無料ブログはココログ

« 《家族のうた》★04 | トップページ | 《鍵のかかった部屋》#04 »

2012/05/08

《ATARU》★04

『最大の危機!!&天才鑑定士の罠』(「あらすじ)

小型飛行機が木に衝突してパイロットの橋田(永岡佑)が死亡し、沢(北村一輝)たちは現場の飛行場に駆け付ける。無許可のフライトだったなど不審な点はあるが、事故か自殺との判断が下される。舞子(栗山千明)は、入院したはずのチョコザイ(中居正広)と飛行場で会い、一緒に捜査を始める。そんな中、舞子らの前に民間の事故鑑定人・公原(平岡祐太)が現れる。彼は橋田の婚約者・理子(木村文乃)の依頼で、事故か調べると言う。

cast  

/アタル
/沢俊一
/蛯名舞子
玉森祐太/海老名昇
萩原  /野崎蓮生

嶋田久作/中津川洋治

田中哲司/(科捜研) 渥見玲志

中居正広北村一輝栗山千明

チョコザイ、ことアタルを病院に連れて行き入院手続きを済ませた。付き添った舞子を一度も見ないで、別れた。そんなものかと舞子は寂しかった。
すぐに飛行機の事件が入った。

一方アタルは、病室から外に出た。看護師が、担当医を呼びに行って間に、外務省のナンバーを付けた車が近付き、ラリーが出てきた。アタルは、ラリーを見ずに開けられた車のドアの方へ向かった。わざわざ日本へ来たが、途中で消えたりして訓練の成果が出ないのですぐにアメリカに連れ帰るつもりだった。
アタルは、車の中での無線の声に反応した。飛行機の立木への衝突と聞いて捜査開始とエンジンが掛かっていた。訓練は中止だと3回言われて静かになったが、テレビに映る舞子を見てまた捜査開始になり、その場から事故のあった飛行場に移動した。

民間飛行場では、パイロットの橋田が無許可で、早朝フライトをする前に立木に衝突して自殺か事故との判定を下す所で、彼と結婚の約束をしたという女が現れた。
舞子は、広告塔としか見られていないで、動き出すと煙たがられた。そこにアタルが顔を出したからあいつを連れて行けと厄介払いされた。
署に戻り、両親に話を聞き、婚約者を名乗る女と引き合わせると、双方が知らなかった。

また舞子は、アタルを家に連れ帰った。
夕飯のトマトケチャップと、マヨネーズをとっていると、
「a mortal wound ヘッドセット」と言いだした。
弟が致命傷と言ったみたいと解説。
舞子は、ヘッドセットがここにあるのに、どうして頭の上に致命傷があるのかと鑑識の渥見に聞いた。
頭の左側が無線機にぶつかった反動で後ろの窓に飛んで、額をぶつけた。血痕も一致と言われた。
運輸安全委員会の報告によると、壊れていたのは無線などで衝突の原因となり得る機器に異常は無かった。所轄は、事故で報告書を書くと言う事だったが、舞子が動いていて目ざわりだった。

アタルを連れて署に戻ると、知らない男が鑑識の報告を調べていた。
民間の事故鑑定士だった。テーブルに置かれた現場写真をアタルが見て、
「歩いてます、手が歩いてます」言われて、舞子と今来た沢が、写真を比べると血液でスタンプされた指紋が移動していた。つまり衝突後しばらくは生きていた。

渥見の遺体所見を聞いた沢と舞子。
操縦の時は前を向いているのに、なんで左側を強打?
衝突する直前顔を右にそ向けた。

鑑定士の公原を訪ね、事故か自殺と言われたが、現場写真を借りた。
また夕飯の時、現場写真を眺めながらになった。
アタルが言ったのは「ブレーキ踏んでます」

公原にブレーキ痕について質問すると、衝突する障害物方向へ機体を移動するために
ブレーキを踏んだと言われた。飛ぶつもりならブレーキを踏むか?
舞子が、少しでも事故自殺でないとしたらと食い下がったが公原は自殺の公算が大と言った。沢は、橋田と公原の関係を洗うように電話した。
結果は、橋田とのつながりは無かったが公原とは幼馴染だった。
理子は、婚約してすぐに自殺したなんて、これからの人生どう生きていけばいいのかと公原に鑑定を依頼したが、橋田は、両親にも理子の事を話していないし、知らない彼が次々現れて怖いと舞子に言った。
橋田との関係を根掘り葉掘り聞かれて、気分を害していた理子は、車で行きかけて目の前にアタルが居る事に気付いた。

