無料ブログはココログ

« 《ATARU》★04 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆04 »

2012/05/09

《鍵のかかった部屋》#04

『黒い牙 先入観殺人!被害者はスパイダーマン!?』(あらすじ)

純子(戸田恵梨香)の住むマンションで、部屋をペットの飼育室にしていた老舗和菓子店店主・桑島(久ヶ沢徹)が死亡。友人の古溝(松尾諭)は、桑島の妻・美香(白石美帆)が世話を放棄しているので、部屋からペットを救い出したいと管理人に訴える。管理人から仲裁を任された純子と芹沢(佐藤浩市)は、ペットの正体が毒グモと知り、慌てる。桑島はペットにかまれて死んだというが、話を聞いた榎本(大野智)は、現場の状況に疑問を抱く。


cast 

大野智/榎本径
戸田恵梨香
/青砥純子
佐藤浩市
/芹沢豪

『毒殺といわれてまずイメージするのは何ですか?
青酸カリ、ヒ素、トリカブト。そんな感じでしょうか?
今回は普通ではちょっと考え付かないような
変わった毒を用いて、殺人が行われました。
ドアや窓はもちろん、あらゆる隙間を全て
ふさがれたこの部屋は、まさにクモの子1匹
通れない状態です。
とすると、いったい犯人はどこへ消えて
しまったのか?
ヒントになるかわかりませんが、一つ言えるのは
人は様々な経験や情報から思い込みで物事を
判断しがちだという事です。その思い込みを
捨てない限り、決して答えを見つけることは
出来ないでしょう。』(榎本)

今回は、青砥の住む部屋と目と鼻の先に住む住人が、亡くなった。老舗和菓子屋の跡取りだった。
ペットの置き場として、部屋を借りていた。ペットとは、・・・
タランチュラだった!
このタランチュラは、咬んでも人を倒すほどの毒ではない。
一番怖いのが、クロドクシボグモで、猛毒だ。1匹で80人は殺せる。

古溝と言う男が預けたクモを返してくれと毎日顔を出すようになった。
ペットショップの仲介などをしている男で、ピンハネをしていた。
毒蜘蛛に咬まれて死んだ男の妻に、このコレクション全部引き取ると話していたようだが、好きに乗じての話で聞き入れられなかった。

榎本は、えさをやる時に指をかまれたというのは、あまりにも不注意ですねと言った。
芹沢も、同調。腑に落ちない点は、ピンセットは、上からすとんとナゲ入れられた用に立っていた。普通、えさをやっている時に襲われたのならピンセットは驚いて放り投げられているはず・・・警察は事件性なしと事故扱いだった。完全な密室だったので。
榎本の態度が急に真剣になった!

水槽には、流木と、ピンセットしかなかった。では、えさのコオロギの皮はどこへ行ったのでしょう?体を溶かして中だけ吸い取るだけなら、残っていて当然なのに。

えのもとが純子の部屋に、芹沢とともに来た。散らかったいたので、呼ぶまでは言ってはいけないと、大至急片付けた。その間に、事件のあった部屋のドアの検証をしていた。電子錠で、不正解錠も合いカギも作る事も不可能だった。窓も補助錠が付いていたので、外から掛け直す事は出来ない。sらにドアポストを覗いたが、全てテープでふさがれていた。
サムターン回しを使って何かできないかと考えたが、防犯用カバーが付いていたので無理だった。

つまり桑島さんが、毒グモに噛まれた時現場は完全な密室だった。

雑誌の取材に来ていた記者も、第一発見者の奥さんが犯人と言う事は?と芹沢に聞いてきた。純子が答えて、夜10時頃桑島さんがマンションに1人で入る所を管理人が見たが、死亡推定時刻は、その1時間後だった。
桑島さんが亡くなられた夜は、美香さんは家にいた。遺体発見時、管理人が美香の叫び声を聞いて見ていた。

