無料ブログはココログ

« 《ATARU》★07 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆07 »

2012/05/29

《鍵のかかった部屋》#07

『狐火の家』(あらすじ)

長野から遠藤(平田満)という男が助けを求めて芹沢(佐藤浩市)を訪ねてきた。2日前に友人・西野(吉田鋼太郎)の娘・愛実(森迫永依)が自宅で死んでいるのが見つかり、西野が容疑者として取り調べを受けているという。純子(戸田恵梨香)と榎本(大野智)が現地に向かうと、山奥にある西野の家の玄関には、不似合いな特殊な鍵が取り付けられていた。一方、その家で唯一開いていた窓の外の地面には、犯人が出入りした足跡は残っていなかった。

cast
大野智/榎本径
戸田恵梨香
/青砥純子
佐藤浩市
/芹沢豪

(榎本)<今回の密室は、山深い村に100年前から立っている古い日本家屋です。
ドアや窓には鍵が掛かっていましたがなぜかこの窓が一つだけ開け放たれていました。
窓が開いているのに密室と言うのはどういう事でしょうか?
ある不思議な出来事が起きた時それを 超常現象だと言う人と科学で解明できる 錯覚にすぎないと言う人がいます。それはおそらく答えの出せない永遠のテーマなのではないでしょうか?
さて今のは、・・・

芹沢が、休みを取ってモナコへ行くと純子に言った。モナコグランプリを見る事だからいいんだよ、と2泊4日。
事務所につくと、遠藤という男が姪が密室で殺されたと言って来ていた。
いくら電話しても取りついでくれないからと長野から車を飛ばして、きた。
戻った芹沢にがばっと膝をついてお願いしますと土下座されては、仕方なく・・・

事件が起きたのは、おととい。
前の晩に愛美さんは、遠藤さんのお宅に泊まっていた。
事件当日、愛美さんとお父さんのだけが先に帰られたのは?
あの日は愛美ちゃんの部活の朝蓮があり、西野が学校まで送った。
その後村興しの会合に出席して、愛美ちゃんの部活が終わる頃に
自宅に戻った。玄関にカギが掛かっていたので、部活が長引いたのかと
思って中に入ってみたら、愛美ちゃんが・・・

死因は柱に頭をぶつけて脳内出血を起こした。
顔に殴られた痕があり、事故だとは考えられないと刑事は言った。性的な暴行の跡は無かった。他には、箪笥の引き出しを物色した跡と金塊がなくなっていた。
西野家は古い地主の家柄で、松本市内に沢山の不動産を持っており
物取りの犯行としか考えられない。現場は密室だったので、第一発見者の西野が怪しいと、警察に連れて行かれたまま、帰ってこないと遠藤は言った。
心当たりはと聞かれてしばし考えていた遠藤は、猛かもしれないと言った。殺された愛美の兄だった。

4年前に同級生をナイフで刺して、警察に連れて行かれる途中で隙を見て逃げ出し、それ以来行方不明になっていた。
猛ならやりかねないと遠藤は思った。

芹沢は、どうしても都会の誘惑、生ハムとかグランプリとか、ワインに弱いからモナコに行くと言って聞かなかった。純子に榎本と一緒に行けと言った。

仕方なく純子は、榎本のいる所を捜した。
長野に珍しい錠前を持っている人がいたので、譲ってもらってきたと言った。そのままそこに居てくれと言われた。

遠藤の車で、西野家まで行った。
外国製の鍵が付いていた。猛が逃げてからこの付近では珍しく鍵を付けた。
合いカギを作る時は、会社に連絡しなければならず、結果として2個鍵はあった。
西野と、愛美の分だった。
当日、近くのリンゴ園の奥さんが、リンゴの花摘みをしていたが、愛美が帰宅したのは12時半。その後西野が戻った。
愛美は、友達と携帯で話していて、家の中で物音がすると行って、誰?という声を最後に通話が途切れた。

金塊は、30個。1個1kgとして30kg。
開いていた窓から運び出すには重いから、ぬかるみに跡が残るはずだが、何もなかった。

座敷わらしくらいは出るかもしれないと脅かされていた純子は、窓に青白い日を見、白い服を着た西野明日香を見て悲鳴を挙げた。
結局、帰ろうとしたが、遠藤に泊まって行けと言われた。
そこで遠藤の奥さんが、事件の前日に猛を見たと言っていた同級生の話をした。
西野が、なんで鍵を付けたのかと言えば、猛のためだと思われた。

