腰かけたら寝ていた。
畑山は、客席の後ろから舞台を見ていた。最後が鬼塚。
この3人の中に犯人がいると、警察も考えていると榎本が言った。
青砥は突然の話に、色めき立った。
絵のもてゃ捜査一課の鴻野さんから聞きました。そう答えた。
青砥は芹沢と中の悪い鴻野!と思った。

榎本は、
「ここから外に出る方法は
2つしかありません。
このドアを開け、階段を上り
この売店横を通ってロビーに
出る方法。」

鍵が掛かっていたしスタッフも居たからここを通るのは難しい。

「もう一つの方法は、
この舞台袖を通って舞台を
横切り上手の楽屋前の
このドアから出る方法ですが、・・・」

「観客200人の前を横切るのは
難しいですよね。
これもやっぱり密室って言うんですか?」

「はい、この状況もれっきとした
密室です。」

「犯人はどうやって薬師寺さんを
殺してこの密室をつくったんでしょう?」

芹沢に報告。
井岡をはさんで、薬師寺、畑山、鬼塚はうまくいっていなかった。
井岡は役者になりたくて、バイト先で知り合った鬼塚を頼って劇団に
入ってきたそうだ。だが、演技を薬師寺に認めてもらえなかった。
舞台に立たせてもらえなかった。そこで鬼塚は井岡をパフォーマーとして
出演させることにした。だが薬師寺と畑山は反対した。
3人の仲はどんどん悪くなった。

「じゃあ、井岡の動機ってのは
役者として認められなかったことだけか?」

「あと分かりやすく言えば、
薬師寺さんからいじめられていたそうです」

「調べただけ
怪しくなってんじゃねえかよ。」

「でもまだ 密室は
破れたわけではないですから
まだ犯人とは」

「密室破るヒント
何かあったか榎本?」

「特には見つかっていません」

「うん、それじゃあさ、
犯人 舞台 横切ったんだよ。
そうしようよ。榎本。」

「観客 200人の前を 横切る方法は
まだ思いつきません。」

「そうか、分かっちゃったよ。
分かっちゃったよ。
犯人には、共犯者がいたんだよ
それが 役者だとしたらば、
犯人はその役者の動きに合わせて
舞台の袖から袖に移動できる。」

「面白い発想ですが、
今回の劇ではそう言った動きを
する俳優はいません。」

「あ、そう。はぁ~
とにかくさ、俺は明日の午後1時に
水城先生と会うんだ。
それまでに密室を破って
井岡以外の容疑者を見つけ出し
俺の心の安寧を取り戻してくれよ。
俺はあれがあれ何で、あと頼むわ」

「あれが、あれって・・・
榎本さん、里奈ちゃんのために
2人で密室を破りましょう」

そう言いながら純子は、すっかり寝てしまった。ハッと気づくと榎本がいなかった。
だがいつも考えをまとめる、例の手振りでじっと考え込んでいた。

純子が声をかけると、
「この密室は、
破れないかもしれません」

ガク!

「破れないかもしれない?
破ってもらわないと困るんですよ
いつも会うたんびに 娘は
どうしてるって、
帰り際に聞いてくるんだ
事件のことを隠してさ
元気にしてますよって
答えられる訳ないだろう
でもな、事件が解決さえ
してくれれば、元気ですって
言えるんだよ」

「どうしてですか?」

「ホントに元気だからだよ。」

「そう言う問題でしょうか?」

「そう言う問題だろう?」

「事件を昼までに解決するなんて
現実的じゃありません」

「事件のことを俺に3日も
黙ってた。
君の責任なんだよ。何とかしろ!
俺と水城の君のためにな!」

「分かりました、失礼します!」

井岡と里奈に会った純子は、井岡が密室系の本をバッグに入れている事に気付いた。
慌てた井岡は、これは役作りのためにと言い逃れた。

畑山は、残念ながら私は犯人じゃないと言ったが、純子は、さっき見た井岡の本から
「今回の演劇の台本を書いたのは
井岡さんですか?」と聞いた。

「うちの脚本家は鬼塚ですから、
鬼塚が書きました」

「その言葉
信じていいんですよね?」

「それは自分で判断してください。
私はそんなに簡単に
人を信じないけど」

純子は、鬼塚を捜していた。
榎本の所に居ると電話で言われて、それとなく犯人かどうか聞いてくれと言われた。
不器用な榎本です。ずばりと聞きました。鬼塚がひるみました。
犯人ではないと言ったが、次になぜあのトリックを思いついたのかと聞かれ、
「心理的なトリック」と言った。