記者は、和菓子屋の亀屋栄泉の周辺で聞き込みをした。
桑島さんと美香さんの間に離婚話があった。嫁姑の中は相当こじれていた。

そこに古溝から話がついたので、明日クモたちを引き取りに行くから、古沢に立ち会ってくれと電話が掛かった。芹沢と純子は、何か腑に落ちなかった。降る溝のクモ2匹は、もうかえされていた。そこで純子は、自分が依頼を受けたわけではないから、『個人的な興味』で動き出した。
亀屋栄泉に行くとミkは、得意先に届けに行っていた。帰りかけて女将に呼びとめられた。
実はファックスが来てそれが困っていると言われた。
『ビバリウム・ガイド』生物系の雑誌で、たしかあの時、降る溝はそkの記者だと言った。
亡くなった桑島のクモたちといる写真は、世間に知れると、商売上まずいと女将は考えていた。美香は、心当たりがあるから、記事にさせないと言っていたが心配で、と相談された。ほどなくして美香が戻った。女将はあからさまに帰りが遅いと罵った。
美香は、クモは苦手だが、主人がどれだけクモを可愛がっていたかも知っている。
主人の死に乗じてクモを手に入れようとする古溝の方が許せないと美香は答えた。

榎本の所で、貰ってきた和菓子をぱくつきながら、純子はすっかり寛いで話をしていた。
ファックスで送られてきた写真は、桑島が『ビバリウム・ガイド』の取材に協力した時のもの。2人は中野のペットショップで知り合い、お互いの素性を知らなかった。桑島さんがカメ屋栄泉の社長だと分かった途端に、古溝は高額な仲介料を要求するようになった。
桑島のクモは入手困難で高値がが付いているものも沢山あった。
純子は、美味しく食べていた和菓子に、アンコの中にヨモギが入っていて、大騒ぎした。
嫌いなモノだけに見た目で分かるように皮の方にみだりを出しておいて欲しいと言った。
騒ぐ純子をしり目に榎本は、何かヒントを得られたと考え出していた。

「事故ではないですよ。
桑島さんは、殺されたんだと
思います。」

「殺された?」

「おそらく」

「完全な密室だっていってませんでした?」

「はい。
でも他殺じゃないとは言ってません。」

「え?!ちょっと意味が分かりません。」

「毒グモにかませるという殺害方法なら
犯人がその場に居合わせる必要は
無いですから。
被害者が咬まれる仕組みを作っておいて
後は安全な場所で待っていればいいんです。」

芹沢は、どうしてそれを先に言わないんだよとぼやいたが純子は、「密室」にしか興味がない人だと忘れてたと答えた。
「桑島さん、どうして病院に行か
なかったんだろう?」

「クロドクシボグモにかまれたら、
助からないって知ってたからでしょ?」

「それにしてもだよ、
じっと部屋で死ぬのを待つのかよ?
普通だったらさ、とっさに外に出て
助けを呼ぶんじゃないのかな」

榎本はペットショップで、タランチュラは、えさを食べないでどのくらい生きていられるかと聞いた。タランチュラは1か月は、しなないが、コオロギはもって1週間だろうと言われた。
クロシボドクグモは、危険なおでペットショップにはなかったが、写真を見せてくれた撮影者は古溝。

倉庫に戻った榎本。純子がいる事に別に踊りた風もなく、明日がラストチャンスだと言った。

クモ引き渡しの時、1匹ずつポリ袋に入れていた古溝が、桑島が大事に居ていたクモがいないと言った。士少しして美香がそれは死んで主人もとてもザねんがっていたと答えた。
古溝が何かを拾い上げた。
見ていたのは古沢だけ。見せてくださいともみ合っていると、クモが飛びだし、ゆる沢が咬まれた。慌てて救急車を呼ぼうとする美香。古溝がこの子に噛まれたっては死にはしないと止めた。三kはもしもの事が会ったらどうするんですか?茶子ジャイアントゴールデンストライプの毒はタイして強くない。あんただって知ってるだろうが!言われて美香は呆然としていた。それを後ろから観察している榎本。また右手の指を擦り合わせて鍵と鍵穴が合った。
「皆さん、密室は破れました」
純子が宣言。
「ね」と榎本を振り返った。

