無料ブログはココログ

« 《鍵のかかった部屋》#04 | トップページ | 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆05 »

2012/05/10

《リーガル・ハイ》☆04

『太陽を返せ!仁義なきマンション裁判!』(あらすじ)

黛(新垣結衣)は、日照権の侵害を心配する久美子(村井美樹)から、自宅近くで計画が進む高層マンションの建築を阻止したいと相談を受ける。黛は引き受けるつもりだったが、当の久美子から、町内会長が大貫(大和田伸也)という別の弁護士を雇ったからと、依頼を断る電話が入る。そんな中、古美門(堺雅人)に同行してクライアントの会社に出掛けた黛は目を疑う。そのクライアントとは、久美子らを悩ます建築会社だった。

cast

堺雅人/古美門研介
新垣結衣/黛真知子
生瀬勝久
/三木長一郎
小池栄子/沢地君江
里見浩太朗
/服部

そろそろ出産予定の久美子は、一番日当たりの良い庭の部分に子供のためにブランコを置いた。その時、前の空き地にブルドーザーが入った。島津エステートと書かれた看板を、見ながら黛は、日照権が侵されるなら、設計の変更を、要求しましょうと、話した。
古美門の事務所に行くと、古美門が今日は休日と宣言し、それを侵すものがいれば首だと、わけのわからない事を言いだしていた。

町内会では、もう弁護士を頼む人が決まっていた。
大貫を頼んでいた。人権派弁護士で、建築関係には天敵と言うくらいだった。

古美門は、島津エステートから2000万円を提示され、どう使ってもイイと言われた。しかし、裁判は困る示談にしろと言われた。建築許可は出ているし、何ら問題がなかったが、住人側の弁護士は、この手のエキスパートで、陰で示談金をせしめるやり手だった。

ここで黛は、断られたにもかかわらず、住民側に付きたがる、「どっちつかず」
示談の金額を提示しに来た大貫に、そんな事考えず頑張ってと言い出す始末。

まず大貫が提示した示談金額。
1世帯当たり500万。
反対住民の会が50人だから2億5000万。金額を聞いて黛が、驚いた。結局ジャブに当たる提示はこれで終わり。裁判にと言う事で持ち場に帰った。
大貫は、最低でも300万をスローガンに、頑張ろうと、言って、賠償額だけをちらつかせていつの間にか日照権がどこかへ置き去りにされた。

古美門の言い方もいちいち癇に障った。
野菜の下ごしらえをする服部に、古美門には情なんてないと愚痴ると深いお考えがあるのでしょうと言われた。
「いかがでしょう。
騙されたと思って
先生のおっしゃる通り
なさって見たら。
お煎餅をやけ食いしても何も
始まりせん!
余計な事でしたら、申し訳ありません」

黛は、反対住民の住む地域を見た。
乗っている皆が闘うための銃を持っていた。
ビラ攻撃の情勢で、勝ち目は薄いとみられた。

古美門は、チェスの駒を磨いていた。クリスタルは、やっぱり素晴らしい。
服部さんに挑戦するも、ルールを覚えてくださればと言われてしまった。

町内に引っ越してきた蘭丸にも町内会への強引な勧誘があった。
入ればいい事がある!と。

古美門は、探りを入れるために、示談金の引き上げの話を持って行った。
町内会が、65名大貫の表示した額が500万円。
総額4億2500万円。同様のケースと比べてもいささか額が大きすぎる。
こちらの提示額は最大限努力しても5万円。総額425万円。
大人になってお年玉がもらえるだけでもありがたいとお思いになられては。
徳山の言葉っちりを捕えてどんな被害があるのですかとたたみこむ古美門。
こちらの計算では、」新築のお宅は、5%の被害。
すると大貫は、日照権だけではないと言いだした。
環境権 全体だ。たとえば景観。
それではどんな景観を楽しんでいらっしゃいますか?
夕陽だ。
ところがマンションが建つ場所は東南。だから引き続き景観は楽しめます。

次に蘭丸を呼んだ。
手を挙げて、日当たりがと答えると、あなたの部屋は初めから日蔭です。
そこでいくらかのお金が手に入ると言われて加入。
すぐに古美門は、あなたに対する訴状ですと言って実害がないのに、島津エステートを誹謗中傷するビラをまきました。詐欺であり、営業妨害行為です。

徳山さん、あなたについても損害賠償請求いたします。
他の方に関しても、現在詳細に被害状況を調査中です。深刻な実害が出ないにも拘らずこちらに参加していらっしゃる方は順次訴えて行きます。いずれ裁判所から呼び出し状が届くでしょう。