鬼塚は、質問をいくつかして行った。今度は防犯寝たの脚本を書くと言っていた。

純子が駆け付けると鬼塚は帰った後だった。
榎本は、鬼塚が犯人じゃないと言ったが、
「ただ、鬼塚さんは嘘をつきました。」

「うそって、何を?」

「あの演劇で扱った密室
トリックは物理的な偽装による
トリックでした。それを
『心理的なトリック』と言ったんです。」

「あの。
台本を書いた人が一番大事な
トリックを間違えたりしますかね?」

「あのトリックは、特殊でしたから
間違える可能性は低いと思います。」

「じゃあ、やっぱり当たってるかも。
井岡さんが密室の作り方を解説した
本を持ってたんですけど。
実は私も読んだことがあるんです。」

「青砥さんが 密室の本を?」

「え?あっあっ。あれです、あれ、
参考程度に、まだ全部読めて
ませんけど」

「その本がどうかしましたか?」

「その本で解説してたトリックと
あの演劇の密室トリックが
すごく似てるんです。」

「物理的な偽装によるトリック」

「はい。榎本さん。
もし あの演劇の台本を鬼塚さんが
書いていないとしたら、全て
なっとくできませんか?」

「それはどういう事でしょうか?」

「鬼塚さんが トリックを言い間違え
井岡さんがあの本を持っていた。
つまり・・・」

「井岡さんが鬼塚さんの
ゴーストライターだと言いたいんですか?」

「そうです。
でもどうやって証拠をつかめば
いいんだろう?」

里奈を巻き込んで、井岡の台本探しが始まった。彼の疑いが晴れるならと里奈は健気だった。
パソコンのファイルの中に”本”があり中には、「密室に囚われた男」作井岡裕樹とあった。
戻ってきた井岡が慌ててパソコンを持ち出した。鬼塚は、自分の恩人だと言って。

里奈は、純子に早く密室を破ってくださいと頭を下げた。

榎本は、犯人に興味が無いので、純子の話を深く聞いていない。
犯人が鬼塚だとすれば、密室を破る方法が分かると榎本に迫った。

「舞台上で何かが起きてたら
私達が気付きますよね?ああ~・・・」

「舞台上…」
里奈がセットにぶつかった所が浮かんだ榎本。

「水城さんは
今劇場に居るんですよね?」

「はい」

「では今から向かいましょう」

「また劇場?」

そのうち芹沢の大先輩水城が現れた。
今朝会ったクライアントが失礼なやつで、まだむかむかが取れないから君を怒っているわけではないと前置きされた。

舞台を見ていると鬼塚が、ユックリ体を動かしているパフォーマンスをしていた。じっと見る榎本。すぐに気付いて階段を上がってきた鬼塚。
あの動きはどれくらいできますか?と榎本が聞くと、20-30分と答えた。聞いてすぐに立ち去る榎本。

井岡が任意同行されて、畑山が青砥を訪問。
酷い事が起きる前に、なんでも相談してくださいと、言っておいた事で、話すのを決めたようだった。
「どうか、鬼塚でに自首を勧めて
ください。」

「わかりました」

榎本は、警視庁と印字があった封筒から、USBを取りだし、パソコンにセット。
「囚われの島」のあの日の演劇が流れた。見ながら、榎本はいつもの右手の親指を人差し指を擦り合わせていたが、動きが止まり、鍵が開いた。

純子から榎本に劇場へ向かいますとメールが入った。
芹沢には、電話が掛かった。すぐに俺も向かうと言った。

純子は、舞台に行ったが、鬼塚はいなかった。少し捜したが気付くとすぐ後ろに立っていた。ドアが開き榎本が来た。

「どうしたんですか、こんな時間に?」

「密室は破れました」
芹沢も到着
「説明してくれ」

「まず
鬼塚さんは、パフォーマンス終了後
下手の楽屋に向かい、薬師寺さんを
木刀で撲殺しました。
そしてこの切りだしに隠れながら
舞台を横切ったんです。」

「ちょ、ちょっと待ってくれよ。
そんな大きなものが動いたらさ
お客が気付いちまうだろうが」

「人間の目は、あまりにもユックリ移動する
物 認識できないんです。
ここでオープニングの映像を振り返って・・・

この舞台は差し渡しが10mあります。
つかえた時間は80分前後。
10mを移動するのに80分かけたと
すれば、時速7.5m。秒速にして
0.2cmです。
そこまでゆっくり動く物体を
客席から識別するのはまず
不可能です。
これは特殊な動きで鍛えた
金力を持つ人間にしか
出来ない事です。
何か奇妙な事が起きていると
いう認識もありませんでした。
仮に切りだしの位置に違和感を
覚えた人がいても気のせいだと
思うだけです。そして水城さんが
上手側にある切りだしにぶつかった
時には鬼塚さんは、すでに上手の
楽屋に居たと思われます。」

「つまり彼にしかできないと言うことか?」

次は殺人なのか事故なのか?
鬼塚は、事故を訴えた。だが殺意はあったのではと聞かれた。
鬼塚は、事故を主張したが、
「これは、計画的な犯行です。」

「どうしてそう言えるんですか?」

「事故である可能性を強くするために
誰もが無謀だと思う方法をあなたは
あえて選んだ。
犯行が発覚しても、殺意が無かった
事故という答えに行きつくよう
全て計画してあった。
今回の犯行は、緻密な計算、
恐ろしい集中力その全てが
必要になります。
この犯行のためにあなたは
何日も何時間も練習し計画を
練ったはずです。」