「犯人がどんな罠を仕掛けたのか
やっと分かりました。」

「何言ってるんですか、あれは
事故だったんですよ」

「イエあれは事故ではありません。
桑島さんは、殺されたんです。」

「教えてくれよ、犯人 一体誰なんだ」

「古溝さん。
桑島さんは、いつもあなたの仲介で
クモを買っていたようですが
クロドクシボグモもそうだったんですか?」

「そうですけど」

「ここには1匹しかいませんね。でも本当は
2匹いたんじゃないんですか?」

「い、1匹だけですよ」

「おかしいですね。
『ビバリウム・ガイド』に掲載されていた
写真には2匹 うつっていました。
あれはあなたがここで撮影したものですね。」

「クロドクシボグモは、マニアの間でも
危険だから飼うなと言われている
最強のドクグモなんです。
それが逃げ出したとなったら
世間から何を言われるか。」

「だから黙っていたんですか?」

「分かってくださいよ。
あれを個人輸入してるとなったら
ひどいバッシングを受けるから」

「あれ?じゃあもう1匹はどこ?」

「前回来た時に行方不明だと
気が付いたから靴を履いてきたんですね。」

「え?
うそだろう!」

「あなたは前回も靴を履いていたようですね」

「クモだらけの部屋に、靴なしでは
入れません」

「うそつけ、知ってたくせに。
弁護士さん、桑島を殺したのは僕じゃばいですよ。
あの女です。
最初からそうじゃないかと思ってたんだよ!」

「ちょっと失礼なこと言わないで下さい。
あなたこそ、 クモ欲しさに
主人を殺したんじゃないですか?」

怖がって逃げだそうとする芹沢たちに
「大丈夫ですよ、居場所は大体見当が
ついてるんです。
美香さん、先ほどキャメロンは
死んだと言いましたね。
それは確かですか?」

「ええ」

「あなたはキャメロンの死骸を見たんですか?」

「見てはいませんけど
主人が始末したと。確かに言ってました。
何ですか?」

「ホントの事を話してくれませんか?」

「ホントの事?」

「何だよ、
キャメロンは死んだんじゃなかったのかよ?」

「何をおっしゃってるのか分かりません」

「では僕が話しましょう」

あの日の昼間、美香さんは、この部屋を訪れた。
そして二酸化炭素のボンベを使いキャメロンを殺した後市街から中身を抜き取り、川だけをクロドクシボグモにかぶせた。それをキャメロンの水槽に戻しておけば、クロドクシボグモはチャコジャイアントゴールデンストライプに見えるでしょ。だから桑島さんは、言うものようにキャメロンを手に取ろうとしてキャメロンに噛まれた程度なら大騒ぎをする必要は無い、応急処置をしておけば十分です。でも実際には猛毒が体中を回り彼は命を落としてしまった。翌朝美香さんは管理人が掃除しているタイミングを見計らって遺体を発見。叫んで管理人を引き入れ、救急車を呼ばせ、餌やりをしている状況を作り、ピンセットを水槽の中へ落とした。後は殺害に使ったクモを回収すれば全てが完了するはずだった。しかし、残念ながら見つけることは出来なかった。

だから古溝さんへの引き渡しを拒んでいた。
クモをがしさせれば、クロドクシボグモが居なくなった事に気付かれずに済む。

「止めてください
そんなことあるわけないじゃないですか」

「さっき、古溝さんが言ってました。
『チャコジャイアントゴールデンストライプニーの
毒性は大して強くない!あんただって
知ってるだろうが』」

「だったら、なんだっていうんです?
私が知っていたからといって
さっきの話が本当だってことには
ならないでしょう?」

「あなたが本当にクモの毒性について
知っていたらあんなに
慌てる事は無かったはずなんです。」

「慌てた?」

「芹沢さんが咬まれた時です。
あれはどう見ても本気だった。
あなたは金太郎を見て行方不明の
クロドクシボグモだと勘違いしrたんです。
ちがいますか?」

「いくら毒性が弱くてもタランチュラに
咬まれたら慌てますよ。
私は芹沢さんが心配だっただけです。
大体あなたの言ってる事は、
すべて憶測にすぎませんよね?
それで私が葉人でそのキャメロンの皮を
かぶったクロドクシボグモって言うのは
どこにいるんですか?」