事故にはならなかったが気になる事を、舞子に知らせに来た。
滑走路のタイや痕と、翼に付いた傷の特殊撮影だった。
アタルの頭の中で、違う機体が組立った。
「スカイバードT-5」
小型飛行機の名前だった。
衝突したのは、 エスナ17T2 です。そう公原は教えてくれた。

飛行場に行くとスカイバードの羽根に肉眼では、見えないくらいの傷があった。
滑走路を特殊撮影した写真に合わせて移動すると、
「タイヤ クロス」と指差した。
2機の接触が明らかだった。
滑走路を横切ってきたスカイバ-ドが飛び立っていた。
「ここから導ける結果は
ただ一つ。
衝突機が離陸寸前
スカイバードが左から急接近
してきた。飛び立った瞬間
接触。そのため思わず右にそれ
(エスナは)衝突した。」

彼に操縦を教えたのは、私。シートベルトに細工したのも私。だからちゃんと飛び立ったら別れてあげると、呼びだした、そう犯人は言った。
公原は、殺すには不確実な方法だと言った。すると女は、まだ生きていた橋田を消火器で
殴り殺した。

理子を両親に紹介するには、この女と清算してからと決めていたようだった。

明日病院に返すんやな、そう沢に言われた舞子。
すっかり寝込んだアタルをおんぶしてタクシーに乗せた沢。
移動したアタルは
「Mission Accomplishd(捜査終了)」
そう言うと一筋の涙をこぼした。

外務省でアタルが来てから沢の解決した事件を見てラリーはもっとアタルを見てみたいと言いだした。ラリーが止めたにもかかわらず初めて自分から事件を解決した。

アメリカ大使館の違法無線の捜査を上司から止められたと、美保が沢に報告が行った。
公安の外事がからんでいるようだった。

一方舞子の父のマンションに戻ったアタルは、花が無いと騒ぎ、遅くまで開いている花屋を捜して歌舞伎町まで行ってカサブランカを買ってきた。よほど好きらしかった。
それにしても何で4つ?聞いてももう寝てしまった。

舞子の立場が、どうにも頼りないです。
三毛猫に頼る探偵もいるから、アタルに頼る女刑事もいていいんでしょうね。

*****
今までの感想は、こちら

« 《家族のうた》★04 | トップページ | 《鍵のかかった部屋》#04 »

ドラマ(あ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/54660235

この記事へのトラックバック一覧です: 《ATARU》★04:

» ATARU [FULL OF LOVE]
 ども。テンポの良さが好きなすももです。 今回も面白かった。舞子やその家族がチョコザイくんといい感じになってきているのがいい。食卓での捜査資料とか定番になってきて、ア ... [続きを読む]

» ATARU第4話 & 相棒 劇場版Ⅱ(5.6) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
・ATARU第4話 セスナ機がフェンスに衝突、パイロット@永岡佑が自殺か事故死したと思われた事件、 チョコザイ@中居正広のつぶやきで 衝突後もパイロットが生きていたこと、別のセスナ機と接触していたことがわかり、 パイロットが別の女性@木村文乃と婚約したのを知った元恋人@安藤サクラが 殺害を企てたことが判明したと 嶋田久作はシンクロナイズドスイミング刑事を知っているみたいね(笑) 前回も書きましたが、僕はチョコザイが事件解決後涙を流すのが好きです チョコザイの行動って、食事・ドラマ鑑賞・事件の捜査e... [続きを読む]

« 《家族のうた》★04 | トップページ | 《鍵のかかった部屋》#04 »

最近の写真