「それを証明する事が出来るのか
榎本?」

「コレを見てください。」
舞台の後方にしゃがんだ榎本、純子と芹沢は覗き込んだ。

「何重にも擦り傷が。
このラインに沿ってあります。
切りだしを何度も引きずって出来た
傷でしょう。」

「この傷と映像、切り出しを警察に
調べて
もらえば分かると言うんだな。」

「はい」

「でも、ぼくには動機が」

「井岡さんが
あなたのゴーストライターだと
知った薬師寺さんから
あなたは脅されてたんですよね。
畑山さんが見ていたんです。」

「あなたには薬師寺さんを
殺す強い動機があります」
畑山が、薬師寺が鬼塚を脅していたのを見ていた。
これからは俺がプロデュースすると言われていた。
井岡が書いた台本が、有名な戯曲賞を取った事で露骨に脅迫していた。

「井岡くんに罪を着せる
つもりだったのか?」

「イエ、
おそらく罪を着せるつもりは
なかったでしょう。
この方法だと井岡さんが
疑われる事はあっても
犯人だと言う証拠は出て
来ませんから。」

「なるほど、自分もある程度被害を
受ける程度で計画を練り
バレなければそれでよし
バレたとしても偶発的な事故に仕上げれば
最小限の被害で留まる。
そういう計算だったのか?」

「はい」

「ネーミング間違えた
密室じゃなくて、劇場にしとけばよかった。」

いや~、長かった。
最後に水城のパパは、娘にとっても甘くて、夢を追いかけてるなら、いつも笑顔でと言ったと思うと、彼氏に会わせろと言ったり、物分かりの良さをアピール。

*****
今までの感想は、こちら

« 《ATARU》★06 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆06 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/54775539

この記事へのトラックバック一覧です: 《鍵のかかった部屋》#06:

» 鍵のかかった部屋 第6話〜V6坂本君が! 出番が来た能年玲奈ちゃん [世事熟視〜コソダチP]
鍵のかかった部屋 第6話 第4話、第5話は、謎解き部分が映像向きではなかったので説得力を欠く部分がありましたが、今回は映像コンテンツ向きだったので、消化不良を起こさない出来栄えでした!(^^)! (しっかりした作品だから基本は活字で読むべきものかとは思いますが・・・) −◆− 冒頭「人は一つのものに集中していると、他のものが見えなくなります。」と大野君が語りかけてきます。 謎解きのヒントを最初に提示するのは正統派的な手法であります。 昨日の『ATARU』の犯人捜しなんての... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第6話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第6話 「舞台を密室にした犯人の話」 警備会社の社員・榎本径(大野智)と弁護士・青砥純子(戸田恵梨香)は、水城里奈(能年玲奈)が出演している舞台を観に行く。 [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 #06 [ぐ~たらにっき]
『舞台を密室にした犯人の話』 [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋第6話(5.21) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
榎本@大野智と青砥純子@戸田恵梨香が観に行った舞台で 劇団員薬師寺@山中聡が密室状態となっていた楽屋で殺害された事件、 ゴーストライターがいたのをネタに脅された脚本家鬼塚@坂本昌行が 観客の盲点を利用して殺害したと。 殺害トリック・犯人が犯行達成のために何度も練習していたという事実、 (何度も練習してたのは『ガリレオ1話』の唐沢寿明回を思い出した・・・) 面白そうな要素はあったのに、妙に面白味が感じられない回だったな なんでだろう?登場人物の描写が希薄だったかな。 密室というのがどうでもいい印象を受... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋【第6回】フジ月9 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
舞台を密室にした犯人の話  「キミがここに来てから、密室事件ばかり寄ってくる。オレはもう腹いっぱいなんだよ」by芹沢豪(佐藤浩市)。 「でもそれまでの事件は、芹沢さんものってたじゃないですか」by青砥純子(戸田恵梨香)。 「のってないよ。のってません。大人はそう簡単にのるもんじゃないんだよ」 「じゃあ前回の事件のとき、チーム榎本って言ってたのはなんだったんですか??」 「ああ、あれはノリだノリ。うん。事件が解決した昂揚感でさ、わけのわかんないことを口走っちまうことだってあるだろ。それくらいわかれよ... [続きを読む]

» すっごい、すごーい、すごいすごいすごい密室?(戸田恵梨香) [キッドのブログinココログ]
・・・そんなに凄かったか? いや、ただ、戸田恵梨香にこんなにすごいを連発されたらいつ死んでもかまわない・・・と思って。 まあ・・・新人脚本家が絶対にそう思いながら書いただろうことは充分に妄想できるな。 世の中には分類するのが好きな人っているよな。 ああ・・・「物理的要因の密室とか、心理的要因の密室と... [続きを読む]

« 《ATARU》★06 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆06 »

最近の写真