榎本がねじ式の鍵が1か所壊れていて、最後まで閉まらないのを発見した。
それを猛だけが知っていたと言う可能性があった。

榎本が、リンゴ園の奥さんに目撃した時の状態を聞いた、脚立に乗って見ていて下りると、指に錆びが付いた。奥さんは、この間なぜか脚立が雨にぬれていて、いつもは、それをしっかり拭いてしまうのだが、そのまま濡れていたため錆びたと言った。
榎本が不審に感じたぬかるみの穴が、多分脚立ですね。
後は蜂の死骸。リンゴの受粉に使われているマメコバチ。とても行動半径が狭いハチなので、直接100mもある西野家に飛んできたとは考えられない。死んだハチが何らかの方法で運ばれてきたと考えられる。地面の3つの穴から見て脚立ですよと榎本は言った。
駅員も、昔からこの駅を利用する子供たちは姿を見ればわかると言った。雨の中、電車から降りてきたのは、猛だと。

東京に猛が出て来ていた。アパートで警報が鳴り榎本の会社の社員が警察に連絡して開けようと試みたが、鍵が変更され、やむなくドアを壊した。部屋には誰もいなくて金塊が見つかった。猛は偽名で部屋を借り、悪徳金融から逃げ回る日々だった。薬も沢山あった。
だが、この金塊は、猛が置いたのではなさそうだ。本人なら、警報システムを鳴らしてしまうと言う事は無いはずだった。

純子が幽霊だと言ったら、本をぱらぱらとめくって、榎本は右手の親指と人差し指を擦る合わせ、しばらくして鍵の開ける音がした。

「この密室は
破れません。」

そういいながらも西野の家に行ったチーム榎本。

「愛美さんを殺害した
真犯人が誰なのか
分かりました。」

「誰なんですか?」

「愛美さんの兄の猛さんです」

「あれから検証を重ねましたが、
犯人の逃走経路を見つけることは
出来ませんでした。

なぜなら事件が起きた時
この家は正真正銘の密室だったからです。」

「どういう事ですか?」

「事件の経緯を
順を追って説明しましょう」

<事件が起きる前の晩、猛さんが4年ぶりに故郷へ帰ってきました。
実家へ行くと 家族は、全員出かけていて留守だった。
そこで猛さんは、ねじ閉まり錠がバカになっている窓から家に侵入する事にしました。
脚立はリンゴ園から無断で持ち出したので、玄関のカギを中から開けた後で、
元に戻しておいたようです。そのまま家出夜を明かした猛さんは、翌日帰宅した愛美さんとはち合わせる事になった。その際に何らかのトラブルから衝動的に愛美さんを殺害してしまったんです。そしてその後間もなく西野さんが帰宅し、愛美さんを殺した猛さんを、西野さんが殺したんです。>

西野は、猛が愛美は突き飛ばしたら柱に頭をぶつけて死んだと言った。
海外に行くから、金を出せと命じた。そこで分かったと言って金塊を出し、後ろから、首を絞めた。洗濯ネットに金塊を詰めて、重しにし、便所に沈めた。
そこをモルタルで固めてあったが、便槽を壊せば遺体が出てくると榎本は言った。
純子が狐火を便所で見たと言ったので、それがあっていると言う事だった。

<すべてを終えた後、西野さんは、北側の窓を1つだけ開け放した。
窓が開いていれば、警察は犯人がそこから逃走したと考え、平凡なモノと里による犯行だと判断すると思ったからです。
この密室は意図して作られたと言うわけではなかった。
あらぬ疑いをかけられた西野さんは、 仕方なく計画を変更しました。
猛さんの所持品から現住所を調べ、鍵を使って部屋に入り、金塊を置いたんです。
狙い通り、警察は猛さんが犯人だと断定することとなりました。>

遠藤に促されて、西野は話し始めた。
4年前、あいつが家を出てほっとした。だが、もっと早くあいつを殺しておけば愛美も死ななくて済んだのに・・・
息子が怖かった。憎かった・・・それが悲劇を呼んだんですね。

芹沢先生は、田舎が苦手と言ったから、すっかり仲間外れ。

*****
今までの感想は、こちら

« 《ATARU》★07 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆07 »

ドラマ(か)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/54830692

この記事へのトラックバック一覧です: 《鍵のかかった部屋》#07:

» 鍵のかかった部屋 第7話〜初代”まる子”殺人事件〜都市伝説ではない「座敷わらし」 [世事熟視〜コソダチP]
鍵のかかった部屋 第7話 長野の古民家のロケーションが、原作のイメージとほぼ一致!! どうやって原作にマッチする日本家屋を見つけるんやろうかと、感心しました。 一方で、原作に居ない芹沢(佐藤浩市)のモナコ弾丸ツアーの話が冒頭から組み込まれてていて、さらには密室事件の専門家扱いされてる芹沢 (ほとんど”毛利小五郎”みたいな間違った名声!)に、遠藤(平田満)という男が長野から事件解決を依頼しに来ると言う流れ・・・。 遠藤をぞんざいにあしらうも、遠藤に土下座されて、青砥(戸田恵梨香)に... [続きを読む]