「コオロギが餌なしで生きられるのは
せいぜい1週間だそうです。
なのにどうしてあんなに元気そうなんでしょうね。」

言われて一つの水槽には、コオロギがかなり元気だった。
古溝が蓋を開けて流木をどかすと、下にキャメロンの皮をかぶったクロドクシボグモがいた。
おそらく部屋を徘徊し、えさを求めて水槽に入ったんでしょうが、多勢に無勢だったようですネ。コオロギは雑食ですから」

「美香さん、
あなたは先ほどキャメロンの死骸は
桑島さんが始末したとおっしゃって
ましたねよね。
もう言い逃れできないんじゃないでしょうか?
あなたがお姑さんにいじめられてたことや
離婚したくても出来なくて精神的に
追いつめられていた事はなど、
全て分かってるんですから。」

美香が鼻で笑った。
「何それ、笑える。
あんな女に何言われたって
私は痛くもかゆくもないんですよ。
桑島の事もキャッシュディスペンサーんぽ
ようなものだと、思えば、腹もたちません。
いい暮しができるんだから、
多少の事には目をつぶらないと。」

お金目当てで結婚したってことだった。
クモマニアの気持ち悪い男とそうでもななけりゃ結婚などしないと。
古溝も、桑島がこの女の正体が分かり離婚したがったが、出来ず。
美香がそれならと、先に桑島を殺して、遺産相続分だけは、居てやろうとした。人の戸籍を汚しておいて、慰謝料だけで済ませるなんて都合のいい事言いだした。

「それのどこが悪いんですか?
だいたい打算のない純粋な
愛情だけで結婚する女なんて
ホントに存在するんでしょうか?」

純子を見て
「あなたはそうだと言いきれる?
私と世の中の女たちの
どこが違うってわけ?
誰か教えてよ!」

すごい開き直り!
純子がチョコレート買って榎本の所に行き、美香の告白にドキってした事、私にもああいう凶器があるのかと思ったというと、
「ないでしょ。青砥さんには」そうストレートに言われてドキ!

榎本の人間的な感じが出てきて少し面白くなりました。

*****
今までの感想は、こちら

« 《ATARU》★04 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆04 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/54670115

この記事へのトラックバック一覧です: 《鍵のかかった部屋》#04:

» 「鍵のかかった部屋」 第4話 黒い牙 [トリ猫家族]
 榎本、チョコ好きなの?( ̄∀ ̄) 一粒食べて、にまっ・・とした顔が大ちゃんになってたぞ。  てか、いろんな密室パターンがあるもんだね〜 にゃんと蜘蛛のためにねぇ・・・あ ... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋「黒い牙」 [のほほん便り]
また今回は、凝った設定のオハナシでしたね。まさか、羊の皮をかぶった狼ならぬ、毒蜘蛛(それも、高価でマニアなペット)に殻をかぶせてのトリックだったとは! それにしても、青砥純子(戸田恵梨香)のゴキちゃん騒動から始まる導入も可笑しいし、芹沢豪(佐藤浩市)が「美人に弱い」がゆえに巻き込まれてしまう展開も、プププ… また、ヒントも、青砥の食べていた和菓子の中に、ヨモギがはいっていて「見かけと中身が違~う!」プンプンなハプニングだったのも (^m^) 真犯人は、健気な老舗・和菓子屋の嫁に見え... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 #04 [ぐ~たらにっき]
『先入観殺人!被害者はスパイダーマン!?』 [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」第4話 [またり、すばるくん。]
4「黒い牙」 視聴率15.5%   [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 Episode4 [レベル999のgoo部屋]
『黒い牙』 “先入観殺人!被害者はスパイダーマン!?” 内容 美人記者から雑誌の取材を受けていた芹沢(佐藤浩市)は、 突如、純子(戸田恵梨香)に呼び出される。。。。。ゴキが。。。と。 呆れて帰ろうとしていたところ、管理人の藤田から声をかけられ、 近くに居た古...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋第4話(5.7) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
青砥純子@戸田恵梨香のマンションで蜘蛛を飼っていた和菓子屋社長が 餌をあげていた最中に毒蜘蛛に噛まれて死亡したと思われた事件、 (たまにアパートとかで飼ってた毒蜘蛛が逃げ出したというニュースを見かけますな・・・) 「密室は破れました・・・」 真相をわかってもいない純子が榎本@大野智の決め台詞を奪ってましたが、 和菓子屋社長が毒蜘蛛を飼うために部屋を密室にしてただけで 別に密室の謎を解く話ではありませんでしたな 榎本を事件に絡ませるとっかかりみたいなもんでしたね。 それが悪いということではなく、 密室... [続きを読む]