突然蘭丸が立ち上がり
「スイマセン、ぼくこの会から抜けます」
鉢巻きを取って深々と頭を下げた。

大貫が立ち上がって、そんなことができるわけがない。
そう言う後ろからこちらの示談金は1世帯5万円。
牛丼131杯食べて、けんちん汁も付けられます。
ご検討ください。そう言ってさっさと退場。黛も慌てて、ついて帰った。

服部の家庭菜園での収穫に、参加する黛は古美門に、反対住民28人に減ったそうです。
これから大貫がどう出るか?古美門は、取れたてのトマトを味見しながら考えていた。

大貫は、三木に呼び出された。
ぜひとも古美門を地獄に落として頂きたいと、大貫の持つミサイルに敬意を表した。
三木が差し出した資料を、実は、大貫もいつ出そうかとしていたのだ。

今問題になっているマンションの南側にさらにマンション計画があり、それを表に出されては今のマンションの価値が暴落する。
島津エステートに送られて来た資料は、まだ土地買収も出来ていない、未定の計画だった。会社側は、早急に話を付けろ、さもなくば君は首だと言った。

携帯を掛けて黛に持たせ、口に指を突っ込んだ。何しているのかと思ったら、「指笛」だ!

服部の美味なる食事をし、さあ行こうかと古美門は言った。
仲良し町内会の化けの皮を剥いでばらばらにしに。

喫茶店に初めのまとまっていた主婦の一人を呼び出した。
黛がプリンアラモードを食べ、彼女が座るとその横をふさぐように古美門が来た。
旦那が外資系の会社を首になり今、夜間の警備の仕事についていた。
高いスーパーでの買い物も大変でしょうから、あなたには20万のお見舞金を支払う用意があります。お友達を説得してくれれば、40万円支払う用意があります。やって下さらないと、あなたは20万すら受け取れなくなってしまう。

ビショップの次は、ルークとクイーンだ。
ジョギングする徳山について行った。
大学生の息子さん、ケンカした相手を怪我させて、治療費だいぶ掛かるんですってね。
お金が必要なのは、よくわかります。我々が皆さんに用意している額は20万円なんですが、徳山さんにだけ倍払ってもイイと思ってます。これはナイショですよ。

大衆食堂かどや。
女将の旦那が女に走ったのは、女将のギャンブル癖。同様に誘った。

チェックメイト!
町内会長の所へ。かどやに見せてもらった町内会の会費運営をコピーした。もちつき大会に頼んだ落語家へは、20万。しかし先方に正すと、15万しかもらっていなかった。
盆踊り友の会の出演料が10万となっていたが、彼らは受け取っていなかった。
着服していない、別口座にプールしてあると言い張った。蘭丸からの委任状を出した。
町内会には入っているので、開示要求には従わねばならない。
町内のもめ事に顔を突っ込み、人権は弁護士と結託して騒ぎを大きくしている。
10年もやってればそれくらいあってもイイじゃないかと理解を示し、今回は40万と提示。
死んだ女房の遺影を持って言っていると、いろんな観光地の写真を見ながら古美門は説得。台湾辺りはいかが?円高だからと勧めた。

服部に添うてみよと勧められたが、深い考えはなありませんよね。ただ勝つことだケを考えていると言ってしまった。

黛は、利益相反を知っていて、久美子に個人で訴訟を勧めた。
でてくると古美門がいた。「ついて来い」そう言った。

小さなとび職の家があった。
ご主人を早くに亡くし、奥さんが必死に下請けの仕事で耐えて今まで来た。ご主人と島津社長の付き合いでずっと当地の人達を使い続けてくれたためだ。とかウソ八百。
だがそう言う店は必ずある。
「今の話を聞いてどう思う?
島津エステートを助けたいと
思ったんじゃないのか?」

「それは思いましたよ。
でもウソなんでしょ?」

「だが我々の知らない所に
本物の寺田工務店があるかもしれない。
違うか?
君が正義とかぬかしてるものは
上から目線の同情にすぎない。
その都度目の前の可哀想な人間を
憐れんでいるだけだ。」

「でもだったらそれを否定したら
正義はどこにあるんですか?」

「神でもない我々に
そんなことわかるはずもない。
正義は特撮ヒーロー物と
『少年ジャンプ』の中にしかない
ものと思え
自らの依頼人のためだけに
全力をつくして戦う。
我々弁護士に出来る事はそれだけで
ありそれ以上の事をするべきでもない。
分かったかか、朝ドラ!
もし桑田久美子君のアドバイスに従い
私のやってきた事が水の泡となった時
その時は、その弁護士バッジを外せ!」

言われっぱなしで、古美門は消えた。

さらに示談金の話し合い。
大貫は、すっかり舞い上がっていた。
島津エステートさんと話し合って最終的に20万円と決まりました。
それを聞いて、大貫は、時間の無駄だと立ち上がった。帰りましょうと言った。
それが聞こえないかのビショップが
「私は前回の5万円に比べたら
善処して下さったのかなと」