» ちびまる子ちゃん(森迫永依)殺人事件と私(戸田恵梨香)と彼(大野智) [キッドのブログinココログ]
ふと・・・振り返ると・・・戸田恵梨香と長澤まさみという二人のプリンセスは・・・。 遭遇していないような気がする。 二人をつなぐ糸はガッキーなんだな。 「ドラゴン桜」で長澤まさみとガッキー。 「コードブルー」で戸田恵梨香とガッキー。 この組み合わせがあるが・・・長澤まさみと戸田恵梨香のコンビネーション... [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」第7話 [またり、すばるくん。]
7「狐火の家」 視聴率16.1%   [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋第7話(5.28) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
今回は長野の資産家西野真之@吉田鋼太郎の家で 長女愛美@森迫永依の遺体が発見され、真之が容疑者と疑われた事件 榎本@大野智や青砥純子@戸田恵梨香が調査をする中、 失踪中の真之の長男猛@郭智博への疑惑が深まっていくが、 愛美を殺害したのは盗み目的で西野家に侵入した猛であり、 妹を殺しながら平然と逃亡資金を要求してきた猛を真之が殺害した というのが真相だったと もともと真之は強盗の犯行と思わせたくて偽装工作をしたのに 現場は脱出不可能な密室状態となってしまい、 やむなく猛の犯行に見せかけようとした。 依... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 #07 [ぐ~たらにっき]
『今回は、密室が破られません』 [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」第7話感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
あらすじ 公式サイトより .榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)に連れられ、築百年という日本家屋にやってきた。ふたりを案内したのは、家主・西野真之(吉田鋼太郎)の友人・遠藤(平田満)だ。先日、この家で西野の中学生の長女・愛美(森迫永依)が死亡したが、顔に殴打の跡があったため、警察は他殺と断定、第一発見者の西野が容疑者として連行された。子供の頃から西野を知る遠藤は、絶対に犯人は別にいると言い、西野の長男・猛(郭智博)かもしれない、と明かした。 殺人現場が密室だったとい...... [続きを読む]

» 『鍵のかかった部屋』 第7話「狐火の家」 [英の放電日記]
後悔してるんだよ。 あいつを殺したことじゃない。 どうしてもっと早く殺さなかったのかって。 そうすれば愛実が死ぬことも、明日香が独りぼっちになることもなかったのに。  あまりにも、やるせない西野真之(吉田鋼太郎)のことば。  娘・愛美(森迫永依)を殺したのは...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋  7話「今回は、密室が破られません」 [昼寝の時間]
公式サイト 原作:貴志祐介「鍵のかかった部屋」「ガラスのハンマー」「狐火の家」( [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第7話 [emitanの心にうつりゆくもの]
第7話 「今回は、密室が破られません」 弁護士・芹沢豪(佐藤浩市)の元に、遠藤(平田満)という人物から密室殺人事件の解明を依頼される。 築百年という日本家屋で、遠藤の友人・西野真之(吉田鋼太郎)の長女・愛美(森迫永依)が死亡していた件についてであった...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第7話 [ドラマハンティングP2G]
Story#7「今回は、密室が破られません」05.28 Mon On-Air 榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)に連れられ、築百年という日本家屋にやってきた。ふたりを案内したのは、家主・西野真之(吉田鋼太郎)の友人・遠藤(平田満)だ。先日、この家で西野の中学生の長女・…... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 Episode7 [レベル999のgoo部屋]
『狐火の家』 “今回は、密室が破られません 内容 ある日、芹沢(佐藤浩市)を訪ね遠藤晴彦(平田満)と言う男がやって来る 友人・西野真之(吉田鋼太郎)の娘・愛美(森迫永依)が殺された事件の 相談に乗って欲しいと言う事だった。 タンスが物色され、30キロの金塊...... [続きを読む]

» 家族のうた七話&鍵のかかった部屋七話感想 [NelsonTouchBlog]
■家族のうた七話 ヒデじいの貯金も底を尽きかけ、年金でやりくりすることにも限界がある。。早川正義ことオダギリジョーはあいかわらず仕事らしいものもなく、家庭財政は切迫していた(笑)子供達からも散々にからかわれている。「あのな!浮き沈みがあって当たり前なんだよ。それがロックなんだよ!?」「沈みっぱなしだけど?」「浮上する気配もないし。」「ロックって大変だよね。」 そのタイミングでマネージャー・ユースケサンタマリアからの電話が鳴った。3年続けていたローカルFM、毎週土曜朝六時からのパーソナリ...... [続きを読む]

« 《ATARU》★07 | トップページ | 《リーガル・ハイ》☆07 »

最近の写真