» 本場のタランチュラも期待ほどではなかった(白石美帆)やったんすかっ(戸田恵梨香)甘い(大野智) [キッドのブログinココログ]
・・・だから、何の話だよっ。 え、蜘蛛女・陣釜さんのタランチュラ・プレーだろ・・・どんなプレーだよっ・・・第一、陣釜さん(白石美帆)じゃねえよっ。 ち、ちがうのか? で、『鍵のかかった部屋・第4回』(フジテレビ20120507PM9~)原作・貴志祐介、脚本・相沢友子、演出・加藤裕将を見た。密室殺人事... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
純子(戸田恵梨香)と同じマンションに住む、和菓子店の社長・桑島(久ケ沢徹) が死亡した。 桑島が借りていた部屋にはペットが残されたが、桑島の妻・美香(白石美帆)は その世話を拒否し、桑島の友人・古溝(松尾諭)が引き渡しを申し出ても、それを 拒否していると言う。... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第4話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第4話 「先入観殺人!被害者はスパイダーマン!?」 弁護士・芹沢豪(佐藤浩市)が、助手の弁護士・青砥純子(戸田恵梨香)のマンションへ行くと、生物系の雑誌記者・古溝(松尾諭)に桑島(久ヶ沢徹)という男の住んでいた部屋に入らせてほしいと頼み込まれる。 ... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 Episode4:黒い牙 [あるがまま・・・]
毒蜘蛛以上に恐ろしい{{{( ▽|||)}}}ぞぉ〜〜〜 見るからに胡散臭そうな古溝俊樹@松尾諭に比べ、夫の趣味にも寛大で、老舗の嫁として 頑張ってた嫁の桑島美香こと白石美帆・・・やっぱ黒石美帆だったのか・・・ いや〜、気難しい姑こと桑島悦子@かとうかず子にも...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋&タイムスクープハンター [別館ヒガシ日記]
鍵のかかった部屋は第4話だが 密室での毒死から展開で 密室に関してアッサリ終わったが 探しで無理やり引張られた タイムスクープハンターは第6話で 江戸時代の初カツオ争奪戦だけど 初かつお... [続きを読む]

» 別館の予備(鍵のかかった部屋&タイムスクープハンター) [スポーツ瓦版]
5月10日 鍵のかかった部屋&タイムスクープハンター 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11244555585/f5703cb4 ア ... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第4話 [ドラマハンティングP2G]
Story#04「黒い牙」05.07 Mon On-Air ラテ欄「先入観殺人!被害者はスパイダーマン!?」 榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)から、純子が住むマンションで起こった事件について聞く。 先日、和菓子店の社長・桑島が亡くなり、桑島が借りて…... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋  4話「先入観殺人」 [昼寝の時間]
原作:貴志祐介「鍵のかかった部屋」「ガラスのハンマー」「狐火の家」(角川文庫) [続きを読む]

« 《ATARU》★04 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆04 »

最近の写真