「だまされちゃいけない。
最初から20万は出すつもりでいたんだ。
イヤ、本当はまだまだ出せるんだ。」(大貫)

「ただね、このままずるずる
いつまでも争っててもお互いつまらんしね」(徳山)

「確かに、私ら商売してる者にしてみたら
毎日の仕事に差し支えますし。
ま、私は早く早く解決してもらった方が」(小宮)

「何を吹きこまれたんです?
イイですか、彼らは皆さんの愛する町を
台無しにしたんですよ!
そして今また、はした金で皆さんを
いたぶってるんだ。
これが大企業のやり方だ!
町内会長!なんとか何とか言ってやれ」

「町の事を考えると、マンションが
出来て、新しい人達が入ってくる
ことは悪い事じゃない。」

「なんだって?」
会長は皆の方を向いて
「どうでしょう皆さん。
不本意かもしれないけれど、
この辺が現実的な落とし所
なのかもしれない。」

「古美門、島津に伝えろ。
例の文書をばらまくぞって!」

「止めてくれもういいんだ。」〈山田)

「我々は勝てるんだ!」

「俺はこの額で納得した」

「悪徳企業をのさばらせるのか!
いいですか みなさん。
この国の諸悪の根源は、政治家と
ゼネコンだ。
やつらに血へどを吐かせるんだ!」

「そんな事して何になる!」〈山田)

「社会正義だ!」

「それはあんたの自己満足だろう。
あんたを雇ってるのは俺たちだ。
皆さん、これで菜っとk空いても
良いというかた 挙手願います。」

「茶番だ」

久美子は一人まだ態度を決めかねていた。
だが、しばし考えて手を挙げた。

「では、全員にご理解いただいたという
事で合意書にサインを」(古美門)

何も言わず、立ち去ろうとした大貫に
「一つ謝罪します。
成功報酬目当てだと言った事です。
失礼しました。」

「あんたとは違う。
こっちはいつも貧乏だ。
あんたいくら儲かった?」

「ご想像にお任せします」

「満足か?
金を沢山手に入れて
それで満足か?」

「はい」

「ならいい。頑張りなさい」

久美子と語る黛
「がっかりしたでしょう?
結局私もお金がほしいんだ」

「あそこで一人で意地を貫くなんて、
無理ですよね?
ここで暮らして行くわけですし。」

「今日ね、和美さんと千絵ちゃんと
ランチ行くんだ。ホテルのビュッフェ。
臨時収入でね ここんとこ毎日。
結構皆満足してるのよ。
私はこれで良かったんじゃない
かなと思ってる。本当に」

送られて階段の所で下を歩くカップルに、あのマンション考えてるんですけど、
この町どうですか?と聞かれて、久美子は、いい街ですよ。是非いらしてくださいと答えた。

狭いスペースに服部は、沢山の野菜を効率よく育てていた。
取りこみを終わり日向ぼっこする古美門に
「先生。」

「うん?」

「私 ずっともやもやしてた自分の
気持ちが今回の事でハッキリ
分かりました。」

「愛の告白なんかするなよ!」

「しませんよ。
ここに来た自分自身の目的が
ハッキリ分かったんです。」

「私への借金を返すためだろう」

「違います!
あなたを倒すためです。
いつか必ず倒します。」

「ユーモアとしては100点。」

なかなか、見ごたえがありました。
すぐ近くでの建設で、いろんなことを見てきましたので、ある程度で手を打つのも
ありかなと。

*****
今までの感想は、こちら

母の調子が悪くて、この所しょっちゅうホームから電話が掛かっていました。
それで、遅れに遅れたアップです。
出来たらこの後「37歳で医者になった・・・」の予定です。
お待ちの方、申し訳ないです。

« 《鍵のかかった部屋》#04 | トップページ | 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆05 »

ドラマ(ら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/54680350

この記事へのトラックバック一覧です: 《リーガル・ハイ》☆04:

» 「リーガル・ハイ」第4話〜正義は特撮ヒーローものと少年ジャンプの中にしかない [世事熟視〜コソダチP]
「リーガル・ハイ」第4話 ビリー・バンバン/特選・歌カラベスト3 白いブランコ/さよならをするために/遅す価格:1,300円(税込、送料別) 広い庭に白いブランコを買って、生まれてくる子供との日々を楽しみにしている庭に妊娠中の主婦・桑田久美子(村井美樹)。 ところが、高層マンションの工事が始まって自宅が日陰になる・・・。 温かい日差しの中で、子供をブランコに乗せる生活が高層マンションのせいで破壊される。 で、日照権を巡る訴訟になるのですが、広い庭にブランコという羨ましい生活環境を持... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第4話:太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い [あるがまま・・・]
ブラックなオチ・・・Ψ( `▽´ )Ψケケケケ♪ 日照権を巡る訴訟を回避し、示談という形で無理矢理解決に導いた古美門だったけど、 自宅が日陰になるかもしれないとなると、即効工事の差し止めを訴える気満々て・・・ ほんと人って、我が身に危険が及ばない限り、他人事なんですよ...... [続きを読む]

» 太陽の恵みは万人のもの・・・ただし日陰者をのぞく(新垣結衣) [キッドのブログinココログ]
「示談は嫌だと地団太を踏む」(新垣結衣)の他に「陽のあたらない草の者」(田口淳之介)もありましたが・・・さらには「窓の外には坊やがあそび・・・女の子かもしれないけれど」(村井美樹)とか「すれちがう渥美格之進と佐々木助三郎(音楽あり)」とか・・・まあ、ネタを拾いだしたらきりがないドラマである。 戦場カ... [続きを読む]

» リーガル・ハイ #04 [ぐ~たらにっき]
『太陽を返せ!マンション裁判 仁義なき戦い』 [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第4話 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
リーガル・ハイ いくぞ!金になる仕事がやってきた! いやー面白い!爽快ですね。 VS大貫。 途中で買収したり相変わらずな古美門さんの勝利だったわけです…。 大貫「金を手に ... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第4話 [レベル999のgoo部屋]
『太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い』 内容 15階建てのマンションの建設が強行されると自宅が日陰になってしまうと、 桑田久美子(村井美樹)という主婦から相談された真知子(新垣結衣) 古美門(堺雅人)に、仕事が入ったと告げるが、乗り気ではなかった。 ...... [続きを読む]

» 「リーガル・ハイ」第4話感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
あらすじ 公式サイトより 昼寝中の古美門研介(堺雅人)に、黛真知子(新垣結衣)が持ち込んだのは、日照権を巡る訴訟。近くに建設中の高層マンションのために、自宅が日陰になるという主婦、桑田久美子(村井美樹)の訴えだ。相変わらず、黛が持ち込む案件に興味を示さない古美門。そんな時、久美子から町内会で弁護士を立てることになったと黛に断りの連絡が入った。... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第4話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第4話 「太陽を返せ!マンション裁判 仁義なき戦い」 弁護士・黛真知子(新垣結衣)は、もうじき子供が産まれるのに自宅がマンション建設で日陰になってしまうのを阻止したいという妊婦・桑田久美子(村井美樹)の依頼を持ってくる。... [続きを読む]

» 『リーガル・ハイ』第四話 [時間の無駄と言わないで]
何事もなく井手くん再登場。 結構愛されているんじゃなかろか? 助さんと格さんの出会い。 フジなのに頑張るななぁ。 相変わらずイイ声だなぁ、大和田伸也 生瀬勝久とのイイ ... [続きを読む]

» リーガル・ハイ  4話 [昼寝の時間]
公式サイト 印象に残ったことを大急ぎでパラパラと書きとめておきます。 日照権を巡 [続きを読む]

» リーガル・ハイ 4話 感想 大和田伸也 [ドラマとアニメの感想日記]
「リーガル・ハイ」の第4話の感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 今回のお話は、日照権を巡る住民と建設会社の対立。 妊婦の久美子、いかにも作り物なお腹に目がいっちゃう~。 もちょっとナチュラルだといいのになあ。(細かい?) しょっぱなの古美門と黛の掛け合い、相変わらず軽快で楽しい~v このシーンは古美門の毒舌でやり込められましたね>黛 ノリノリの古美門の受けた依頼は、黛が持ちこんで断られたものだった。 黛は相手側に共感~。 2000万円を掻き抱く古美門、ホントに金の亡者~。(苦笑)... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
真知子(新垣結衣)は古美門(堺雅人)のところに、日照権を巡る訴訟を持ち込む。 建設中の高層マンションによって自宅が日陰になるという主婦・久美子(村井美樹) の訴えだった。 古美門は、真知子の案件に興味を示さない。 そんな折、久美子から町内会で弁護士を立てること... [続きを読む]

» 「リーガル・ハイ」第4話 [またり、すばるくん。]
4「太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い」 視聴率12.3%   [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第4話 [ドラマハンティングP2G]
vol.04「太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い」2012年5月8日 21:00〜21:54 昼寝中の古美門研介(堺雅人)に、黛真知子(新垣結衣)が持ち込んだのは、日照権を巡る訴訟。近くに建設中の高層マンションのために、自宅が日陰になるという主婦、桑田久美子(村井美樹)…... [続きを読む]

« 《鍵のかかった部屋》#04 | トップページ | 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆05 »

最近の写真